ヒットチャート2017年

2017年11月17日 (金)

圧倒的な強さで・・・

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

今週1位は・・・圧倒的な強さであのベスト盤が1位獲得です。

今週1位は来年9月での引退を表明している安室奈美恵のベスト盤「Finally」。デビュー曲「ミスターU.S.A.」から最新シングル「Just You and I」までの全シングルを収録。今の彼女の立ち位置からすると若干「黒歴史」的な部分もある小室プロデュース期以前の曲もきちんと収録されている点も驚きです。さらに初動売上はなんと111万3千枚(!)。CDではなくイベント目当てのアイドル系のCD以外で今時初動ミリオンに到達するというのが驚き。それだけ彼女の高い人気を目の当たりにした結果でした。もちろん直近のオリジナルアルバム「_genic」の16万枚(1位)からも大きくアップ。

2位は先週1位の米津玄師「BOOTLEG」がワンランクダウン。そして3位にはアメリカのカントリー系ポップミュージシャン、Taylor Swift「Reputation」が初登場でランクイン。初動売上2万8千枚は前作「1989」の5万2千枚(3位)からダウン。ただし水曜日リリースだった前作に対して、本作は全世界でのリリースにあわせて金曜日リリースとなっています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位に刀剣男士 formation of 三百年「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年の子守唄~」がランクイン。育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞」をもととしたミュージカルのサントラ盤。初動売上は1万8千枚。同ミュージカルのサントラ盤では前作刀剣男士 team新撰組 with蜂須賀虎徹名義の「ミュージカル『刀剣乱舞』~幕末天狼傳~」の1万9千枚(7位)から若干ダウンしています。

5位には韓国の男性アイドルグループSeventeenの韓国リリースのアルバムの輸入盤「Teen,Age:Seventeen Vol.2」が初登場でランクイン。初動売上1万8千枚は前作「AI 1:4th Mini Album」の1万6千枚(9位)から若干のアップ。

6位初登場は女性ボーカル+男性3人というスタイルの4人組ロックバンド、ポルカドットスティングレイ「全知全能」がランクイン。ミニアルバムだった前作「大正義」に続く2作連続のベスト10入り。初動売上1万6千枚は前作の初動8千枚(7位)から大幅アップしており、人気上昇中であることをうかがわせます。

最後8位9位には中森明菜の2枚のアルバム「Cage」「明菜」がそれぞれランクインしています。「Cage」は80年代のディスコチューンをカバーしたカバーアルバム。「明菜」はオリジナルアルバムとなります。初動売上はそれぞれ7千枚と6千枚。ただ、わずかとはいえオリジナルよりもカバーアルバムが上位に来るのはちょっと寂しい印象を受けてしまいます・・・。直近作はカバーアルバムの「Belie」で、こちらの初動9千枚(8位)より若干ダウン。またオリジナルアルバムとしては前作の「FIXER」の初動8千枚(7位)よりも若干ダウンしています。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

すいません、1日遅れての更新です。

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

諸般の事情により1日遅れての更新となりました。アルバムチャートは明日更新予定です。

さて今週1位を獲得したのは「Doors~勇気の軌跡~」が獲得。日テレ系ドラマ「先に生まれただけの僕」主題歌。CD販売・ダウンロード・ストリーミング数(以下「実売数」)及びPCによるCD読取数では1位、Twitterつぶやき数では3位を記録していますが、一方ラジオオンエア数は98位に留まっています。オリコンではもちろん初登場1位。初動売上57万1千枚は前作「つなぐ」の38万9千枚(1位)からアップしています。

2位は女性アイドルグループ私立恵比寿中学「シンガロン・シンガロン」が初登場。Mrs. GREEN APPLEの大森元貴が楽曲提供した爽快で賑やかなシンセポップチューン。実売数2位でしたが、一方ラジオオンエア数31位、PCによるCD読取数11位、Twitterつぶやき数8位という結果に。初動売上7万1千枚は前作「まっすぐ」の1万4千枚(7位)から大幅アップ。これは前作では握手会をやめたそうですが、今回では再び握手会を行ったことによる要因が大きい模様。ちなみに前々作「スーパーヒーロー」は初動6万8千枚で本作とほぼ同水準でしたので、まさに差額は握手会目当ての購入分ということでしょうね。あまりにわかりやすい・・・。

3位は先週2位にランクインしたTWICE「LIKEY」がワンランクダウンながらもベスト3をキープ。実売数は11位に留まっているもののTwitterつぶやき数及びYou Tube再生回数ともに1位を獲得し、この順位となっています。ちなみに彼女たちは10位に「One More Time」もランクインしており、2曲同時ランクインとなっています。

