« 新たなサウンドも積極的に取り込む | トップページ | あれから10年・・・。 »

2024年6月30日 (日)

あの「ゲワイ」をB'zがカバーしたことでも話題に

Title:TM NETWORK TRIBUTE ALBUM-40th CELEBRATION-

今年、デビュー40周年を迎えたTM NETWORK。それに伴い、様々な企画が立ち上がっているのですが、その中でもっとも話題となっているのは間違いなくこのトリビュートアルバムでしょう。TM NETWORKの代表曲を様々なミュージシャンがカバーした企画盤。もっと言えば、その中でも特に話題となったのは、あのB'zが「Get Wild」をカバーした、ということ。ファンなら重々承知でしょうが、B'zの松本孝弘といえば、もともとTM NETWORKのサポートギタリストとして活動していた過去がありました。もっと言えば、デビュー当初のB'zは、明らかにTM NETWORKをパクっていた部分があり、その点でも縁のある2組。それがTMの中でももっとも知名度の高い「Get Wild」をカバーした、ということでかなりの話題となりました。

他にもCAPSULE、くるり、松任谷由実、ヒャダイン、西川貴教など、TM NETWORKとの関連性が容易に彷彿とさせるミュージシャンからちょっと意外なミュージシャンまで数多く参加。その豪華さも話題となりました。ただ、参加メンバーにはちょっと残念な部分も。個人的にはやはり渡辺美里には参加してほしかったな、というのと、浅倉大介が未参加なのも残念。また、小室系のミュージシャンにも参加してほしかったかも(参加したのはヒャダインと組みでDJ KOOが参加したくらい・・・)。あと、大人になった電気グルーヴとか参加していたら楽しかったのにな。

さて、そんな豪華なメンバーが参加したトリビュートアルバムなのですが、総じていえば、原曲に遠慮したのか、こう来たのか!という大胆な解釈はなく、その点はちょっと残念にも感じました。注目のB'z「Get Wild」ですが、あえてキーを高くすることにより、稲葉浩志のボーカルにマッチさせたのは上手いのですが、ちょっとシンセの音が強すぎるかも。最初期の(TMのパクリだった頃の)B'zに近いアレンジでしたが、個人的には、もうちょっとB'zらしいハードロックなアレンジの方がよかったかも。

個人的に注目していたのはくるりの「STILL LOVE HER(失われた風景)」。くるりがTMのトリビュートに参加というのも意外だったのですが、選曲も個人的にTM曲の中でもっとも好きな曲なだけに、うれしい選曲。ただ、こちらもあえてエレクトロアレンジにするなど、TMのイメージに引っ張られ過ぎな感じも。メロディーライン的にはフォーキーな曲だけに、もっとアコースティックなアレンジでも良かったような。

原曲に引っ張られ過ぎといえばCAPSULEの「Self Control(方舟に曳かれて)」もそうだったかもしれません。こちらはもともとエレクトロユニットだけに、エレクトロアレンジでも不自然さは全くないのですが、もうちょっと中田ヤスタカ色を出していた方がTM色との違いが際立って面白かったような気もします・・・。また、もっとも残念に感じたのは松任谷由実 with SKYE「Human System」で、アレンジが鈴木茂、小原礼、林立夫、そして松任谷正隆という大御所からなるSKYEによるものということで注目していたのですが、哀愁ただようメロと正反対のホーンのアレンジにすごく違和感。原曲のもつ繊細さが失われたようなアレンジになっており、個人的にはこのトリビュートの中のワーストだったように思います。

一方、良かったのは坂本美雨の「TIMEMACHINE」と満島ひかりの「ELECTRIC PROPHET(電気じかけの予言者)」。どちらもシンプルに歌を聴かせる構成となっており、TMの曲の良さが素直に出ていたと思います。ともすればTM NETWORKというと、エレクトロユニットというイメージなのか、「ELECTRIC PROPHET」のアレンジを手掛けたクラムボンmitoのコメントでも「TMなのでエレクトロを入れなくては」という意識があったようですが、逆にエレクトロ色にこだわりすぎたような楽曲が多かったようにも思います。

