ヒットチャート2019年

2019年6月13日 (木)

ベスト盤が1位2位

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

まず今週はベスト盤が1位2位に並びました。

まず1位はaikoのベストアルバム「aikoの詩。」がランクイン。いままでのシングル曲を両A面曲を含めてすべて収録したシングルコレクション。CD販売数1位、PCによるCD読取数で2位を獲得し、総合順位は見事1位獲得となりました。ちなみにオリコン週間アルバムランキングでも初動売上8万9千枚で1位獲得。直近作「湿った夏の始まり」の初動6万8千枚(3位)からアップしています。

2位は男性5人組のアイドルグループ、Da-iCEのベストアルバム「Da-iCE BEST」がランクイン。CD販売数2位、ダウンロード数8位、PCによるCD読取数48位を獲得。オリコンでは初動売上3万5千枚で2位初登場。直近のオリジナルアルバム「BET」の3万8千枚(3位)からダウン。ベスト盤の初動がオリジナルアルバムの初動売上を下回るのは固定ファンのみに支えられており、それ以外に人気が波及していないアイドル系によくありがちな傾向で、そういう意味では「らしい」結果となっています。

3位にはAvicii「TIM」がランクイン。CD販売数では9位、PCによるCD読取数は53位でしたが、ダウンロード数で1位を獲得。総合順位でも見事ベスト3入りとなりました。昨年4月にわずか28歳という若さで急逝した、世界的な人気を誇るEDMミュージシャン。本作は彼の残された録音やメモなどを基として共同プロデューサーたちが作り上げた3枚目となるアルバム。オリコンでは初動売上7千枚で9位初登場。前作「Stories」の9千枚(11位)より若干のダウンとなっています。

続いて4位以下の初登場盤です。まずは6位にテヨン「VOICE」がランクイン。韓国の女性アイドルグループ、少女時代のメンバーによる日本盤では初となるミニアルバム。CD販売数4位、PCによるCD読取数78位で総合順位は6位にランクイン。オリコンでは初動売上1万7千枚で6位初登場。

7位には一十木音也(寺島拓篤) 「うたの☆プリンスさまっ♪ソロベストアルバム 一十木音也『I am Here.』」が初登場。女性向け恋愛アドベンチャーゲーム「うたの☆プリンスさまっ♪」のキャラクターによるベストアルバム。CD販売数5位、PCによるCD読取数13位を獲得。オリコンでは初動1万9千枚で4位初登場。

初登場組最後は8位に氷川きよし「新・演歌名曲コレクション9-大丈夫/最上の船頭-」がランクイン。CD販売数6位、その他は圏外という結果に。氷川きよしのファン層的にはパソコンやらダウンロードやらは使わなそうだなぁ。昭和歌謡曲のカバーと自身のオリジナル曲を収録した「新・演歌名曲コレクション」シリーズの第9弾。オリコンでは初動売上1万7千枚で5位初登場。前作「新・演歌名曲コレクション8-冬のペガサス-勝負の花道~オーケストラ」の1万8千枚(4位)から微減。

ロングヒットでは、back number「MAGIC」は先週の8位から2ランクダウンながらも10位をキープ。CD販売数20位、ダウンロード数6位で、一方、PCによるCD読取数は今週1位を獲得。まだまだその強さを感じます。一方、あいみょん「瞬間的シックスセンス」は残念ながら今週11位にダウンし、ベスト10から陥落しています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

米津玄師旋風吹き荒れる

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今、間違いなくもっとも勢いのあるミュージシャンの一人、米津玄師。今週のヒットチャートはまさにそんな彼の人気を象徴するようなチャートとなりました。

まず1位には米津玄師「海の幽霊」が先週の9位からランクアップ。映画「海獣の子供」主題歌。今週、配信を開始されたことによりランクを大きくアップ。ダウンロード数及びラジオオンエア数で1位、Twitterつぶやき数4位、You Tube再生回数2位で見事CD販売なしでの1位獲得となりました。

さらに2位には菅田将暉「まちがいさがし」が先週の8位からランクアップ。2週ぶりのベスト3返り咲きとなっていますが、こちらも米津玄師作詞作曲プロデュースによる作品。結果として米津玄師関連作品が1、2フィニッシュを飾るという結果になっています。ちなみに本作はダウンロード数及びストリーミング数2位、You Tube再生回数で1位を獲得。ストリーミングやYou Tubeで強いあたり、ロングヒットの予感がします。

一方、米津玄師「Lemon」は今週10位までランクダウン。さすがに後がなくなってきました。とはいえ、ダウンロード数5位、PCによるCD読取数及びYou Tube再生回数4位、カラオケ歌唱回数では1位をキープしており、まだまだ巻き返しの可能性も?

3位はようやく初登場曲。V6「ある日願いが叶ったんだ」が初登場。メンバーの井ノ原快彦主演ドラマ「特捜9」主題歌。CD販売数1位、PCによるCD読取数2位、Twitterつぶやき数6位を獲得。オリコン週間シングルランクインでは初動売上9万4千枚で1位獲得。前作「Super Powers」の10万枚(1位)よりダウンしています。

続いて4位以下の初登場曲です。まず6位に名古屋を拠点に活動する男性アイドルグループMAG!C☆PRINCE「ゴメン、、離したくない」がランクイン。CD販売数は2位にランクインしましたが、そのほかはラジオオンエア数で99位、Twitterつぶやき数は100位にとどまり、総合順位ではこの位置に。オリコンでは初動売上8万3千枚で2位初登場。前作「SUMMER LOVE」の8万4千枚(1位)から微減。

