ヒットチャート2019年

2019年8月15日 (木)

新人アイドルグループがいきなりの1位獲得

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週のHot Albumsは新人アイドルグループがいきなり1位を獲得しました。

今週1位初登場は女性アイドルグループ26時のマスカレイド「ちゅるサマ!」が獲得。CD販売数1位、ダウンロード数4位で総合順位も1位獲得となりました。26時のマスカレイドは本作がアルバムデビューとなる5人組の女性アイドルグループ。読モBOYS&GIRLSとファッション誌Zipperの合同オーディション企画から誕生したグループだそうで、メンバーのうち半数は読者モデルとして活躍していたそうです。ちなみにここで出てくる「読モBOYS&GIRLS」、いろいろと話題になっているようですが、ネットで調べてもいまひとつ的を射ない説明ばかりで、どんな「集団」なのかいまひとつ不明・・・どうもいろいろとみていくと、読者モデルの集団で、ネットメディアなどを中心に情報を発信していくプロジェクトのようですが・・・。ここらへん、アイドル的な人気に加えて、読者モデルとしての中高生あたりからの人気が今回のいきなりの1位獲得の要因でしょうか。ちなみにオリコン週間アルバムランキングでも初動売上3万6千枚で1位獲得となっています。

2位はジャニーズ系。A.B.C.-Z「Going with Zephyr」がランクインです。CD販売数3位、PCによるCD読取数では9位に留まりましたが、総合順位はこの位置に。オリコンでは初動売上3万3千枚で2位初登場。前作「VS 5」(4位)から横バイ。

3位はRADWIMPS「天気の子」が先週からワンランクダウンながらもベスト3をキープ。CD販売数は8位にダウンしましたが、ダウンロード数及びPCによるCD読取数では見事1位を獲得しています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位には韓国の男性アイドルグループWINNER「WE」がランクイン。CD販売数では2位を獲得しましたが、ダウンロード数及びPCによるCD読取数が圏外となり、総合順位では4位に留まりました。オリコンでは初動売上2万4千枚で4位初登場。前作「EVERYD4Y」の1万5千枚(5位)からアップ。

続く5位には森口博子「GUNDAM SONG COVERS」が初登場。CD販売数4位、PCによるCD読取数13位。森口博子といえば、ここ最近ではあまりその名前を聞かなくなってしまいましたが、90年代には「バラエティーアイドル」として一世を風靡したタレント。ただ一方で1985年にリリースしたデビューシングル「水の星へ愛をこめて」がアニメ「機動戦士Zガンダム」のオープニングテーマとなったり、1991年にリリースしたシングル「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」が映画「機動戦士ガンダムF91」のテーマ曲として起用され大ヒットを記録したりと、ガンダムシリーズとはシンガーとして縁の深い間柄にあり、なおかつその歌唱力には高い定評があり、歌手としても高い評価を得ています。そんな彼女がガンダム関連の楽曲をカバーしたのが本作。自身の楽曲はもちろん、「RE:I AM」といった比較的最近の曲もカバー。ガンダムファンの間では彼女の歌手としての評価が高いこともあり、見事ベスト10ヒットを記録しました。オリコンでも初動売上2万5千枚で3位初登場。ちなみに彼女のアルバムは、直近作は2013年のベスト盤「森口博子 パーフェクト・ベスト」以来。同作は最高位222位だったようですので、今回のアルバムはまさに彼女としては異例の大ヒット。彼女のアルバムでのベスト10入りは1991年のベストアルバム「ETERNAL SONGS」以来、28年ぶりという快挙となりました。

6位初登場は四ノ宮那月(谷山紀章) 「うたの☆プリンスさまっ♪ソロベストアルバム 四ノ宮那月『SUKI×SUKIはなまる! 』」。女性向け恋愛ゲーム「うたの☆プリンスさまっ♪」登場キャラクターによるソロベストアルバム。CD販売数5位、PCによるCD読取数21位。オリコンでは初動売上2万1千枚で5位初登場。同シリーズの前作、聖川真斗(鈴村健一)「うたの☆プリンスさまっ♪ソロベストアルバム聖川真斗『HOLY KNIGHT』」の2万2千枚(6位)から微減。

8位には奇抜なお面をかぶったスタイルがインパクト大のアメリカのヘヴィーメタルバンド、slipknot「We Are Not Your Kind」がランクイン。CD販売数9位、ダウンロード数3位、PCによるCD読取数41位。オリコンでは初動売上9千枚で9位初登場。前作「5:The Gray Chapter」の1万7千枚(1位)よりダウン。

初登場組は以上。一方、ロングヒット組ではのベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」。今週で7週目のベスト10ヒットに。ただし順位は今週は4位から7位にダウンしています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

アイドル勢を下し、三代目が1位獲得

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

まあ、三代目J Soul Brothersもアイドルの括りと言われればそうかもしれませんが・・・

まず今週1位を獲得したのは三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE「SCARLET feat.Afrojack」。先週の22位からCDリリースにあわせてランクアップし、1位獲得となりました。David Guettaをプロデュースしたことでも知られるオランダのプロデューサー、Giorgio Tuinfortと、同じくオランダのプロデューサーAfrojackの共同プロデュースによるEDMナンバー。正直、若干「今更」感のある音ではあるのですが・・・。CD販売数は2位でしたが、ダウンロード数14位、ストリーミング数10位、PCによるCD読取数2位、Twitterつぶやき数7位など上位にランクイン。その他、ラジオオンエア数は58位、You Tube再生回数は35位に留まりましたが、総合順位では見事1位を獲得しました。オリコン週間シングルランキングでは初動売上6万2千枚で2位初登場。前作「Yes we are」の6万6千枚(2位)からダウンしています。

