ヒットチャート2020年

2020年12月24日 (木)

ジャニーズ系が1位3位

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

Hot100はアイドル系が目立ちましたが、Hot Albumsもベスト3のうち2枚がジャニーズ系という結果となっています。

まず1位初登場がジャニーズ系アイドルグループHey!Say!JUMP「Fab! -Music speaks.-」。CD販売数及びPCによるCD読取数で1位を獲得。彼ら8枚目になるニューアルバム。オリコン週間アルバムチャートでも初動売上24万9千枚で1位獲得。前作「PARADE」の18万9千枚(1位)よりアップしています。

2位はMr.Children「SOUNDTRACKS」が先週と同順位をキープ。CD販売数は先週と変わらず2位。PCによるCD読取数は先週の1位からワンランクダウンの2位となっています。

そして3位もジャニーズ系。「This is 嵐」がこちらも先週から変わらず3位をキープ。先週、ダウンロード(&サブスクリプション)解禁によりベスト3に返り咲きましたが、今週もダウンロード数で1位をキープし、2週連続のベスト3となっています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位にはamazarashi「令和二年、雨天決行」が初登場。前5曲(初回限定版は8曲)入りのミニアルバムで、今年起きた出来事が歌われた作品だそうです。アルバムレビューでも書きましたが、今年は「2020」というタイトルのアルバムが多くリリースされましたが、このアルバムも和暦ではありますが、そんな「2020」と名乗るアルバムと同じ仲間のアルバムと言えるでしょうか。CD販売数4位、ダウンロード数5位、PCによるCD読取数16位。オリコンでは初動売上1万3千枚で6位初登場。前作「ボイコット」の1万8千枚(2位)からダウンしています。

5位はロックバンドポルカドットスティングレイのニューアルバム「何者」がランクイン。フルアルバムとしては3枚目となる新作です。CD販売数6位、ダウンロード数2位、PCによるCD読取数20位。オリコンでは初動売上1万1千枚で8位初登場。前作「新世界」から初動売上は横バイ(6位)です。

6位には「ガルパ ボカロカバーコレクション」が初登場。スマホ向けゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ! 」において、ゲーム内で歌われたボーカロイド楽曲のカバー曲を集めたコンピレーションアルバム。CD販売数3位、PCによるCD読取数10位。オリコンでは初動売上1万4千枚で4位初登場。

スマホゲームのキャラソン+ボカロ曲という、アラフォー世代以上はついていけないような構成のアルバムがランクインした一方、アラフォーどころかアラカン世代あたりがターゲットとなりそうなのが7位に初登場のPaul McCartney「McCartney III」。CD販売数5位、ダウンロード数11位、PCによるCD読取数21位。言わずと知れた元The BeatlesのPaul McCartneyによるソロアルバム。1970年にリリースした「McCartney」、80年リリースの「McCartneyII」の続編となる、約40年(!)ぶりとなる「McCartney」シリーズの第3弾となります。オリコンでは初動売上1万4千枚で5位初登場。前作「EGYPT STATION」の1万3千枚(6位)より若干ですがアップしています。

今週の初登場盤は以上。一方、ロングヒット盤は米津玄師「STRAY SHEEP」が先週の6位からダウンしているものの9位をキープ。これで通算ベスト10記録を19週に伸ばしています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週?(・・・の水曜日は12月30日ですが、通常通り、チャートは公表されるのでしょうか?)。

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

今週も目立つアイドル系

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週に引き続き、今週もアイドル系が目立つチャートとなっています。

まず1位にランクインしたのがジャニーズ系。King&Prince「I promise」が初登場で1位獲得です。セブンイレブン2020年クリスマスCMソング。CD販売数、PCによるCD読取数、Twitterつぶやき数で1位獲得。ラジオオンエア数37位、You Tube再生回数は47位。オリコン週間シングルランキングでは初動売上56万7千枚で1位初登場。前作「Mazy Night」の51万8千枚(1位)よりアップしています。

2位はLiSA「炎」が先週から同順位をキープ。ダウンロード数、カラオケ歌唱回数の1位、ストリーミング数、You Tube再生回数の2位は先週から変わらず。これでベスト10&ベスト3ヒットは10週連続となっています。ちなみに「紅蓮華」は今週8位から10位にダウン。ベスト10ヒットを、ついに通算50週としましたが、さすがに後がなくなってきました。

3位も男性アイドルグループ。BTS「Dynamite」がこちらも先週と同順位をキープ。ストリーミング数及びYou Tube再生回数1位は先週から変わらず。こちらも18週連続のベスト10入りとなっています。

そんな訳で先週と同様、ベスト3中2曲がアイドルソングとなった今週。4位以下でも女性アイドルグループ、モーニング娘。'20「純情エビデンス」が初登場。CD販売数2位、ダウンロード数14位、ストリーミング数17位、PCによるCD読取数20位、Twitterつぶやき数34位で総合順位は4位にランクインしています。オリコンでは初動売上11万2千枚で2位初登場。前作「KOKORO&KARADA」の初動12万6千枚(2位)からダウンしています。

ほかにもNiziU「Step and a step」が7位にランクインするなど、アイドル系が目立つ今週のチャート。ただ、先週1位の櫻坂46「Nobody's fault」は今週19位まで一気にダウン。またNiziU「Make you happy」は今週10位から12位にダウンし、ベスト10ヒットは24週連続で途切れてしまいました。

