ヒットチャート2021年

2021年12月23日 (木)

こちらもアイドル系が1位

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

Hot100と同様、こちらもアイドル系が1位獲得です。

今週1位を獲得したのは乃木坂46「Time flies」。CD販売数1位、ダウンロード数2位、PCによるCD読取数2位。彼女たち初となるベストアルバムとなります。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上28万2千枚で1位初登場。直近のオリジナルアルバム「今が思い出になるまで」の初動44万7千枚よりダウンしています。

2位はYOASOBI「THE BOOK 2」が先週と同順位をキープ。CD販売数は5位にダウンしましたが、ダウンロード数及びPCによるCD読取数は1位をキープしています。一方、先週までベスト10入りしていたYOASOBI「THE BOOK」は17位にダウン。ベスト10返り咲きは2週のみに留まりました。

3位には冬組「MANKAI STAGE『A3!』WInter Troupe 雪の中で咲いた花」がランクイン。CD販売数2位、ダウンロード数32位、PCによるCD読取数35位。スマートフォン向けイケメン役者育成ゲーム「A3!」から派生した舞台に使われた曲をまとめたアルバム。オリコンでは初動売上1万4千枚で4位初登場。同シリーズの前作、秋組「MANKAI STAGE『A3!』Autumn Troupe コスモス≒カオス」の1万8千枚(6位)からダウン。

続いて4位以下の初登場盤ですが、まず5位にGO TO THE BEDS&PARADISES「G⇔P」がランクイン。女性アイドルグループGO TO THE BEDSとPARADISESによるスプリットEP盤。CD販売数4位、ほかのチャートはすべてランク圏外で、総合順位はこの位置に。オリコンでは初動売上1万5千枚で3位初登場。

7位初登場はNEMOPHILA「REVIVE」。CD販売数9位、ダウンロード数7位、PCによるCD読取数17位。メタル系の楽曲のカバー動画で話題となった女性5人組バンドのデビュー作。オリコンでは初動売上6千枚で8位初登場。

8位にはNovel Core「A GREAT FOOL」が初登場。CD販売数は18位に留まりましたが、ダウンロード数が3位にランクインし、総合順位はベスト10入り。もともとZeebra主宰のレーベル「GRAND MASTER」からインディーズデビューを果たした後、SKY-HI主宰のレーベル「BMSG」に移籍し、本作がメジャーデビュー作となります。オリコンでは初動売上2千枚で23位初登場。ZORNなんかもCDの売上はさっぱりでもダウンロードだけでランク上位に食い込んできましたが、もうHIP HOPリスナーはCDなんて買わないんでしょうね・・・。

9位にはReol「第六感」がランクイン。CD販売数12位、ダウンロード数6位、PCによるCD読取数36位。動画投稿サイトへの歌唱動画投稿で話題となった女性シンガーソングライター。オリコンでは初動売上5千枚で12位初登場。前作「金字塔」(11位)から横ばい。彼女もCD販売よりダウンロードの売上が先行しているタイプの模様。

最後10位には男性アイドルグループIVVY「PIE5E」がランクイン。名前的にK-POPっぽいですが、日本のグループです。CD販売数6位その他圏外となり、総合順位はこの位置に。オリコンでは初動売上6千枚で7位初登場。前作「AWAKE」は初動売上3千枚(38位(ただし翌週に35位にアップ))よりアップしています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2021年12月22日 (水)

またアイドル系が1位獲得

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週はまたアイドル系が1位獲得です。

今週1位初登場となったのはJO1「僕らの季節」。韓国の人気オーディション番組「PRODUCE 101」の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」から誕生した男性アイドルグループ。CD販売数1位、ダウンロード数4位、ストリーミング数9位、ラジオオンエア数65位、PCによるCD読取数2位、Twitterつぶやき数1位、You Tube再生回数32位。オリコン週間シングルランキングでは同曲が含まれるシングル「WNADERING」が初動売上43万1千枚で1位初登場。前作「STRANGER」の初動28万2千枚から大きくアップしています。

2位は先週1位のAimer「残響散歌」がワンランクダウン。ただ、ダウンロード数、ストリーミング数及びYou Tube再生回数で1位を獲得しており、今後のロングヒットも予想されそうです。

3位は先週4位のKing Gnu「一途」がワンランクアップでベスト10入り。ダウンロード数は2位から3位にダウンしたものの、ストリーミング数は22位から4位、You Tube再生回数も10位から2位に大きくアップ。こちらも「呪術廻戦」のタイアップもあり、ロングヒットが期待できそうです。