2位にはBEYOOOOONDS「眼鏡の男の子」がランクイン。これがデビュー作となるハロプロ系の新人女性アイドルグループ。CD販売数はこちらが1位でしたが、ダウンロード数30位、PCによるCD読取数11位、Twitterつぶやき数18位で、その他の順位は圏外と奮わず。総合順位では2位に留まりました。オリコンでも初動売上9万9千枚でこちらが1位を獲得しており、Hot100とは1位が異なる結果となりました。

3位には先週2位だったOfficial髭男dism「Pretender」がワンランクダウンながらもベスト3をキープ。ストリーミング数は今週で12週連続の1位、ダウンロード数も6位から5位にアップ。残念ながらYou Tube再生回数は2位から3位にダウンしたものの、まだまだ圧倒的な強さを感じます。さらに今週は「宿命」も7位から4位に大きくランクアップ。ダウンロード数が10位から4位に、ストリーミング数も5位から2位にアップ。先週に続く2曲同時ランクインとなりました。

続いて4位以下の初登場曲です。まず6位に東京スカパラダイスオーケストラ「リボン feat.桜井和寿(Mr.Children)」が先週の82位からCDリリースに合わせてランクアップ。CD販売数、ダウンロード数及びPCによるCD読取数がいずれも7位、ラジオオンエア数は1位を獲得。桜井和寿のボーカルがやはり耳に行くポップチューンなのですが、軽快なスカのリズムにスカパラらしさを感じる曲。桜井のボーカルは強い個性を持っているにも関わらず、ミスチルっぽい感じにはならず、しっかりとスカパラの色を出しているのはさすがです。オリコンでは初動売上1万9千枚で5位初登場。前作「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」の9千枚(12位)から大きくアップ。ここらへんはさすがミスチル桜井の人気の高さを感じる結果となりました。

7位にはDA PUMP「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」が先週の38位からCDリリースに合わせてランクアップ。ベスト10入りを果たしています。ただしCD販売数は4位、PCによるCD読取数は5位を獲得しましたが、ダウンロード数及びTwitterつぶやき数11位、ラジオオンエア数21位、You Tube再生回数22位と奮わず、総合順位ではこの位置に。あきらかに「U.S.A.」の2匹目のドジョウを狙ったトランス調のダンスナンバーなので、MVも「U.S.A.」と同様に「ダサカッコいい」を狙った感が強いのですが、「U.S.A.」に比べるとインパクトはかなり薄い感じ。特に「U.S.A.」で一番強かったYou Tube再生回数が22位と奮っていない点、全くリスナーにウケていないという事実が如実に感じられる結果となってしまっています。オリコンでは初動売上2万9千枚で3位初登場。前作「桜」の2万7千枚(5位)よりアップ。前作がミディアムテンポのナンバーでしたので、それよりはこういうダンスチューンを求めるファンが多いといった感じでしょうか。ただ2作連続CD売上はそれなりの水準を達成しており、「U.S.A.」で再度、固定ファンを獲得できたということは間違いなさそうです。

最後10位にはKing Gnu「飛行艇」が初登場でランクイン。ANAのテレビCMソング。ダウンロード数3位、ストリーミング数21位、ラジオオンエア数8位、Twitterつぶやき数39位を獲得。配信オンリーのリリースですが、見事ベスト10入りを果たしています。ミディアムテンポのダイナミックなナンバーに仕上がっています。

続いてロングヒット曲ですが、あいみょん「マリーゴールド」は見事今週も8位をキープ。ストリーミング数は先週から変わらず3位、You Tube再生回数も3位からダウンしたとはいえ5位をキープしており、まだまだ強さを感じさせる結果となっています。一方、菅田将暉「まちがいさがし」は今週9位から11位にダウン。連続ベスト10記録は残念ながら12週で途切れました。ただストリーミング数は4位とまだまだ強さを感じさせるため、来週以降の動向も気にかかります。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (2)

2019年8月 8日 (木)

残念ながら3週連続はならず

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週まで2週連続RADWIMPS「天気の子」が1位を獲得していましたが、今週は残念ながら2位にダウン。ただ、CD販売数は4位にダウンしたものの、ダウンロード数は1位、PCによるCD読取数は2位を維持しているため、まだまだヒットは続きそうです。

一方、1位を獲得したのはKAT-TUNのニューアルバム「IGNITE」。CD販売数1位、PCによるCD読取数5位を獲得。今年、元メンバーの田口淳之介が大麻を所持していたとして逮捕された記憶が新しいのですが、KAT-TUNのアルバム自体は無事1位を獲得しました。オリコン週間アルバムランキングでも初動売上10万4千枚で1位獲得。ただ、前作「CAST」の12万8千枚(1位)からはダウンしています。