続いて4位以下の初登場曲ですが、まず8位に女性コーラスグループLittle Glee Monster「OVER」がランクイン。実売数6位ながらもラジオオンエア数16位、PCによるCD読取数33位、Twitterつぶやき数30位にとどまり、結果、この順位となっています。オリコンでは初動1万8千枚で6位初登場。前作「明日へ」の1万9千枚(2位)から微減となっています。

初登場最後は9位にランクインしたロックバンドUNISON SQUARE GARDEN「Invisible Sensation」が先週の85位からCD発売にあわせてランクアップしてベスト10入り。アニメ「ボールルームへようこそ」オープニングテーマ。実売数は12位に留まりましたが、ラジオオンエア数9位、PCによるCD読取数4位を獲得しベスト10入りです。オリコンでは初動1万9千枚で5位初登場。前作「10% roll,10% romance」の2万7千枚(3位)よりダウンしています。

今週は他にベスト10返り咲きが1曲。HKT48「キスは待つしかないのでしょうか?」が先週のベスト100圏外から7位に再浮上。8月14日付チャートで1位を獲得して以来、14週ぶりのベスト10返り咲きとなっています。これは握手会用に通販で販売されている劇場版CDが配送された影響のようで、オリコンでも今週3位にランクアップしています。Hot100では実売数で3位にランクインした他はすべて圏外になっています。

またロングヒット組ではDAOKO×米津玄師「打上花火」が4位から2ランクダウンして6位に。米津玄師「灰色と青(+菅田将暉)」も今週5位にランクインしており、2曲同時ランクインとなりました。ちなみに先週までロングヒットを続けていた乃木坂46「いつかできるから今日できる」は今週18位までランクダウン。ベスト10入りは7週で終わりました。

今週のHot100は以上。アルバムチャートはまた明日に!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

アルバムでも強い!

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

Hot100でも今週、自身の曲を数多く上位にランクインさせてきた米津玄師ですが、今週はアルバムチャートでも見事1位を獲得しました。

今週第1位は米津玄師「BOOTLEG」が獲得。これで2作連続の1位獲得となりました。初動売上も16万1千枚と初の1位獲得作となった前作「Bremen」の5万枚を大きく上回る結果に。ちなみにHot100で上位にランクインしている「灰色と青 ( + 菅田将暉)」「ピースサイン」も収録している他、DAOKOとのコラボ作「打上花火」もセルフカバーで収録されています。

2位にはパンクロックバンド10-FEET「Fin」がランクイン。途中、コラボ作やカバーを収録した企画盤的なアルバムのリリースはあったもののオリジナルアルバムとしては5年ぶりという新作。初動売上4万3千枚は直近作で同時リリースだった「Re:6-feat」「6-feat2」のそれぞれ1万6千枚(10位及び11位)から大きくアップ。またオリジナルアルバムとしては前作の「thread」の2万7千枚(7位)からも大きくアップという結果に。2位はシングルアルバム通じて自己最高位であり、その人気ぶりをうかがわせます。ちなみに「Fin」というタイトルは「最後」を意味する言葉であり、解散や活動休止が危惧されるのですが、メンバー曰く「最後のつもりで作った」という意味であり、とりあえずは解散等を前提とはしていない模様。とりあえずは一安心です。

3位4位には男性俳優育成ゲーム「A3!」からのキャラクターソング集「A3! Blooming AUTUMN EP」「A3! Blooming WINTER EP」がそれぞれランクイン。初動売上はそれぞれ2万5千枚及び2万4千枚を記録。同シリーズの前作「A3! Blooming SPRING EP」「A3! Blooming SUMMER EP」の2万4千枚(3位)、2万3千枚(4位)から微増となっています。

続いて4位以下の初登場盤です。6位には女性アイドルグループBiSH「THE GUERRiLLA BiSH」がランクイン。こちら11月29日リリース予定のアルバムですが、11月4日5日限定でタワーレコードにおいて299円で数量限定のゲリラ販売したらしく、アルバムチャートで一気にランクインしてきました。初動売上は1万1千枚。前作「GiANT KiLLERS」の2万8千枚(4位)よりはダウンしていますが、数量限定ということですので、11月29日のリリース時にどのように影響するのか注目されます。

7位には韓国の女性アイドルグループTWICEの、韓国でのアルバムTwicetagram:1st Album」が輸入盤でのランクイン。初動売上1万枚。直近の国内盤「#TWICE」の13万枚(2位)からはさすがに大きくダウンしていますが、輸入盤としては直近作の「Signal:4th Mini Album」の5千枚(11位)からはアップしています。