そして7位にはハロプロ系女性アイドルグループJuice=Juice「『ひとりで生きられそう』って それってねぇ、褒めているの?」が初登場でランクイン。タイトルは秋元康っぽい感じもするのですが、楽曲的には王道のアイドルポップのハロプロ系らしい曲調に。CD販売数は3位でしたが、ダウンロード数29位、PCによるCD読取数21位、Twitterつぶやき数67位にとどまり、総合順位はこの位置に。オリコンでは初動売上6万4千枚で3位初登場。前作「微炭酸」の6万2千枚(3位)より若干のアップとなりました。

今週の初登場曲は以上ですが、今週はベスト10返り咲き曲も。MAN WITH A MISSION「Remember Me」がCD販売にあわせて先週の13位から5位に大きくアップ。4週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。フジテレビ系ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」主題歌。 CD販売数は6位でしたが、ダウンロード数は5位から3位にアップ。総合順位も5位にランクインしています。オリコンでは初動売上3万2千枚で6位初登場。前作「Take Me Under」の2万4千枚(4位)よりアップ。

最後にロングヒット曲ですが、今週、あいみょん「マリーゴールド」は5位から9位にダウン。「Lemon」同様、こちらも厳しい結果になっています。ストリーミング数及びYou Tube再生回数は3位にダウン。ダウンロード数も6位から7位にダウンしています。ただ、とはいえまだまだストリーミング数もYou Tube再生回数も上位にランクインしており、こちらも今後の巻き返しに期待したいところです。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums。

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

今週も新譜は多め

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

ここ2週、新譜ラッシュが続いていましたが、今週もベスト10のうち7枚までが新譜という新譜ラッシュとなっています。

まず上位にはアラフォー世代以上から絶大な支持を得ているベテランミュージシャンがズラリと並んでいます。まず1位初登場は今年デビュー31年目を迎えるB'zのニューアルバム「NEW LOVE」がランクイン。今回はエアロスミスのジョー・ペリーが参加するなど豪華なゲストも話題に。CD販売数及びPCによるCD読取数で1位を獲得し、総合順位でも1位に。オリコン週間アルバムランキングでも初動売上20万6千枚で1位獲得。前作「DINASOUR」の20万1千枚(1位)から若干のランクアップとなりました。

2位初登場は椎名林檎「三毒史」。こちらもデビューから21年目を迎え、ベテランの域に達している女性シンガーのオリジナルとしては約4年半ぶりとなるアルバム。CD販売数2位、PCによるCD読取数4位、ダウンロード数では見事1位を獲得。ただ1位のB'zはダウンロード販売は行われていないようですが。オリコンでは初動売上5万7千枚でこちらも2位初登場。直近のセルフカバーアルバム「逆輸入~航空局~」の4万8千枚(3位)や、オリジナルアルバムとしての前作「日出処」の4万2千枚(3位)よりもアップ。同作はストリーミングでも配信されており、かつ初回盤に特にDVDなどがついてくるわけでもない販売形態の中で、ここに来て初動売上アップは正直、ちょっと驚きです。

3位には布袋寅泰「GUITARHYTHM VI」がランクイン。こちらは上位の2組よりもさらに上の世代。本作は「GUITARHYTHM」シリーズとしては実に10年ぶりとなるアルバムで、さらに同作収録曲の「Thanks a Lot」ではBOOWY時代の盟友、松井常松と高橋まことが参加したということでも大きな話題となりました。CD販売数3位、ダウンロード数5位、PCによるCD読取数33位を記録。オリコンでは初動売上2万1千枚で3位初登場。前作「Paradox」の1万2千枚(7位)からアップしています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位には韓国の女性アイドルグループRed Velvet「SAPPY」がランクイン。CD販売数で4位。ただし、ダウンロード数は61位、PCによるCD読取数は86位に留まっています。オリコンでは初動売上1万4千枚で4位初登場。日本デビュー作だった前作「#Cookie Jar」の2万6千枚(3位)からは大きくダウンとなりました。

5位にはZORN「LOVE」が初登場。般若主宰の昭和レコード所属の男性ラッパーによる新作。CD販売数は25位に留まりましたが、ダウンロード数が見事2位にランクインし、総合順位でベスト10入りしてきました。オリコンでは初動売上1千枚で28位初登場。前作「柴又日記」の1千枚(40位)から若干のアップ(1.4千枚→1.7千枚)。

6位にはレゲエグループ湘南乃風のメンバー、HAN-KUNの初のカバーアルバム「Musical Ambassador」がランクイン。CD販売数5位、ダウンロード数4位、PCによるCD読取数63位。レゲエの過去の名曲を・・・と言いたいところなのですが、これがベタベタな90年代のヒット曲がメインとなるカバー。現在、40歳の彼ですが、同年代として非常にわかりやすい選曲となっています。オリコンでは初動売上7千枚で5位初登場。前作「VOICE MAGICIAN V~DEEP IMPACT~」の4千枚(19位)からアップ。

初登場組最後は9位にSIRUP「FEEL GOOD」がランクイン。CD販売数及びダウンロード数6位、PCによるCD販売数65位。シンガーソングライターKYOtaroによるニュープロジェクトでR&Bやソウル、HIP HOPをベースとした楽曲を聴かせてくれるミュージシャンです。オリコンでは初動売上4千枚で7位初登場。

一方、ロングヒット組もがんばっています。まずback number「MAGIC」は今週8位に。残念ながら先週の2位から大きくダウンとなりましたが、新譜ラッシュの中、CD販売数は先週の13位から11位にアップ。PCによるCD読取数はワンランクダウンながらも2位をキープとまだまだがんばっています。またあいみょん「瞬間的シックスセンス」も5位から10位にダウンしたものの今週もベスト10入り。こちらもダウンロード数9位、PCによるCD読取数3位とそれぞれ先週からワンランクダウンながらもまだまだロングヒットを続けています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に。