続いて4位以下の初登場曲です。まず4位に=LOVE「The 5th」が初登場。指原莉乃プロデュースによる声優アイドルグループ。CD販売数2位、PCによるCD読取数21位、Twitterつぶやき数8位。オリコンでは初動売上11万4千枚で2位初登場。前作「ウィークエンドシトロン」の初動9万3千枚(2位)よりアップ。

6位には韓国の女性アイドルグループTWICE「Doughnut」がランクイン。CD販売数3位、ダウンロード数71位、ラジオオンエア数95位、PCによるCD読取数13位、Twitterつぶやき数48位。オリコンでは初動売上6万2千枚で3位初登場。前作「Kura Kura」の7万5千枚(3位)からダウン。ちょっと厳しい状況が続いています。

続いてロングヒット曲ですが、まずは優里「ドライフラワー」は今週7位から8位にダウン。これで57週連続のベスト10ヒットとなりましたが、じわりと順位を落としています。ストリーミング数も5位から6位に若干ダウン。ただ一方、「ベテルギウス」は先週と変わらず5位をキープ。これで今週も2曲同時ランクインとなっています。

BTS「Butter」も今週8位から9位にワンランクダウンし、じわりと順位を落としています。これで通算30週目のベスト10ヒットとなります。

一方、土俵際の粘りを見せたのがback number「水平線」。こちらは先週から同順位の10位をキープ。これで18週連続のベスト10ヒットとなっています。ただ、ストリーミング数は4位から5位とダウン。来週以降の動向が気になります。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2021年12月16日 (木)

根強い人気のベテラングループ

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

根強い人気を誇るベテラングループが見事1位獲得です。

今週1位を獲得したのはB'zのミニアルバム「FRIENDSⅢ」。アルバム1枚でひとつの物語になるように構成されたコンセプトアルバムの第3弾で、1996年にリリースされた「FRIENDSⅡ」以来、実に25年ぶりのリリースとなりました。CD販売数1位、PCによるCD読取数1位で総合順位も1位。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上13万2千枚で1位初登場。前作「NEW LOVE」の20万6千枚(1位)よりダウンしています。

2位は先週1位のYOASOBI「THE BOOK 2」がワンランクダウンながらもベスト3をキープ。B'zのアルバムは配信がされていませんので、ダウンロード数では同作が1位獲得となっています。また、先週ベスト10に返り咲いた「THE BOOK」もワンランクダウンながら7位をキープ。2枚同時ランクインとなると同時に、「THE BOOK」はこれで通算22週目のベスト10ヒットとなりました。

3位はCHANGMIN from 東方神起「Human」が初登場。名義通り、韓国の男性アイドルグループ、東方神起のメンバー、チャンミンのソロミニアルバム。日本盤のソロアルバムリリースは(ファンクラブでのリリースを除き)初となるそうです。CD販売数及びダウンロード数2位、PCによるCD読取数13位。オリコンでは初動売上2万6千枚で2位初登場。直近作はMAX名義でリリースされた韓国盤「Chocolate:1st Mini Album」で、同作の1万1千枚(2位)よりアップしています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位にロックバンドクリープハイプ「夜にしがみついて、朝で溶かして」がランクイン。CD販売数4位、ダウンロード数9位、PCによるCD読取数13位。オリコンでは初動売上1万4千枚で3位初登場。直近作は「劇場アニメ『どうにかなる日々』オリジナルサウンドトラック」となり、同作の初動1千枚(50位)からは大幅アップ。オリジナルアルバムの前作「泣きたくなるほど嬉しい日々に」の2万2千枚(4位)からはダウンしています。

6位初登場は倖田來未「BEST~2000-2020~」がランクイン。デビュー20周年の締めくくりとして、デビュー日である12月6日にリリースされた、自身初となるオールタイムベスト。CD販売数5位、ダウンロード数14位。オリコンでは発売日の関係で先週のチャートで19位に初登場しています。3CD+DVDの通常盤と、8CD+3Blu-rayのファンクラブ・mu-moショップ限定盤の2種類をリリース。今週、ファンクラブ・mu-moショップ限定盤が3千枚を売り上げて16位に、通常盤は2千枚で25位。ただ両者合わせると8位相当となります。昔ならば、無理やり合算させてベスト10入りという実績を作るのでしょうが、もう彼女の人気面でもチャートへの信頼面でも、ベスト10入りにそこまでの価値がなくなってしまったのでしょうか・・・。