8位には「うたの☆プリンスさまっ♪『HEAVEN SKY』エピソードCD」がランクイン。女性向け恋愛ゲーム「うたの☆プリンスさまっ♪」から、ドラマとキャラソンを収録したアルバム。初動売上9千枚。アルバムでの直近作は一ノ瀬トキヤ(宮野真守),愛島セシル(鳥海浩輔) 四ノ宮那月(谷山紀章)名義による「うたの☆プリンスさまっ♪シアターシャイニング ポラリス」でこちらの2万枚(4位)からダウンしています。

最後10位には日本でも人気のアメリカのポップスバンドMaroon5「Red Pill Blues」がランクインしています。初動売上は9千枚。直近のベストアルバム「Singles」の1万枚(6位)からは微減。オリジナルアルバムとしての前作「V」の1万9千枚(4位)からは大きくダウンしています。ただし前作「V」は水曜日リリースだったのに対して、最新作は金曜日リリースという違いがありますが。

アルバムチャートは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

米津玄師人気が続く

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週も自身の曲を2曲ランクインさせた米津玄師。今週もその人気が続いており、「灰色と青(+ 菅田将暉)」が先週の9位から3位にランクアップ。CD販売・ダウンロード・ストリーミング数(以下「実売数」)は5位に留まりましたが、Twitterつぶやき数及びYou Tube再生回数で4位を記録。さらにラジオオンエア数では1位を獲得し、結果として見事ベスト3入り。DAOKO×米津玄師「打上花火」も7位から4位にランクアップ。こちらはいままで順位を引っ張っていたYou Tube再生回数は5位までダウンしてしまいましたが、実売数が3位を記録し、ここに来てもランクアップとなりました。他にも「ピースサイン」が23位から17位にランクアップしベスト20返り咲きを果たしています。いうまでもなく今週のHot100の対象週に彼のアルバム「BOOTLEG」が発売された影響。アルバムも上位にランクインしており、まだまだ米津玄師の人気は続きそうです。

さて一方で今週1位は欅坂46「風に吹かれても」が2週連続で獲得。実売数及びPCによるCD読取数で1位、Twitterつぶやき数3位を獲得。ラジオオンエア数は11位、You Tube再生回数は21位に留まりましたが見事2週連続の1位となりました。ちなみにオリコンでも3万8千枚を売り上げ、2週連続の1位を獲得しています。

2位は韓国の女性アイドルグループTWICE「LIKEY」が初登場でランクイン。対象週で韓国でリリースされたアルバム「Twicetagram:1st Album」のリード曲。実売数は6位でしたが、Twitterつぶやき数及びYou Tube再生回数で1位を獲得し、ベスト3入りです。ちなみに彼女たちの楽曲はもう1曲、「One More Time」が先週の4位からワンランクダウンして5位をキープ。2曲同時のランクインとなっています。

続いて4位以下の初登場曲ですが、まずは6位にMAN WITH A MISSION「My Hero」が初登場でランクイン。フジテレビ系アニメ「いぬやしき」オープニングテーマ。オーケストラアレンジを取り入れて、かなりダイナミックでスケール感のあるナンバーに仕上がっています。実売数2位、PCによるCD読取数4位を記録した一方、ラジオオンエア数は21位、Twitterつぶやき数27位と足を引っ張る形に。特にラジオオンエア数がさほど伸びなかったのが意外な印象が。オリコンでは初動売上2万5千枚で2位初登場。前作「Dead End in Tokyo」の3万4千枚(5位)からはダウンしています。

初登場はもう1曲。9位にJUNNA「Here」が初登場でランクインしています。JUNNAはアニメ「マクロスΔ」に登場する音楽ユニットワルキューレのメンバーとしてデビュー。本作はアニメ「魔法使いの嫁」オープニングテーマに起用されたソロデビュー作となります。ラテン調で哀愁感あるメロディーは歌謡曲のテイストを感じつつも突き抜けたスケール感も覚えるナンバー。PCによるCD読取数38位、Twitterつぶやき数48位だった一方、実売数4位を記録。ちなみにオリコンでは初動売上4千枚で14位に留まっており、配信での売上が大きな比重を占める模様です。

さてロングヒット組では前述の通り、DAOKO×米津玄師「打上花火」が今週も4位を獲得した他、乃木坂46「いつかできるから今日できる」が7位にランクインしており、これで7週連続のベスト10ヒットとなりました。一方、Ed Sheeran「Shape Of You」は今週11位にランクダウン。通算15週、12週連続のベスト10ヒットを続けていましたが、ついにベスト10圏外にランクダウンしてしまいました。ただまだベスト10からワンランクダウンしているだけなので、まだまだ来週以降、再ランクインの可能性もありそうです。