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

上位はアイドル系がランクイン

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

ジャニーズ系の1位獲得が続いていましたが、今週は一転、AKB系が1位獲得となりました。

今週1位を獲得したのは乃木坂46「Sing Out!」。先週、先行配信で9位に初登場していましたが、CDリリースに合わせてランクアップし、1位獲得となりました。CD販売数、PCによるCD読取数及びTwitterつぶやき数1位、ダウンロード数7位、ストリーミング数14位、ラジオオンエア数14位、You Tube再生回数81位。比較的万遍なくランクインしていますが、それでもCD販売が先行するCDをアイテム的に購入するアイドル系特有のチャート傾向になっています。オリコン週間シングルランキングでは初動売上100万4千枚で1位初登場。前作「帰り道は遠回りしたくなる」の106万2千枚(1位)よりダウンしています。

2位には韓国の男性アイドルグループSEVENTEEN「Happy Ending」がランクイン。CD販売数及びPCによるCD読取数で2位、Twitterつぶやき数で7位を獲得した一方、ダウンロード数は41位、ストリーミング数は47位に留まっています。オリコンでは初動25万4千枚で2位初登場。いままでアルバムでのリリースはありましたが、シングルではこれがデビュー作となります。

3位初登場は名古屋を中心に活動を続ける男性アイドルグループBOYS AND MEN「頭の中のフィルム」。CD販売数3位、Twitterつぶやき数19位のほかはすべてランク圏外という典型的なCDをアイテム的に購入する固定ファンのみに訴求しているヒット形態になっています。オリコンでは初動売上9万1千枚で3位初登場。前作「炎・天下奪取」の11万5千枚(2位)よりダウンしています。

続いて4位以下の初登場曲です。まず6位に新しい地図 join ミュージック「星のファンファーレ」がランクイン。言うまでもなく元SMAPの香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎によるユニットの新曲。スマホ用ゲーム「星のドラゴンクエスト」応援歌。SEKAI NO OWARIのNakajinが作詞作曲を手掛ける、セカオワの雰囲気を彷彿とさせるちょっとファンタジックな雰囲気の明るいポップチューン。配信オンリーでのリリースでダウンロード数2位、Twitterつぶやき数3位、ラジオオンエア数23位を記録。楽曲も豪華な作家陣を起用して出来がよく、またタイアップも大型タイアップなのにテレビはほとんど無視という異様な状態が続いています。

さらに9位には米津玄師「海の幽霊」がランクイン。映画「海獣の子供」主題歌。ラジオオンエア数5位、Twitterつぶやき数2位、You Tube再生回数では1位にランクイン。6月3日の配信開始を前にして見事ベスト10ヒットを記録しています。ボーカルにエフェクトをかけ、どこか祝祭色も感じるスケール感あるナンバーに。これもロングヒットを記録するか?ちなみに米津玄師の「Lemon」は5位から7位にダウン。ただダウンロード数は5位から4位に、PCによるCD読取数も4位から3位にアップしており、まだまだ根強い人気は続いています。

最後10位に女性ボーカルグループLittle Glee Monster「君に届くまで」が先週の97位からCD販売にあわせて大きくランクアップ。日テレ系アニメ「MIX」エンディングテーマ。CD販売数は4位、ラジオオンエア数は9位でしたが、ダウンロード数18位、PCによるCD読取数56位、Twitterつぶやき数46位と落ち込み、総合順位ではこの位置に。オリコンでは初動3万枚で4位初登場。

続いてロングヒット系ではあいみょん「マリーゴールド」が4位から5位にワンランクダウン。ストリーミング数は残念ながら今週も2位でしたが、ダウンロード数6位、You Tube再生回数及びカラオケ歌唱回数では2位を獲得するなど、こちらもまだまだロングヒットは続きそう。一方、King Gnu「白日」は残念ながら11位にダウン。ベスト10ヒットは6週連続、通算12週でひとまずは幕を下ろしています。ただ、ストリーミング数は今週も3位と上位をキープしており、まだまだ今後のベスト10返り咲きの可能性も高そうです。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

今週も新譜ラッシュ

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週も先週から引き続き、ベスト10のうち7枚までが初登場という新譜ラッシュとなりました。

まず今週の1位ですが、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE「BALLISTIK BOYZ」が初登場でランクイン。ミュージシャン名義通り、EXILEの弟分の新ユニットによるデビューアルバム。ダウンロード数は10位、PCによるCD読取数は74位に留まりましたが、CD販売数で1位を獲得し、総合順位でも見事1位に輝きました。オリコン週間アルバムランキングでも初動売上2万6千枚で1位獲得。大物がいない週で初動売上は低めですが、とはいえデビューアルバムで見事1位獲得となりました。

2位にはback number「MAGIC」が先週の5位からアップし、2週ぶりのベスト3返り咲き。CD販売数は13位に留まっていますが、ダウンロード数は先週の8位から3位にアップ。PCによるCD読取数は先週に引き続き1位を獲得し、総合順位でも2位獲得となりました。

3位は・・・これはちょっと驚きました。女王蜂「+」がランクイン。女王蜂は妖艶な雰囲気を漂わせるメンバーが特徴的なロックバンド。CD販売数4位、ダウンロード数2位、PCによるCD読取数49位で総合順位で見事ベスト3入りを果たしています。オリコンでも初動売上6千枚で5位初登場。シングルアルバム通じて初のベスト10ヒットを記録しています。前作「Q」の4千枚(12位)からアップしています。

