« 日本人アイドル対決 | トップページ | ベテランバンドの底力 »

2023年2月23日 (木)

今週も男性アイドルグループが1位2位に

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週も男性アイドルグループが上位に並ぶチャートになりました。

まず1位初登場はジャニーズ系男性アイドルグループKAT-TUN「Fantasia」。約1年ぶりのニューアルバム。CD販売数1位、ダウンロード数2位。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上9万6千枚で1位初登場。前作「Honey」の10万4千枚(1位)からダウンしています。

2位は韓国の男性アイドルグループ。NCT127「Ay-Yo」。CD販売数2位。先週と変わらない順位をキープしています。

3位は結束バンド「結束バンド」が先週の4位からランクアップ。CD販売数8位、ダウンロード数1位。4週ぶりにベスト3返り咲き。これで9週連続のベスト10ヒットとなりました。

続いて4位以下初登場組ですが、まずは4位にグレープ「グレープセンセーション」がランクイン。新しいアイドルグループか何かか??と思いきや、1970年代にさだまさしと吉田政美が組んでいたフォークデュオが、レコードデビュー50周年を記念し、なんと47年ぶりにリリースしたオリジナルアルバム。CD販売数3位、ダウンロード数34位。さだまさしは今でもベスト10に顔を覗かせるので、ベスト10ヒットも不思議ではありませんが、50年近く前のグループの50年近くスパンをあけたオリジナルアルバムが、いきなりベスト10入りを記録できるあたり、市場が停滞しているように感じてしまって複雑な気持ちにも。もっとも、ビートルズやストーンズも普通にアルバムがベスト10に入ってきているので、それと同じといえば同じなのですが。オリコンでは初動売上8千枚で4位初登場。

5位には、こちらも男性アイドルグループOnlyOneOf「chrOme arts」がランクイン。日本盤のオリジナルアルバムとしてはこれがデビュー作となる6曲入りのミニアルバム。CD販売数4位。オリコンでは初動売上8千枚で5位初登場。

6位初登場は家入レオ「Naked」。CD販売数5位、ダウンロード数10位。途中、ベスト盤のリリースを挟み、オリジナルとしては約2年9か月ぶりとなるニューアルバム。オリコンでは初動売上6千枚で7位初登場。直近作はベスト盤「10th Anniversary Best」で同作の初動売上9千枚(4位)からはダウン。オリジナルアルバムとしての前作「Answer」の初動5千枚(8位)からは若干アップしています。

8位には上原ひろみ「BLUE GIANT オリジナル・サウンドトラック」がランクイン。大人気のジャズ漫画で2月に劇場化した「BLUE GIANT」の音楽を上原ひろみが手掛け、また劇中音楽の演奏にも参加。本作はそのサントラ盤となります。CD販売数11位、ダウンロード数4位。オリコンでは初動売上4千枚で10位初登場。前作は上原ひろみ ザ・ピアノ・クインテット名義でリリースした「シルヴァー・ライニング・スイート」で、同作の初動7千枚(9位)よりはダウンしています。

初登場最後は10位に藤井風「LOVE ALL COVER ALL」がランクイン。ダウンロード数3位。彼が昨年3月にリリースしたアルバム「LOVE ALL SERVE ALL」の初回盤に付属してきたカバーアルバムを、1年を経て配信リリースしたもの。配信限定ながらも見事ベスト10入りを記録しました。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« 日本人アイドル対決 | トップページ | ベテランバンドの底力 »

ヒットチャート2023年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人アイドル対決 | トップページ | ベテランバンドの底力 »