初登場最後は10位に原因は自分にある。「虚像と実像」がランクイン。いかにも今どきなボカロPが結成したユニットっぽい名前ですが、こちら、スターダストプロモーション所属の男性アイドルグループ。こういう今時なワードを背景など一切考慮せず、何の躊躇なく取り込む点は、秋元康の書く歌詞にしてもそうですが、良くも悪くもアイドルっぽい感じがします。ちなみに、日常会話でこういうことを簡単に言う人って、大抵は本当に自分が悪いとは思っていないケースが大半な気がしますが。CD販売数7位でそのほかは圏外。オリコンでは初動売上5千枚で7位初登場。前作「多世界解釈」の8千枚(7位)よりダウンしています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

「鬼滅」人気は続く

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

いまだに根強い「鬼滅の刃」人気を反映するチャートとなりました。

今週1位を獲得したのは女性シンガーAimer「残響散歌」が獲得。本作はフジテレビ系アニメ「『鬼滅の刃』遊郭編」オープニングテーマ。いままで「鬼滅の刃」といえばLiSAの独壇場だったのですが、今回のアニメはエンディングの「朝が来る」ともども、Aimerが担当することになりました。ダウンロード数及びストリーミング数で1位、ラジオオンエア数8位、Twitterつぶやき数20位で総合順位では見事1位獲得。いまだに衰えない「鬼滅の刃」人気を象徴する結果となりました。ちなみに本作は来年1月12日にCDでのリリースも予定されており、そのタイミングでさらにランクアップしそう。ロングヒットになりそうな予感もします。

2位は韓国の男性アイドルSEVENTEEN「あいのちから」がランクイン。CD販売数は1位、ラジオオンエア数も3位にランクインしましたが、ストリーミング数70位、PCによるCD読取数及びTwitterつぶやき数は14位に留まり、総合順位も2位となりました。オリコン週間シングルランキングでは初動売上15万5千枚で1位初登場。前作「ひとりじゃない」の31万4千枚(1位)からダウンしています。

3位もアイドル系。モーニング娘'21「Teenage Solution」が初登場。CD販売数2位、ダウンロード数9位、PCによるCD読取数4位、Twitterつぶやき数55位。オリコンでは初動12万枚で2位初登場。前作「純情エビデンス」の初動11万2千枚(2位)から若干アップしています。

続いて4位以下の初登場ですが、まずは4位にKing Gnu「一途」がランクイン。映画「劇場版 呪術廻戦 0」主題歌。「呪術廻戦」は一時期、ポスト鬼滅の刃的に注目を集め、それなりにヒットを飛ばしたのですが、残念ながら「鬼滅の刃」のような国民的ヒットにはまだ至っていません。今回はその両者の主題歌が同時にランクインする結果となっています。ダウンロード数2位、ストリーミング数22位、ラジオオンエア数29位、Twitterつぶやき数18位、You Tube再生回数10位。ちなみに本作も12月29日にCDリリースが予定されているため、そのタイミングで再度ランクアップしそう。ロングヒットに結びつくでしょうか?

初登場最後は9位にランクインした秋元康系アイドルグループ、ラストアイドル「Break a leg!」。CD販売数は3位でしたが、ほかにPCによるCD読取数が53位にランクインしているほか、いずれのチャートも圏外。結果、この順位となりました。オリコンでは初動売上5万6千枚で3位初登場。前作「君は何キャラット?」の初動5万5千枚(2位)より微増。

一方、ロングヒット勢は相変わらず根強い人気の優里「ドライフラワー」は今週は4位から7位にダウン。ただストリーミング数5位は先週から変わらず。You Tube再生回数もここにきて9位から7位にアップ。これで56週連続のベスト10ヒットに。また「ベテルギウス」も先週の3位からダウンしたものの5位にランクイン。今週も2曲同時ランクインとなりました。

またBTS「Butter」は6位から8位にダウン。ただ、これで通算29週目のベスト10ヒットとなりました。

そしてback number「水平線」は7位から10位にダウン。これで17週連続のベスト10ヒットとなりましたが、後がなくなりました。ストリーミング数はいまだ4位にランクインしているなど、根強い人気は見せているのですが・・・来週以降の巻き返しはあるのでしょうか?

