« 70年代、80年代ロックを等距離で取り込む | トップページ | 今週は「今どき」のチャート »

2022年7月13日 (水)

ヒゲダン旋風再び?

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

見事2週連続1位獲得です。

今週1位はOfficial髭男dism「ミックスナッツ」が2週連続で獲得。ストリーミング数が3週連続1位を獲得。ダウンロード数も2位から1位にアップし、2週ぶりに1位を獲得。You Tube再生回数も6位から4位にアップし、見事、2週連続通算3週目の1位獲得となりました。これで13週連続ベスト10ヒット&通算11週目のベスト3ヒットとなります。主に2019年から2020年にかけて吹き荒れたヒゲダン旋風ですが、この曲で再びヒゲダン旋風が巻き起こりそうです。

2位はSEKAI NO OWARI「Habit」が先週から引き続き同順位をキープ。You Tube再生回数は7週連続で1位を獲得。ストリーミング数も5週連続2位となっており、これで9週連続ベスト10ヒット&5週連続ベスト3入りとなります。しばらく、ヒゲダンとセカオワのデッドヒートが繰り広げられそうです。

3位は初登場曲。ジャニーズ系アイドルグループ関ジャニ∞「喝采」がランクイン。CD販売数及びPCによるCD読取数1位、Twitterつぶやき数25位、その他のチャートは圏外となり、総合順位はこの位置に。オリコン週間シングルランキングでは初動売上15万枚で1位初登場。前作「ひとりにしないよ」の初動20万1千枚(1位)よりダウンしています。

7位にはwacci「恋だろ」が先週の38位からランクアップし、ベスト10初登場となりました。本作はフジテレビ系ドラマ「やんごとなき一族」挿入歌。6月30日にドラマが最終回を迎えた影響などもあり、ストリーミング数が73位から8位、You Tube再生回数も22位から3位に大きくランクアップし、見事ベスト10入りを果たしました。wacciは5人組のロックバンド。デビューが2012年というから、既に中堅どころのバンドで、いままでの曲もドラマやアニメ主題歌などタイアップには比較的恵まれてきたようですが、いまひとつ大ブレイクには至っていませんでした。ただ、2021年に武道館ライブも実施し、徐々に人気を確保してきた模様。さらにこの曲で本格的なブレイクとなるのでしょうか。

9位にはフォーエイト48「ロミエット」が先週の69位からランクアップ。CDリリースに合わせてベスト10入りとなりました。CD販売数2位、ストリーミング数69位。You TuberやTik Tokerとして活動する7人組グループ。本作がデビューシングルとなります。オリコンでは初動売上3万4千枚で2位初登場。

今週の初登場曲は以上。一方、ロングヒット曲は、まずはTani Yuuki「W / X / Y」が先週の7位から4位にアップ。ストリーミング数は先週と変わらず3位。You Tube再生回数が8位から10位にダウン。一方、ダウンロード数が13位から7位にアップしています。これで14週連続のベスト10ヒットに。

Saucy Dog「シンデレラボーイ」は先週と変わらず6位をキープ。ストリーミング数4位、カラオケ歌唱回数2位は先週から変わらず。これで通算23週目のベスト10ヒットになりました。

さらに優里「ベテルギウス」は8位から10位にダウン。ストリーミング数は4週連続の6位をキープ。これで通算34週目のベスト10ヒットとなります。ただ一方、「ドライフラワー」は先週の9位から11位にダウン。ベスト10ヒットは通算77週でとりあえずはストップです。

今週のHot 100は以上。明日はHot Albums!

|

« 70年代、80年代ロックを等距離で取り込む | トップページ | 今週は「今どき」のチャート »

ヒットチャート2022年」カテゴリの記事

コメント

ゆういちさん、こんばんは。

今週のチャートで個人的に一番驚いたのは、wacciの初ベスト10入りです。正直「別の人の彼女になったよ」だけの一発屋だと思っていたので、知らず知らずのうちにこんなに人気になっていたとは・・・まあ一発屋で終わるにはあまりにもったいないバンドなので、今回こうして再びヒットを記録したということはとても喜ばしいです。ぜひともロングヒットになってほしい所です。

投稿: 通りすがりの読者 | 2022年7月14日 (木) 00時24分

>通りすがりの読者さん
wacciは徐々に人気をあげているみたいですね。ただ残念ながらロングヒットにはなれませんでしたが・・・。

投稿: ゆういち | 2022年9月 1日 (木) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 70年代、80年代ロックを等距離で取り込む | トップページ | 今週は「今どき」のチャート »