« リアムのボーカリストとしての魅力を感じる2作 | トップページ | ネット発シンガーが目立つチャート »

2022年8月11日 (木)

Adoが急上昇!

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

すいません、私的な事情のため、チャート評は1日遅れの更新となります。

まず1位初登場はジャニーズ系。ジャニーズWEST「星の雨」が獲得。テレビ東京系ドラマ「雪女と蟹を食う」主題歌。CD販売数及びPCによるCD読取数1位、ラジオオンエア数30位、Twitterつぶやき数35位。オリコン週間シングルランキングでは初動売上29万1千枚で1位初登場。前作「黎明」の初動19万5千枚(1位)からアップしています。

2位初登場はGENERATIONS from EXILE TRIBE「チカラノカギリ」。CD販売数3位、ダウンロード数12位、ストリーミング数58位、ラジオオンエア数1位、PCによるCD読取数38位、Twitterつぶやき数5位、You Tube再生回数49位。90年代初頭のバンドブームの頃の作風を彷彿とさせるパンクロック風のナンバーになっています。オリコンでは初動売上6位で3位初登場。前作「GENERATIONS FROM EXILE」の1万4千枚(5位)からダウン。

そして3位にはAdo「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」が先週の7位から大きくランクアップ。ベスト10入り9週目にして、初のベスト3ヒットとなりました。特にダウンロード数が3位から1位に、ストリーミング数も8位から2位に、さらにYou Tube再生回数も13位から6位にアップ。8月10日に同作も収録したアルバム「ウタの歌 ONE PIECE FILM RED」がリリースされており、それに先立つ形での大幅なランクアップとなっています。タイトル通り、人気漫画「ONE PIECE」の映画作品「ONE PIECE FILM RED」の主題歌で、Adoの曲の映画の中での使われ方を含めて、酷評する意見が目立つようですが、それでも楽曲的にはロングヒットを記録しているようです。

続いて4位以下の初登場曲です。まず6位に指原莉乃による声優アイドルグループ≠ME「す、好きじゃない!」が6位にランクイン。CD販売数2位、ラジオオンエア数67位、PCによるCD読取数43位、Twitterつぶやき数15位。オリコンでは初動売上9万2千枚で2位初登場。前作「チョコレートメランコリー」の5万8千枚(1位)からアップしています。

また今週、ベスト10返り咲きが1曲。10位にKing Gnu「雨燦々」が先週の16位からランクアップし、2週ぶりのベスト10返り咲きとなっています。特にダウンロード数が6位から2位に大幅アップし、ベスト10返り咲きの大きな要因となっています。

続いてロングヒット曲ですが、まずSEKAI NO OWARI「Habit」は3位から4位にダウン。You Tube再生回数は2位から3位にダウン。ただ、ストリーミング数は先週から変わらず3位をキープ。ダウンロード数も10位から9位に若干のアップとなっています。これで13週連続のベスト10ヒットとなりました。

Official髭男dism「ミックスナッツ」は4位から5位にダウン。ただYou Tube再生回数は11位から13位にダウンしたものの、ストリーミング数は4位をキープ。ダウンロード数も8位から7位にアップしています。これで17週連続のベスト10ヒットとなりました。

Tani Yuuki「W / X / Y」は6位から7位にダウン。ただし、こちらもストリーミング数は先週から変わらず1位をキープ。これでベスト10ヒットは18週連続となります。

さらにSaucy Dog「シンデレラボーイ」は先週から変わらず9位をキープ。土俵際の粘りを見せています。これで通算27週目のベスト10ヒットとなりました。

今週のHot100は以上。明日はHot Albums!

|

« リアムのボーカリストとしての魅力を感じる2作 | トップページ | ネット発シンガーが目立つチャート »

ヒットチャート2022年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアムのボーカリストとしての魅力を感じる2作 | トップページ | ネット発シンガーが目立つチャート »