今週のHot100は以上。ロングヒット勢ではOfficial髭男dism「Cry Baby」は今週14位にダウン。ベスト10ヒットは通算21週で、とりあえずはストップです。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2021年12月 9日 (木)

話題のミュージシャンが1位獲得

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

2年連続紅白出場を決めた話題のミュージシャンが1位獲得です。

今週1位を獲得したのはYOASOBIのミニアルバム「THE BOOK 2」が獲得。今年1月にリリースされたEP盤の第2弾。今回も生産限定でCDもリリース。CD販売数は2位だったのですが、ダウンロード数及びPCによるCD読取数で1位を獲得し、総合順位は1位となりました。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上8万枚で2位初登場。前作「THE BOOK」の7万2千枚(2位)よりアップしています。ちなみに今週はその前作「THE BOOK」が21位から6位に大きくランクアップ。CDが再発売された影響で、CD販売数が6位にランクイン。7月14日付チャート以来、21週ぶりのベスト10返り咲きに。通算21週目のベスト10ヒットとなりました。また、オリコンでも1万6千枚を売り上げ、6位にランクインしています。

2位は博多を拠点に活動するAKB48の姉妹グループ、HKT48「アウトスタンディング」が獲得。CD販売数は1位を獲得しましたが、ダウンロード数で33位、PCによるCD読取数で17位に留まり、総合順位も2位となりました。オリコンでは初動売上9万4千枚で1位初登場。前作「092」の12万2千枚(1位)からダウンしています。

3位はケツメイシのタイトル通り12枚目となるオリジナルアルバム「ケツノポリス12」が獲得。CD販売数及びダウンロード数3位、PCによるCD読取数8位。毎回、沖縄の首里城をバックとしたジャケットを使用していることでおなじみの彼ら。直近のベストアルバム「ケツノパラダイス」では、コロナ禍で沖縄への移動が出来ず、メンバーの原寸大パネルを持ち込み撮影したのですが、今回は無事、沖縄に移動して撮影できた模様。ただその一方、2019年の首里城焼失の影響でしょうか、バックに工事している建屋が映っています。同じところから々ように移しているケツメイシのアルバムジャケットですが、その中にその時々の出来事がなにげに反映されているのが興味深いところです。オリコンでは初動売上2万1千枚で3位初登場。直近のベストアルバム「ケツノパラダイス」の初動2万2千枚(3位)から若干ダウン。オリジナルアルバムとしての前作「ケツノポリス11」の4万枚(1位)よりダウンしています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず5位にMISIA「HELLO LOVE」がランクイン。CD販売数5位、ダウンロード数4位、PCによるCD読取数9位。オリコンでは初動売上1万6千枚で5位初登場。直近作はクリスマスアルバム「So Special Christmas」で、同作の9千枚(7位)よりアップ。オリジナルアルバムとしての前作「Life is going on and on」(6位)からは横バイとなっています。

初登場はもう1枚。7位にウカスカジー「どんなことでも起こりうる」がランクイン。CD販売数7位、ダウンロード数14位、PCによるCD読取数11位。ミスチルの桜井和寿と、EAST ENDのGAKU-MCによるユニット。2014年のワールドカップに向けての企画的ユニットかと思いきや、かなり積極的に、継続的なユニットとして活動を続けており、これが3枚目のアルバムになっています。CD販売数7位、ダウンロード数14位、PCによるCD読取数11位。オリコンでは初動売上1万4千枚で8位初登場。前作「Tシャツと私たち」の初動1万7千枚(5位)より若干のダウンとなっています。

今週のHot100は以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2021年12月 8日 (水)

またジャニーズ系が1位を獲得する中・・・

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週も1位はジャニーズ系が獲得しました。

1位はジャニーズ系男性アイドルグループSnow Man「Secret Touch」が獲得。CD販売数、ラジオオンエア数及びPCによるCD読取数1位、Twitterつぶやき数9位、You Tube再生回数で11位を獲得し、総合順位も1位となりました。テレビ朝日系ドラマ「消えた初恋」主題歌。オリコン週間シングルランキングでは初動売上73万4千枚で1位初登場。前作「HELLO HELLO」の初動80万6千枚よりダウンしています。

そんな訳で今週も1位はアイドル系となりましたが、2位以下はSSWやバンド系の活躍も目立ちました。まず2位には宇多田ヒカル「君に夢中」が先週と同順位の2位をキープ。ダウンロード数1位、ストリーミング数3位と配信系の順位も高く、ロングヒットが望まれます。

さらに3位には優里「ベテルギウス」が4位からランクアップ。チャートイン5週目にして初のベスト3入りを果たしています。さらに今週「ドライフラワー」も6位から4位にアップ。ベスト10ヒットを55週連続に伸ばしています。なにげにここに来て驚異的な人気を見せている優里。ただ、私生活のスキャンダルの影響か、紅白出演も逃し、「2021年を代表するヒット曲」としてもなぜかスルーされるという、若干自業自得ながらも、微妙にかわいそうな扱いが続いています。ただ、一発屋かと思いきや、「ベテルギウス」のヒットの影響で、曲ではなく、優里というミュージシャン自身に対する人気も高まっている感もあり、今後の動向にも注目されます。