続いて4位以下の初登場盤です。4位には男性アイドルグループCOLOR CREATIONのデビューアルバム「FIRST PALETTE」がランクイン。CD販売数は2位を記録していますが、ダウンロード数及びPCによるCD読取数は圏外となり、総合順位はこの位置に留まっています。オリコンでは初動売上1万1千枚で2位初登場。

6位にはかつてロックバンドPOLICEとしての活躍でも知られるイングランド出身のシンガーソングライターSTING「MY SONGS」が初登場。そのPOLICE時代やソロとなってからのヒット曲をセルフカバーしたアルバムで、そのため多くのリスナーにとって聴きやすいアルバムになっています。CD販売数5位、ダウンロード数6位、PCによるCD読取数78位を記録。ちなみにオリコンでも初動売上6千枚で4位初登場。前作「57th&9th」の7千枚(11位)よりダウン。

8位にはいわゆるボカロPとしての活躍でも知られるDECO*27「アンドロイドガール」が初登場。PCによるCD読取数7位、ダウンロード数14位、PCによるCD読取数73位を記録。オリコンでは初動売上5千枚で8位初登場。これが初のベスト10ヒット。前作「GHOST」の3千枚(22位)からもアップしています。

さらに9位には田村ゆかり「Strawberry candle」がランクイン。90年代後半から活躍を続ける女性声優としてはベテランとなる人気声優。本作は自身のプライベートレーベル「Cana aria」から発表された2枚目となるミニアルバム。CD販売数3位、PCによるCD読取数34位。オリコンでは初動8千枚で3位初登場。前作「Princess Limited」の1万1千枚(6位)からはダウンしています。

初登場組最後は10位、澤野弘之「プロメアORIGINAL SOUNDTRACK」が初登場。劇場版アニメ「プロメア」のサントラ。CD販売数は44位と低調ながら、ダウンロード数は見事1位を獲得し、総合順位ではベスト10入り。ダウンロード数に比べてCDの販売が芳しくないのですが、なぜなのでしょうか?オリコンでは初動売上1千枚で39位に留まっています。

一方、そんな新譜ラッシュの中でもロングヒット盤が。あいみょん「瞬間的シックスセンス」が先週11位から5位にランクアップ。2週ぶりのベスト10返り咲きを果たしています。CD販売数は19位でしたが、ダウンロード数は8位、PCによるCD読取数は2位を記録しており、まだまだロングヒットは続きそうです。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

ジャニーズ系が1位獲得

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週発生した元KAT-TUN田口淳之介逮捕のニュースといい、ジャニーズ系がらみの悪いニュースが続いています。先日もHey!Say!JUMPのライブツアーが一部のファンのマナーの悪さから中止に追い込まれるという前代未聞の事態が発生し、悪い意味で大きな話題となりました。

そんな中で1位を獲得したのがその話題のHey!Say!JUMPによる新曲「Lucky-Unlucky」が獲得。日テレ系ドラマ「頭に来てもアホとは戦うな!」主題歌。CD販売数及びPCによるCD読取数1位、Twitterつぶやき数18位を獲得。まあ、アホと戦わざるを得なかった結果が今回のライブツアー中止ということなのでしょうが、ただ熱烈なファンは昔から存在していたはずなのに、なぜここに来て、これほどマナーの悪いファンが目立つようになったのか若干疑問に感じます。これは根拠のない個人的な全くの仮説なのですが、ひょっとしたら例のAKB商法などでファンとの距離を縮めて売上を伸ばそうというアイドルの登場により、ジャニーズ系のファンもアイドルとの距離が縮められると勘違いする人が増えたのではないでしょうか。もっともジャニーズ系に関してはAKB商法は取り入れていませんし、以前とファンへのスタンスは変わっていませんので、もしそうだとしたら、とんだとばっちりといった感じなのですが。オリコン週間シングルランキングでは初動売上19万9千枚で1位獲得。前作「COSMIC☆HUMAN」の22万1千枚(1位)からダウンしています。

2位はOfficial髭男dism「Pretender」が先週からワンランクアップで最高位を更新。CD販売数は29位までダウンしましたが、ダウンロード数及びラジオオンエア数が2位、そして、長らくあいみょんが1位を獲得し続けていたストリーミング数で、今週ついに1位を獲得。ほか、PCによるCD読取数及びYou Tube再生回数で5位にランクインしておりロングヒットを予感させるチャート傾向になっています。

3位は先週2位の菅田将暉「まちがいさがし」がワンランクダウンでこの位置。ただし、ダウンロード数は先週から変わらず1位をキープしており、こちらもロングヒットの兆しが。

続いて4位以下の初登場曲ですが、今週の初登場曲は1曲のみ。9位に乃木坂46「Sing Out!」がランクイン。5月29日にリリースされたシングルからの先行配信によるランクイン。ダウンロード数及びTwitterつぶやき数で3位、ストリーミング数35位、ラジオオンエア数56位、You Tube再生回数68位を記録しています。

またベスト10返り咲き曲も1曲。10位に欅坂46「黒い羊」が33位からランクアップ。握手会用のCDの販売分が集計された影響でしょうか。ただ、先日、暴行被害にあったNGT48の山口真帆の卒業公演でこの歌が歌われたということで話題になりました。今回のランクアップはこちらの影響もあるかもしれません。

続いてロングヒット曲ですが、まずはあいみょん「マリーゴールド」。今週は先週と変わらず4位をキープ。You Tube再生回数も先週に引き続き1位を獲得しました。ただ、前述のとおり、ストリーミング数1位を今週Official髭男dismに明け渡し、ついに連続1位獲得記録は20週で終止符を打ちました。とはいえ今週もストリーミング数は2位をキープ。まだまだ強さを見せています。また「ハレノヒ」も先週と変わらず7位をキープ。本作も8週連続のベスト10ヒットとなり、2作同時にロングヒットを続けています。