3位も初登場。韓国の男性アイドルグループGOT7「LOVE LOOP」がランクイン。CD販売数2位、ダウンロード数69位を獲得。オリコンでは初動売上3万3千枚で2位初登場。前作「I WON'T LET YOU GO」の4万5千枚(1位)よりダウンしています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず6位に「TVアニメ『キャロル&チューズデイ』VOCAL COLLECTION Vol.1」がランクイン。タイトル通り、テレビアニメ「キャロル&チューズデイ」の挿入歌などを集めたアルバム。このアニメ「物語は人類が火星に移住してから約50年後、AIが音楽を提供するようになった時代において、2人の少女が協力して音楽を生み出しながらミュージシャンを目指す内容(Wikipediaより)」だそうで、昨今、音楽ネタとからめるとCDが売れて儲かるもんなぁ、という戦略的な狙いを率直的に感じるのですが、なんとFlying LotusやThundercatが参加していたり(残念ながらこのアルバムには未収録のようですが)、歌の部分は声優とは異なるシンガーに歌わせていたりと、かなり音楽的に力の入っているアルバムとなっています。CD販売数は7位、PCによるCD読取数は42位だったもののダウンロード数で3位にランクインし、総合順位ではこの位置に。オリコンでは初動売上7千枚で8位初登場。

8位には韓国の男性アイドルグループSHINeeのメンバー、テミンによるソロミニアルバム「FAMOUS」がランクイン。8月28日にCDでリリース予定のアルバムが配信のみ先行配信されたもの。ダウンロード数で2位にランクインし、配信のみでベスト10入りとなりました。

9位には平井大「THE GIFT」がランクイン。タイトルチューンが映画「ドラえもん のび太の月面探査記」主題歌となり一躍注目を集めたシンガーソングライターの最新作。CD販売数は12位に留まりましたが、ダウンロード数で6位にランクインし、総合順位でも見事ベスト10入りとなりました。オリコンでは初動売上4千枚で15位初登場。前作「WAVE on WAVES」の3千枚(18位)から若干のアップ。

初登場最後、10位に声優鈴木達央のバンドプロジェクトOLDCODEX「LADDERLESS」がランクインしています。CD販売数は6位でしたが、ダウンロード数30位、PCによるCD読取数62位で総合順位はこの位置に留まりました。オリコンでは初動売上7千枚で7位初登場。前作「they go,Where?」の1万枚(8位)よりダウンしています。

そしてロングヒット組。先週まで6週連続ベスト10入りしてきたサカナクション「834.194」は今週13位にランクダウン。ダウンロード数10位、PCによるCD読取数は9位とベスト10を維持していますが、さすがにここからの盛り返しは厳しそう。一方、のベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」は今週4位にランクインし、6週目のベスト10ヒットに。CD販売数3位、PCによるCD読取数1位とまだ上位にランクインしており、オリコンでも1万6千枚を売り上げ、まだ3位にランクインしているため、こちらもまだまだロングヒットが続きそうです。

今週のHot Albumsは以上。ランキング評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

今週はAKB系が1位

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週はTWICEとの直接対決にSKE48が敗れたのですが、今週は特に強力盤もなかったことから無事1位獲得となりました。

今週1位を獲得したのはAKB48の姉妹グループで瀬戸内地域を中心に活動するSTU48「大好きな人」。CD販売数1位、ラジオオンエア数23位、PCによるCD読取数12位、Twitterつぶやき数8位。オリコン週間シングルランキングでは初動売上25万4千枚で1位初登場。前作「風を待つ」の27万6千枚(1位)からダウン。

2位はロングヒット中のOfficial髭男dism「Pretender」が先週の4位からランクアップ。6月3日付チャート以来、10週ぶりの2位獲得となり、これで連続ベスト10入り記録は13週目となりました。特にストリーミング数は11週連続1位を獲得し、ロングヒットの大きな要因に。You Tube再生回数も3位から2位にアップしています。米津玄師「Lemon」、あいみょん「マリーゴールド」に続く、2019年を代表するヒット曲になりそうな予感がします。ちなみに今週、「宿命」も先週の16位から7位にアップ。3週ぶりのベスト10返り咲きとなっています。

3位はTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE「WELCOME 2 PARADISE」が先週の90位からCDリリースに合わせて大きくランクアップしベスト3入り。CD販売数2位、ストリーミング数4位、ラジオオンエア数36位、PCによるCD読取数11位、Twitterつぶやき数24位で総合順位はこの位置に。EXILE系の歌うサマーソングらしい、じめっと湿気の強い、暑い空気感を醸し出すナンバーに。オリコンでは初動売上5万7千枚で3位初登場。前作「THROW YA FIST」の2万3千枚(3位)からアップ。

続いて4位以下の初登場曲ですが、今週初登場は1曲のみ。それが4位にランクインしてきた韓国の男性アイドルユニット東方神起「Hot Hot Hot」。先週の56位からCDリリースに合わせてランクアップしてベスト10入りとなっています。CD販売数3位、ダウンロード数33位、PCによるCD読取数4位、Twitterつぶやき数では1位を獲得するものの、ラジオオンエア数やYou Tube再生回数がランク圏外となり総合順位はこの位置に。リズミカルなサマーチューンですが、私の世代だとこの世代は藤井隆の昔のギャグを思い出してしまう・・・。オリコンでは初動売上5万9千枚で2位初登場。前作「Jealous」の9万1千枚(1位)からダウン。

一方、ベスト10返り咲き組も。まず前述の通り、Official髭男dism「宿命」がベスト10返り咲きを果たしているほか、先週、ついにベスト10陥落となったあいみょん「マリーゴールド」が先週の11位から8位にランクアップ。通算33週目のベスト10ヒットを果たしています。まだまだストリーミング数及びYou Tube再生回数が3位、カラオケ歌唱回数も2位と上位をキープしており、ロングヒットはまた続きそうです。

