ヒットチャート2022年

2022年6月30日 (木)

今週も男性アイドルグループが1位

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

ここ最近、Hot Albumsでは男性アイドルグループの1位獲得が続いていますが、今週も韓国の男性アイドルグループが1位獲得です。

今週1位を獲得したのは、韓国の男性アイドルグループStray Kidsのミニアルバム「CIRCUS」。CD販売数1位、ダウンロード数8位、PCによるCD読取数15位。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上13万1千枚で2位初登場。直近作は韓国盤「Oddinary」で同作の初動6千枚(13位)からは大きくアップ。国内盤の前作「ALL IN」の初動4万8千枚(2位)からも大きくアップしています。

2位には山下達郎「SOFTLY」がランクイン。CD販売数2位、PCによるCD読取数1位。オリジナルアルバムとしては実に11年ぶりという新作で、オリコンではなんと15万1千枚を売り上げて見事1位獲得。オリジナルアルバムとしての前作「Ray Of Hope」の初動10万4千枚(1位)からアップしています。11年前とは、明らかのCDを巡る状況に変化があり、CDの売り上げ全体が激減している中、彼ほどのベテランミュージシャンが、11年というブランクがありながらもアルバムのCD初動売上を1.5倍増加させているという事実は、本作の配信・ストリーミングが行われていないという事実を前提としても、驚いてしまいます。

3位は二宮和也「〇〇と二宮と」が先週の8位からランクアップし、チャートイン2週目にしてベスト3入り。先週はファンクラブによるCDリリースに対する「PCによるCD読取数」のチャートだけでベスト10入りを果たしましたが、今週は配信でもリリースが開始。ダウンロード数で1位を記録し、見事総合チャートでベスト3入りを果たしました。

続いて4位以下の初登場盤です。まず5位に宮内國郎・鷺巣詩郎「シン・ウルトラマン音楽集」がランクイン。CD販売数5位、ダウンロード数3位、PCによるCD読取数7位。タイトル通り、大ヒット中の映画「シン・ウルトラマン」のサントラ盤。オリコンでも初動売上1万1千枚で6位にランクインしています。

7位にはMONGOL800×WANIMA「愛彌々」が初登場。人気パンクバンドMONGOL800とWANIMAによるスピリットEPで、2バンドの共作となるタイトル曲のほか、それぞれのバンドがお互いのバンドに楽曲提供をした2曲と、それぞれのバンドが相手の曲をカバーした曲、2曲の5曲入りの作品。ラジオ番組で「コラボしよう」と約束したことからきっかけで誕生したスピリット盤だそうです。オリコンでは初動売上1万枚で8位初登場。MONGOL800としては、前作「Pretty Good!!」の7千枚(12位)からアップ。一方、WANIMAの「Cheddar Flavor」の3万枚(2位)からはダウンしています。そうか、もうMONGOL800よりWANIMAの方が人気あるのか・・・。

8位は「FINAL FANTASY XIV: ENDWALKER」が獲得。オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ」のパッチ6.1「新たなる冒険」に使用されている楽曲を集めた、配信限定のサントラ盤ミニアルバム。ダウンロード数で2位を獲得し、総合順位もベスト10入りを果たしています。

最後、9位にはスターダストプロモーション所属の女性アイドルグループ超ときめき♡宣伝部「ハートギュッと!」がランクイン。CD販売数4位、ダウンロード数24位。オリコンでは初動売上1万2千枚で5位初登場。前作「すきすきすきすきすきすきっ!」の5千枚(15位)からアップしています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2022年6月29日 (水)

ダンス動画が話題の曲がついに1位に

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週の1位は、MVのダンスが大きな話題となったあの曲が獲得。

今週1位を獲得したのはSEKAI NO OWARI「Habit」。先週の2位からランクアップ。今週、CDシングルがリリースとなり、CD販売数が4位にランクイン。ほか、You Tube再生回数が1位を筆頭に、ダウンロード数3位、ストリーミング数及びラジオオンエア数2位、PCによるCD読取数6位、Twitterつぶやき数42位、カラオケ歌唱回数46位を獲得し、ベスト10入り7週目にして1位獲得となりました。映画「ホリック xxxHOLiC」主題歌。MVのダンス動画が大きな話題となり人気を博し、ついに1位まで上り詰めました。オリコン週間シングルランキングでは初動売上2万3千枚で4位初登場。前作「Diary」の1万9千枚(3位)よりアップしています。

