« エバーグリーンなスピッツの魅力 | トップページ | こちらもアイドル系が1位 »

2021年10月20日 (水)

ロングヒット再び・・・

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週はまたアイドル系が上位に並んでいます。

まず今週1位は秋元系。櫻坂46「流れ弾」がランクイン。CD販売数1位、ダウンロード数3位、PCによるCD読取数で2位を獲得。一方、ストリーミング数は29位、ラジオオンエア数19位、Twitterつぶやき数11位に留まりましたが、総合順位は1位獲得となりました。オリコン週間シングルランキングでは初動売上37万5千枚で1位初登場。前作「BAN」の35万3千枚(1位)から微増。

2位は韓国のアイドルグループStray Kids「Scars」が先週の39位からCDリリースに合わせてランクアップし、2週目にしてベスト10入り。CD販売数2位、ダウンロード数46位、ストリーミング数20位、PCによるCD読取数13位、Twitterつぶやき数16位。オリコンでは初動売上11万9千枚で初登場2位。前作「TOP」の3万7千枚(1位)よりアップしています。

3位はback number「水平線」が先週の2位からワンランクダウンながらもベスト3入り。これで9週連続のベスト10ヒットとなりました。ストリーミング数は今週7週連続で1位獲得。ダウンロード数は3位から5位にダウンしましたが、You Tube再生回数は11位から8位にアップしています。

続いて4位以下ですが、今週は初登場曲がゼロ。その結果、ロングヒット曲が目立つチャートとなりました。まずBTSですが、今週「Dynamite」が11位から9位にランクアップ。3週ぶりにベスト10に返り咲き、ベスト10ヒットは通算57週となりました。一方、「Butter」は4位から6位、「Permission to Dance」は先週と変わらず8位をキープ。これで前者は22週連続、後者は15週連続のベスト10ヒットとなりました。

さらにYOASOBI「怪物」も、今週13位から10位にランクアップ。今週7週目のベスト10返り咲きとなりました。これで通算30週目のベスト10入りとなっています。

Official髭男dism「CryBaby」も6位から4位にアップ。ストリーミング数は5位から2位、ダウンロード数も7位から4位にアップ。さらにYou Tube再生回数も13位から9位にアップと、ここに来て上り基調に。これで通算17週目のベスト10ヒットとなりました。

優里「ドライフラワー」も先週から変わらず5位をキープ。カラオケ歌唱回数は37週連続の1位。ストリーミング数、You Tube再生回数それぞれ先週の6位、7位から5位にアップしています。これで48週連続のベスト10ヒット。何で?というほどの強さを見せつけています。

そんな訳で、今週もまたロングヒットが目立つチャートに。しかし、相変わらずロングヒットが変わり映えしないチャートになってしまっています。今年ももう、10月が終わりかけとなっており、年末の紅白の話がチラホラ出てくる中、今年はヒット曲不在なんていう声もあったりして。確かに、ロングヒット勢を見ても、BTS「Dynamite」もYOASOBI「怪物」も「ドライフラワー」も、1月からずっとベスト10に入り続けており、正直、BTSもアイドル的な人気で、曲自体がそれほど話題になっているのか、かなり微妙。「ドライフラワー」もあれだけヒットしているのに、なぜか今年のヒット曲として半ば無視されているような状況に・・・。

印象論ではあるのですが、ここ最近のチャートはあまりにストリーミングの割合が大きすぎて、簡単にヒットチャートに割って入れなくなった結果、大物ミュージシャンはシングル単位で曲を出すことが少なくなり、レコード会社も楽曲単位でのプロモーションを忌避するようになってしまい、「ヒット曲」が出にくくなってしまったような気がします。前々から、あまりにもストリーミング数の比率の高い、代わり映えのしないチャートが気になっていたのですが、もうちょっと何とかならないのでしょうか?いくらなんでも1年間通じて、同じ曲が、1曲程度ではなく2曲も3曲もベスト10に入り続けている状況というのは「異常」以外の何者でものないと思うのですが。

そんなくらい気分になりつつ、明日はHot Albums!

|

« エバーグリーンなスピッツの魅力 | トップページ | こちらもアイドル系が1位 »

ヒットチャート2021年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エバーグリーンなスピッツの魅力 | トップページ | こちらもアイドル系が1位 »