米津玄師「Lemon」は今週、6位から再び5位にランクアップ。ダウンロード数は7位から5位に、PCによるCD読取数は5位から4位にそれぞれアップ。You Tube再生回数3位、カラオケ歌唱回数は1位を今週もキープしています。

Kinu Gnu「白日」は逆に5位から6位にダウン。ただダウンロード数は12位から8位にアップ。ストリーミング数3位、You Tube再生回数4位は先週から変わらず。こちらもまだまだ強さを感じさせます。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

一転、新譜ラッシュに

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週までGWの関係で新譜が極端に少なかったHot Albumsですが、今週は一転新譜ラッシュ。ベスト10のうち1枚を除いてすべて新譜というチャートとなりました。

そんな中で1位を獲得したのは女性アイドルグループももいろクローバーZ「MOMOIRO CLOVER Z」。CD販売数1位、ダウンロード数及びPCによるCD読取数で3位を獲得し、総合順位で1位獲得となりました。オリコン週間アルバムランキングでも初動売上5万3千枚で1位獲得。直近作はベスト盤「MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM 『桃も十、番茶も出花』」で、同作の初動5万6千枚(1位)からは若干のダウン。オリジナルアルバムとしては前作となる2作同時リリースの「白金の夜明け」「AMARANTHUS」の8万1千枚(1位)及び8万枚(2位)からもダウンしています。

2位初登場はEXILEのメンバー、EXILE SHOKICHI「1114」が初登場でランクイン。CD販売数2位、ダウンロード数14位、PCによるCD読取数で29位を獲得し、総合順位はこの位置に。オリコンでは初動売上1万9千枚で3位初登場。ちなみに「1114」とは前作でデビューアルバムの「THE FUTURE」の発売日から同作の発売日までの日数だそうで、その前作から初動売上枚数は横バイ(5位)となっています。

さて、今週はHot100でKAT-TUNの亀梨和也が1位を獲得し、さらに今、ワイドショーでは元KAT-TUNの田口淳之介逮捕のニュースでもちきりですが、Hot Albumsでも元KAT-TUN赤西仁のニューアルバム「THANK YOU」が3位に初登場しています。CD販売数4位、PCによるCD読取数39位の一方、ダウンロード数では見事1位を獲得し、総合順位ではベスト3入り。オリコンでは初動売上2万枚で2位初登場。直近作のリアレンジアルバム「A la carte」(3位)から横バイ。オリジナルアルバムとしては前作となる「Blessed」の3万1千枚(4位)からはダウンしています。ちないに本作のタイトルは自身のレーベル「GoGoodRecords」設立から5周年という区切りの年で、応援してくれているファンへの感謝の意味を込めたそうです。ジャニーズ脱退前後でいろいろと言われた彼ですが、なにげに音楽活動はコンスタントにがんばっているようです。

初登場盤は4位以下も続きます。4位には「Fate/Grand Order Original Soundtrack III」がランクイン。スマホ向けRPG「Fate/Grand Order」の楽曲を集めたサントラ盤。CD販売数3位、PCによるCD読取数で14位を記録。オリコンも初動売上1万5千枚で4位初登場。同作の第2弾「Fate/Grand Order Original Soundtrack Ⅱ」の2万6千枚(4位)からダウンしています。

6位はハロプロ系女性アイドルグループアンジュルム「輪廻転生〜ANGERME Past, Present & Future〜」がランクイン。CD販売数6位、ダウンロード数18位、PCによるCD読取数36位を記録。オリコンでは初動売上1万枚で5位初登場。直近作はベスト盤「S/mileage/ANGERME SELECTION ALBUM『大器晩成』」で、同作の6千枚(17位)からアップ。またオリジナルアルバムとしてはスマイレージ名義の「②スマイルセンセーション」以来で、同作の6千枚(13位)からアップ。シングルではほぼ毎作ベスト10入りしてきますが、アルバムではスマイレージ時代を含めて初のベスト10ヒットとなりました。

7位には神様、僕は気づいてしまった「20XX」が初登場。中2病的な名前が特徴的な4人組バンドで、メンバーの詳細なプロフィールが明かされない「謎のバンド」として話題を呼んだバンドの、フルアルバムとしては初となる作品。CD販売数11位、PCによるCD読取数は41位に留まりましたが、ダウンロード数で6位を記録して、総合順位ではベスト10入り。オリコンでは初動売上7千枚で9位初登場。ミニアルバムだった前作「神様、僕は気づいてしまった」の9千枚(9位)よろダウンしています。

8位には声優谷山紀章がギタリスト飯塚昌明と組んだユニットGRANRODEO「FAB LOVE」がランクイン。CD販売数8位、ダウンロード数20位、PCによるCD読取数34位。オリコンでは初動売上9千枚で8位初登場。前作「Pierrot Dancin'」の1万3千枚(3位)からダウンしています。

9位初登場はmilet「Wonderland EP」。これが2枚目のEPとなる女性シンガーソングライターの新作。詳細なプロフィールを明かしていない「謎めいた経歴」を売りにしているようで、前作「inside you EP」のタイトル曲「inside you」はONE OK ROCKのToruプロデュースで、フジテレビ系ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」オープニングテーマに抜擢されるなど、レコード会社側からかなり「売り」に来ているミュージシャン。CD販売数は17位に留まったものの、ダウンロード数で2位を獲得。見事ベスト10ヒットとなりました。ちなみにオリコンでは初動売上3千枚で18位初登場。前作「inside you EP」の6千枚(16位)からダウン。ただ、どちらかというとダウンロードでの売上先行で人気を集めてきている模様です。