さらにベスト10返り咲き組も。荻野目洋子「ダンシングヒーロー」が先週の19位からランクアップし8位にランクイン。6週ぶりのベスト10返り咲き。実売数26位、Twitterつぶやき数55位ながらもYou Tube再生回数2位を獲得してのベスト10ヒットとなりました。以前にも紹介しましたが、日本高校ダンス部選手権で準優勝した大阪府立登美丘高校ダンス部が、バブル期のファッションでこの曲をバックに踊る動画が話題を集め、それにつられ本作もヒットを記録。今回の再ランクアップには10月31日にNHK「うたコン」に本人が出演し、同曲を歌った影響も大きそうです。

今週のHot100は以上。明日はアルバムチャート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

復帰第1弾が1位獲得

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

久々のアルバムながら根強い人気を感じます。

今週の第1位は韓国の男性アイドルグループ東方神起「FINE COLLECTION ~Begin Again~」が獲得しました。2015年から兵役義務のため活動休止になっていた彼らですが、このほど兵役義務を終えて無事復帰。メンバーが分裂し2人組になった2011年以降の曲を集めたベスト盤が復帰第1弾としてリリースされ、見事1位獲得となりました。ただし初動売上は13万枚で復帰前最後のオリジナルアルバム「WITH」の23万3千枚(1位)からはダウンしています。

2位は嵐「『untitled』」がワンランクダウンでこの位置をキープ。3位にはポルノグラフィティのニューアルバム「BUTTERFLY EFFECT」がランクイン。初動売上3万枚は前作「RHINOCEROS」の4万1千枚(1位)からダウン。オリジナルアルバムのベスト3入りは2ndアルバム以来11作連続となりましたが、3位はデビューアルバム「ロマンチスト・エゴイスト」の最高位4位に次ぐ、低順位となりました。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位に倉木麻衣「倉木麻衣×名探偵コナン COLLABORATION BEST 21 -真実はいつも歌にある!-」がランクイン。タイトル通り、日テレ系アニメ「名探偵コナン」に使われた倉木麻衣の曲を集めた企画盤的なベスト盤。初動売上2万5千枚は直近のオリジナルアルバム「Smile」の初動2万1千枚(4位)からアップ。ベスト盤としては直近のベスト盤は「MAI KURAKI BEST 151A -LOVE & HOPE-」で、こちらの4万枚(2位)よりダウンしています。

5位にはFear,and Loathing in Las Vegas「New Sunrise」がランクイン。初動売上1万6千枚は前作「Feeling of Unity」の2万1千枚(2位)からダウンしています。

6位初登場はASKA「Black&White」。良くも悪くも話題となった復帰第1弾アルバム「Too many people」からわずか8ヶ月というインターバルで、早くも復帰後2作目となるアルバムがリリースされました。初動売上1万4千枚は前作の2万1千枚(1位)からダウン。正直、彼の早すぎる復帰についてはいまだにモヤモヤ感が消えないのですが・・・ただ、気が付いたら公式サイトによるとCHAGE&ASKAの作品の販売も徐々に再開しているみたいですね。CHAGE&ASKAの復帰はあるのでしょうか?

7位には布袋寅泰「Paradox」がランクイン。ベスト盤リリース後、初となる純粋なオリジナルアルバムとしては3年ぶりのオリジナルアルバム。初動売上1万2千枚はベスト盤「51 Emotions -the best for the future-」の2万7千枚からダウン。一方、前作「Stranger」の5千枚(12位)からはアップしていますが、こちらは「New Beginnings」を再構築し、海外リリースを前提にHOTEI名義で発売された作品。純粋なオリジナルアルバム「New Beginning」の1万1千枚(4位)よりは微増となっています。

続く8位には「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 03」が初登場でランクイン。アイドル育成アプリゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」からのキャラクターソング。初動売上は1万1千枚で、同シリーズの前作、伊吹 翼(Machico), 北沢志保(雨宮天), 桜守歌織(香里有佐), 徳川まつり(諏訪彩花), 永吉 昴(斉藤佑圭)名義の「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 02」の1万枚(4位)から微増となっています。

最後10位には「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ Drama CD & Original Soundtrack 1 -東京聖杯戦争-」がランクイン。人気PCゲーム「Fate/stay night」の原型であるアニメ作品「Fate/Prototype」のスピンオフ小説「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」を基としたドラマCD。初動売上9千枚を記録しています。