2位は先週3位だったOfficial髭男dism「ミックスナッツ」がワンランクアップ。これで11週連続のベスト10ヒット&通算9週目のベスト3ヒットとなりました。こちらもCDシングルがリリースとなり、CD販売数が3位にランクイン。さらにダウンロード数及びストリーミング数も1位にアップ。ほか、ラジオオンエア数5位、PCによるCD読取数2位、Twitterつぶやき数43位、You Tube再生回数6位、カラオケ歌唱回数6位にランクインし、総合順位は2位となりました。オリコンでは同作も収録した「ミックスナッツEP」が初動3万1千枚で3位初登場。前作「Universe」の3万7千枚(3位)からダウンしています。

3位は初登場。博多を拠点に活動するAKB系女性アイドルグループHKT48「ビーサンはなぜなくなるのか?」がランクイン。CD販売数で1位ランクイン。その他、PCによるCD読取数49位、Twitterつぶやき数22位、そのほかはランク圏外となり、総合順位は3位に。オリコンでは初動売上12万7千枚で同作が1位獲得。前作「君とどこかへ行きたい」の初動14万1千枚(2位)からダウンしています。

続いて4位以下の初登場曲ですが、今週は1曲のみ。J-JUN with XIA(JUNSU)「六等星」が10位にランクイン。元東方神起のメンバーで、現在はJYJのメンバーであるキム・ジェジュン(J-JUN)が、同じく元東方神起、現JYJのキム・ジュンス(XIA)と組んだシングル曲。CD販売数2位、PCによるCD読取数17位、Twitterつぶやき数71位、そのほかはランク圏外となり、総合順位は10位に留まりました。オリコンでは初動売上3万6千枚で2位初登場。J-JUN1の前作「BREAKING DAWN」の初動3万8千枚(1位)からダウン。

今週、ベスト10返り咲きも1曲。優里「ドライフラワー」が先週の14位から9位にランクアップ。3週ぶりのベスト10返り咲きを果たしています。特にストリーミング数が12位から10位にアップ、またカラオケ歌唱回数は変わらず1位。これで通算76週目のベスト10ヒットに。また「ベテルギウス」も10位から8位にアップ。こちらも通算32週目のベスト10ヒットとなっています。

また、他のロングヒット曲は、Tani Yuuki「W / X / Y」が7位から4位にアップ。You Tube再生回数は10位から11位にダウンしましたが、ストリーミング数は4位から3位にアップ。これで12週連続のベスト10ヒットとなっています。

Saucy Dog「シンデレラボーイ」も8位から7位にアップ。こちらはストリーミング数は先週と変わらず5位をキープしていますが、総合順位はワンランクアップ。これで通算21週目のベスト10ヒットとなりました。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2022年6月23日 (木)

Hot100、Hot Albumsで同時1位獲得

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

Hot100と同時1位獲得です。

今週1位獲得となったのはBTS「Proof」。先週3位にランクインしてきましたが、今週はCD販売数も加味され、ランクイン2週目にして見事1位獲得です。CD販売数、ダウンロード数及びPCによるCD読取数いずれも1位を獲得しています。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上51万3千枚で1位初登場。前作「BTS,THE BEST」の78万2千枚(1位)よりはダウンしています。

2位初登場はヒプノシスマイク-Division Rap Battle-「CROSS A LINE」。ご存じ、声優によるラッププロジェクト、ヒプノシスマイクの3年ぶりとなるフルアルバム。CD販売数2位、ダウンロード数5位、PCによるCD読取数3位。オリコンでは初動売上4万8千枚で2位初登場。ヒプノシスマイク関連では直近作、Fling Posse・Division Leaders名義「キズアトがキズナとなる」の初動4万枚(2位)よりアップ。また、ヒプノシスマイク名義としては、前作「Straight Outta Rhyme Anima」の初動4万1千枚(1位)からもアップしています。

3位には小田和正「early summer 2022」がランクイン。CD販売数3位、ダウンロード数2位、PCによるCD読取数6位。途中、ベスト盤「あの日 あの時」を挟みつつ、オリジナルアルバムとしては前作「小田日和」より約8年ぶりとなるニューアルバム。前作「小田日和」をリリースした時は「最期から2番目のアルバム」と言っていたのですが、幸いなことに「これがラストのアルバム」とは公言していません。ただ最近、吉田拓郎が、次が最後のアルバムと公言していたり、井上陽水が引退準備と報道されたり、ベテランミュージシャンたちが引退を志向する傾向が強まっています。小田和正も現在74歳。いつ「引退」を宣言してもおかしくない年齢になっています。ただ、願わくばマイペースでもいいので、今後も活動を続けてほしいと思ってしまうのですが・・・。オリコンでは初動売上4万5千枚で3位初登場。直近作のベスト盤「あの日 あの時」の初動13万枚(1位)からダウン。また、オリジナルアルバムとしての前作「小田日和」の7万4千枚(3位)からもダウンしています。