そして最後10位にはさだまさし「新自分風土記Ⅱ~まほろば篇~」がランクイン。「新自分風土記Ⅰ~望郷篇~」と2枚同時リリースされたセルフカバーアルバム。CD販売数5位、その他はランク圏外で総合順位はなんとかベスト10入り。ちなみに「Ⅰ」は12位にランクインしています。オリコンでは初動売上1万枚で6位初登場。直近作はオリジナルアルバム「Reborn~生まれたてのさだまさし~」で、同作の1万1千枚(5位)からは微減という結果になっています。

そんな新譜ラッシュだった今週。長らくヒットを続けていたあいみょん「瞬間的シックスセンス」は先週の3位から11位にダウン。ベスト10ヒットは13週連続で幕を閉じました。またONE OK ROCK「Eye of the Storm」も5位から15位にダウンしています。

一方、先週1位のback number「MAGIC」は新譜ラッシュの中、なんとか5位をキープ。通算8週目のベスト10ヒットとなりました。CD販売数は14位までダウンしてしまいましたが、ダウンロード数は8位、PCによるCD読取数は1位を獲得しており、まだまだヒットは続きそうです。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に。

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

初のソロ作が1位獲得

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

本日、元KAT-TUNの田口淳之介が大麻所持で逮捕という衝撃的なニュースが入ってきましたが、よりによってそんな日に1位を獲得したのは、かつての同僚のソロデビュー作でした。

今週、初登場で1位を獲得をしたのはKAT-TUNの亀梨和也の初のソロシングル「Rain」でした。本人主演のフジテレビ系ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」主題歌。CD販売数、PCによるCD読取数、Twitterつぶやき数1位で、そのほかは圏外という結果になっています。オリコンでは初動売上13万6千枚で1位獲得。ちなみに田口淳之介逮捕で過去のKAT-TUNの楽曲の扱いはどうなるのでしょうか?彼が所属していた頃の作品のみ出荷停止とか、そういうまたバカみたいな扱いになるんでしょうか?

2位は俳優、菅田将暉「まちがいさがし」がランクイン。フジテレビ系ドラマ「パーフェクトワールド」主題歌。米津玄師作詞作曲プロデュースによる作品。ミディアムテンポでしっかり歌い上げるナンバーになっており、米津色はちょっと薄めだったような。ダウンロード数で見事1位を獲得。ラジオオンエア数19位、Twitterつぶやき数は14位に留まりましたが、総合順位で配信オンリーながらもベスト3ヒットに輝きました。

3位はOfficial髭男dism「Pretender」が先週の8位からCDリリースに合わせてランクアップ。CD販売数で9位に食い込んだほか、ダウンロード数、ストリーミング数いずれも2位。さらにはラジオオンエア数で1位を獲得。PCによるCD読取数6位、Twitterつぶやき数21位、You Tube再生回数11位と満遍なくヒットを獲得し、総合順位でベスト3入りを果たしています。オリコンでも初動売上1万2千枚で9位初登場。シングルアルバム通じて、初となるベスト10ヒットを獲得しました。

続いて4位以下の初登場曲です。といっても初登場組は1曲のみ。10位にEd Sheeran&Justin Bieber「I don't care」が先週の26位からランクアップしてベスト10入りです。イギリスの男性シンガーソングライター、エド・シーランと、アメリカの人気アイドル、ジャスティン・ビーバー。どちらも絶大な支持を得ているシンガー同士がタッグを組むという、まさに夢のコラボ。楽曲的にも非常に爽快で気持ちの良いポップチューンに仕上がっています。ダウンロード数20位、You Tube再生回数23位に留まりましたが、ストリーミング数6位、ラジオオンエア数では2位を獲得。配信オンリーですが、総合順位でベスト10入りとなりました。

また今週、HKT48「意志」が先週のランク圏外から8位に突如ランクイン。5週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。CD販売数2位で残りは圏外。例によって握手券対象のCDの通販分がまとめて計上されたのでしょう。

一方、今週も強いロングヒット曲。まずあいみょん「マリーゴールド」ですが、今週は残念ながら2位から4位にダウン。ただ、ストリーミング数がついに20週目の1位を獲得したほか、You Tube再生回数が3位から1位にランクアップ。4月1日付チャート以来8週ぶりの1位返り咲きとなっています。また、「ハルノヒ」も4位からダウンしたものの7位にランクインし、今週も2曲同時ランクインを記録しています。

米津玄師「Lemon」も3位から6位にダウン。ダウンロード数は4位から7位、PCによるCD読取数は2位から5位、You Tube再生回数も2位から3位と今週は軒並みランクダウン。とはいえまだまだカラオケ歌唱回数1位を含め、多くのチャートで上位を維持しているだけにロングヒットはまだ続きそう。

一方、King Gnu「白日」は先週と変わらず5位をキープ。ダウンロード数は8位から12位とダウンしていますが、You Tube再生回数は4位をキープ。ストリーミング数も2位から3位とダウンしているもののベスト3をキープしており、こちらは根強さを感じさせます。これからさらに伸びそうな予感も。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

| | コメント (2)

2019年5月15日 (水)

今週も初登場は少な目

先週に引き続きHot100、Hot Albumsともに初登場が少な目だったため、同時更新となります。

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

まず1位は初登場曲。

まず1位を獲得したのはONE N'ONLY「Dark Knight」が獲得。スターダストプロモーション所属の男性アイドルグループEBiSSHとさとり少年団が合体したグループ。楽曲はビックリするほどK-POPを意識したような・・・というよりもそのまんまなナンバー。CD販売数1位を獲得したものの、ほかはラジオオンエア数66位、PCによるCD読取数38位、Twitterつぶやき数71位でそのほかは圏外という結果になっています。ちなみにオリコンでは初動売上4万6千枚で1位を獲得しています。