今週のアルバムチャートは以上。Hot100はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

DAOKOと米津玄師と

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

ここ最近、ロングヒットを続けているDAOKO×米津玄師「打上花火」。今週は先週からワンランクダウンの7位。CD販売・ダウンロード・ストリーミング数(以下「実売数」)7位、PCによるCD読取数6位、Twitterつぶやき数55位となっている一方、You Tube再生回数では先週の3位からランクアップして2位に再浮上。これで12週連続のベスト10入りとなりますが、まだまだロングヒットは続きそうです。

さて今週はこのDAOKO、米津玄師、いずれもこの曲を含む2曲ずつベスト10にランクインさせているのが目立ちます。DAOKOはDAOKO×岡村靖幸「ステップアップLOVE」が先週から引き続き10位をキープ。実売数は10位→13位とランクダウンしていますが、ラジオオンエア数が5位→2位にランクアップしています。一方米津玄師の方は「灰色と青(+ 菅田将暉)」が先週11位からランクアップ。2週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。こちらは実売数は20位に留まっていますが、ラジオオンエア数10位、You Tube再生回数5位が順位を押し上げる結果となっています。

さてそんな中、今週1位を獲得したのが欅坂46「風に吹かれても」。先週15位からCDリリースにあわせて大きくランクアップ。3週ぶりのベスト10返り咲きとなっています。実売数、PCによるCD読取数、Twitterつぶやき数いずれも1位、ラジオオンエア数7位、You Tube再生回数9位という結果に。ちなみにオリコンでも初動売上64万2千枚で1位を獲得。前作「不協和音」の63万2千枚(1位)から若干のアップとなりました。

2位にはEXILEの弟分的ダンスグループ、GENERATIONS from EXILE TRIBE「BIG CITY RODEO」がCDリリースにあわせてランクアップし、初のベスト10入り。EDMチューンなのですが、どことなくK-POPっぽい雰囲気も。実売数2位、PCによるCD読取数4位を記録。一方でラジオオンエア数は15位、Twitterつぶやき数は17位、You Tube再生回数は75位に留まっています。オリコンでは初動売上7万2千枚で2位初登場。前作「太陽も月も」の2万3千枚(6位)から大幅アップしています。

3位初登場はAquors「未来の僕らは知っているよ」。アニメキャラによるアイドルプロジェクト「ラブライブ!サンシャイン!!」の登場人物によるアイドルユニット。アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」オープニング・テーマ。いかにも昔ながらもJ-POP的な爽快なアイドルポップ。実売数3位、PCによるCD読取数2位、Twitterつぶやき数6位を記録しています。オリコンでも初動6万3千枚で3位初登場。前作『ラブライブ!サンシャイン!!』デュオトリオコレクションCD VOL.1 SUMMER VACATION(夏への扉 Never end ver./真夏は誰のモノ?/地元愛♡満タン☆サマーライフ)」の2万6千枚(4位)からアップしています。

実は今週初登場組は以上の3曲のみ。一方、ロングヒット組ではまずEd Sheeran「Shape Of You」は9位から8位にランクアップ。実売数9位、You Tube再生回数6位はいずれも先週から順位変わらずでした。

今週のHot100は以上。明日はアルバムチャート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

1位は圧倒的な強さで

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

まず1位は相変わらず高い人気を誇るアイドルグループ、のニューアルバム「『untitled』」が獲得です。初動売上は66万8千枚で2位以下を圧倒しての1位となりました。また前作「Are You Happy?」の63万6千枚(1位)よりもアップという結果となっています。

2位を獲得したのがニコニコ動画への投稿から人気を博したシンガーソングライターまふまふ「明日色ワールドエンド」がランクインです。いままで本人がボーカル+作詞作曲で参加していたユニットAfter The Rainでのランクインはあったものの、ソロ名義でのランクインはこれがはじめて。初動売上7万1千枚でメジャーデビューいきなりのベスト3入りとなりました。

3位初登場は韓国の4人組バンドCNBLUE「STAY GOLD」がランクイン。初動売上は2万8千枚。前作「EUPHORIA」の3万2千枚(2位)よりダウンしています。

続いて4位以下の初登場盤です。4位には名古屋を拠点に活動をするスターダストプロモーションの女性アイドルグループチームしゃちほこのベストアルバム「しゃちBEST 2012-2017」が入ってきています。初動売上は1万1千枚。直近のオリジナルアルバム「おわりとはじまり」の1万2千枚(10位)より若干のダウン。

8位初登場は「THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 08」。男性アイドル育成ゲーム「アイドルマスター SideM」の登場キャラクターによるキャラクターソング集。初動売上は9千枚。同シリーズの前作「THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 07」の初動7千枚(11位)より若干のアップ。