続いて4位以下の初登場盤です。5位にヴィジュアル系ロックバンドDIR EN GREY「PHALARIS」がランクイン。CD販売数5位、ダウンロード数3位、PCによるCD読取数7位。オリコンでは初動売上1万8千枚で5位初登場。前作「The Insulated World」の初動2万1千枚(6位)よりダウンしています。

7位にはSir Vanity「Ray」が初登場。声優の梅原裕一郎、中島ヨシキ、作曲家の桑原聖と演出家の渡辺大聖による4人組バンド。CD販売数6位、ダウンロード数52位、PCによるCD読取数71位。本作がデビューアルバムとなります。オリコンでは初動売上6千枚で8位初登場。

8位初登場は二宮和也「〇〇と二宮と」。ご存じ、嵐の二宮和也によるソロアルバムで、カバーアルバムとなっています。PCによるCD読取数2位のみでランクイン。PCによるCD読取数のみランクインし、CD販売数が圏外となっている奇妙な形態になっていますが、これ、本作がファンクラブ限定でのCDリリースだった影響。それでベスト10入りしてくるあたり、人気の高さを伺わせます。ちなみに6月20日に配信でもリリースされており、来週以降、ダウンロード数の売上が加味されて、さらに上位にランクインも期待されます。

9位にはアオペラ-aoppella!?-「A」がランクイン。CD販売数7位、ダウンロード数56位、PCによるCD読取数77位。11名の声優が参加する"青春×アカペラ"をテーマとしたプロジェクト。ミニアルバム的なアルバムはいままでリリースされていましたが、フルのオリジナルアルバムとしては本作が1stアルバムとなります。オリコンでは初動売上7千枚で7位初登場。前作「アオペラ-aoppella!?-3」の初動1万枚(4位)からダウンしています。

最後10位には小原鞠莉(鈴木愛奈)「LoveLive! Sunshine!! Ohara Mari Second Solo Concert Album~THE STORY OF FEATHER~starring Ohara Mari」がランクイン。アニメキャラによるアイドルプロジェクト「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場する、Aqoursとしても活躍するキャラクターのソロコンサートアルバム第2弾。CD販売数8位、PCによるCD読取数40位。オリコンでは発売日の関係でフライング販売分が先週、3千枚を売り上げて11位にランクイン。今週も4千枚を売り上げて11位にランクイン。合計して7千枚を売り上げていますが、これは同シリーズの前作、渡辺曜(斉藤朱夏)名義「LoveLive! Sunshine!! Second Solo Concert Album ~THE STORY OF
FEATHER~ starring Watanabe You」の5千枚(9位)よりアップしています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2022年6月22日 (水)

あの人気グループが見事1位獲得

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週はあの人気アイドルグループが1位獲得です。

今週1位はBTS「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」が先週の5位からランクアップ。チャートイン2週目にして1位獲得となりました。ストリーミング数で1位を獲得したほか、ダウンロード数6位、ラジオオンエア数2位、Twitterつぶやき数37位、You Tube再生回数で3位を獲得。総合順位で見事1位獲得となりました。

そして2位が、新たなロングヒットとなりそうなSEKAI NO OWARI「Habit」が先週と変わらず2位をキープ。特にストリーミング数2位、You Tube再生回数1位は先週から変わらず。今後のさらなるヒットも期待できそう。

さらに3位にはOfficial髭男dism「ミックスナッツ」がこちらも先週と同順位をキープ。これで10週連続のベスト10ヒットとなっています。ただし、先週まで1位をキープしてきたストリーミング数は3位にダウン。ダウンロード数は先週と変わらず3位をキープしているものの、You Tube再生回数は6位から7位にダウンしており、今後の動向も気にかかります。

続いて4位以下の初登場曲です。まず4位にジャニーズ系アイドルグループNEWS「LOSER」がランクイン。CD販売数で1位を獲得。PCによるCD読取数も2位にランクインしましたが、ラジオオンエア数52位、Twitterつぶやき数13位、その他のチャートはランク圏外となり、総合順位はこの位置に。テレビ東京系ドラマ「吉祥寺ルーザーズ」オープニングテーマ。オリコン週間シングルランキングでは初動売上13万2千枚で1位初登場。前作「未来へ」の初動13万3千枚(1位)から微減。

5位には、オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON 2」から誕生した男性アイドルグループOCTPATH「Perfect」がランクイン。CD販売数2位、ラジオオンエア数3位を記録しましたが、ダウンロード数75位、PCによるCD読取数82位、Twitterつぶやき数27位に留まり、総合順位はこの位置に。オリコンでは初動売上4万7千枚で2位初登場。前作「IT'S A BOP」の6万2千枚(1位)からはダウンしています。