さらに5位にはマカロニえんぴつ「なんでもないよ、」が先週の10位からランクアップ。なんと今週、ストリーミング数で1位を獲得しており、ロングヒットの兆しが見えます。You Tube再生回数は19位に留まっているのですが、こちらも先週の23位からアップしており、徐々に順位を上げてきそう。今後の動向に注目です。

そして今週、ベスト10返り咲きも。まずはOfficial髭男dism「Cry Baby」。先週の14位から9位にランクアップし、3週ぶりにベスト10返り咲きです。通算21週目のベスト10ヒット。ただ、各チャート指標、目立ったランクアップもありませんから、他に強力曲がなかった影響で相対的に順位を上げた模様。

そしてKing Gnu「BOY」。CDリリースにあわせて先週の48位からランクアップ。6週ぶりのベスト10返り咲きとなっています。オリコンでは初動売上2万1千枚で4位初登場。前作「三文小説」の初動5万4千枚(2位)からはダウンしています。

ロングヒット組は、まずBTS「Butter」。先週の5位からワンランクダウンの6位にランクイン。これで通算28週目のベスト10ヒットとなっています。

さらにback number「水平線」は9位から7位にアップ。ここに来て盛り返しています。これで16週連続のベスト10ヒット。ただし、こちらもヒゲダン同様、各チャート指標で目立ったランクアップもなく、相対的な強さでランクを上げてきただけの模様です。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2021年12月 2日 (木)

新譜ラッシュ

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週は全10枚中9枚が初登場という新譜ラッシュとなりました。年末商戦を見込んで、新譜のリリースが増えています。

そんな中で1位を獲得したのは女性アイドルグループNiziU「U」。CD販売数、ダウンロード数、PCによるCD読取数でいずれも1位を獲得しています。デビュー1周年を迎える彼女たちの本作がデビューアルバムとなります。オリコン週間アルバムランキングでも初動売上17万9千枚を売り上げて1位初登場。

2位初登場はMAN WITH A MISSION「Break and Cross the Walls I」。ご存じ「頭はオオカミ、身体は人間」という新生命体のバンドによるニューアルバム。CD販売数及びダウンロード数2位、PCによるCD読取数4位。オリコンでも初動売上3万6千枚で2位初登場。直近作はEP盤「ONE WISH e.p.」で、同作の2万6千枚(4位)よりアップ。オリジナルアルバムとしては前作「Chasing the Horizon」の7万枚(2位)より大きくダウンしてしまっています。ただ、オリジナルアルバムの前作は約3年5か月前となるので、その間のストリーミング普及などの影響も大きそう。

3位もロックバンド、RADWIMPS「FOREVER DAZE」がランクイン。CD販売数及びダウンロード数3位、PCによるCD読取数6位。オリコンでは初動売上2万9千枚で3位初登場。直近作は企画盤「2+0+2+1+3+1+1 = 10 years 10 songs」で、同作の初動2万枚(3位)よりアップ。ただオリジナルアルバムの前作「ANTI ANTI GENERATION」の7万7千枚(1位)から大きくダウン。こちらも約3年ぶりのアルバムになるので、音楽環境の変化も大きそう。ただ、一時期、人気バンドとして頭ひとつ出ていた印象もあるので、最近の人気の下降ぶりは少々気になるところ。特に今回、ギターの桑原彰の不倫報道で活動休止という自体となっており、バンドとしては少々苦しい状況となっています。ただ、法律を犯したわけでもない「不倫」に対するこの過剰なまでの反応は、ちょっと異常な感もするのですが。そもそも不倫をして、謝ったり、責任を取ったりする相手はファンでも世間でもなく、奥さん(と子供)だけだと思うのですが。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位にORβIT「Alter Ego」が初登場。日韓合同の男性アイドルグループによるミニアルバム。CD販売数4位、ダウンロード数15位。オリコンでは初動売上1万2千枚で5位初登場。前作「Enchant」の1万7千枚(2位)よりダウン。

6位初登場はVTuberグループにじさんじ「Reflextion」。1990年代から2000年代のドラマ主題歌をカバーしたカバーアルバム。CD販売数5位、PCによるCD読取数22位。オリコンでは初動売上1万2千枚で6位初登場。直近作で同じカバーアルバムの「Prismatic Colors」の2万4千枚(3位)からダウンしています。

