« 今週はK-POP | トップページ | エレクトロサウンドにからむ歌声が美しく印象的 »

2021年4月29日 (木)

アルバムチャートもK-POP勢

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

Hot100に続いて、Hot AlbumsもK-POPの男性アイドルグループが1位獲得となりました。

今週の1位はBTS「BE」。先週の47位からランクアップし、9週ぶりのベスト10及び1位返り咲き。これはグラミー賞授賞式の衣装を着用したメンバーの未公開写真使用の限定フォトカード付セットが発売された影響らしく、CD販売数で1位獲得。オリコン週間アルバムランキングでも2万1千枚を売り上げて、1位にランクインしています。

2位初登場は男性声優江口拓也「EGUISM」がランクイン。本作がデビュー作となるミニアルバムで、CD販売数2位、ダウンロード数7位、PCによるCD読取数25位で総合順位も2位につけました。オリコンでも初動1万7千枚で3位に初登場しています。

3位初登場は堤博明,照井順政,桶狭間ありさ「『呪術廻戦』オリジナル・サウンドトラック」がランクイン。TBS系アニメ「呪術廻戦」のサントラ盤。CD販売数4位、PCによるCD読取数18位でしたが、ダウンロード数2位で総合順位もベスト3入り。ポスト「鬼滅の刃」的で人気を博している漫画ですが、まだ「鬼滅の刃」ほどの国民的ブームには至っていません。ただ、固定ファンが買うCDの売上よりも、ライトユーザーが購入するダウンロード数の順位が伸びているあたり、広い層への人気も伺わせます。今後のさらなるブレイクはなるのでしょうか?

続いて4位以下の初登場盤です。4位にはhololive IDOL PROJECT「Bouquet」がランクイン。バーチャルYou Tuberの事務所「ホロライブプロダクト」所属のアイドルによるプロジェクトhololive IDOL PROJECTのデビューアルバム。CD販売数3位、ダウンロード数5位、PCによるCD読取数24位。オリコンでは初動売上1万4千枚で4位初登場となっています。

5位には日韓合同の男性アイドルグループORβIT「Enchant」が初登場。CD販売数5位、ダウンロード数9位、PCによるCD読取数76位。オリコンでは初動売上1万7千枚で2位初登場。前作「00」の2万9千枚(3位)からダウンしています。

7位にはさだまさし「さだ丼~新自分風土記Ⅲ~」が入ってきました。CD販売数6位、ダウンロード数15位、PCによるCD読取数39位。2019年にリリースされた「新自分風土記I~望郷篇~」「新自分風土記II~まほろば篇~」に続くセルフカバーアルバム第3弾。オリコンでは初動売上1万1千枚で6位初登場。直近のオリジナルアルバム「存在理由~Raison d'etre~」の1万枚(6位)から微増。また、前作のセルフカバーアルバム「新自分風土記I~望郷篇~」「新自分風土記II~まほろば篇~」の9千枚(7位)、1万枚(6位)からも若干アップしています。

最後10位には「NieR Replicant ver.1.122474487139...Original Soundtrack」がランクイン。CD販売数及びダウンロード数8位、PCによるCD読取数23位。2010年にスクウェア・エニックスからリリースされたアクションRPG「NieR RepliCant」のバージョンアップ作品「NieR Replicant ver.1.122474487139...」のサントラ盤。オリコンでも初動売上7千枚で8位に初登場しています。

一方、ロングヒット盤はYOASOBI「THE BOOK」が5位から9位にダウン。ダウンロード数及びPCによるCD読取数は1位を獲得しているものの、新譜ラッシュに押される形でランクダウンしています。また先週、ベスト10に返り咲いた米津玄師「STRAY SHEEP」は今週13位にダウン。残念ながら返り咲きは1週に留まりました。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« 今週はK-POP | トップページ | エレクトロサウンドにからむ歌声が美しく印象的 »

ヒットチャート2021年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週はK-POP | トップページ | エレクトロサウンドにからむ歌声が美しく印象的 »