2位は先週1位のあいみょん「マリーゴールド」がワンランクダウン。ストリーミング数は今週で19週連続の1位。ダウンロード数7位、You Tube再生回数3位も先週と変わらず。ちなみに彼女は「ハルノヒ」も今週4位にランクインさせており、2曲同時ランクインが続いています。3位も米津玄師「Lemon」がワンランクダウンながらもベスト3をキープ。ダウンロード数は2位から4位にダウンしたものの、PCによるCD読取数及びYou Tube再生回数は先週と変わらず2位をキープしています。

ほかにもロングヒット曲はKing Gnu「白日」が先週と変わらず5位をキープ。ダウンロード数は5位から8位にダウンしましたが、ストリーミング数は先週と変わらず2位をキープ。You Tube再生回数は5位から4位にアップし、これで通算10週目のベスト10ヒットとなりました。

そんな中、数少ない初登場曲はまず7位に狼の姿でおなじみのロックバンドMAN WITH A MISSIONの配信限定シングル「Remember Me」がランクイン。ダウンロード数で1位、ストリーミング数35位、Twitterつぶやき数100位を獲得。フジテレビ系ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」主題歌。ミディアムテンポでスケール感もあり、歌を聴かせる良くも悪くもヒットチャート王道系の作りのナンバーになっています。

また8位にはOfficial髭男ism「Pretender」が先週の20位からランクアップしベスト10入り。ブレイク候補の最右翼と言われる4人組バンドで、本作は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌で、5月15日リリース予定のCDからの先行配信。良い意味で垢抜けてきており、このベスト10入りで本格的なブレイクとなった・・・のでしょうか。ダウンロード数は13位だったもののストリーミング数8位、ラジオオンエア数2位の効果で見事ベスト10入り。ほか、Twitterつぶやき数42位、You Tube再生回数82位を記録しています。


今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週も見事1位をキープ。

Hot Albumsはback number「MAGIC」が先週と変わらず1位をキープ。CD販売数は5位だったものの、ダウンロード数及びPCによるCD読取数で1位を獲得し、総合順位では見事1位に輝きました。

2位初登場は「歌物語2-<物語>シリーズ主題歌集-」。西尾維新による小説「<物語>シリーズ」のテレビアニメコンピレーションアルバムがランクイン。CD販売数は1位でしたが、ダウンロード数10位、PCによるCD読取数は26位に留まり、総合順位はこの位置となりました。ちなみにオリコン週間アルバムランキングでは同作が初動売上1万6千枚で1位を獲得しています。

3位はあいみょん「瞬間的シックスセンス」が6位から3位にランクアップ。3月18日付チャート以来、実に9週ぶりのベスト3返り咲き。これで13週連続のベスト10ヒットとなっています。また、同作と同じ週にランクインしたONE OK ROCK「Eye of the Storm」も8位から5位にアップ。こちらは通算9週目のベスト10ヒットを記録しています。

初登場組はまず7位に藤川千愛「ライカ」がランクイン。アイドルグループまねきケチャの元メンバーによるソロデビュー作。先週の68位からCDリリースに合わせてランクアップ。CD販売数6位、ダウンロード数11位で総合順位はこの位置に。オリコンでは初動売上5千枚で10位にランクインしています。

また10位には女性声優4人組によるグループ、スフィア「10s」が初登場でランクイン。CD販売数7位、ダウンロード数42位、PCによるCD読取数68位。ちなみにオリコンでは初動売上5千枚で9位初登場。前作「ISM」の8千枚(11位)からダウンしています。

さて今週はベスト10返り咲き組も。米津玄師「BOOTLEG」が先週の11位から8位にランクアップ。2月25日付チャート以来、13週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。「Lemon」も驚異的なロングヒットを続けていますが、本作も2017年11月13日付チャートで1位に輝いてから、今週で81週目。ずっとベスト20圏内に入っており、驚異的なヒットを続けています。

今週のHot100及びHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

ついに1位獲得

今週はチャート対象週がゴールデンウィークということで初登場がほとんどないチャートとなりました。そのため、Hot100、Hot Albums同時更新です。

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

チャートイン43週目にしてついに1位獲得です。

今週、あいみょん「マリーゴールド」がついに1位を獲得。初のチャートインから43週、ベスト10入り通算21週目にして初の1位獲得となりました。ストリーミング数は今週も1位をキープ。ダウンロード数7位、You Tube再生回数3位など、主にネット系の指標がキーとなっています。ちなみに「ハルノヒ」も今週3位をキープ。ベスト10に2曲同時ランクインとなっています。

さて、冒頭に記載した通り、今週のチャートは初登場がほとんどないチャートとなっています。その影響で目立ったのがロングヒット系。2位には米津玄師「Lemon」が6位からランクアップしベスト3返り咲き。2月25日付チャート以来11週ぶりのベスト10返り咲き。ダウンロード数、PCによるCD読取数、You Tube再生回数2位、カラオケ歌唱数1位と相変わらず強さを見せつけています。

さらに先週9位だったKing Gnu「白日」は今週一気に6位にランクアップ。ダウンロード数は4位から5位にダウンしたもののストリーミング数は4位から2位にアップ。You Tube再生回数も16位から5位にアップしており、さらなるロングヒットも期待できそうです。さらにはベスト10返り咲き組も。9位にONE OK ROCK「Wasted Nights」が先週の12位からランクアップ。10週ぶりのベスト10返り咲きを果たしています。