一方、もう1曲の初登場曲がSEKAI NO OWARI「silent」。CDリリースに合わせて、先週の11位からランクアップし、5位にランクイン。ベスト10初登場となりました。TBS系ドラマ「この恋あたためますか」主題歌。この時期にピッタリのクリスマスソング。以前ならクリスマスソングというと、クリスマス以降は販売数が極端に減るため、11月中に販売し、クリスマスまで余裕を持たせるのですが、本作はCDではクリスマス時期ギリギリのリリース。ただし、10月21日より先行配信が行われているため、売上はそちらで立てるということでしょう。CDシングルとしてリリースしているものの、既にCDが商材の中心ではないということを物語るリリース時期となっていました。オリコンでは初動売上3万7千枚で4位初登場。前作「umbrella」の3万3千枚(3位)よりアップしています。

今週の初登場曲は以上。一方、ロングヒット曲としてはYOASOBI「夜に駆ける」が先週の7位から9位にランクダウン。ストリーミング数5位、You Tube再生回数8位とまだ上位を維持していますが、厳しい状況となってきています。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

今週もアイドル系が目立つチャート

今週は、Hot100、Hot Albumともに初登場が少なかったので、同時更新です。

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週も韓国系を中心に、Hot100では珍しくアイドル系が目立つチャートとなっています。

まず1位を獲得したのが櫻坂46「Nobody's fault」が獲得。CD販売数及びPC販売数1位、ダウンロード数10位、ラジオオンエア数21位、Twitterつぶやき数19位。以前は「欅坂46」という名前で活動していたグループでしたが、このたび「櫻坂46」という名前に改名。本作は、改名後第1弾のアルバムとなっています。オリコン週間シングルランキングでも初動売上40万8千枚で1位初登場。欅坂46名義のラストシングル「黒い羊」の75万枚(1位)からは大きくダウン。少々厳しい滑り出しとなっています。

2位はLiSA「炎」が先週から変わらず同順位をキープ。今週もダウンロード数、カラオケ歌唱回数の1位、You Tube再生回数の2位は同順位をキープしましたが、ストリーミング数は1位から2位にダウンしています。ただこれでベスト10ヒット&ベスト3ヒットは9週連続となっています。一方、「紅蓮華」も今週8位と先週から同順位をキープ。これでベスト10ヒットを通算49週に伸ばしています。

3位はK-POPの男性アイドルグループBTS「Dynamite」が5位から3位にアップ。2週ぶりにベスト3に返り咲いたほか、ストリーミング数も8週ぶりに1位に返り咲き。ミニアルバムリリースの影響もあるのでしょうが、ここに来て、しぶとい人気を見せつけました。これでベスト10ヒットは連続17週となっています。

さて、上位には櫻坂46、BTSとアイドル系が並びましたが、4位以下で目立つのがNiziU。先週1位だった「Step and a step」は4位にランクダウンしてしまいましたが、ロングヒット中の「Make you happy」は先週からワンランクダウンながらも10位とベスト10をキープ。これで24週連続のベスト10ヒットとなっています。ただストリーミング数は7位から8位、You Tube再生回数も5位から6位と下落傾向になっており、来週、もうひと踏ん張りできるのか、それとも・・・注目されます。

今週、Hot100の初登場曲は1位の櫻坂46のみ。またロングヒットも、ほかにはYOASOBI「夜に駆ける」が先週から同順位の7位をキープし、ベスト10ヒットを34週連続に伸ばしたのみになります。一方、5位の菅田将暉「虹」、6位の優里「ドライフラワー」がロングヒットの兆しを見せており、今後の動向が気になるところです。


今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週は大物男性ボーカル勢がベスト3に並んでいます。

まず今週1位は福山雅治の約6年8ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム「AKIRA」が獲得。CD販売数1位、ダウンロード数及びPCによるCD読取数3位で総合順位は1位を獲得しています。ちなみに若干奇妙な今回のタイトル「AKIRA」とは、彼が17歳の時に亡くなった父親の名前だそうで、今回のアルバムのテーマにもなっているそうです。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上13万3千枚で1位初登場。直近作はライブ盤の「DOUBLE ENCORE」で同作の初動4万9千枚(2位)からはアップ。オリジナルアルバムとしての前作「HUMAN」の21万3千枚(1位)からはダウンしています。

2位は先週1位のMr.Children「SOUNDTRACKS」がワンランクダウンながらもベスト3をキープ。CD販売数は2位となりましたが、PCによるCD読取数では今週も1位をキープしています。

そして3位には、「This is 嵐」が先週の11位からランクアップし2週ぶりのベスト10返り咲きでいきなりベスト3入り。これはチャート対象週にダウンロード(&サブスクリプション)が解禁となった影響で、ダウンロード数ではいきなりの1位獲得となっています。

続いて4位以下の初登場盤ですが、まず5位に少年隊「少年隊 35th Anniversary BEST」がランクイン。CD販売数は3位ながらもPCによるCD読取数は13位となり総合順位ではこの位置に。今年、歌手デビュー35周年を迎えるジャニーズ系の超大御所グループですが、今年いっぱいをもって、メンバーのうち植草克秀と錦織一清のジャニーズ事務所退所が決定。「少年隊」という名前は残るようですが、事実上の「解散」となってしまう彼らの、これが最後のベストアルバムとなります。オリコンでも初動売上1万8千枚で4位初登場。ちなみに直近作は1999年にリリースされたオリジナルアルバム「Prism」で、同作の初動1万7千枚(20位)より若干ですがアップしています。

