« 率直な女性の本音を歌う | トップページ | 今週はK-POP »

2021年4月27日 (火)

全く異なる解釈がユニーク

Title:40:42
Musician:Vampire Weekend

今回紹介するのはVampire Weekendの新作・・・というよりも、たった2曲入りのEP盤。直近のアルバム「Father Of The Bride」に収録されていた「2021」を、新進気鋭のサックス奏者、Sam Gendelと、ベルギー出身の4人組エレクトロロックバンドGooseがリミックスを手掛け、カバーした作品。それぞれ20分21秒に及ぶ作品になっており、アルバムタイトル通り、合計40分42秒という長さのアルバムとなっています。

オリジナル音源となっている「2021」は、直近のアルバムの中の1曲なのですが、2分に満たない長さの楽曲。エレクトロサウンドを取り入れて、新たな挑戦を感じさせつつ、メランコリックなメロディーを短いながらもしっかり聴かせるポップな作品になっています。ただ、その短さゆえに、アルバムの中ではインターリュード的な感じとなっている作品。それが本作では、まさに「主役」に抜擢されています。

もっとも、それだけ短い作品だったからこそ、それぞれのミュージシャンがそれぞれの解釈で自由に楽曲をいじれた、ということが言えるのかもしれません。2組のミュージシャンが、それぞれこの「2021」という楽曲を全く異なる解釈をほどこし、全く異なる手法で楽曲を再構築した楽曲が並びます。

まず1曲目。「2021(in the space between two pieces of wood)」と名付けられたSam Gendelによる作品は、エレクトロアレンジがほどこされた作品。冒頭はサックスやホーンの音色で静かにスタートし、楽曲のメロディーラインを使用したメランコリックな雰囲気からスタートするのですが、途中からエレクトロサウンドにシフト。元曲のボーカルをサンプリングした上にズタズタにカットしたコラージュを楽曲の中にちりばめた実験的な作風を聴かせてくれたかと思いきや、ラストは自然の音をサンプリングしつつ、AOR的でジャジーなサウンドでしんみり締めくくり。かなり挑戦的なサウンドで、原曲を様々な方向から調理したようなアレンジの作品になっています。

逆にGooseによるリミックス「2021(January 5th,to be exact)」は、原曲のもつ「歌」としての部分を強調しつつ、ロック的な肉感の強いアレンジに仕上げています。冒頭はまず「歌」をしっかり聴かせつつ、途中からはバンドサウンドによるジャムセッションにシフト。特に中盤以降、力強いドラムやピアノの音色も加わり、若干サイケ的なサウンドを加味しつつ、かなりダイナミックなサウンドを聴かせてくれています。そしてラストは再び「歌」を聴かせ、20分以上にも及ぶセッションを締めくくり。こちらは「挑戦的」というよりも、むしろロックバンドとしては王道を行くようなリミックスと言えるかもしれません。

わずか2分弱の曲が、ミュージシャンによって全く異なるアレンジがほどこされ、20分以上の楽曲となり、全くことなる感じの楽曲に仕上がったというのが非常にユニークなEP。ただ一方で、「全く異なる」とはいえ、いずれも「2021」という楽曲がもともと持っていた要素を再構築した結果出来上がったような楽曲となっており、そういう意味では「2021」の持つ魅力をしっかりと表現したリミックスになっていました。短いインターリュード的な楽曲でも、しっかりとVampire Weekendとしての魅力、実力を楽曲の中に具備していたという事実がこのリミックスで再認識できた、という意味でも非常に興味深い試みだったと思います。ある意味、非常に実験的な試みゆえ、わずか2曲のEP盤なので熱心なファン以外はスルーしそうな企画ですが、そうするにはあまりにももったいない、素晴らしい企画盤でした。

評価:★★★★★

VAMPIRE WEEKEND 過去の作品
VAMPIRE WEEKEND
CONTRA
Modern Vampire Of The City
This Life/Unbearably White
Father of the Bride


ほかに聴いたアルバム

La Face de Pendule à Coucou/Elvis Costello

エルヴィス・コステロの最新EPは、直近のオリジナルアルバム「Hey Clockface」の収録曲をフランス語でカバーしたという、ユニークな試みのよるアルバム。さらに「No Flag(Chante)」ではイギーポップがボーカルで参加し、フランス語で歌っている点も話題になっています。フランス語で歌われている影響か、どこか感じる異国情緒な雰囲気が新たな魅力として加わっている印象も。原曲とはまた一風変わった雰囲気を味わえるアルバムとなっていました。

評価:★★★★

Elvis Costello 過去の作品
Momofuku(Elvis Costello&the Imposters)
Secret,Profane&Sugarcane
National Ransom
Wise Up Ghost(Elvis Costello&The Roots)
LOOK UP(Elvis Costello&the Imposters)
Purse(Elvis Costello&The Imposters)
Hey Clockface

|

« 率直な女性の本音を歌う | トップページ | 今週はK-POP »

アルバムレビュー(洋楽)2021年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 率直な女性の本音を歌う | トップページ | 今週はK-POP »