ある意味、なんとなく予想通りではあったのですが、その原曲のイメージにこだわりすぎて、全体的に無難なアレンジが多かった今回のトリビュートアルバム。TM=エレクトロユニットというイメージがあるのですが、一方、小室にしろ木根にしろ、意外なほどメロディアスなメロディーを書いているユニットでもあるだけに、そういうメロディーの側面により着目したカバーの方がよりよかったように思います。まあ、他にもいろいろとカバーしてほしかったミュージシャンもいるだけに、第2弾とかあったらうれしかったりするのですが・・・。参加しているミュージシャンのファンなら、損はないかな?それなりには楽しめた企画盤ではありました。

評価:★★★★


ほかに聴いたアルバム

liverally.ep/SAKANAMON

個人的に、現在、もっとも過小評価されているロックバンドのひとつと思っているSAKANAMONのニューEP。ライブをテーマに、リハから帰宅までを綴ったテーマ性あるアルバムなのですが、まずはマイクチェックからスタートする構成もユニークですし、ライブで盛り上がりそうな「すっぽんぽん」のようなコミカルな楽曲もユニーク。いずれも力強いギターロックのナンバーで、コミカルな曲や暖かさを感じさせるようなナンバーが並んでおり、短いながらも聴きごたえのあるアルバムになっていました。

評価:★★★★★

SAKANAMON 過去の作品
ARIKANASHIKA
あくたもくた
HOT ATE
OTSUMAMIX

・・・
HAKKOH

SUKIMASWITCH 20th Anniversary "POPMAN'S WORLD 2023 Premium"/スキマスイッチ

スキマスイッチおなじみのライブアルバム。彼らのデビュー20周年を迎えた2023年。その記念すべき年の最後に行われた「POPMAN’S WORLD 2023 Premium」のうち、2023年12月22日に日本武道館で行われたライブの模様を収録したライブアルバム。選曲はベスト的なセレクトとなっており、スキマスイッチの代表曲が次々と登場してくる内容になっています。ライブ盤的にも楽しめますし、スキマスイッチの魅力を存分に感じられるアルバムになっていました。

評価:★★★★★

スキマスイッチ 過去の作品
ARENA TOUR'07 "W-ARENA"
ナユタとフカシギ
TOUR2010 "LAGRANGIAN POINT"
musium
DOUBLES BEST
TOUR 2012 "musium"

POP MAN'S WORLD~All Time Best 2003-2013~
スキマスイッチ TOUR 2012-2013"DOUBLES ALL JAPAN"
スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013“POPMAN'S WORLD"
スキマスイッチ 10th Anniversary“Symphonic Sound of SukimaSwitch"
スキマスイッチ
TOUR 2015 "SUKIMASWITCH" SPECIAL
POPMAN'S ANOTHER WORLD
スキマスイッチTOUR2016"POPMAN'S CARNIVAL"
re:Action
新空間アルゴリズム
スキマノハナタバ~Love Song Selection~
SUKIMASWITCH TOUR 2018"ALGOrhythm"
SUKIMASWITCH 15th Anniversary Special at YOKOHAMA ARENA ~Reversible~
スキマスイッチ TOUR 2019-2020 POPMAN'S CARNIVAL vol.2
スキマノハナタバ ~Smile Song Selection〜
スキマスイッチ TOUR 2020-2021 Smoothie
Hot Milk
Bitter Coffee
スキマスイッチ TOUR 2022 "cafe au lait"
POPMAN'S WORLD -Second-

|

« 新たなサウンドも積極的に取り込む | トップページ | あれから10年・・・。 »

アルバムレビュー(邦楽)2024年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たなサウンドも積極的に取り込む | トップページ | あれから10年・・・。 »