8位には「うたの☆プリンスさまっ♪ Shining LiveドラマCD「饗宴の奏鳴曲(ソナタ)」がランクイン。スマートフォン向けゲーム「うたの☆プリンスさまっ♪Shining Live」の登場キャラクターによるドラマCD。CD販売数5位、PCによるCD読取数57位。オリコンでは初動売上1万4千枚で6位初登場。

初登場はもう1枚。10位に韓国の男性アイドルグループSF9「GOLDEN ECHO」がランクイン。CD販売数8位、その他のチャートは圏外となっています。オリコンでは初動売上1万枚で11位初登場。日本盤では前作「ILLUMINATE」の2万6千枚(3位)からダウンしています。

ロングヒット勢では米津玄師「STRAY SHEEP」が今週9位から6位に再度ランクアップ。ダウンロード数は7位から6位にアップ。PCによるCD読取数も先週と同じ2位をキープし、これで通算18週目のベスト10ヒットとなっています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

ベテラン勢が目立つ

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週はK-POP勢や配信系、アニメ系アイドルが目立つ、いわば「今どき」のチャートとなっていました。今週は一転、ベテラン勢の初登場が目立つチャートとなっています。

まず1位からベテラン勢。Mr.Childrenの約2年2ヶ月ぶりのニューアルバム「SOUNDTRACKS」が1位獲得です。CD販売数及びダウンロード数1位。いまどき、ストリーミングはおろか、ダウンロード販売もなしというかなり強気な販売方針となっています。一方オリコン週間アルバムランキングでは初動売上27万8千枚で1位初登場。前作「重力と呼吸」の30万9千枚(1位)からダウンしています。

2位は韓国の男性アイドルグループENHYPEN「BORDER:DAY ONE」が獲得。CD販売数2位、ダウンロード数5位、PCによるCD読取数61位。オーディション番組「I-LAND」から誕生したグループだそうで、本作がデビュー作となります。オリコンでは初動売上7万1千枚で2位に初登場しています。

そしてミスチル以上の大御所が3位、4位に並んでランクイン。なんと今週、女性シンガーソングライターの両雄ともいえる、ユーミンと中島みゆきのアルバムが同時にランクインしています。まず3位には松任谷由実のニューアルバム「深海の街」がランクイン。CD販売数3位、ダウンロード数4位、PCによるCD読取数7位。約4年ぶりとなるオリジナルアルバムとなります。オリコンでは初動売上4万7千枚で3位初登場。直近作はベストアルバム「ユーミンからの、恋のうた。」で、同作の初動売上10万8千枚(1位)からはダウン。また、オリジナルアルバムとしての前作「宇宙図書館」の5万7千枚(1位)からもダウンしています。

一方、中島みゆき「ここにいるよ」が4位に初登場。CD販売数4位、ダウンロード数6位、PCによるCD読取数8位。こちらは「エール」「心に寄り添う」をテーマとした2枚組のセレクションアルバムになっています。オリコンでは初動売上4万6千枚。ユーミンとは惜しくもわずか1千枚の差でした。直近作のオリジナルアルバム「CONTRALTO」の1万7千枚(3位)からアップしています。

また7位にはザ・クロマニヨンズ「MUD SHAKES」が初登場。ザ・クロマニヨンズ自体は結成14年目の中堅バンドですが(・・・といっても、もう14年も経つんですか・・・)ご存じ、ヒロト&マーシー率いるバンドで、こちらも「ベテラン勢」と言えるでしょう。CD販売数6位、PCによるCD読取数13位。オリコンでは初動売上1万3千枚で7位初登場。直近作はライブ盤「 ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020」で同作の初動9千枚(11位)からはアップ。オリジナルアルバムでの前作「PUNCH」の初動1万4千枚(6位)からは微減。

初登場組のもう1枚は若手シンガー。今年の紅白初出場も予定されている女性シンガーソングライターmiletのEP「Who I Am」が7位初登場。CD販売数8位、ダウンロード数2位、PCによるCD読取数35位。オリコンでは初動売上8千枚で10位初登場。前作「eyes」の2万7千枚(1位)からダウンしています。

さらに今週はベスト10返り咲き組も。先週、11位にランクダウンし、ベスト10から一度陥落した米津玄師「STRAY SHEEP」が今週、9位にランクアップ。CD販売数は19位までダウンしてしまっていますが、ダウンロード数は8位から7位にアップ。PCによるCD読取数も先週の1位からダウンしたものの2位をキープしています。これで通算17週目のベスト10ヒットとなりました。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

話題のアイドルグループが1位獲得

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週は、LiSAのヒット曲を下して、話題のグループが1位獲得です。