7位には、動画サイトでの歌唱動画で人気を博した男性シンガーりぶのベストアルバム「MYLIST」がランクイン。CD販売数7位、ダウンロード数26位、PCによるCD読取数28位。ちなみにアコースティックカバーアルバム「PLAYLIST」も同時リリースしていますが、同作は惜しくも12位に留まりました。オリコンでは初動売上1万枚で7位初登場。直近のオリジナルアルバム「Ribing fossil」の2万4千枚(3位)からダウンしています。

8位9位には2枚同時リリースとなるスキマスイッチのアルバム「Bitter Coffee」「Hot Milk」がそれぞれランクイン。CD販売数はそれぞれ9位、10位、ダウンロード数は21位、22位、PCによるCD読取数は15位、16位といずれも並んでランクインしています。オリコンでも初動売上はいずれも9千枚で9位、10位に並んでランクイン。直近のオリジナルアルバム「新空間アルゴリズム」の1万6千枚(4位)からはダウンしています。ちなみにオリコンではCD販売数はいずれも9,359枚と完全に一致しています。一方、ビルボードのTop Salesチャートでは9,217枚、9,200枚と17名ほど、「Bitter Coffee」のみ買った方がいた推定値に。その17名の方に何があったのか、気になるのですが(笑)。

最後10位にはBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE「PASS THE MIC」がランクイン。ミュージシャン名義通り、EXILEの弟分の男性ダンスグループによる新作。CD販売数は8位でしたが、ダウンロード数44位、PCによるCD読取数は59位にとどまりこの順位に。オリコンでは初動売上9千枚で8位初登場。前作「BALLISTIK BOYZ」の2万6千枚(1位)よりダウンしています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

アイドル系に割って入ったのは・・・

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週も上位にはアイドル系が目立ちました。

まず1位にはHey!Say!JUMP「Sing-along」がランクイン。「世界体操・世界新体操2021」テーマソング。CD販売数及びPCによるCD読取数1位、ラジオオンエア数26位、Twitterつぶやき数21位。タイトル通り、ライブなどではファンみんなで歌い上げるようなナンバーになっています。オリコン週間シングルランキングでは初動売上19万8千枚で1位初登場。前作「群青ランナウェイ」の23万6千枚(1位)からダウンしています。

さらにアイドル系は3位も。22/7「覚醒」がランクイン。秋元康プロデュースによるアニメキャラと声優によるアイドルグループ。CD販売数2位、PCによるCD読取数25位、Twitterつぶやき数27位。オリコンでは初動売上5万9千枚で2位初登場。前作「僕が持ってるものなら」の初動7万3千枚(2位)よりダウン。

そんなアイドル系の間に割って入ったのが宇多田ヒカルの配信限定シングル「君に夢中」。先週の84位から大きくランクアップし、ベスト3入り。TBS系ドラマ「最愛」主題歌。ダウンロード数及びラジオオンエア数では見事1位を獲得。ストリーミング数31位、Twitterつぶやき数69位となっています。

続いて4位以下の初登場曲です。まず7位にあいみょん「ハート」が先週の20位からランクアップ。CDリリースにより、チャートイン6週目にしてベスト10入りです。TBS系ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」主題歌。彼女らしいハートウォーミングなラブソングとなっています。CD販売数10位、ダウンロード数5位、ストリーミング数14位、ラジオオンエア数4位、PCによるCD読取数6位、Twitterつぶやき数96位。相変わらずCDリリースよりも配信系が強い結果となっていますがYou Tube再生回数が圏外なのが気になるところ。ストリーミング数は25位→18位→14位とアップ傾向にあるので、今後の動向次第ではさらに上位を狙えるかもしれません。オリコンでは初動売上9千枚で10位初登場。前作「愛を知るまでは」の1万枚(8位)よりダウンしています。

さらに今週、人気上昇中のポップスバンド、マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」が先週の13位からランクアップし、チャートイン4週目にしてベスト10入りを果たしました。配信限定のシングルで、特にストリーミング数2位が大きな要因に。ほかにダウンロード数67位、ラジオオンエア数28位、You Tube再生回数23位にランクイン。特に今後、You Tube再生回数がさらに上位に食い込んでくれば、さらなる上位に狙えそうです。

今週の初登場曲は以上。ベスト10の中で5曲初登場と、比較的初登場の多い週になりました。ただ一方、ベスト10返り咲きも。先週、ベスト10圏外にダウンしたBTS「Butter」が11位から5位にランクアップ。通算27週目のベスト10ヒットを記録しています。

