« 人生を旅に例える | トップページ | 今週もK-POP系が目立つチャートに・・・ »

2021年7月14日 (水)

BTSが目立つチャートに

今週のHot100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週はBTSが目立つチャートとなりました。

まずBTS「Butter」が2週連続の1位獲得。ストリーミング数及びYou Tube再生回数は7週連続で1位、ダウンロード数は6位から5位にランクアップ。これで通算8週目のベスト10ヒットとなりました。さらに今週は2位に新曲「Permission to Dance」がランクイン。ダウンロード数1位、ストリーミング数6位、You Tube再生回数2位、ラジオオンエア数24位、Twitterつぶやき数24位。BTSが1、2フィニッシュという結果になっています。さらに彼らは10位に「Dynamite」がランクイン。さすがにこちらは8位から2ランクダウンで後がなくなってきましたが、これで47週連続のベスト10入り。今週はBTSが3曲同時ランクインという結果になっています。

さらに今週3位もK-POP勢。男性アイドルグループENHYPEN「Givin-Taken」が初登場でランクイン。本作が日本でのデビュー作。CD販売数は本作が1位。PCによるCD読取数8位、Twitterつぶやき数2位にランクインしたものの、ダウンロード数36位、ストリーミング数85位、You Tube再生回数41位とネット系で伸び悩み、総合順位は3位に。オリコン週間シングルランキングでは同作が収録されているシングル「BORDER:儚い」が初動売上20万枚で1位を記録しています。

続いて4位以下の初登場ですが、新曲は1曲のみ。8位に女性アイドルグループNiziU「Super Summer」がランクイン。コカ・コーラCMソング。ダウンロード数3位、ストリーミング数13位、ラジオオンエア数10位、Twitterつぶやき数3位。配信限定のシングルとなります。

今週はBTSが3曲同時ランクインと目立つチャートとなりましたが、もう1組、3曲同時ベスト10入りさせたグループがありました。それがYOASOBI。先週4位に初登場した「三原色」は今週も4位をキープ。ダウンロード数は2位にダウンしたものの、ストリーミング数が21位から2位に、ラジオオンエア数も16位から1位に一気にアップ。You Tube再生回数が圏外になっていますが、今後、さらに上位をうかがう予感もあります。さらに「夜に駆ける」も先週と変わらず5位をキープし、ベスト10入りを通算61週に伸ばしているほか、「怪物」も先週の7位からダウンしたものの9位にランクイン。こちらはベスト10ヒットを25週連続に伸ばし、3曲同時ランクインとなっています。

そして優里「ドライフラワー」は今週も先週から変わらず6位をキープ。こちらはストリーミング数が4位から5位にダウンしていますが、You Tube再生回数は6位から5位にアップ。カラオケ歌唱回数は23週連続の1位となっており、これで34週連続のベスト10ヒットとなりました。

ただ一方、米津玄師「Pale Blue」は今週7位にダウンと失速気味。特にストリーミング数が9位から15位にダウンと伸び悩んでいます。また先週まで10週連続のベスト10ヒットとなり、しぶとい人気を見せていたAdo「踊」は12位にダウン。ベスト10ヒットは10週連続でストップしました。

そんな訳でBTSとYOASOBIの強さが目立つチャートですが・・・うーん、正直、ここ最近のHot100はどうも代わり映えしないというか、ロングヒット系が強すぎるというか・・・ストリーミング系に力点を置きすぎているような気がしてしまうんですよね・・・なんかすっきりしない印象を受けてしまう、最近のHot100でした。音楽の聴き方が多様になりすぎて、何をもってヒットとするか、つかむのが難しいんでしょうね。明日はHot Albums!

|

« 人生を旅に例える | トップページ | 今週もK-POP系が目立つチャートに・・・ »

ヒットチャート2021年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生を旅に例える | トップページ | 今週もK-POP系が目立つチャートに・・・ »