今週1位を獲得したのはNiziU「Step and a step」。紅白出場も決定し話題のグループですが、日本のソニーミュージックと韓国のJYPエンターテイメントによる日韓合同オーディションプロジェクト「Nizi Project」により誕生した日本人による女性アイドルグループ。ある意味、和製K-POPとも言うグループで、6月にミニアルバム「Make you happy」でプレデビューという形でデビューしましたが、本作はCDもリリースされた正式なデビュー作となります。そのプレデビュー作「Make you happy」は、かなりK-POP寄りの作風でしたが本作はデビュー作だからでしょうか、どちらかというと日本のアイドル歌謡曲に寄ったような、J-POP色の強い作品になっていました。先週、4位に初登場しましたが、CDリリースにあわせてランクアップ。CD販売数、ラジオオンエア数及びPCによるCD読取数で1位獲得。ダウンロード数2位、ストリーミング数及びYou Tube再生回数は3位、Twitterつぶやき数23位という結果で、総合順位は1位を獲得。オリコン週間シングルランキングでも初動売上31万1千枚で1位初登場を記録しています。

ちなみに彼女たちは「Make you happy」も先週と変わらず9位をキープ。ダウンロード数は9位から11位にダウンしたものの、ストリーミング数は8位から7位にアップ。You Tube再生回数も5位をキープ。これでベスト10記録を23週連続に伸ばしています。

先週まで1位だったLiSA「炎」は今週2位にダウン。ただ、ダウンロード数、ストリーミング数、カラオケ歌唱回数の1位は変わらず。You Tube再生回数は2位にダウンしてしまったものの、まだまだヒットは続きそう。これで8週連続ベスト10&ベスト3入りとなっています。また「紅蓮華」は7位から8位にワンランクダウン。失速気味ではありますが、ベスト10ヒットを通算48週に伸ばしています。

3位は菅田将暉「虹」が先週からワンランクダウンしていますがベスト3をキープ。CD販売数は3位から11位に大幅ダウンしたものの、ダウンロード数3位、ストリーミング数5位、You Tube再生回数4位と上位をキープし、ベスト3ヒットをキープしています。

続いては4位以下の初登場曲ですが、今週初登場はあと1曲のみ。10位にSEKAI NO OWARI「silent」が先週の12位からランクアップしベスト10入り。TBS系ドラマ「この恋あたためますか」主題歌。今年もこの時期が来たなぁ・・・と思わせるようなクリスマスソング。分厚いサウンドのサビがメランコリックなメロで盛り上がるという、トレンディードラマ全盛期のドラマ主題歌を彷彿とさせるような典型的なJ-POPナンバーになっています。12月16日リリース予定のCDからの先行配信。ダウンロード数9位、ストリーミング数10位、ラジオオンエア数30位、You Tube再生回数17位で先行配信のみでベスト10入りを果たしました。

また今週はベスト10返り咲き組も。それが今週4位にランクインしたKing Gnu「三文小説」。日テレ系ドラマ「35歳の少女」主題歌」。先行配信でベスト10入りをしていましたが、今週、CDのリリース分が加味され、先週の14位からランクアップし、3週ぶりにベスト10返り咲きを果たしています。ちなみに大ヒットした「白日」を含む、彼がいままでメジャーでリリースしてきたシングルはいずれも配信オンリー。インディーズ時代にリリースした「Prayer X」以来、メジャーリリースとしては初のCDシングルとなります。なお、オリコンでは初動売上5万4千枚で2位初登場。その前作「Prayer X」の1千枚(31位)から大きくアップしています。

一方、ロングヒット曲では、まずBTS「Dynamite」。今週は3位から5位にダウン。ただし、ストリーミング数は先週から変わらず2位をキープ。ダウンロード数は8位から7位に、さらにYou Tube再生回数はなんと今週3位から1位にアップしています。これで16週連続のベスト10ヒットとなりました。

そしてYOASOBI「夜に駆ける」は先週の8位から7位にアップ。You Tube再生回数は9位から11位にダウンしたもののストリーミング数は先週から変わらず6位をキープ。ダウンロード数も14位から12位にアップ。先週は土俵際のきわどいチャートとなりましたが、今週はなんとか持ちこたえ、これで33週連続のベスト10ヒットとなっています。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

K-POP&配信発アイドル…いまどきのチャート(?)

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週の1位は大人気のK-POPアイドルのアルバムが1位獲得です。

今週1位を獲得したのはBTSのミニアルバム「BE」。CD販売数及びダウンロード数2位、PCによるCD読取数が3位に留まりましたが、総合順位では見事1位を獲得しました。基本的に韓国販売のアルバムで、輸入盤が基本的にCD販売数でカウントされないはずなのですが、なぜかCD販売数でもランクイン。UNIVERSAL MUSIC STOREなど国内のレコード会社経由でも販売されているからでしょうか?オリコン週間アルバムチャートでも初動売上19万1千枚で1位初登場。直近は国内リリースのアルバム「MAP OF THE SOUL:7~THE JOURNEY~」で、同作の56万4千枚(1位)よりダウン。韓国盤での前作「MAP OF THE SOUL:7」の初動37万6千枚(1位)からもダウンしています。

2位にランクインしたのはJO1「The STAR」。吉本興業と韓国のCJ ENMによる合弁会社LAPONEエンタテイメント所属の男性アイドルグループで、韓国で人気を博したオーディション番組「PRODUCE 101」の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」の合格者によるグループ。そんな訳で、ある意味、NiziUや、あるいは「PROCUDE48」出身のIZ*ONEと並ぶような「和製K-POP」という感じのアイドルグループ。本作がデビュー作になります。CD販売数は1位を獲得しましたが、ダウンロード数で5位、PCによるCD読取数は6位に留まり、総合順位は2位に。オリコンでは初動売上15万8千枚で2位初登場となっています。