今週の初登場曲は以上。一方、ロングヒット勢では、Tani Yuuki「W / X / Y」は先週から変わらず7位をキープ。ただ、ストリーミング数は3位から4位、You Tube再生回数も9位から10位とダウンしており、下落傾向に。とはいえ、これで11週連続のベスト10ヒットとなりました。

Saucy Dog「シンデレラボーイ」も今週、8位と先週と同順位をキープ。ただ、こちらも先週まで3週連続で4位を獲得してきたストリーミング数が5位にダウンしています。これで通算20週目のベスト10ヒットに。

さらにしぶとい優里「ベテルギウス」は先週と変わらず10位をキープし、ベスト10に踏みとどまりました。これで通算31週目のベスト10ヒットとなります。

一方、ロングヒットが期待された米津玄師「M八七」は、3位⇒6位とダウンし、今週9位までダウン。ロングヒットは厳しい状況に。特にストリーミング数は18位までダウン。映画「シン・ウルトラマン」のヒット&話題性に比べると、少々寂しい状況となっています。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2022年6月16日 (木)

K-POPの男性アイドルグループがベスト3独占

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

ここ3週、男性アイドルグループがチャート上位を占めていますが、今週もベスト3はK-POPの男性アイドルグループが並びました。

まず1位はSEVENTEEN「Face the Sun」。4枚目となるオリジナルアルバムで、CD販売数1位、ダウンロード数12位、PCによるCD読取数8位。韓国盤ですが、例のごとくなぜかCD販売数もランクイン。ダウンロードが先行していましたが、CDリリースにあわせ先週の37位からアップし、3週目にしてベスト10入りです。オリコン週間アルバムランキングでは今週、38万4千枚を売り上げてベスト50圏外からランクアップし、1位にランクインしています。

2位にはNCT DREAM「Beatbox」がランクイン。3月にリリースしたアルバム「Glitch Mode」に曲を追加し、パッケージも入れ替えた、非常にアコギな商法である「リパッケージアルバム」で、CD販売数2位、ダウンロード数79位、PCによるCD読取数96位にランクイン。オリコンでは「Glitch Mode」と同じ扱いになるようで、今週4万3千枚を売り上げて2位にランクアップという形となっています。

3位は先日、活動休止が報道されて大きなニュースとなったBTS「Proof」がランクイン。6月10日にCDリリースされているのですが、今週はCDはランク圏外。ダウンロード数で1位を獲得し、総合順位もベスト3入りとなりました。CD3枚組でアンソロジーアルバムという扱いで、過去の代表曲が多く収録されているそうですが、先日、ベストアルバムをリリースしたばかりだよなぁ・・・。

続いて4位以下の初登場盤です。まず7位にSKE48 Team S「愛を君に、愛を僕に」がランクイン。CD販売数5位、PCによるCD読取数40位。ミュージシャン名義通り、名古屋を拠点に活動するAKB系アイドルグループSKE48の派生ユニット。オリコンでは初動売上9千枚で3位初登場。

9位には元Dream5のメンバーで、現在は俳優として活躍している高野洸の2枚目となるアルバム「2LDK」がランクイン。CD販売数8位、ダウンロード数27位。オリコンでは初動売上3千枚で10位初登場。前作「ENTER」の5千枚(23位)からダウンしています。

最後10位には「トップガン オリジナル・サウンドトラック」がランクイン。1986年に公開され大ヒットを記録したアメリカのアクション映画「トップガン」。現在、その続編である「トップガン マーヴェリック」が大ヒットを記録していますが、今回、オリジナル版のサントラ盤がゲスト10入りを果たしました。CD販売数18位、ダウンロード数4位、PCによるCD読取数26位。オリコンでも1千枚を売り上げて19位にランクアップしています。ちなみに「トップガン マーヴェリック オリジナル・サウンドトラック」も今週4位にランクインしており、「トップガン」関連のサントラが2作同時にランクインした結果となりました。

今週のHot100は以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (1)

2022年6月15日 (水)

ジャニーズ系アイドルに新たなロングヒット曲が・・・

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

まず今週はジャニーズ系アイドルグループが1位を獲得です。

1位初登場はSixTONES「わたし」。CD販売数、ラジオオンエア数、PCによるCD読取数、Twitterつぶやき数いずれも1位、You Tube再生回数12位。フジテレビ系月10ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」挿入歌。オリコン週間シングルランキングでは初動売上47万1千枚で1位初登場。前作「共鳴」の初動40万枚(1位)からアップしています。

