« AimerとKing Gnuのデッドヒートに、割り込んできたのは・・・ | トップページ | 筒美京平の「アナザーベスト」 »

2022年2月10日 (木)

見事2週連続の1位

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

2週連続で見事1位を獲得です。

今週はAdoのデビューアルバム「狂言」が、2週連続の1位を獲得。CD販売数は3位にダウンしてしまいましたが、ダウンロード数1位、PCによるCD読取数は4位を獲得し、総合順位では見事1位をキープしています。

一方、CD販売数で1位だったのがジャニーズ系アイドルグループA.B.C-Z「BEST OF A.B.C-Z」。彼らにとって初となるベストアルバム。配信リリースがなかったため、ダウンロード数は圏外。PCによるCD読取数も11位に留まり、総合順位では2位となりました。オリコン週間アルバムランキングでも初動売上5万4千枚で1位初登場。直近のオリジナルアルバム「CONTINUE?」の2万9千枚(4位)からはアップしています。

続く3位初登場は中島みゆき「中島みゆき2020ラスト・ツアー『結果オーライ』」。2020年1月12日の東京新宿文化センター大ホールからスタートした中島みゆきのライブツアー。このライブツアーを持って、コンサートツアーからの引退を表明していた彼女ですが、8公演を行った段階で新型コロナ・ウイルス感染拡大の影響によりライブツアーが中止。結局、再開されることなく、ツアー自体が中止となってしまいました。今回のライブアルバムでは、そのコンサートの模様をアンコールを含めて全21曲完全収録。ライブツアーに足を運ぶことが出来なかったファンが追体験できるような仕様に仕上がっています。CD販売数2位、ダウンロード数11位、PCによるCD読取数6位。オリコンでは初動売上4万枚で2位初登場。直近作は、このラストツアー中止の見返り的に急遽リリースされたセレクションアルバム「ここにいるよ」で、同作の4万6千枚(4位)からダウン。ただ、通常だと売上が大きく落ち込むライブアルバムで、これだけの売上を上げたというあたり、やはりラストツアーを心待ちにしていたファンが多いということなのでしょう。もっとも、コンサートツアーが「ラスト」というだけで、コンサート自体は今後も実施していくそうですが・・・。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位に女性シンガーソングライターmiletの2枚目のフルアルバム「visions」がランクイン。CD販売数4位、ダウンロード数2位、PCによるCD読取数7位。オリコンでは初動売上2万6千枚で5位にランクイン。前作「eyes」の2万7千枚(1位)より若干のダウン。順位的には1位から5位と大きくランクを落としましたが、売上的には若干のダウンに留まっており、まだまだ強い人気を感じさせる結果となっています。

5位には男性アイドルグループ7ORDER「Re:ally?」がランクイン。CD販売数5位、ダウンロード数16位、PCによるCD読取数24位。もともとはLove-tuneとしてジャニーズJr.内のユニットとして活動していたそうですが、2018年から翌年にかけてメンバー全員が退所。その後、メンバー全員が再びグループを結成し、今に至るという、グループごとジャニーズ事務所を脱退したという、超異例のグループとなっています。オリコンでは初動売上2万8千枚で4位初登場。前作「ONE」の2万6千枚(3位)より若干のアップとなっています。

6位初登場はØMI「ANSWER...」。CD販売数及びダウンロード数6位、PCによるCD読取数46位。三代目J SOUL BROTHERSのメンバー、登坂広臣のソロ作。昨年5月にリリースされたEP「ANSWER...SHADOW」からØMI名義に変更したそうです。オリコンでは初動売上2万枚で6位初登場。HIROOMI TOSAKA名義だった前作「Who Are You?」の4万1千枚(2位)からダウンしています。

7位にはワンダーランズ×ショウタイム「ワンダーランズ×ショウタイム SEKAI ALBUM vol.1」がランクイン。CD販売数7位、ダウンロード数4位、PCによるCD読取数13位。スマホ向けゲーム「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」の登場キャラクターによるアルバム。オリコンでは初動売上1万8千枚で7位初登場。

8位には布袋寅泰「Still Dreamin'」が初登場。CD販売数8位、ダウンロード数10位、PCによるCD読取数15位。活動40周年を迎えた彼が、60歳(!)の誕生日を期にリリースした20枚目のニューアルバム。オリコンでは初動売上1万2千枚で8位初登場。前作「Soul to Soul」の9千枚(15位)からアップしています。

最後10位には、ハロプロ系アイドルグループ℃-ute、Buono!のメンバーとして活躍していた鈴木愛理「26/27」がランクイン。CD販売数9位、ダウンロード数18位、PCによるCD読取数43位。タイトル通り、彼女が26歳から27歳の年にかけて制作されたアルバムとなります。オリコンでは初動売上1万枚で9位初登場。前作「i」(11位)から横ばい。

また先週までロングヒットを続けていたYOASOBI「THE BOOK2」は今週12位にダウン。ベスト10ヒットは9週連続でストップとなりました。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« AimerとKing Gnuのデッドヒートに、割り込んできたのは・・・ | トップページ | 筒美京平の「アナザーベスト」 »

ヒットチャート2022年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AimerとKing Gnuのデッドヒートに、割り込んできたのは・・・ | トップページ | 筒美京平の「アナザーベスト」 »