3位初登場は浦島坂田船「RAINBOW」。動画配信サイトで歌を披露していた「歌い手」4人が結成したユニット。CD販売数3位、ダウンロード数26位、PCによるCD読取数8位。オリコンでは初動売上5万8千枚で3位初登場。前作「$HUFFLE」の7万9千枚(2位)からはダウンしています。

そんな訳で今週のベスト3。1位2位はK-POP系アイドル、3位は配信サイト発のアイドルグループと、いずれも「今どき」といった感じのアルバムが並ぶチャートとなっています。今週、4位以下の初登場でも6位にスマートフォンアプリや配信動画サイトなどで活躍するバーチャルアイドルグループにじさんじの派生グループRain Drops「オントロジー」がランクインしています。CD販売数9位、ダウンロード数4位、PCによるCD読取数24位。オリコンでは初動売上1万4千枚で10位初登場。前作「シナスタジア」の初動1万6千枚(2位)からダウンしています。

さて、他の初登場盤としてはまず5位にZOOL「einsatZ」がランクイン。スマホアプリゲーム「アイドリッシュセブン」に登場する架空のアイドルグループで本作がデビュー作となります。CD販売数及びダウンロード数6位、PCによるCD読取数27位。オリコンでは初動売上1万7千枚で7位初登場。

そして7位にはEnd of the World「Chameleon」が初登場。CD販売数5位、ダウンロード数19位。End of the Worldを直訳すると「世界の終わり」。要するに、SEKAI NO OWARIの変名バンドなのですが、彼らが以前から行っている海外での活動の際に使用している名義。いままで配信限定のシングルはリリースされていたのですが、同名義でのアルバムリリースは初となります。オリコンでは初動売上1万8千枚で6位初登場。SEKAI NO OWARI名義の前作は2作同時リリースの「LIP」「EYE」でしたが、両作の初動7万7千枚(1位)、7万5千枚(2位)からは大きくダウンしています。ただ本作は、CDでのリリースはAmazon限定という形で限られた形でのリリースだったため、配信で聴いたファンが多いのかもしれません・・・という割にはダウンロード数は19位止まりなのですが・・・。

そして8位9位には山下達郎のアルバムが2作同時にランクイン。8位は「僕の中の少年(2020 Remaster)」、9位は「POCKET MUSIC(2020 Remaster)」。「僕の中の少年」は1988年、「POCKET MUSIC」は1986年にそれぞれリリースされたアルバムなのですが、それらのアルバムが今回、最新の技術でリマスタリングし、再発売されました。このような再発版がベスト10入りしてくるあたり、山下達郎の根強い人気を感じます。オリコンでは「僕の中の少年」が初動1万7千枚で8位、「POCKET MUSIC」が初動1万6千枚で9位初登場。直近作は企画盤「COME ALONG 3」で、同作の2万8千枚(4位)からはいずれもダウンしています。

今週の初登場盤は以上。一方、今週、長らくロングヒットを続けていた米津玄師「STRAY SHEEP」は5位から11位にダウン。連続ベスト10ヒットは16週で途切れてしまいました。また、先週ベスト10に返り咲いたあいみょん「おいしいパスタがあると聞いて」は一気に20位までダウン。こちらはさすがにベスト10ヒットは通算10週で終了でしょうか・・・。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2020年12月 2日 (水)

珍しくアイドル系が目立つ

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週のHot100は、Hot100では珍しくアイドル系が目立つチャートとなっています。

ただ、そんな中でも相変わらず強いのがLiSA「炎」。ご存じ、大ヒット中の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」主題歌として今週も2週連続の1位を獲得しています。ダウンロード数、ストリーミング数、You Tube再生回数、カラオケ歌唱回数の4部門で1位を獲得。さらに先週2位にダウンしていたPCによるCD読取数も1位に返り咲き、ラジオオンエア数も9位から7位にアップ。CD販売数も6位をキープとその強さは衰えていません。これで7週連続のベスト10&ベスト3入りとロングヒットとなっています。ただ一方で「紅蓮華」は6位から7位にダウン。ベスト10ヒットは通算47週に伸ばしていますが、若干失速気味です。

2位は菅田将暉「虹」が先週の7位からアップし、ランクイン3週目にしてベスト3入り。これはCDの売上が加味された結果で、CD販売数は今週3位にランクイン。ダウンロード数も3位から2位に、ラジオオンエア数は13位から1位にアップ。ストリーミング数も先週の5位をキープしています。オリコン週間シングルランキングでは初動売上1万9千枚で2位にランクイン。前作「ロングホープ・フィリア」の1万2千枚(12位)からアップしています。

そして3位はアイドル系。BTS「Dynamite」が先週の4位から3位にランクアップ。4週ぶりにベスト3に返り咲き、ベスト10ヒットを連続15週に伸ばしています。ストリーミング数2位、You Tube再生回数3位は先週から変わらず。さらにダウンロード数も19位から8位に一気にランクアップしています。