2位はSEKAI NO OWARI「Habit」が先週の4位からランクアップ。ベスト10入りから5週目にして徐々に順位を上げ、ベスト3入りしました。ミュージックビデオで披露されているダンスが話題となりTikTokなどでバズった影響でランクアップ。You Tube再生回数で1位を獲得したほか、ストリーミング数でも2位を獲得。今後、ロングヒットとなりそう。ただ、純粋に「曲の良さ」ではなく、「MVのダンスが話題でヒット」というヒットの仕方には、若干ひっかかるところもあるのですが・・・。

3位にはOfficial髭男dism「ミックスナッツ」が先週の2位からワンランクダウンでベスト3をキープ。これで9週連続のベスト10ヒットとなっています。特にストリーミング数は今週8週連続の1位となっており、ロングヒットの大きな要因に。You Tube再生回数がここに来て3位から6位とダウン傾向なのが気になりますが、まだまだヒットは続きそうです。

続いて4位以下の初登場曲です。まず4位にモーニング娘。'22「Chu Chu Chu 僕らの未来」がランクイン。CD販売数は2位でしたが、ダウンロード数17位、ラジオオンエア数41位、PCによるCD読取数15位、Twitterつぶやき数59位、その他はランク圏外となっており、総合順位はこの順位に。オリコンでは初動売上10万枚で2位初登場。前作「Teenage Solution」の12万枚(2位)よりダウンしています。

5位には韓国の男性アイドルグループBTS「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」が初登場。ニューアルバム「Proof」からのリード曲で、ダウンロード数2位、ストリーミング数6位、ラジオオンエア数62位、Twitterつぶやき数42位、You Tube再生回数で3位を獲得しています。

9位初登場はAdo「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」。アニメ映画「ONE PIECE FILM RED」主題歌。ダウンロード数で見事1位を獲得。ただ、そのほかストリーミング数28位、ラジオオンエア数58位、Twitterつぶやき数30位、You Tube再生回数26位に留まり、総合順位はこの位置に。ちなみに作詞作曲はなんと中田ヤスタカ。ただ、彼女、いままで作詞作曲は基本的にボカロPなどネット系のミュージシャンたちが手掛けていました。売れちゃうと途端に売れっ子に走るんだ・・・とちょっと複雑な心境を抱いてしまいます・・・。

続いて今週のロングヒット曲ですが、まずTani Yuuki「W / X / Y」は今週5位から7位にダウン。先週まで6週連続で2位をキープしていたストリーミング数は3位にダウン。You Tube再生回数も6位から9位と下落傾向。ただ、これで10週連続のベスト10ヒットとなりました。

先週8位から6位にアップしたSaucy Dog「シンデレラボーイ」は今週、再び8位にダウン。ただ、ストリーミング数は3週連続で4位をキープしています。これで通算19週目のベスト10ヒットとなりました。

今週、優里は「ドライフラワー」が12位にダウン。ベスト10返り咲きは1週で終わりました。一方、「ベテルギウス」は10位にダウンしていますが、ベスト10をキープ。これで通算30週目のベスト10ヒットとなります。一方、Aimer「残響散歌」は今週11位にダウン。こちらもベスト10返り咲きは1週でストップです。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2022年6月 9日 (木)

今週も男性アイドルグループが並ぶ

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週は男性アイドルグループが目立つチャートとなりましたが、今週もまた、男性アイドルグループのアルバムが上位に並びました。

初登場1位を獲得したのはジャニーズ系アイドルグループ、Sexy Zone「ザ・ハイライト」。CD販売数及びPCによるCD読取数1位を獲得。彼ら8枚目となるオリジナルアルバム。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上14万1千枚で1位初登場。直近作はベスト盤「SZ10TH」で、初動18万6千枚からダウン。また、オリジナルアルバムとしては前作「POP×STEP!?」の13万1千枚(1位)よりアップしています。

そして2位には、先週1位を獲得した男性アイドルグループJO1「KIZUNA」がワンランクダウンながらベスト3をキープしています。

3位は初登場。Vivid BAD SQUAD「Vivid BAD SQUAD SEKAI ALBUM vol.1」がランクイン。CD販売数及びダウンロード数3位、PCによるCD読取数8位。スマートフォン向けリズムゲーム「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」に登場するアイドルグループによるデビューアルバム。オリコンでは初動売上1万8千枚で2位初登場となっています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位に韓国の男性アイドルグループSHINeeのメンバー、ONEWによる配信限定のEP盤「Who sings? Vol.1」がランクイン。ダウンロード数で見事1位を獲得し、総合チャートもベスト10入りです。

6位にはさだまさし「孤悲」がランクイン。CD販売数4位、ダウンロード数24位、PCによるCD読取数22位。2022年にデビュー50周年(!)を迎えた彼の約2年ぶり43枚目となるオリジナルアルバム。オリコンでは初動売上1万1千枚で4位初登場。直近作はフォークソングのカバーアルバム「アオハル 49.69」で、同作の9千枚(7位)よりアップ。オリジナルアルバムとしての前作「存在理由~Raison d'etre~」の1万枚(6位)からは若干のアップとなっています。