9位には「PAUSE -STRAIGHTENER Tribute Album-」がランクインです。同作はタイトル通り、メジャーデビュー15周年を迎えるロックバンド、ストレイテナーへのトリビュートアルバム。MONOEYES、THE BACK HORN、ASIAN KUNG-FU GENERATIONなど同世代の大物バンドがズラリと名前を並べている他、the pillowsのようなベテランやMy Hair is Badなど若手バンドも参加している豪華なアルバムになっています。初動売上8千枚でこの位置にランクイン。

最後10位には人気上昇中の若手ロックバンドフレデリックのミニアルバム「TOGENKYO」がランクイン。なにげにメジャーからリリースされたミニアルバムはこれで4枚目となるそうです。初動売上は6千枚。前作「フレデリズム」の1万枚(7位)よりダウンという結果に。

さて初登場組は以上ですが、今週はロングヒット組も1枚。それは先週10位に返り咲いたDJ和「ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある~mixed by DJ和」。今週は売上を5千枚から1万1千枚にのばし5位にランクアップしています。これはおそらく10月17日にフジテレビ「めざましテレビ」に彼が特集されたことが大きな要因のようです。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

久しぶりに韓流の「ヒット」か?

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週は最近話題の韓流女性アイドルグループが1位を獲得しました。

今週1位を獲得したのが韓国の女性アイドルグループTWICE「One More Time」。CDリリースにあわせて先週の7位からランクアップし、ベスト10入り3週目にして1位獲得となりました。最近のK-POPはあきらかに一部の層のみの支持を得てヒットしている形がグループがほとんどで、結果、Hot100はCD売上・ダウンロード・ストリーミング数(以下「実売数」)及びPCによるCD読取数のみが上位で他はランク圏外・・・というケースがほとんど中、彼女たちは実売数、Twitterつぶやき数、You Tube再生回数で1位、PCによるCD読取数こそ19位にとどまりましたが、韓流がほとんど上位に入ってこないラジオオンエア数でも3位を記録と、軒並み上位にランクインしています。ちなみにオリコンでは初動売上20万枚で1位獲得。デビューシングルにしていきなりのヒットとなりました。

2位初登場は名古屋を中心に活動を行っているMAG!C☆PRINCE「YUME no MELODY」がランクイン。こちらは実売数が2位である以外はすべてランク圏外という、典型的な固定ファン以外一切波及していない形でのヒット。オリコンでは初動売上6万2千枚で2位初登場。前作「UPDATE」の4万5千枚(2位)よりアップしています。

3位には乃木坂46「いつかできるから今日から」が先週の1位から2ランクダウンでこの位置となりました。

続いて4位以下の初登場曲です。6位には西野カナ「手をつなぐ理由」が先週の14位からCDリリースにあわせてベスト10入りです。彼女らしいラブバラードなのですが、メロディーラインは彼女のイメージからは一風変わった郷愁感あふれる和風バラードになっています。実売数6位、Twitterつぶやき数17位、ラジオオンエア数20位、PCによるCD読取数22位と実売数以外は伸び悩みました。オリコンでは初動売上1万5千枚で7位初登場。前作「Girls」から初動売上・順位ともにまったく同じという結果となっています。

8位初登場は高槻やよい(仁後真耶子),菊地真(平田宏美),双海亜美・真美(下田麻美),我那覇響(沼倉愛美) 「Light Year Song」。女性アイドル育成ゲーム「THE IDOLM@STER」からのキャラクターソング。実売数5位、PCによるCD読取数6位と上でも書いた通り、典型的な固定ファンのみに支持されたヒット形態に。オリコンでは同作が収録された「THE IDOLM@STER MASTER PRIMAL DANCIN’BLUE(Light Year Song)」が初動売上3万5千枚で5位初登場。本作は「MASTER PRIMAL」というシリーズになるそうですが、同じシリーズの前作「THE IDOLM@STER MASTER PRIMAL ROCKIN' RED」の3万1千枚(4位)から若干のダウンとなっています。

初登場最後は10位。DAOKO×岡村靖幸「ステップアップLOVE」がCDリリースにあわせて先週の19位からランクアップしてベスト10入りしてきました。アニメ「血界戦線&BEYOND」エンディング・テーマ。前作「打上花火」では米津玄師とコラボした彼女ですが、今回はなんと岡村靖幸とコラボ。楽曲は完全に岡村ちゃん節といった感じのカッコいいファンクチューン。そしてなんといってもYou Tubeがカッコいい!