さらに今週、「Life Goes On」が先週の22位からランクアップし、ベスト10入りを果たしています。ダウンロード数は42位でしたが、ストリーミング数及びラジオオンエア数9位、You Tube再生回数5位、Twitterつぶやき数が16位にランクイン。今週、Hot Albumsにランクインしているミニアルバム「BE」の収録曲。これでBTSは2曲同時ベスト10入りとなっています。

続いて4位以下の初登場曲ですが、4位にNiziU「Step and a step」が初登場。12月2日リリースされた、彼女たちのCDデビュー曲ですが、ダウンロード数3位、ストリーミング数4位、ラジオオンエア数8位、Twitterつぶやき数6位、You Tube再生回数2位と軒並み上位にランクインし、先行配信でのベスト10入りになりました。来週はCD販売数が加味されるため、さらに上位にランクインされそうです。

さらにNiziUは「Make you happy」も先週から変わらず9位をキープ。ダウンロード数9位、ストリーミング数8位は先週から変わらず。You Tube再生回数は5位から4位にアップしています。これで22週目のベスト10ヒット。「Step and a step」のヒットに吊られて、再び上位返り咲きもあるのでしょうか。これでNiziUも2曲同時ランクインとなりました。

そして初登場もう1曲も声優と兼業による女性アイドルグループ=LOVE「青春"サブリミナル"」で、CD販売数は同作が1位獲得。ただ、ダウンロード数82位、ラジオオンエア数42位、PCによるCD読取数15位、Twitterつぶやき数29位と振るわず、総合順位は5位に留まりました。オリコンでは初動売上9万9千枚で同作が1位獲得。前作「CAMEO」の15万5千枚(2位)からダウンしています。

そんな訳でBTS2曲、NiziU2曲、=LOVE1曲と計5曲がアイドル系となった今回のチャート。特にK-POP系の強さが目立ちます。年末に向けて、BTSとNiziUはさらにヒットを伸ばしていくのでしょうか。

一方ロングヒット系ではYOASOBI「夜に駆ける」が5位から8位にダウン。連続ベスト10記録を32週連続に伸ばしているものの、ダウンロード数は9位から14位、ストリーミング数が3位から6位、You Tube再生回数が2位から9位に軒並み大きくダウンし、厳しい結果となっています。ここでもうひと踏ん張りするのか、それとも・・・。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2020年11月26日 (木)

まさかの1位獲得!

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週はちょっと意外な作品が1位獲得です。

今週1位に初登場したのはエレファントカシマシのボーカリスト、宮本浩次によるソロアルバム「ROMANCE」でした。彼が歌謡曲やJ-POPのカバーに挑戦したカバーアルバムで、小坂明子の「あなた」、松田聖子の「赤いスイートピー」、ユーミンの「恋人はサンタクロース」、さらには宇多田ヒカルの「First Love」と様々な女性ボーカル曲のカバーに挑戦。CD販売数1位、ダウンロード数2位、PCによるCD読取数で5位を獲得し、総合チャートで見事1位獲得となりました。オリコン週間アルバムチャートでも初動売上4万7千枚で1位初登場。前作「宮本、独歩」の初動3万5千枚(3位)を上回り、エレカシを含め、シングルアルバム通じて、初の1位獲得となりました。

こういうアルバムが話題となり1位獲得というのはかなり意外な気もするのですが、ただ、レコード会社側がこれに味をしめて、第2弾第3弾とかリリースしてきそうでちょっと不安が・・・。正直言うと、次はエレカシとしての新譜を聴きたいのですが・・・そういう意味ではちょっと複雑な心境も抱いてしまう1位獲得でした。

2位には韓国の男性アイドルグループBTS「BE」が初登場。11月20日に韓国盤でリリースされたニューアルバムで、ビルボードでは配信部分のみでのランクインながらも、ダウンロード数で1位を獲得し、2位に初登場してきました。

3位は先週2位の嵐「This is 嵐」がワンランクダウンながらもベスト3をキープ。CD販売数は2位から3位、PCによるCD読取数も1位から2位にダウンしています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず6位にはGirls2「大事なモノ/#キズナプラス」が初登場。テレビ東京系女児向けドラマ「ガールズ×戦士シリーズ」から派生したアイドルグループ。CD販売数は4位でしたが、PCによるCD読取数は76位に留まり、総合順位はこの位置に。オリコンでは初動売上1万2千枚で5位初登場。前作「私がモテてどうすんだ」の6千枚(8位)からアップしています。ちなみに同作、ミニアルバムとなっていますが、タイトルの2曲+1曲+その3曲のカラオケという6曲入りで、事実上のシングル。なのに、なぜアルバム扱いとしたのでしょうか?ひょっとしてシングル扱いにすると、Hot100では上位に食い込むことが出来ず、曲が埋没してしまうから、なんて理由だったりして?