ほかにロングヒット系は、優里「ドライフラワー」が8位から6位にアップ。しぶとい強さを続けています。「ベテルギウス」も5位から4位にアップしており、これで2曲同時ランクイン。「ベテルギウス」は今週もストリーミング数で1位をキープしており、ロングヒットになりそうな予感がします。

またback number「水平線」は10位から9位にアップ。先週は後がないチャートとなりましたが、なんとかランク1つ巻き返しました。これで15週連続のベスト10入りとなります。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

アルバムチャートもジャニ系が1位2位

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

Hot100と同じく、Hot Albumsも1位2位にジャニーズ系男性アイドルグループが並びました。

まず1位には関ジャニ∞「8BEAT」がランクイン。CD販売数及びPCによるCD読取数で1位を獲得。途中ベスト盤を挟みつつ、オリジナルアルバムとしては約4年5ヶ月ぶりとなるニューアルバム。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上26万1千枚で1位初登場。直近のベスト盤「GR8EST」の30万5千枚(1位)よりダウン。またオリジナルアルバムとしての前作「ジャム」の32万7千枚(1位)よりもダウンしています。

2位にはV6のベスト盤「Very6 BEST」が先週の4位からランクアップ。2週ぶりのベスト3返り咲きとなりました。これで1位2位とジャニ系が並ぶ結果になっています。

3位は韓国の男性アイドルグループSEVENTEEN「Attacca」が先週の3位から同順位をキープし、今週もベスト3入りとなりました。

続いて4位以下の初登場盤です。4位にはAdele「30」がランクイン。CD販売数は10位、PCによるCD読取数は21位でしたが、ダウンロード数で1位を獲得し、総合順位で見事4位に食い込みました。Adeleはご存じの通り、2011年にリリースした前々作「21」が全米で1千万枚。前作「25」も900万枚を突破するなど、圧倒的な人気を誇るイギリスのシンガーソングライター。約6年ぶりとなる本作も、待ちに待たれた1枚となっています。ちなみに「30」というタイトルですが、彼女は現在33歳。どうも30歳の時に制作を開始したため、このタイトルになったようです。オリコンでは初動売上8千枚で5位初登場。前作「25」の1万2千枚(13位)よりダウン。ただ、前作リリース時とはストリーミングなどの状況が格段に変化した中では立派な初動売上でしょう。

8位には女性アイドルグループBiSHのアユニ・DによるソロプロジェクトPEDRO「後日改めて伺います」がランクイン。CD販売数6位、ダウンロード数16位、PCによるCD読取数22位。オリコンでは初動売上7千枚で6位初登場。前作「浪漫」(9位)から横バイ。

9位10位には、T.M.Revolution西川貴教と、アニソンを中心に手掛ける作曲家、志倉千代丸によるアニメキャラの男性アイドルプロジェクトB-PROJECTより「B with U(ブレイブver.)」「B with U(ダイコクver.)」がそれぞれランクイン。前者がCD販売数5位、後者が7位で、そのほかのチャートはランク圏外となっています。オリコンでは、両者をあわせた「SPECIAL BOX」が初動売上4千枚で10位初登場。前作で2枚同時リリースとなった「S級パラダイスBLACK」「S級パラダイスWHITE」の、それぞれ初動1万6千枚(5位)、1万4千枚(7位)からはダウンしています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2021年11月24日 (水)

ジャニ系が1位2位を獲得する中、鬼滅人気も・・・

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週はまず1位2位とジャニーズ系が並びました。

まずはなにわ男子「初心LOVE」が先週に引き続き1位を獲得。PCによるCD読取数は2位となりましたが、PCによるCD読取数及びYou Tube再生回数で1位を獲得し、2週連続の1位となりました。一方、2位もジャニーズ系男性アイドルグループ。NEWS「未来へ」が初登場。日テレ系ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」テーマ曲。CD販売数は同作が1位を獲得したものの、PCによるCD読取数2位、ラジオオンエア数60位、Twitterつぶやき数10位で、You Tube再生回数はランク圏外。総合順位は2位となりました。オリコン週間シングルランキングでは初動売上13万2千枚で同作が1位を獲得。前作「BURN」の14万8千枚(1位)よりダウンしています。

3位にはLiSA「明け星」が先週の11位より、CDリリースに合わせてランクアップ。3週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。オリコンでは初動売上4万4千枚で4位初登場。前作「HADASHi NO STEP」の9千枚(5位)より大きくアップしています。本作はテレビアニメ「鬼滅の刃 無限列車編」のオープニングテーマ。CD売上の大幅増は鬼滅人気がまだまだ続いている証でしょう。CDでは本作と両A面扱いとなっているエンディングテーマ「白銀」も今週、4位初登場。ダウンロード数で1位を獲得したほか、ストリーミング数で75位、ラジオオンエア数29位、Twitterつぶやき数18位、You Tube再生回数18位を獲得。2曲同時ランクインとなり、鬼滅人気を見せつける結果となりました。ただ、これからどれだけロングヒットを獲得できるのかが、勝負とも言えるのでしょうが。

