« AimerとKing Gnuのデッドヒートが続く | トップページ | 2021年年間ベストアルバム(洋楽編)その2 »

2022年2月 3日 (木)

2021年話題のミュージシャンが・・・

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

2021年に話題となったあのミュージシャンが1位獲得です。

今週、見事1位を獲得したのはAdoのデビューアルバム「狂言」。CD販売数、ダウンロード数、PCによるCD読取数いずれも1位を獲得し、総合順位ももちろん1位となりました。オリコン週間アルバムランキングでも初動売上14万2千枚で1位を獲得しています。昨年、「うっせぇわ」が大ヒットを記録した彼女。ただ、配信開始が2020年だった影響か、なぜか2021年のヒット曲としてあまり大きく取り上げられず、年末の紅白も無視。一応、レコ大で特別賞を受賞しましたが、2021年のヒット曲として年末に語られるケースはあまりありませんでした。そんな状況に反して、CD販売も10万超えというヒットを記録。その人気のほどを見せつける結果となっています。

2位初登場はTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE「RAY OF LIGHT」。CD販売数2位、ダウンロード数13位、PCによるCD読取数7位。LDH JAPAN所属の男性グループ。オリコンでは初動売上6万1千枚で2位初登場。前作「REBOOT」の4万9千枚(2位)からはアップしています。

3位には現在、Hot100で「残響散歌」が大ヒット中のAimer「星の消えた夜に」がランクイン。こちらはシングルのカップリング曲をあつめた、いわゆるB面ベストとなります。そのため、大ヒット中の「残響散歌」も「朝が来る」も収録されていませんのでご注意を。CD販売数3位、ダウンロード数及びPCによるCD読取数4位。オリコンでは初動売上1万9千枚で3位初登場。直近のオリジナルアルバム「Walpurgis」の2万8千枚(2位)よりダウンしています。

4位初登場はロックバンド緑黄色社会のニューアルバム「Actor」。CD販売数4位、ダウンロード数3位、PCによるCD読取数8位。オリコンでは初動売上1万5千枚で4位初登場。前作「SINGALONG」の1万枚(7位)からアップしています。彼女たちの前作「SINGALONG」は、当初2020年4月にCDがリリースされる予定だったものの、新型コロナによる緊急事態宣言発令により販売が延期されたアルバム。新型コロナの影響がこんなところにも・・・と思った記憶があります。それから1年10ヶ月近くが経過し、1日あたりの感染者数はその時の千倍になっているにも関わらず、今回は通常リリースとなりました。いくらオミクロン株になって重症化リスクが下がったからといって、あの頃に比べてコロナ禍の状況に慣れすぎている感があるのが恐ろしいところなのですが・・・。

7位にはSCANDAL「MIRROR」がランクイン。CD販売数5位、ダウンロード数10位、PCによるCD読取数14位。オリコンでは初動売上9千枚で5位初登場。前作「kiss from the darkness」の1万7千枚(5位)からダウン。

最後10位にTHE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS!! 「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER キセキの証 & Let's Sail Away!!! & ココカラミライヘ!」がランクイン。CD販売数8位、PCによるCD読取数12位。ゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」の楽曲を収録したアルバム。オリコンでは初動売上7千枚で8位初登場。

ロングヒット盤ではYOASOBI「THE BOOK2」が先週の7位から2ランクダウンの9位ながらもベスト10をキープ。これで9週連続のベスト10ヒットとなります。一方、Snow Man「Snow Mania S1」は今週14位にダウン。ベスト10は通算11週でとりあえずはストップです。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« AimerとKing Gnuのデッドヒートが続く | トップページ | 2021年年間ベストアルバム(洋楽編)その2 »

ヒットチャート2022年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AimerとKing Gnuのデッドヒートが続く | トップページ | 2021年年間ベストアルバム(洋楽編)その2 »