最後、10位には女性声優、楠木ともり「還らずの雨」がランクイン。CD販売数6位、ダウンロード数99位。4曲+そのインスト版4曲の計8曲入りのEP盤・・・というか、事実上のシングルで、そのためオリコンではシングルチャートで6位にランクイン(初動7千枚)となっています。ここらへん、最近、事実上のシングルでありながら、EP盤を名乗っている作品が多く、ここらへんの取扱いももうちょっとルール化してほしいのですが。オリコンは新曲5曲以下の場合、シングル扱いのはずで、本作は新曲4曲のためシングル扱い。ただ、今週オリコンアルバムチャートで13位にランクインしているLucky2「Brand New World!/DISCO TIME」は、新曲3曲(+カラオケ3曲)なにに、なぜかアルバムチャートなんですよね・・・。ここらへん、なんか事務所側への忖度があるんでしょうか??

そんな訳で今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2022年6月 8日 (水)

ロングヒット曲が盛り返す

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週のHot100は、初登場曲は少なく、ロングヒット曲が盛り返してきたチャートとなりました。

まず今週1位は秋元康系。日向坂46「僕なんか」がランクイン。CD販売数及びPCによるCD読取数1位、ダウンロード数8位、ストリーミング数42位、ラジオオンエア数50位、Twitterつぶやき数7位。オリコン週間シングルランキングでは初動売上44万2千枚で1位初登場。前作「ってか」の41万5千枚(1位)からアップしています。

2位3位には、次のロングヒットとなりそうな曲が並びました。2位はOfficial髭男dism「ミックスナッツ」が先週の3位からランクアップ。3位米津玄師「M八七」が2位からランクダウンしています。「ミックスナッツ」はストリーミング数は7週連続1位を獲得。You Tube再生回数は先週から変わらず3位、ダウンロード数は4位から2位にアップしています。これで8週連続のベスト10ヒットとなりました。「M八七」はダウンロード数が2位から1位にランクアップ。You Tube再生回数も2週連続で2位獲得。ただ、ストリーミング数は5位から6位にランクダウンしています。

続いて4位以下の初登場曲ですが、今週、4位以下の唯一の初登場曲となるのが8位初登場YOASOBI「好きだ」。ダウンロード数及びラジオオンエア数3位、ストリーミング数39位、Twitterつぶやき数58位がランクイン。YOASOBIとしては珍しく、明るい雰囲気の軽いポップスに仕上がっています。

また、今週ロングヒット曲がランクアップし、ベスト10返り咲きを果たしています。まず優里「ベテルギウス」が11位から7位に、「ドライフラワー」が13位から9位にランクアップ。どちらも2週ぶりのベスト10返り咲き。「ベテルギウス」は通算29週目、「ドライフラワー」は通算75週目のベスト10ヒット。どちらもストリーミング数が「ベテルギウス」では6位から5位、「ドライフラワー」は10位から9位にランクアップしています。

またAimer「残響散歌」も先週の14位から10位にランクアップ。こちらは3週ぶりのベスト10返り咲きで、通算24週目のベスト10ヒット。こちらは特にYou Tube再生回数が8位から7位にアップしています。

一方、他のロングヒット曲は、まずTani Yuuki「W/X/Y」が先週の6位から5位にランクインし、9週連続のベスト10ヒットに。ここ数週、1ランクずつダウンを続けていましたが、ここに来て再びランクアップ。特にストリーミング数が6位連続1位を記録しています。

さらにSaucy Dog「シンデレラボーイ」が8位から6位にランクアップし、これで通算18週目のベスト10ヒットとなりました。ストリーミング数は先週から変わらず4位にランクインしています。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2022年6月 2日 (木)

男性アイドルグループが並ぶ

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週のアルバムチャートは男性アイドルグループが上位に並ぶチャートとなりました。

まず1位を獲得したのはJO1「KIZUNA」。韓国の人気オーディション番組「PRODUCE 101」の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」の合格者によって結成された、和製K-POPの男性アイドルグループ。CD販売数及びダウンロード数で1位、PCによるCD読取数で4位を獲得し、総合順位で1位を獲得しています。オリコン週間アルバムランキングでも初動売上26万枚で1位初登場。前作「The STAR」の15万8千枚(2位)よりアップ。

さらに3位には韓国の男性アイドルグループATEEZ「BEYOND:ZERO」がランクイン。CD販売数2位、ダウンロード数27位、PCによるCD読取数59位。国内盤では2枚目となるミニアルバム。オリコンでは初動売上3万8千枚で2位初登場。国内盤の前作「Into the A to Z」の1万枚(6位)からアップしています。