まずいきなり冒頭で岡村靖幸がバスケットボールでロングシュートをDAOKOに決められてビックリする顔をしたシーンからおそらく岡村ちゃんのファンなら「にやり」としそう(いうまでもなく彼の代表曲「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」をモチーフにしています)。そして岡村ちゃんのダンスは50歳過ぎに親父とはとても思えないほどキレッキレでめちゃくちゃカッコいい!思わず見とれてしまいました。You Tube再生回数は62位と奮いませんが、もっと上位に食い込んできてもいいと思うんですけどね。ちなみにオリコンでは初動売上8千枚で8位初登場。前作「打上花火」の1万1千枚(9位)から若干ダウンしています。ちなみにそのDAOKO×米津玄師「打上花火」はHot100ではロングヒットを続けており今週も5位にランクイン。こちらはYou Tube再生回数では3位を記録しており、まだまだロングヒットが続きそう。

今週、初登場曲は以上でしたが、他にベスト10圏外からの返り咲きが1曲。4位にAAA「LIFE」が先週の25位からランクアップ。CDリリースにあわせて3週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。ちなみにオリコンでは初動売上3万5千枚で4位初登場。前作「No Way Back」の3万4千枚(3位)から微増となっています。

またロングヒット組はEd Sheeran「Shape Of You」は先週と変わらず9位にランクイン。You Tube再生回数も先週から変わらず6位をキープしており、まだまだ強さを見せつける結果となりました。

今週のHot100は以上。明日はアルバム評。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

貫録の1位だが・・・

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

ベテランユニットの約3年ぶりの新譜が1位獲得です。

今週第1位はDreams Come True「THE DREAM QUEST」。途中、ベスト盤リリースを挟みましたがオリジナルアルバムとしては約3年ぶりとなる新譜となります。さすが貫録の強さといった感じですが、初動売上6万9千枚はオリジナルアルバムとしては前作「ATTACK25」の9万2千枚(1位)からダウンしてしまいました。また直近のリリースである裏ベスト「DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム」の10万8千枚(1位)からもダウンしています。

2位は韓流男性アイドル。WOOYOUNG(From 2PM) 「まだ僕は…」が初登場でランクイン。ミュージシャン名通り、男性アイドルグループ2PMからのソロミニアルバム。初動売上2万7千枚は前作「Party Shots」の2万4千枚(2位)よりアップ。

3位は先週1位Hi-STANDARD「The Gift」が2ランクダウンながら2週連続のベスト3入り。根強い人気を感じます。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位には有安杏果「ココロノオト」がランクイン。女性アイドルグループももいろクローバーZのメンバーによるソロデビューアルバムです。初動売上2万1千枚でこの位置にランクイン。

5位にはロックバンドSPYAIR「KINGDOM」が入ってきました。約2年ぶりとなるニューアルバム。初動売上2万枚は前作「4」(6位)から横バイ。

6位初登場はご存じ甲本ヒロトと真島昌利率いるロックバンド、ザ・クロマニヨンズ「ラッキー&ヘブン」。ほぼ毎年アルバムをリリースしている彼らですが、本作も前作から約1年のインターバルをおいてのリリースとなります。初動売上は1万6千枚は前作「BIMBOROLL」(5位)から横バイ。これで4作連続初動売上は1万6千枚となっており、良くも悪くも一定の固定ファンに支えられたヒットとなっています。

7位には男性声優蒼井翔太「0」がランクイン。蒼井翔太名義では3枚目となるオリジナルアルバム(うち1枚はミニアルバム)。初動売上1万1千枚は前作「UNTITLED」の1万4千枚(7位)からダウン。

初登場組最後は8位のcoldrain「FATELESS」。今年結成10周年を迎え、来年2月にはキャリア初となる日本武道館ワンマンを控える彼ら。初動売上1万枚は前作「VENA」の8千枚(9位)よりアップしています。

最後に1枚、ベスト10圏外からの返り咲き組が。10位にDJ和「ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある~mixed by DJ和」が先週の17位からランクアップ。売上も3千枚から5千枚にアップし、10月2日付チャート以来、3週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。9月30日から東名高速道路の海老名サービスエリアでポップアップショップが出店され、さらに10月7日、9日と同SAで行われた実演DJイベントが売り上げ増の要因になっているようです。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

強いぞ!米津玄師

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週はまず、ロングヒットを続けるDAOKO×米津玄師「打上花火」から。今週は先週の3位からワンランクダウンして4位。You Tube再生回数も2位にダウンしてしまいました。ただまだまだ根強い人気は続けており、ロングヒットは続きそう。