初登場はもう1曲。7位にMISIA「So Special Christmas」がランクイン。CD販売数5位、ダウンロード数7位、PCによるCD読取数9位。本作は彼女がクリスマスソングのカバーや、彼女のオリジナル曲のセルフカバーを収録したクリスマスアルバム。タイトルの「So」は、知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を年間を通じて提供している国際的なスポーツ組織「SPECIAL OLYMPICS(SO)」の理念に共感する意味も込められているそうで、収益の一部を、SOの日本組織「公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(SON)」に寄付されるそうです。オリコンでは初動売上9千枚で7位初登場。前作「MISIA SOUL JAZZ BEST 2020」の2万3千枚(3位)よりダウンしています。

今週の初登場は以上。一方、今週はベスト10返り咲きも。あいみょん「おいしいパスタがあると聞いて」が先週の11位から9位にランクアップし、2週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。これでベスト10記録を通算10週に伸ばしています。一方、ロングヒットでは米津玄師「STRAY SHEEP」が7位から5位にアップ。ベスト10ヒットを16週連続としています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

再び1位に返り咲き

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週はあの曲が再び1位に返り咲き。強さを見せつけています。

今週1位を獲得したのは大ヒット中の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」主題歌、LiSA「炎」。先週、2位にランクダウンしたのですが、わずか1週で1位に返り咲きました。CD販売数は6位までダウン。ラジオオンエア数9位、PCによるCD読取数2位、Twitterつぶやき数は11位に留まりましたが、ダウンロード数、ストリーミング数、You Tube再生回数、カラオケ歌唱回数の4部門で1位を獲得。その強さを見せつける結果となりました。一方で先週3位にランクアップした「紅蓮華」は6位にダウン。ただ、ベスト10ヒットは通算46週に伸ばしています。

さらに今週、LiSAの曲がもう1曲ランクインしてきています。それが10位初登場となったLiSA×Uru「再会」。一発撮りパフォーマンスを届けてきたYou Tubeチャンネル「THE FIRST TAKE」が、配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」を設立。その第1弾となるのが本作で、LiSAとシンガーソングライターUruによるコラボ曲。ダウンロード数2位、ラジオオンエア数で1位を獲得。ストリーミング数40位、Twitterつぶやき数61位、You Tube再生回数27位を記録し、総合順位でベスト10入りを果たしています。ちなみに本作、作詞作曲プロデュースはYOASOBIのAyaseが担当。まさにHot100でロングヒットを繰り広げているミュージシャン同士の共演となっています。

で、そのYOASOBI「夜に駆ける」は4位から5位にワンランクダウン。ただ、ストリーミング数3位、You Tube再生回数2位、ダウンロード数9位は先週から変わらず。ベスト10ヒットを31週連続に伸ばしています。

ベスト3に戻ります。2位は大阪を拠点に活動するAKB48の姉妹グループNMB48「恋なんかNo thank you!」が初登場でランクイン。CD販売数は1位でしたが、その他、PCによるCD読取数12位、Twitterつぶやき数36位でそのほかは圏外。総合順位も2位に留まりました。オリコン週間シングルランキングでは初動売上13万枚で1位初登場。前作「だってだってだって」の19万7千枚(2位)よりダウン。

3位は韓国の女性アイドルグループTWICE「BETTER」が先週の17位からランクアップし、ベスト10入りを果たしています。CD販売数2位、ダウンロード数22位、ストリーミング数24位、ラジオオンエア数2位、PCによるCD読取数7位、Twitterつぶやき数5位、You Tube再生回数12位。オリコンでは初動売上8万3千枚で2位初登場。前作「Fanfare」の17万6千枚(1位)からダウン。

続いて4位以下の初登場曲ですが、4位以下初登場は前述のLiSA×Uruを除くとあと1曲。優里「ドライフラワー」が先週の16位からランクアップ。ランクインから4週目にして初のベスト10ヒットを記録しています。ちなみに女性ではなく男性シンガーソングライターです。ダウンロード数33位、Twitterつぶやき数86位、カラオケ歌唱回数56位ですが、ストリーミング数で4位、You Tube再生回数で9位を記録し、見事ベスト10入り。もともと、昨年リリースされた「かくれんぼ」がTikTokで使用されるなど大きな話題を呼び、今年10月でリリースされた同曲のヒットにつながりました。TikTok発のヒットで、シンプルなラブバラードという構図は、今年大ヒットを記録した瑛人「香水」と似たようなシチュエーション。具体的な「モノ」一語をタイトルにしている点も共通しています。この曲も「香水」同様のロングヒットを記録するのでしょうか。

一方ロングヒット組は、まずBTS「Dynamite」は5位から4位にアップ。ストリーミング数2位、You Tube再生回数3位は先週から変わらず。これでベスト10ヒットは14週連続に伸びています。また、NiziU「Make you happy」は7位から9位にダウン。ストリーミング数は7位から8位にダウン。一方、ダウンロード数は10位から9位、You Tube再生回数も6位から5位にアップしており、まだヒットは続きそう。これでベスト10ヒットは21週連続となりました。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

上位は男性アイドル勢がズラリ

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週は嵐が圧倒的な強さで1位を獲得しましたが、今週も上位は男性アイドルグループがズラリと並びました。

まず1位を獲得したのがすとぷり「Strawberry Prince」。You Tubeやツイキャスなどで活躍している6人組グループで、アニメキャラクターを表に押し出して活動しているグループ。アルバムタイトルのすとろべりーぷりんすがもともとの名前なのですが、アルバムの名義としては略称が正式名称になっているようです。CD販売数1位、ダウンロード数3位、PCによるCD読取数4位。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上22万9千枚で1位初登場。前作「すとろべりーねくすとっ!」の16万8千枚(2位)からアップしています。

