« 「アフリカ」を前面に | トップページ | やはりヒゲダン強し! »

2021年8月25日 (水)

新譜が比較的多めのチャートに

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

ここ最近、上位の曲がほぼ固定されていて停滞感のあったHot100ですが、今週は比較的新譜が多めのチャートに。ベスト10のうち4曲が初登場、1曲がCDリリースに伴う返り咲きというチャートとなりました。

1位は、韓国の人気オーディション番組「PRODUCE 101」の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」の合格者から結成されたアイドルグループJO1「REAL」が獲得。CD販売数及びTwitterつぶやき数で1位、PCによるCD読取数で2位。ダウンロード数65位、ストリーミング数48位、ラジオオンエア数49位、You Tube再生回数32位とそのほかのランキングは伸び悩みましたが、総合順位で見事1位獲得となっています。オリコン週間シングルランキングでは同曲が収録された「STRANGER」が初動28万2千枚で1位を獲得。前作「CHALLENGER」の25万4千枚(1位)からアップしています。

2位初登場はBE:FIRST「Shining One」。こちらはかのSKY-HIが、「世界で活躍するボーイズグループを作りたい」という意気込みから自腹で1億円出資してスタートしたオーディション番組「THE FIRST」から誕生したアイドルグループ。1位のJO1とは似ているものの、JO1は吉本興業と韓国のCJ ENMによる合弁会社LAPONEエンタテイメント所属と、「和製K-POP」であるのに対して、こちらは正真正銘の純国産グループ。その心意気や良し、といった感じなのですが、ある意味、「今どきの売れ線」を狙ったため、K-POPに近い音になってしまっているため、もっと違う方向性は目指せなかったのか・・・とも思うのですが、「世界で活躍」というコンセプト上、これが今の「売れ線」になってしまうんでしょうね・・・。JO1に敗れて2位となったものの、ダウンロード数1位、ストリーミング数2位、You Tube再生回数1位とロングヒットの指標となりそうなチャートで軒並み上位にランクインし、今後のロングヒットが狙えそうです。

3位は先週1位のSixTONES「マスカラ」が2ランクダウンの3位となっています。

さらに4位以下も初登場が並びます。まず4位にback number「水平線」がランクイン。ダウンロード数2位、ストリーミング数5位、ラジオオンエア数6位、You Tube再生回数21位、カラオケ歌唱回数13位。本作は、昨年、コロナ禍の影響でインターハイが中止になったことをきっかけに制作され、その開会式が行われるはずだった2020年8月10日0時にYou Tubeで公開された作品。その後1年たち、今年、実施されることになったインターハイの開会式8月13日に各種配信フォーマットでリリースされ、見事ベスト10入りしました。オリンピックの影でほとんど注目されなかったのですが、インターハイも実施されたんですね・・・。ちなみにYou Tubeでは既に昨年公開済ということもあり、昨年9月2付ランキングで56位にランクイン。一度圏外に落ちたものの、10月14日付で99位にランクインして以降、46週連続チャートインしており、なにげにロングヒットとなっています。総合チャートでも今後ロングヒットするのでしょうか?注目されます。

そして今週9位にofficial髭男dism「アポトーシス」が先週の23位からランクアップし、ベスト10初登場を果たしています。現在ヒット中のアルバム「Editorial」収録曲。ダウンロード数4位、ストリーミング数20位、ラジオオンエア数2位、Twitterつぶやき数63位、You Tube再生回数11位を記録し、総合順位で見事ベスト10入りを果たしました。

今週はベスト10返り咲きも1曲。millennium parade×Belle「U」が先週の12位からランクアップし8位にランクイン。2週ぶりのベスト10返り咲きを果たしています。これは今週、CDがリリースされた影響で、CD販売数は初登場4位を記録。それに伴うダウンロード数も10位から6位、You Tube再生回数も10位から9位とランクアップしています。オリコンでは初登場1万8千枚で3位初登場。前作「Fly with me」の7千6百枚(1位)からアップしています。

今週は、計5曲のニューエントリーに追い出される形で、なんと、YOASOBI「夜に駆ける」とBTS「Dynamite」がついにベスト10陥落!!「夜に駆ける」は通算66週、「Dynamite」は52週連続のベスト10入りが一度ストップとなりました。YOASOBIは今週「怪物」も11位にランクダウン。こちらもベスト10ヒットは通算28週でストップ。この結果、ベスト10からYOASOBIが消えるという結果になっています。

一方BTSは、ついにベスト3から陥落となったものの、5位に「Permission to Dance」、7位に「Butter」がそれぞれランクイン。ストリーミング数は前者が1位、後者が3位とまだ上位につけており、上位返り咲きもありえそう。「Butter」はこれで14週連続のベスト10ヒットとなりました。

ロングヒット曲はほかに藤井風「きらり」が今週15位にダウン。残念ながらベスト10返り咲きは1週でストップとなりました。

Official髭男dism「Cry Baby」も、新譜勢に押し出される形で6位から10位にランクダウン。ただ、これで通算9週目のベスト10ヒット。ヒゲダンは2曲同時ベスト10入りに。こちらもストリーミング数4位、You Tube再生回数6位と上位にランクインしているだけに、来週以降の盛り返しもありそう。

一方、これだけ新譜勢が並びつつ根強い人気を見せたのが優里「ドライフラワー」。5位からワンランクダウンの6位をキープ。これで40週連続のベスト10入り。カラオケ歌唱回数は29週連続の1位と圧倒的な強さを見せつけました。

今週のHot100は以上。ロングヒット曲ばかりが並んで停滞感があった最近のチャートから一転、新顔が多くランクインしたチャートになりました。もっとも、新顔勢がロングヒットに移行するかどうかはかなり微妙で、来週以降、再びロングヒット勢が返り咲く可能性も高そう。ただ、同じ顔触ればかりが並ぶよりも、今週みたいにそれなりに入れ替わりがあった方がチャートに活気があって楽しいですよね。

そんな訳で、明日はHot Albums!

|

« 「アフリカ」を前面に | トップページ | やはりヒゲダン強し! »

ヒットチャート2021年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アフリカ」を前面に | トップページ | やはりヒゲダン強し! »