そして今週、米津玄師「灰色と青(+菅田将暉)」が3位初登場。米津玄師はこれで2曲同時ランクインとなり、その人気のほどを感じさせる結果となりました。同作は11月1日にリリース予定のアルバム「BOOTLEG」からの先行配信。タイトル通り、俳優の菅田将暉とのコラボ作となっています。CD販売・ダウンロード・ストリーミング数(以下「実売数」)で7位、Twitterつぶやき数では1位を獲得。ほかにYou Tube再生回数でも5位を獲得し、見事のベスト3入りとなりました。

実は今週、もう1人、2曲同時にランクインさせたミュージシャンがいます。それが女性シンガーAimer。「ONE」が2位、「花の唄」が6位にそれぞれ初登場でランクインしています。「ONE」は実売数2位、PCによるCD読取数2位、ラジオオンエア数16位、Twitterつぶやき数18位を記録。一方「花の唄」は映画「劇場版「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」主題歌。こちらは実売数3位、Twitterつぶやき数は7位にランクインしていながらもほかはランク圏外となっています。

「ONE」は比較的シンプルなアレンジの洋楽テイストが強い作風。逆に「花の唄」はギターサウンドやストリングスでこれでもかというほど分厚いアレンジで叙情感を醸し出しているサウンド。アニメ的にはこういうくどいほどのアレンジが好まれる傾向にあるようですが、ある意味対照的な2曲といった感じになっています。ちなみにオリコンでは両作を両A面扱いとしたシングルが2位初登場。前作「茜さす」の1万3千枚(8位)からアップしています。

さて上位に戻ります。まず今週1位は乃木坂46「いつかできるから今日できる」がCDリリースにあわせて先週の9位からランクアップし1位獲得。実売数およびPCによるCD読取数1位、Twitterつぶやき数6位、ラジオオンエア数7位、You Tube再生回数28位を記録しています。オリコンでは初動売上85万枚で1位獲得。前作「逃げ水」の88万枚(1位)よりダウンしています。

5位には3代目J Soul BrothersのHIROOMI TOSAKAによる配信限定シングル「DIAMOND SUNSET」が初登場でランクイン。タイトル通り、トライバルな雰囲気も加えた非常にスケール感あるサウンドをバックにのびやかに聴かせるナンバーになっています。実売数4位、Twitterつぶやき数5位でこの位置に。

初登場あと1曲は韓流。男性アイドルグループU-KISS「FLY」が8位初登場。実売数5位、Twitterつぶやき数42位以外はランク圏外というのが一部の固定ファンに支持される韓流アイドルらしい傾向に。オリコンでは初動売上1万2千枚で5位初登場。前作「PaNiC!」の2万8千枚(5位)から大きくダウンする結果となりました。

そして今週のロングヒット組。Ed Sheeran「Shape Of You」は6位から9位にダウン。実売数は7位から8位、You Tube再生回数は4位から6位にダウンし、厳しい状況になってきました。ここからの盛り返しはあるのでしょうか。

今週のHot100は以上。明日はアルバムチャート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

DVD・Blu-ray | その他 | アルバムレビュー(洋楽)2008年 | アルバムレビュー(洋楽)2009年 | アルバムレビュー(洋楽)2010年 | アルバムレビュー(洋楽)2011年 | アルバムレビュー(洋楽)2012年 | アルバムレビュー(洋楽)2013年 | アルバムレビュー(洋楽)2014年 | アルバムレビュー(洋楽)2015年 | アルバムレビュー(洋楽)2016年 | アルバムレビュー(洋楽)2017年 | アルバムレビュー(邦楽)2008年 | アルバムレビュー(邦楽)2009年 | アルバムレビュー(邦楽)2010年 | アルバムレビュー(邦楽)2011年 | アルバムレビュー(邦楽)2012年 | アルバムレビュー(邦楽)2013年 | アルバムレビュー(邦楽)2014年 | アルバムレビュー(邦楽)2015年 | アルバムレビュー(邦楽)2016年 | アルバムレビュー(邦楽)2017年 | ヒットチャート | ヒットチャート2010年 | ヒットチャート2011年 | ヒットチャート2012年 | ヒットチャート2013年 | ヒットチャート2014年 | ヒットチャート2015年 | ヒットチャート2016年 | ヒットチャート2017年 | ライブレポート2011年 | ライブレポート2012年 | ライブレポート2013年 | ライブレポート2014年 | ライブレポート2015年 | ライブレポート2016年 | ライブレポート2017年 | ライブレポート~2010年 | 名古屋圏フェス・イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽コラム | 音楽ニュース