« ロングヒット系が盛り返し | トップページ | バンドとしての成長も感じる4作目 »

2021年9月 9日 (木)

ラストのオリジナルアルバムが1位獲得

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

ラストのオリジナルアルバムが1位獲得です。

今年の11月1日をもって解散が予定されているV6の最後のオリジナルアルバム「STEP」が1位獲得。CD販売数1位、PCによるCD読取数2位。オリコン週間アルバムランキングでは初動売上13万1千枚で1位初登場。前作「The ONES」の12万9千枚(1位)から若干アップとなりました。10月にはベストアルバムのリリースも予定されており、そちらの動向も気になります。

2位はOfficial髭男dism「Editorial」が先週と同順位をキープ。CD販売数は3位となりましたが、ダウンロード数及びPC読取数は1位をキープしており、3週連続のベスト3ヒットとなりました。

3位には、現在人気上昇中のHIP HOPユニット、Creepy Nuts「Case」がランクイン。CD販売数2位、ダウンロード数3位、PCによるCD読取数7位。オリコンでは初動売上2万1千枚で3位初登場。前作「かつて天才だった俺たちへ」の1万4千枚(5位)からアップ。ビルボードでは前作に続くベスト3ヒットで、オリコンでは本作が初のベスト3ヒット。人気急上昇が続いています。

続いて4位以下の初登場です。まず4位にReoNa「月姫-A piece of blue glass moon-THEME SONG E.P.」がランクイン。CD販売数4位、ダウンロード数5位、PCによるCD読取数24位。ゲーム「月姫-A piece of blue glass moon-」の主題歌「生命線」をはじめ新曲4曲+同曲のインスト4曲が収録されているアニソン歌手のEP盤。といっても、事実上、シングルのようなもので、先週のGirls2同様、Hot100では上位に食い込めないのでアルバムチャートに逃げてきたのでしょうか?オリコンでは初動売上1万枚で5位初登場。直近のオリジナルアルバム「unknown」の初動1万3千枚(4位)からダウンしています。

5位にはyama「the meaning of life」が初登場。CD販売数6位、ダウンロード数4位、PCによるCD読取数27位。もともと動画投稿サイトの歌唱動画投稿を中心に活動を開始。2020年にリリースした「春を告げる」がビルボードのHot100入りするなどヒット。本作はデビューアルバムですが、見事ベスト10入りを果たしました。オリコンでも初動売上6千枚で7位にランクインしています。

7位は声優アイドルグループDIALOGUE+「DIALOGUE+1」がランクイン。CD販売数5位、ダウンロード数19位、PCによるCD読取数40位。音楽プロデュースはUNISON SQUARE GARDENの田淵智也が務めています。オリコンでは初動売上6千枚で6位初登場。前作「DREAMY-LOGUE」の2千枚(14位)からアップしています。

8位にはジェニーハイ「ジェニースター」が初登場。CD販売数7位、ダウンロード数6位、PCによるCD読取数78位。もともと、BSスカパー!で放送されている「BAZOOKA!!!」の知名度を上げるだけに、番組レギュラーの小藪千豊、野生爆弾のくっきー!、tricotの中嶋イッキュウに、ゲスの極み乙女。やindigo la Endでの活動でおなじみの川谷絵音、現代音楽家の新垣隆というメンバーが集合し結成されたバンド。本作で初となるベスト10ヒットを記録しています。オリコンでも初動売上4千枚で9位初登場。前作「ジェニーハイストーリー」(24位)からは横バイという結果になっています。

今週、初登場は以上ですが、ベスト10返り咲きが1枚。10位に藤井風「HELP EVER HURT NEVER」が先週の57位から大きくランクアップ。5月26日付チャート以来15週ぶりのベスト10返り咲きに。これで通算9週目のベスト10ヒットとなりました。Hot100でも「きらり」がベスト10返り咲きを果たしていましたが、こちらと同様、生配信ライブの影響ということでしょうか。

またロングヒット盤ではBTSのベストアルバム「BTS,THE BEST」が今週は2ランクダウンの9位ながらもベスト10をキープ。これで通算11週目のベスト10ヒットとなっています。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« ロングヒット系が盛り返し | トップページ | バンドとしての成長も感じる4作目 »

ヒットチャート2021年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロングヒット系が盛り返し | トップページ | バンドとしての成長も感じる4作目 »