以下も、韓国の男性アイドルグループがズラリ。4位にTHE BOYZ「SHE'S THE BOSS」(CD販売数4位、ダウンロード数70位)、8位にASTRO「Drive to the Starry Road」(CD販売数6位、ダウンロード数65位、PCによるCD読取数66位)、9位にiKON「FLASHBACK」(CD販売数9位)がそれぞれ並んでいます。オリコンではTHE BOYZが3位(初動3万5千枚)、ASTROが6位(初動1万5千枚)、iKONが10位(初動7千枚)。THE BOYZは2枚目となる国内盤のミニアルバム。国内盤の前作「Break Dawn」の初動2万枚からアップ。ASTROは韓国盤の3rdアルバム。前作「All Yours」の7千枚からアップ。iKONは、こちらは4枚目となる韓国盤のミニアルバム。前作「I Decide」の3千枚(15位)からアップしています。

韓国のアイドルグループのアルバムは、どうもいつもリリース時期が固まる傾向があるような気がします。それぞれのアイドルの相乗効果を狙っているんでしょうか?そんな中に割り込むように日本から、avexのダンスグループAAAのメンバー、Nissy(西島隆弘)「HOCUS POCUS 3」が5位にランクイン。タイトル通り、3枚目となるオリジナルアルバム。オリコンでは初動売上3万3千枚で5位初登場。直近作はベストアルバム「Nissy Entertainment 5th Anniversary BEST」で、同作の6万枚(1位)からダウンしています。

さて、ベスト3に戻ると新譜がもう1枚。2位にMAN WITH A MISSION「Break and Cross the Walls Ⅱ」がランクイン。CD販売数3位、ダウンロード数2位、PCによるCD読取数3位。昨年11月にリリースされた「Break and Cross the Walls Ⅰ」の続編的なアルバムで、もともと両者を2枚組としてリリース予定だったものの、コロナ禍の影響を受ける音楽シーンや、その中でバンドを支えてくれるファンのために早く作品を届けるべく、1枚ずつのリリースとなったそうです。オリコンでは初動売上3万3千枚で4位初登場。その前作「Break and Cross the Walls Ⅰ」の3万6千枚(2位)から若干のダウンとなっています。

MAN WITH A MISSIONと言えば、先日、週刊誌でメンバーのKamikaze Boyの女性問題が報じられ、彼の活動自粛が発表されています。よく、MAN WITH A MISSIONのメンバーで、女性と歩いているところがわかったよな、と思う反面、ただ、女性問題なんていうのは、最終的に本人同士の問題である以上、不倫問題で活動自粛まで追い込む最近の風潮はかなり疑問に思います。この必要以上に委縮している下らない状況、なんとか誰か打破してほしいものですが。

今週、初登場盤はあと1枚。10位に「トップガン マーヴェリック:オリジナル・サウンドトラック」がランクイン。CD販売数16位、ダウンロード数5位、PCによるCD読取数30位。現在上映中の「トップガン」シリーズの最新作、映画「トップガン マーヴェリック」のサントラ。リードトラックはあのLady Gagaの新曲となっています。オリコンでは初動売上5千枚で15位初登場。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2022年6月 1日 (水)

米津、ヒゲダンが並ぶ

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週のHot100は、米津玄師、Official髭男dismという、今、最も人気のあるミュージシャンが並んでいます。まず2位は米津玄師「M八七」。先週の1位からダウンしたものの、You Tube再生回数は先週の3位から2位にアップ。ダウンロード数2位、ストリーミング数5位は先週の1位、4位からダウンしているものの、まだまだ上位に食い込んでいます。さらに3位にはOfficial髭男dism「ミックスナッツ」が先週の4位からランクアップし、2週ぶりにベスト3返り咲き。ストリーミング数は6週連続1位と圧倒的な強さを見せており、You Tube再生回数も7位から3位にランクアップしています。どちらも各種チャートでいずれも上位にランクインしており、今後のロングヒットが期待できそうです。

ただ、その中で1位を獲得したのはジャニーズ系アイドルグループ。Hey!Say!JUMP「a r e a」が初登場で1位を獲得。CD販売数及びPCによるCD読取数1位、Twitterつぶやき数16位、その他はランク圏外となっていますが、総合順位で1位を獲得しています。テレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ」主題歌。ちなみに作詞作曲はkaoru名義ですが、TOKIOの松岡昌宏が手掛けています。オリコン週間シングルランキングでは初動売上22万8千枚で1位初登場。前作「Sing-along」の19万8千枚(1位)からアップしています。