ロングヒット組では菅田将暉「まちがいさがし」が8位から9位にダウン。ストリーミング数は先週と変わらず2位。ただYou Tube再生回数は2位から5位にダウンしておりベスト10ヒットも土俵際という印象・・・来週以降の動向に注目されます。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

見事、2週連続

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

見事、2週連続1位となりました。

今週1位は先週から引き続きRADWIMPS「天気の子」が獲得。ダウンロード数では先週から引き続き2位をキープ。さらにCD販売数も先週の2位から1位にアップし、2週連続の1位となりました。オリコン週間アルバムランキングでも売上枚数は4万3千枚から2万4千枚にダウンしたものの、先週の3位から2位にダウン。さらに合算アルバムランキングではこちらも1位を獲得するなど、「君の名は。」に続くヒットの兆しが見える結果となりました。

2位はthe HIATUS「Our Secret Spot」が初登場で獲得。CD販売数、ダウンロード数共に2位、PCによるCD読取数は12位を記録。総合順位でも2位につけました。オリコンでも初動売上2万枚で4位初登場。前作「Hands of Gravity」の2万4千枚(5位)からダウン。もともと細美武士が自身のバンドELLEGARDEN活動休止中に立ち上げたバンドであったthe HIATUS。そのELLEGARDENが昨年、活動を再開しましたが、the HIATUSの方もコンスタントに活動を続けていくようです。細美武士といえばMONOEYESでの活動もありますが、こちらもライブを中心に活動を続けており、彼の非常にアグレッシブな音楽活動ぶりが目立っています。

3位は先週4位ののベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」がワンランクアップ。2週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。

続いて4位以下の初登場盤です。4位には「Thank you, ROCK BANDS! ~UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album~」が初登場でランクイン。UNISON SQUARE GARDENのバンド結成15周年を記念してリリースされたトリビュートアルバムでthe pillowsやクリープハイプ、ちょっと毛色の違うところではSKY-HIといったミュージシャンがUNISON SQUARE GARDENの代表曲をカバーしています。CD販売数3位、PCによるCD読取数9位で総合順位は4位を獲得。オリコンでは初動売上2万2千枚で3位初登場。

6位7位にはイケメン役者育成ゲーム「A3!」よりキャラクターソングアルバム「A3! BRIGHT AUTUMN EP」「A3! BRIGHT WINTER EP」が並んでランクイン。「AUTUMN」がCD販売数5位、PCによるCD読取数49位、「WINTER」がCD販売数6位、PCによるCD読取数22位を獲得。オリコンでは「AUTUMN」が初動売上1万8千枚で5位、「WINTER」が初動売上1万7千枚で6位に。前作は「A3! BRIGHT SPRING EP」「A3! BRIGHT SUMMER EP」で、初動売上はいずれも1万6千枚(6位及び7位)でしたので、前作からは微増という結果になっています。

8位には男性声優内田雄馬「HORIZON」がランクイン。CD販売数7位、ダウンロード数28位、PCによるCD読取数31位を獲得。本作がアルバムとしてはデビュー作となります。オリコンでは初動売上1万5千枚で7位初登場。

初登場盤は以上。今週、ロングヒット作としては10位にランクインしたサカナクション「834.194」が6週目のベスト10ヒットとなりました。2枚組の意欲作となった本作。CD販売数は22位までダウンしましたが、ダウンロード数は6位、PCによるCD読取数は7位につけておりベスト10ヒットを続けています。ただ順位的にはここ3週、6位→7位→10位と下降気味であり、さすがに来週のベスト10ヒットは厳しいか?

今週のHot Albumsは以上。チャート評は来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

先週に続き・・・つ、ついに・・・

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週、ついに米津玄師「Lemon」がベスト10からダウンしたのですが、それに引き続き今週、ついにあいみょん「マリーゴールド」が先週の8位から11位にダウン。こちらも連続ベスト10記録が31週でストップしました。一方で先週20位だった「真夏の夜の匂いがする」がCDリリースにあわせてランクアップし7位にランクイン。ダウンロード数6位、ストリーミング数8位、ラジオオンエア数1位、PCによるCD読取数2位を獲得。一方、Twitterつぶやき数は82位に留まり、CD販売数も20位に。オリコン週間シングルランキングでも初動売上7千枚で20位という結果に。前作「ハルノヒ」の1万枚(6位)からもダウンという結果になっており、相変わらずCDよりも圧倒的に配信系の売上が主導しているヒット傾向になっています。ちなみに米津玄師「Lemon」は今週14位にダウン。ダウンロード数がついに12位にダウンした他、You Tube再生回数も5位にダウン。カラオケ歌唱回数だけは1位をキープしていますが、さすがにここまでか、といった印象を受ける結果になっています。

さて今週の1位ですが、韓国の女性アイドルグループTWICE「Breakthrough」が先週の49位からCDリリースにあわせてランクアップし、1位を獲得しています。ちなみにTWICEは先週2位を獲得した「HAPPY HAPPY」も今週5位にランクインしているため、2曲同時ランクインという結果になっています。