続いて4位以下の初登場曲ですが、初登場はあと1曲。6位にハロプロ系女性アイドルグループつばきファクトリー「涙のヒロイン降板劇」がランクイン。CD販売数3位、ダウンロード数20位、ラジオオンエア数22位、PCによるCD読取数19位、Twitterつぶやき数89位。オリコンでは初動売上5万8千枚で3位初登場。前作「断捨ISM」の3万6千枚(4位)からアップしています。

さて今週は、初登場3曲+ベスト10返り咲き1曲がランクインということもあり、ロングヒット系は軒並みランクダウンという結果となりました。まず長らくロングヒットを続けてきた優里「ドライフラワー」は5位から8位にダウンしています。これでベスト10ヒットは53週連続。ただ、ストリーミング数は先週から変わらず4位、カラオケ歌唱回数も40週連続の1位となっており、まだ巻き返しの可能性はありそう。ちなみに「ベテルギウス」は4位からワンランクダウンの5位。こちらもストリーミング数で1位をキープしています。

さらにback number「水平線」は6位から10位にダウン。これで14週連続のベスト10ヒットとなりましたが、後がなくなりました。ただこちらも、ストリーミング数が先週の3位から2位にアップするなど、来週以降の巻き返しの可能性も高そうです。

そして今週、BTS「Butter」が11位にランクダウン。ベスト10ヒットは連続26週でストップしました。さらに今週「Permission to Dance」「Dynamite」の巻き返しもなく、ついにBTSが昨年の9月2日付チャートで「Dynamite」がベスト10入りして以来、約1年3ヶ月ぶりにベスト10から姿を消す結果となりました。

Official髭男dism「Cry Baby」も10位から12位にダウン。こちらもベスト10ヒットは通算21週でとりあえずストップ。ただBTS「Butter」もストリーミング数6位、ヒゲダン「Cry Baby」もストリーミング数5位と上位にランクインしており、来週以降のベスト10返り咲きの可能性もありそうです。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

DVD・Blu-ray その他 アルバムレビュー(洋楽)2008年 アルバムレビュー(洋楽)2009年 アルバムレビュー(洋楽)2010年 アルバムレビュー(洋楽)2011年 アルバムレビュー(洋楽)2012年 アルバムレビュー(洋楽)2013年 アルバムレビュー(洋楽)2014年 アルバムレビュー(洋楽)2015年 アルバムレビュー(洋楽)2016年 アルバムレビュー(洋楽)2017年 アルバムレビュー(洋楽)2018年 アルバムレビュー(洋楽)2019年 アルバムレビュー(洋楽)2020年 アルバムレビュー(洋楽)2021年 アルバムレビュー(洋楽)2022年 アルバムレビュー(邦楽)2008年 アルバムレビュー(邦楽)2009年 アルバムレビュー(邦楽)2010年 アルバムレビュー(邦楽)2011年 アルバムレビュー(邦楽)2012年 アルバムレビュー(邦楽)2013年 アルバムレビュー(邦楽)2014年 アルバムレビュー(邦楽)2015年 アルバムレビュー(邦楽)2016年 アルバムレビュー(邦楽)2017年 アルバムレビュー(邦楽)2018年 アルバムレビュー(邦楽)2019年 アルバムレビュー(邦楽)2020年 アルバムレビュー(邦楽)2021年 アルバムレビュー(邦楽)2022年 ヒットチャート ヒットチャート2010年 ヒットチャート2011年 ヒットチャート2012年 ヒットチャート2013年 ヒットチャート2014年 ヒットチャート2015年 ヒットチャート2016年 ヒットチャート2017年 ヒットチャート2018年 ヒットチャート2019年 ヒットチャート2020年 ヒットチャート2021年 ヒットチャート2022年 ライブレポート2011年 ライブレポート2012年 ライブレポート2013年 ライブレポート2014年 ライブレポート2015年 ライブレポート2016年 ライブレポート2017年 ライブレポート2018年 ライブレポート2019年 ライブレポート2020年 ライブレポート2021年 ライブレポート2022年 ライブレポート~2010年 名古屋圏フェス・イベント情報 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 音楽コラム 音楽ニュース