続いて4位以下の初登場曲ですが、4位に指原莉乃のプロデュースによる声優アイドルグループ=LOVE「あの子コンプレックス」が獲得。CD販売数は2位ながらも、ダウンロード数57位、ストリーミング数50位、PCによるCD読取数12位、Twitterつぶやき数19位となり、総合順位はこの位置に。オリコンでは初動売上14万7千枚で2位初登場。前作「The 5th」の11万4千枚(2位)よりアップ。

さらに9位には桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎「時代遅れのRock'n'Roll Band」がランクイン。本作は、桑田佳祐が、自分の同じ年齢の4人に声を掛けリリースされた楽曲で、コロナ禍やロシアのウクライナ侵略など、不安な日々が続く中、明るい未来と平和を願いチャリティーソングとしてリリースされた楽曲。収益の一部は世界の子どもたちの支援を行うNGO組織「セイブ・ザ・チルドレン」に寄付されるそうです。ダウンロード数及びラジオオンエア数で1位を獲得。Twitterつぶやき数54位、You Tube再生回数33位。

そして10位には刀剣男士 formation of パライソ「Free Style」がランクイン。ゲーム「刀剣乱舞」を元としたミュージシャンから登場したユニットによる楽曲。CD販売数及びPCによるCD読取数3位ながらも、Twitterつぶやき数77位、その他のチャートは圏外となり、総合順位はこの位置に。オリコンでは初動売上7万3千枚で3位初登場。同シリーズの前作、刀剣男士 formation of 心覚「問わず語り」の4万6千枚(2位)からはアップしています。

続いてロングヒット曲ですが、まずTani Yuuki「W/X/Y」。今週、6位にランクインし、ついに8週連続のベスト10ヒットを記録しています。ダウンロード数は20位ながらストリーミング数2位、You Tube再生回数6位と上位にランクイン。ここ4週は、3位⇒4位⇒5位⇒6位ときれいにワンランクずつダウンしていますが、まだまだロングヒットが続きそうです。

Saucy Dog「シンデレラボーイ」は今週は7位から8位にダウン。これで通算17週目のベスト10ヒットに。ただ、ストリーミング数も3位から4位に下落傾向で、結果、最高位4位でベスト3ヒットは達成できなさそうです・・・。

一方、先週ベスト10に返り咲きた優里「ドライフラワー」は今週13位にランクダウンし、ベスト10返り咲きは1週で終了。さらに今週、「ベテルギウス」も11位にダウン。こちらもベスト10ヒットは通算28週で一度ストップとなりました。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

DVD・Blu-ray その他 アルバムレビュー(洋楽)2008年 アルバムレビュー(洋楽)2009年 アルバムレビュー(洋楽)2010年 アルバムレビュー(洋楽)2011年 アルバムレビュー(洋楽)2012年 アルバムレビュー(洋楽)2013年 アルバムレビュー(洋楽)2014年 アルバムレビュー(洋楽)2015年 アルバムレビュー(洋楽)2016年 アルバムレビュー(洋楽)2017年 アルバムレビュー(洋楽)2018年 アルバムレビュー(洋楽)2019年 アルバムレビュー(洋楽)2020年 アルバムレビュー(洋楽)2021年 アルバムレビュー(洋楽)2022年 アルバムレビュー(邦楽)2008年 アルバムレビュー(邦楽)2009年 アルバムレビュー(邦楽)2010年 アルバムレビュー(邦楽)2011年 アルバムレビュー(邦楽)2012年 アルバムレビュー(邦楽)2013年 アルバムレビュー(邦楽)2014年 アルバムレビュー(邦楽)2015年 アルバムレビュー(邦楽)2016年 アルバムレビュー(邦楽)2017年 アルバムレビュー(邦楽)2018年 アルバムレビュー(邦楽)2019年 アルバムレビュー(邦楽)2020年 アルバムレビュー(邦楽)2021年 アルバムレビュー(邦楽)2022年 ヒットチャート ヒットチャート2010年 ヒットチャート2011年 ヒットチャート2012年 ヒットチャート2013年 ヒットチャート2014年 ヒットチャート2015年 ヒットチャート2016年 ヒットチャート2017年 ヒットチャート2018年 ヒットチャート2019年 ヒットチャート2020年 ヒットチャート2021年 ヒットチャート2022年 ライブレポート2011年 ライブレポート2012年 ライブレポート2013年 ライブレポート2014年 ライブレポート2015年 ライブレポート2016年 ライブレポート2017年 ライブレポート2018年 ライブレポート2019年 ライブレポート2020年 ライブレポート2021年 ライブレポート2022年 ライブレポート~2010年 名古屋圏フェス・イベント情報 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 音楽コラム 音楽ニュース