一方、TWICEに敗れて2位に留まったのがSKE48「FRUSTRATION」。CD販売数ではSKE48が1位、TWICEが2位という結果になっているのですが、ラジオオンエア数はTWICE4位に対してSKE48が53位、PCによるCD読取数がTWICE1位にSKE4811位、Twitterつぶやき数のみTWICE6位に対してSKE485位と一矢を報いましたが、TWICEは他にもダウンロード数44位、ストリーミング数6位、You Tube再生回数23位にランクインし、総合順位ではSKE48を上回る結果となっています。

ちなみにオリコンではSKE48が初動売上32万枚で1位、TWICEが22万枚で2位という結果に。SKE48は前作「Stand by you」の23万4千枚(1位)から売上増となりましたが、コアなファン層以外への広がりを欠ける結果となっています。一方、TWICEは先週の「HAPPY HAPPY」の24万7千枚(2位)からダウンという結果になっています。

3位はRADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」が先週の4位からワンランクアップでベスト3入り。ダウンロード数は先週から引き続き1位をキープ。さらにラジオオンエア数で2位、You Tube再生回数では見事1位を獲得。特にYou Tube再生回数で上位に食い込んでくる曲はロングヒットの傾向が強いだけに今後に注目されます。ちなみに9位にも先週から変わらず「グランドエスケープ feat.三浦透子」がランクイン。2週連続2曲同時ランクインとなっています。

続いて4位以下の初登場曲ですが、今週は前述のあいみょん以外でベスト10初登場は1曲のみ。6位にRoselia「FIRE BIRD」が初登場でランクイン。Roseliaはメディアミックスプロジェクト「BanG Dream!」内のキャラクターによるバンド。CD販売数5位、ダウンロード数4位、PCによるCD読取数4位、Twitterつぶやき数7位。オリコンでは初動売上2万9千枚で5位初登場。前作「Safe and Sound」の3万枚(3位)から微減という結果になっています。

さてロングヒット組。ついに「Lemon」も「マリーゴールド」も姿を消してしまったヒットチャートですが、そんな中、次の超ロングヒットになりそうなのがOfficial髭男dism「Pretender」。今週は5位から4位に再度ランクアップ。ストリーミング数は今週も1位をキープしているほか、You Tube再生回数も4位から3位にアップ。これで12週連続のベスト10ヒットとなり、今後もさらなるロングヒットが期待できそうです。一方、菅田将暉「まちがいさがし」は7位から8位にダウン。ストリーミング数は2位をキープ。You Tube再生回数は1位を明け渡したものの2位をキープ。まだまだロングヒットしそうな予感もありますが、さてさて。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

「君の名は。」旋風再びなるか?

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

2016年に大ヒットを記録したアニメ映画「君の名は。」。今週は、同映画の新海誠監督による最新作のサントラが見事1位を獲得しました。

まず今週1位を獲得したのがRADWIMPS「天気の子」。前述の通り、「君の名は。」の新海誠監督による最新作「天気の子」のサントラ盤で、前作同様、音楽をRADWIMPSが担当しています。CD販売数は2位に留まりましたが、ダウンロード数で見事1位を獲得。PCによるCD読取数も5位にランクインし、総合順位では1位を獲得しました。「君の名は。」といえばRADWIMPSの「前前前世」が大ヒットを記録しました。今週、Hot100でも「天気の子」の主題歌2曲が同時ランクインしていますが、「前前前世」と同様のロングヒットを記録するのでしょうか?ちなみにオリコン週間アルバムランキングでは初動売上4万3千枚で3位初登場。直近作のオリジナルアルバム「ANTI ANTI GENERATION」の7万7千枚(1位)からはダウン。また「君の名は。」のサントラ盤の初動5万7千枚(1位)からもダウン。若干、厳しめのスタートとなっています。

2位初登場はそらる「ワンダー」。動画投稿サイトへの歌唱動画投稿で人気を博したシンガーソングライターの新作です。CD販売数は見事1位を獲得したものの、ダウンロード数41位、PCによるCD読取数22位で総合順位は2位。ネット初なのになんでダウンロード数の順位がこんなに悪いのか?と思ってしまうのですが、やはりアイドル的な人気が主導しているのでしょうか。オリコンでは初動売上4万4千枚で2位初登場。前作「ビー玉の中の宇宙」は流通形態が限定されていたようで、オリコン最高位223位でしたので、ベスト10入りは前々作「夕溜まりのしおり」以来となりました。

3位には先週1位を獲得したBUMP OF CHICKEN「aurora arc」が2ランクダウンながらもベスト3をキープ。CD販売数は4位、PCによるCD読取数は22位ながらもダウンロード数では2位を獲得し、総合順位でベスト3入りとなりました。

続いて4位以下の初登場盤です。まず5位に宇野実彩子(AAA)「Honey Stories」がランクイン。ミュージシャン名の通り、avexの音楽グループAAAのメンバーによるソロデビュー作です。CD販売数及びダウンロード数5位、PCによるCD読取数46位を記録。オリコンでは初動売上1万7千枚で5位初登場。ご存じの通り、AAAはリーダーの浦田直也が暴行事件を起こし謹慎中。AAAとしてはライブツアーも行っているようですが、今後は徐々にメンバーそれぞれのソロに活動をシフトしていくのでしょうか。

