« 珍しく新譜ラッシュ | トップページ | 大橋トリオの魅力を再認識 »

2022年4月21日 (木)

こちらも新譜ラッシュ

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

Hot100と同じく、Hot Albumsも新譜ラッシュとなりました。

まず今週1位を獲得したのはROF-MAOのミニアルバム「Crack Up!!!!」が獲得。CD販売数1位、ダウンロード数6位、PCによるCD読取数11位。バーチャルライバーグループにじさんじに所属するバーチャルライバーユニット。この作品がデビュー作となります。オリコン週間アルバムランキングでも初動売上4万9千枚で1位を獲得しています。

2位には香取慎吾「東京SNG」が初登場。CD販売数2位、ダウンロード数3位、PCによるCD読取数10位。2枚目のソロアルバムとなり、本作でも田島貴男やWONKなどの豪華ミュージシャンが参加。さらにタイトル曲の「東京SNG」では、なんと向井秀徳が作詞を手掛けています。オリコンでも2位初登場。初動売上2万7千枚は前作「20200101」(1位)から横バイ。2枚目のソロとしては、かなりの健闘といった感じです。

3位はamazarashi「七号線ロストボーイズ」が初登場でランクイン。CD販売数4位、ダウンロード数5位、PCによるCD読取数18位。独特の歌詞の世界観が人気のバンドによる約2年ぶりのニューアルバム。オリコンでは初動売上1万2千枚で4位初登場。直近のEP盤「令和二年、雨天決行」の1万3千枚(6位)からダウン。また、オリジナルアルバムとしての前作「ボイコット」の1万8千枚(2位)からもダウンしています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位にロックバンドMy Hair is Bad「angels」がランクイン。CD販売数3位、ダウンロード数15位、PCによるCD読取数28位。オリコンでは初動売上1万2千枚で3位初登場。前作「boys」の3万枚(5位)からはダウンしています。

7位初登場も、こちらもロックバンドTHE YEWLLO MONKEY「THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE(夜行性のかたつむり達とプラスチックのブギー)」がランクイン。CD販売数5位、PCによるCD読取数58位。彼らのデビュー30周年を記念してリリースされたアルバムで、1992年にリリースされたメジャーデビュー作のデラックス盤。同作を、Suchmosなどを手掛けるエンジニア藤井亮佑があらたにミックス。さらにリハーサルテイクなどの秘蔵音源を収録したDisc2に、デビュー当時の未公開ライブ映像を収録したDVD、さらに当時、メディア関係者にのみ配布した「嘆くなり我が夜のファンタジー」のデモカセットテープの復刻版も同封した豪華内容に。定価9,350円と高価ながらも、オリコンでも初動8千枚を売り上げ、5位に初登場しています。ただ、直近のリリースとなるライブ盤「Live Loud」の初動2万7千枚(1位)からはさすがに大きくダウンしています。

8位には韓国の男性アイドルグループSHINeeのメンバー、ONEWによるソロアルバム「DICE」がランクイン。輸入盤ということでCD販売数は圏外となっていますが、ダウンロード数で1位を獲得し、総合順位でもベスト10入りしてきました。ちなみにオリコンでは輸入盤がカウントされ、初動売上2千枚で21位にランクイン。前作「Voice」の5千枚(24位)からダウンしています。

初登場最後は9位にSUHO「Grey Suit」がランクイン。CD販売数6位。こちらも韓国の男性アイドルグループEXOのメンバーによるソロアルバム。オリコンでは初動売上5千枚で12位初登場。前作「Self-Portrait」の1千枚(26位)からアップ。こちらも輸入盤なのですが、なぜかビルボードでのCD販売数がカウントされています・・・。

さらに今週、ベスト10圏外からの返り咲きも。宇多田ヒカル「BADモード」が先週の13位からランクアップし、10位にランクイン。4週ぶりのベスト10返り咲きに。CD販売数も25位から14位、ダウンロード数も10位から7位にアップしています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« 珍しく新譜ラッシュ | トップページ | 大橋トリオの魅力を再認識 »

ヒットチャート2022年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珍しく新譜ラッシュ | トップページ | 大橋トリオの魅力を再認識 »