そんな中で数少ない初登場曲がまず6位にランクインしてきたアメリカの女性シンガーソングライター、Taylor Swift「ME! featuring Brendon Urie of PANIC!AT THE DISCO」。アメリカのロックバンド、PANIC!AT THE DISCOのBrendon Urieをフューチャーした約1年半ぶりの新作。配信オンリーのリリースで先週の30位からランクアップしてのベスト10入り。ダウンロード数4位、ストリーミング数10位、ラジオオンエア数では見事1位を獲得し、2週目にしてベスト10入りです。

さらに8位にはFoorin「パプリカ」がランクイン。こちらNHKの東京オリンピック・パラリンピック応援プロジェクト、「<NHK>2020応援ソングプロジェクト」のテーマソング。Foorinはこの曲のために結成された小学校5年生の4人組ユニットで、以前から「NHKみんなのうた」などで大量にオンエアされていました。もともとベスト20圏内でロングヒットを続けていましたが、ランクイン19週目にしてついにベスト10入りを果たしています。ちなみに本作、作詞作曲プロデュースは米津玄師。メロディーも歌詞もいかにも米津玄師らしい楽曲になっており、曲を聴いていると頭の中で米津玄師のボーカルが流れてきそうな曲になっています。

ちなみに今週、ベスト10圏内でオリコン週間シングルチャートと重なったのが10位の日向坂46「キュン」のみ(オリコンでは1位)。実にビルボードらしいランキングになりましたし、ある意味、本当の意味でゴールデンウィーク中に聴かせた曲が並んだ、といった感じなのでしょうね。これからの令和の時代は、ビルボードのような形態のヒットチャートが主流になりそうです。


今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

こちらも初登場は少なめ。

そんな中で1位を獲得したのがback number「MAGIC」。先週の4位からランクアップし、4週ぶりの1位返り咲き。CD販売数は6位でしたが、ダウンロード数2位、PCによるCD読取数1位を獲得し、総合順位で見事1位を獲得しています。

2位はヒプノシスマイク-Division Rap Battle-「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 1st FULL ALBUM『Enter the Hypnosis Microphone』」が先週から同順位をキープ。3位にはようやく初登場組。EXILEのメンバーATSUSHIによるベストアルバムEXILE ATSUSHI「TRADITIONAL BEST」が初登場でランクイン。CD販売数では1位を獲得しましたがダウンロード数は29位に留まり、総合順位ではこの位置に。いままでも「日本の心」をテーマに活動をつづけた彼ですが、過去のアルバムにも収録されていた「ふるさと」「赤とんぼ」のような日本の古くからの童謡や美空ひばりの「愛燦燦」やオフコース「言葉にできない」のカバーも収録。「日本の心」をテーマにして歌うならば横文字のミュージシャン名やアルバムタイトルを変えるべきでは?と思わなくもないのですが・・・。ちなみにオリコン週間アルバムチャートでは4月30日リリースですがフライング販売の関係で先週、8位に初登場。今週は9千枚を売り上げて6位にアップしています。

5位には「平成仮面ライダー20作品記念ベスト」が初登場でランクイン。CD販売数3位、ダウンロード数9位、PCによるCD読取数30位。タイトル通り、平成に放送された仮面ライダーの主題歌、挿入歌などを収録したベストアルバム。令和初日の5月1日にリリースされた、まさに平成仮面ライダーを総括するアルバムになっています。オリコンではこちらもフライング販売の影響で先週15位に初登場。今週8千枚を売り上げ、8位にランクアップしています。

初登場組ラストは9位にL'Arc~en~CielのボーカリストHYDEのソロアルバム「ANTI」がランクイン。6月19日にCDリリース予定のアルバムですが、5月3日に配信オンリーで先行リリース。ダウンロード数で1位を獲得し、配信オンリーながらもベスト10入りを果たしました。

今週の初登場組は以上。アルバムもロングヒット組が目立ち、まずあいみょん「瞬間的シックスセンス」が先週の8位から6位にアップ。さらに先週12位だったONE OK ROCK「Eye of the Storm」も8位にランクアップ。こちらは4月8日付チャート以来、5週ぶりのベスト10返り咲きとなっています。

今週のチャート評は以上。次は来週の水曜日にまたHot100で!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

DVD・Blu-ray その他 アルバムレビュー(洋楽)2008年 アルバムレビュー(洋楽)2009年 アルバムレビュー(洋楽)2010年 アルバムレビュー(洋楽)2011年 アルバムレビュー(洋楽)2012年 アルバムレビュー(洋楽)2013年 アルバムレビュー(洋楽)2014年 アルバムレビュー(洋楽)2015年 アルバムレビュー(洋楽)2016年 アルバムレビュー(洋楽)2017年 アルバムレビュー(洋楽)2018年 アルバムレビュー(洋楽)2019年 アルバムレビュー(邦楽)2008年 アルバムレビュー(邦楽)2009年 アルバムレビュー(邦楽)2010年 アルバムレビュー(邦楽)2011年 アルバムレビュー(邦楽)2012年 アルバムレビュー(邦楽)2013年 アルバムレビュー(邦楽)2014年 アルバムレビュー(邦楽)2015年 アルバムレビュー(邦楽)2016年 アルバムレビュー(邦楽)2017年 アルバムレビュー(邦楽)2018年 アルバムレビュー(邦楽)2019年 ヒットチャート ヒットチャート2010年 ヒットチャート2011年 ヒットチャート2012年 ヒットチャート2013年 ヒットチャート2014年 ヒットチャート2015年 ヒットチャート2016年 ヒットチャート2017年 ヒットチャート2018年 ヒットチャート2019年 ライブレポート2011年 ライブレポート2012年 ライブレポート2013年 ライブレポート2014年 ライブレポート2015年 ライブレポート2016年 ライブレポート2017年 ライブレポート2018年 ライブレポート2019年 ライブレポート~2010年 名古屋圏フェス・イベント情報 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 音楽コラム 音楽ニュース