6位初登場はHump Back「人間なのさ」。Hump Backは女性3人組ロックバンドで、以前、チャットモンチーのトリビュートアルバムにも参加していました。CD販売数6位、ダウンロード数8位、PCによるCD読取数15位。徐々に人気を伸ばしていき、初のフルアルバムで見事初のベスト10ヒットを記録しました。オリコンでは初動売上1万5千枚で6位初登場。ミニアルバムである前作「hanamuke」の4千枚(17位)から大きく枚数を伸ばしています。

初登場最後。8位にDouble Ace「2Type」がランクインです。Double Aceは昨年、名前を超新星からSUPERNOVAと改名した韓国の男性アイドルグループのメンバー、ユナクとソンジェによるユニット。CD販売数7位、ダウンロード数は36位。オリコンでは初動売上1万2千枚で7位初登場。前作はユナク&ソンジェ from 超新星名義でリリースされた「2Re:M」で、同作の初動1万8千枚(4位)からはダウンしています。

さて最後に、今週、安室奈美恵「Finally」は残念ながら16位へダウン。残念ながら配信開始によるベスト10返り咲きは5週で幕を下ろしました。といっても、5週もランクインし続けたのか・・・。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

つ、つ、つ、つ、ついに!!!

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週最大の話題は、すいません、チャートインした曲の話題ではなく逆にベスト10落ちした曲の話。米津玄師「Lemon」が今週11位にダウン!昨年の2月26日付チャートから続いたベスト10ヒットは、約1年5ヶ月74週という驚異的なロングヒットを持って、とりあえず一旦は幕を下ろしました。もっとも、まだカラオケ歌唱数1位、You Tube再生回数2位、PCによるCD読取数6位と上位にランクイン。ダウンロード数も10位につけており、まだまだ人気のほどをうかがわせます。今週は新譜ラッシュだったのでそれに押し出されるような形でベスト10落ちしてしまいましたが、来週以降は再ランクインの可能性は高そう。「Lemon」のヒットはまだまだ続く予感もします。

さて今週1位を獲得したのはAKB系。日向坂46「ドレミソラシド」。CD販売数、PCによるCD読取数及びTwitterつぶやき数1位、ダウンロード数4位、ラジオオンエア数7位、ストリーミング数24位を記録。非常に爽やかな雰囲気のポップチューンなので「こういう売り方をしていくんだな・・・」ということを強く感じます。オリコン週間シングルランキングでは初動売上44万8千枚で1位初登場。前作「キュン」の47万6千枚(1位)からはダウンしています。

2位は韓国の女性アイドルグループTWICE「HAPPY HAPPY」が先週の76位からCDリリースに合わせてランクイン。こちらも夏場のシーズン向けの爽やかでダンサナブルなナンバー。CD販売数、PCによるCD読取数で2位、Twitterつぶやき数3位、ラジオオンエア数6位、ストリーミング数及びYou Tube再生回数8位。ただなぜかダウンロード数だけは51位と落ち込みました。オリコンでは初動売上24万7千枚で2位初登場。前作「Wake Me Up」の26万2千枚(1位)よりダウンしています。

3位は名古屋のローカル男性アイドルグループBOYS AND MENの弟分、BOYS AND MEN研究生の選抜メンバーによるグループ祭nine.「ゴールデンジパングソウル」が初登場でランクイン。CD販売数は3位でしたが、ラジオオンエア数24位、PCによるCD読取数44位、Twitterつぶやき数67位に留まりました。オリコンでは初動売上7万枚で3位初登場。前作「有超天シューター」の7万5千枚(1位)からダウン。

続いて4位以下の初登場曲です。まず4位にRADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がランクイン。大ヒットを記録した「君の名は。」の新海誠監督の新作アニメーション映画「天気の子」主題歌。「君の名は。」から引き続き、RADWIMPSが音楽を担当し、この曲はその主題歌となります。同作のサントラ的なアルバム「天気の子」が今週のアルバムチャートで上位にランクインしていますが、この曲もダウンロード数で見事1位を獲得。ほか、You Tube再生回数6位、Twitterつぶやき数12位、ラジオオンエア数22位を記録し、見事ベスト10入りを記録しています。

さらに今週9位におなじくRADWIMPS「グランドエスケープ feat.三浦透子」がランクイン。こちらも「天気の子」のもう1曲の主題歌となります。ダウンロード数2位、Twitterつぶやき数53位を獲得。今週、ダウンロード数ではRADWIMPSが見事1、2フィニッシュとなりましたし、また見事2曲同時ランクインとなりました。

6位にはスターダストプロモーション所属の男性アイドルグループM!LK「かすかに、君だった。」が初登場。CD販売数4位に対して、ストリーミング数87位、PCによるCD読取数80位、Twitterつぶやき数61位に留まり、総合順位ではこの位置に。オリコンでは初動売上5万枚で4位初登場。前作「Over The Storm」の6万2千枚(2位)からダウンしています。

初登場最後はご存じ人気女性声優水樹奈々「METANOIA」が10位初登場。テレビアニメ「戦姫絶唱シンフォギアXV」主題歌。良くも悪くもいつもの彼女らしい、マイナーコードメインで叙情感たっぷりダイナミックな楽曲ですが、今回は特にバンドサウンドを前に押し出したメタル色の強い作風になっています。CD販売数は11位とベスト10入りを逃しましたが、ダウンロード数及びPCによるCD読取数で3位を獲得。ラジオオンエア数は39位、Twitterつぶやき数は13位に留まりましたが、総合順位ではベスト10入りを果たしました。一時期に比べて人気は落ち着いた感じはしますが、一方、CD販売数よりダウンロード数の順位が上回っているなど、アイドル的な人気から純粋に音楽的な支持へシフトしてきた感じでしょうか。オリコンでは初動売上2万5千枚で8位初登場。前作「NEVER SURRENDER」の3万3千枚(5位)からダウンしています。