ネット初のバーチャルアイドルグループが1位になりましたが、2位はリアルな男性アイドルグループ。嵐「This is 嵐」がワンランクダウンながらもベスト3をキープ。CD販売数は2位にダウンしましたが、PCによるCD読取数は今週も1位を維持しています。

3位初登場は日韓合同の男性アイドルグループORβIT「00」がランクイン。オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」をきっかけに誕生したグループ。これで「オルビット」と読むそうです。ちなみにアルバムタイトルは「オーツ―」と読むようです。CD販売数5位、PCによるCD読取数は28位でしたが、ダウンロード数は2位にランクインし、総合順位でベスト3入りとなりました。オリコンでは初動売上2万9千枚で3位に初登場しています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位に浜田省吾「In the Fairlife」が入ってきました。CD販売数3位、ダウンロード数6位、PCによるCD読取数16位。2004年から断続的に活動を行っている、浜田省吾とアレンジャーの水谷公生、そして女性作家の春嵐の3人のユニット、Fairlifeで発表した楽曲を再編集したミニアルバムとなります。オリコンでは初動売上2万枚で5位初登場。直近作はR&Bのカバーアルバム「The Moonlight Cats Radio Show Vol.1」「The Moonlight Cats Radio Show Vol.2」で同作の初動2万2千枚(1位、2位)より若干のダウン。オリジナルアルバムとしては前作「Journey of a Songwriter ~旅するソングライター」の初動2万4千枚(1位)からダウンしています。

5位は元関ジャニ∞の渋谷すばるによる「NEED」がランクイン。CD販売数4位、ダウンロード数69位、PCによるCD読取数47位で総合順位はこの位置に。関ジャニ∞脱退及びジャニーズ事務所退所後2作目のアルバムとなります。オリコンでは初動売上2万1千枚で4位初登場。前作「二歳」の6万8千枚(4位)から大きくダウンしています。

8位には韓国の男性アイドルグループSuperM「Super One」がランクイン。SHINee、EXO、NCTというアイドルグループのメンバーから選抜されたメンバーによるグループ。CD販売数は6位でしたが、その他のチャートでは圏外。本作がアルバムでは初の国内盤となります。オリコンでは1万2千枚を売り上げて7位にランクインしています(先週までは輸入盤の売上でランクインしていたようです)。

初登場最後は9位にオーストラリアのロックバンドAC/DC「Power Up」が入ってきています。CD販売数は15位、ダウンロード数も12位でしたが、PCによるCD読取数が6位という、ちょっと珍しい結果に。洋楽なのでレンタルも解禁されていないし、ファン層的に、CDをパソコンに取り込んで…という方は決して多くないように思うのですが、なぜここまで高順位となったのでしょうか?オリコンでは初動売上7千枚で10位初登場。前作「Rock or Bust」の9千枚(14位)からはダウンしています。

一方、今週のロングヒット盤ですが、米津玄師「STRAY SHEEP」。今週は先週の6位から7位にワンランクダウン。ただ、これでベスト10ヒットは15週連続となりました。一方で先週まで9週連続ベスト10ヒットを続けていたあいみょん「おいしいパスタがあると聞いて」は今週11位にランクダウン。ベスト10連続ヒットはとりあえず9週で終了となりました。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

DVD・Blu-ray その他 アルバムレビュー(洋楽)2008年 アルバムレビュー(洋楽)2009年 アルバムレビュー(洋楽)2010年 アルバムレビュー(洋楽)2011年 アルバムレビュー(洋楽)2012年 アルバムレビュー(洋楽)2013年 アルバムレビュー(洋楽)2014年 アルバムレビュー(洋楽)2015年 アルバムレビュー(洋楽)2016年 アルバムレビュー(洋楽)2017年 アルバムレビュー(洋楽)2018年 アルバムレビュー(洋楽)2019年 アルバムレビュー(洋楽)2020年 アルバムレビュー(洋楽)2021年 アルバムレビュー(邦楽)2008年 アルバムレビュー(邦楽)2009年 アルバムレビュー(邦楽)2010年 アルバムレビュー(邦楽)2011年 アルバムレビュー(邦楽)2012年 アルバムレビュー(邦楽)2013年 アルバムレビュー(邦楽)2014年 アルバムレビュー(邦楽)2015年 アルバムレビュー(邦楽)2016年 アルバムレビュー(邦楽)2017年 アルバムレビュー(邦楽)2018年 アルバムレビュー(邦楽)2019年 アルバムレビュー(邦楽)2020年 アルバムレビュー(邦楽)2021年 ヒットチャート ヒットチャート2010年 ヒットチャート2011年 ヒットチャート2012年 ヒットチャート2013年 ヒットチャート2014年 ヒットチャート2015年 ヒットチャート2016年 ヒットチャート2017年 ヒットチャート2018年 ヒットチャート2019年 ヒットチャート2020年 ヒットチャート2021年 ライブレポート2011年 ライブレポート2012年 ライブレポート2013年 ライブレポート2014年 ライブレポート2015年 ライブレポート2016年 ライブレポート2017年 ライブレポート2018年 ライブレポート2019年 ライブレポート2020年 ライブレポート2021年 ライブレポート~2010年 名古屋圏フェス・イベント情報 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 音楽コラム 音楽ニュース