さて今週、残念ながら米津玄師「Lemon」がベスト10落ちしてしまいました。またKing Gnu「白日」も17位にダウンしています。ただ一方でそのほかのロングヒット曲はまだまだがんばっています。まずOfficial髭男dism「Pretender」は3位から5位にダウンながらもベスト5をキープ。ストリーミング数は今週も1位をキープ。You Tube再生回数も先週から変わらず4位をキープしており、まだまだロングヒットは続きます。また、菅田将暉「まちがいさがし」は4位から7位にダウン。ただこちらもストリーミング数2位、You Tube再生回数1位は先週から変わらず。こちらもまだロングヒットは続きそう。

さらにあいみょん「マリーゴールド」も5位から8位にダウンしたもののまだまだがんばっています。こちらもストリーミング数及びYou Tube再生回数の3位、カラオケ歌唱回数の2位は先週から変わらず。今週で31週連続通算33週目のベスト10ヒットとなりましたが、この記録はまだ伸びそうです。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

嵐を見事下したのは・・・

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週まで2週連続1位を獲得していた嵐のベスト盤を見事下して1位を獲得したのはあのバンドでした。

今週、初登場で1位を獲得したのはBUMP OF CHICKENの約3年5ヶ月ぶりとなるニューアルバム「aurora arc」でした。CD販売数、ダウンロード数、PCによるCD読取数でいずれも見事1位を獲得。文句なしの1位となりました。オリコン週間アルバムランキングでも初動売上20万2千枚で1位獲得。前作「Butterflies」の19万7千枚からアップ。なにげにここ2作、18万2千枚→19万7千枚→20万2千枚と増加傾向が続いており、既に「ベテラン」の域に入る彼らが、CDがどんどんうれなくなってきている今の時代に、CDの売上を伸ばしているというのは驚きです。

2位は先週1位の嵐「5×20 All the BEST!! 1999-2019」がワンランクダウンながらもベスト3をキープ。CD販売数及びPCによるCD読取数でいずれも2位を獲得しています。

そして3位は、現在「まちがいさがし」がロングヒット中の俳優、菅田将暉のアルバム「LOVE」がランクイン。CD販売数3位、ダウンロード数4位、PCによるCD読取数は12位。同作にも収録している「まちがいさがし」は米津玄師作詞作曲プロデュースで話題となりましたが、本作ではほかにもなんとあのあいみょんが楽曲を提供しているほか、amazarashiの秋田ひろむや忘れらんねえよの柴田隆浩、ドレスコーズの志磨遼平など豪華なメンバーが楽曲を提供しています。オリコンでは初動売上4万8千枚で3位初登場。前作「PLAY」の3万枚(2位)からアップしています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位にPEDRO「THUMB SUCKER」がランクイン。こちら、女性アイドルグループBiSHのアユニ・Dによるソロプロジェクト。8月28日にリリース予定のアルバムからの先行配信で、ダウンロード数が2位にランクインし、ベスト10入りを記録しています。

5位はEd Sheeran「No.6 Collaborations Project」が入ってきました。2011年のデビューアルバム「+」から最新作「÷」まで3作連続イギリスのナショナルチャートで1位を獲得、最新作はアメリカビルボードでも1位を獲得するなど、世界的に高い人気を誇るイギリスのシンガーソングライターの新作。こちらは人気ミュージシャンたちとコラボした曲を集めた企画盤的なアルバム。ジャスティン・ビーバーやチャンス・ザ・ラッパー、さらにはエミネムやブルーノ・マーズなど、超豪華なミュージシャンたちとのコラボを繰り広げています。CD販売数5位、ダウンロード数3位、PCによるCD読取数40位で総合順位は5位獲得。オリコンでは初動売上9千枚で6位初登場。前作「÷」の1万2千枚(4位)からダウン。

8位には韓国の男性アイドルグループEXOのメンバーであるBAEKHYUN(ペクヒョン)のソロデビューアルバム「City Lights」がランクイン。韓国盤のリリースのためビルボードではダウンロード数のみ5位にランクインしています。オリコンでは初動売上3千枚で14位初登場。

初登場組最後は10位に「初音ミク『マジカルミライ2019』OFFICIAL ALBUM」がランクイン。8月から9月にかけて東京、大阪で開催される、「初音ミク」の文化を体感できるライブと企画展を併設したイベント「初音ミク『マジカルミライ2019』」のオフィシャルアルバム。CD販売数で7位、PC読取数50位で総合順位では10位にランクイン。オリコンでは初動売上7千枚で9位初登場。

初登場は以上。ほかにロングヒット組では安室奈美恵「Finally」が先週の10位から9位にアップ。ただ、ダウンロード数は1位から6位に大幅ダウンしてしまっています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

日韓男性アイドル対決

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週は日韓男性アイドルグループが1位2位でデッドヒートを繰り広げました。

結果、1位を獲得したのはジャニーズ系。Kis-My-Ft2「HANDS UP」が先週の79位からCDリリースに合わせて大きく順位を伸ばし、1位を獲得しています。CD販売数、PCによるCD読取数及びTwitterつぶやき数で1位獲得。ラジオオンエア数は27位に留まっています。ただ楽曲的にはEDMの、いかにもK-POP勢から影響を受けたようなダンスチューンになっていますが・・・。オリコン週間シングルランキングでは初動売上19万6千枚で1位獲得。前作「君を大好きだ」の29万7千枚(1位)からダウンしています。

一方、2位を獲得したのが先週1位だった韓国のアイドルグループBTS「Lights」がワンランクダウン。オリコンでも2位にランクインしており、Hot100、オリコン共に日韓の男性アイドルグループが並ぶ結果となりました。

3位はOfficial髭男dism「Pretender」が3週連続の3位を獲得。ストリーミング数が8週連続1位を獲得したほか、ダウンロード数も8位から6位にアップ。You Tube再生回数も3週連続4位などヒットを続けています。そして今週なんと7位に彼らの新曲「宿命」もランクイン。2019 ABC 夏の高校野球応援ソングとなり、この夏、何度もテレビから流れそうなこの曲は、ミディアムテンポでゆっくり歌われるナンバーながらもホーンセッションが爽やかさを感じるポップチューン。7月31日リリース予定のCDからの先行配信となります。ダウンロード数2位、ストリーミング数6位、ラジオオンエア数4位、Twitterつぶやき数27位、You Tube再生回数10位と上位にランクインし、先行配信のみで見事ベスト10入りを果たしました。Official髭男dism、これで本格的にブレイクとなりそうです。

続いて4位以下の初登場曲です。ただ、今週の初登場は前述のOfficial髭男dismのほかは1曲のみ。それが9位にランクインしたヤバイTシャツ屋さん「癒着☆NIGHT」。相変わらずユニークなMVを見せてくれる楽しいポップチューンなのですが、2017年にリリースした「ハッピーウェディング前ソング」のMVに登場する2人の2年後を描いたというから、なかなかユニーク。CD販売数4位、PCによるCD読取数3位に対して、You Tube再生回数が66位と伸び悩んでいるのがちょっと残念。ただダウンロード数も65位に留まっており、いまひとつ固定ファン以外の広がりが欠けるのが気になります。オリコンでは同曲を収録した「スペインのひみつ」が初動売上2万枚で4位初登場。前作「とってもうれしいたけ」の1万4千枚(6位)からアップしています。

また今週は返り咲き曲も1曲。BUMP OF CHICKEN「Aurora」が10位にランクイン。4月1日付チャート以来、16週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。これは今週アルバムチャートでランクインしている彼らのニューアルバム「aurora arc」リリースの影響によるものと思われます。

そして相変わらず強いのがロングヒット曲。まずは4位に菅田将暉「まちがいさがし」。これで9週目のベスト10ヒット。先週の2位からはダウンしてしまったものの、You Tube再生回数は6週連続1位をキープ。ストリーミング数も2位を維持しており、まだまだロングヒットは続きそう。またあいみょん「マリーゴールド」は4位からワンランクダウンの5位。ストリーミング数は先週から変わらず3位を、カラオケ歌唱回数も2位をキープ。You Tube再生回数はワンランクダウンながらも3位を維持しており、まだまだ根強い人気を伺わせます。

さらに米津玄師「Lemon」は6位をキープ。ここに来てダウンロード数が4位から3位にアップ。You Tube再生回数も3位から2位にアップするなど化け物的な人気を見せています。そしてKing Gnu「白日」は7位から8位にワンランクダウン。ただストリーミング数は4位をキープ。You Tube再生回数も8位から6位に再びアップするなど、こちらもまだまだロングヒットは続きそうです。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

DVD・Blu-ray その他 アルバムレビュー(洋楽)2008年 アルバムレビュー(洋楽)2009年 アルバムレビュー(洋楽)2010年 アルバムレビュー(洋楽)2011年 アルバムレビュー(洋楽)2012年 アルバムレビュー(洋楽)2013年 アルバムレビュー(洋楽)2014年 アルバムレビュー(洋楽)2015年 アルバムレビュー(洋楽)2016年 アルバムレビュー(洋楽)2017年 アルバムレビュー(洋楽)2018年 アルバムレビュー(洋楽)2019年 アルバムレビュー(邦楽)2008年 アルバムレビュー(邦楽)2009年 アルバムレビュー(邦楽)2010年 アルバムレビュー(邦楽)2011年 アルバムレビュー(邦楽)2012年 アルバムレビュー(邦楽)2013年 アルバムレビュー(邦楽)2014年 アルバムレビュー(邦楽)2015年 アルバムレビュー(邦楽)2016年 アルバムレビュー(邦楽)2017年 アルバムレビュー(邦楽)2018年 アルバムレビュー(邦楽)2019年 ヒットチャート ヒットチャート2010年 ヒットチャート2011年 ヒットチャート2012年 ヒットチャート2013年 ヒットチャート2014年 ヒットチャート2015年 ヒットチャート2016年 ヒットチャート2017年 ヒットチャート2018年 ヒットチャート2019年 ライブレポート2011年 ライブレポート2012年 ライブレポート2013年 ライブレポート2014年 ライブレポート2015年 ライブレポート2016年 ライブレポート2017年 ライブレポート2018年 ライブレポート2019年 ライブレポート~2010年 名古屋圏フェス・イベント情報 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 音楽コラム 音楽ニュース