« 静と動のサウンドのバランスが素晴らしい | トップページ | どちらがどちらか、時々わからなくなります・・・。 »

2020年7月 6日 (月)

今風?なシンガーソングライター

Title:HELP EVER HURT NEVER
Musician:藤井風

先日のHot Albumsでいきなりチャート1位を獲得。今回紹介するのは、今、注目されているシンガーソングライターのニューアルバムです。名前は藤井風(ふじいかぜ)。非常にユニークな名前なのですが、ある意味、「今風」な名前と言えるかもしれません。デビューの経緯に関しても「今風」と言えるシンガーで、実家の喫茶店で撮影したピアノカバー動画をYou Tubeにアップ。その後のカバー動画をアップし続け、その動画が大きな話題となりデビューまで至っています。

デビュー作についても、ある意味非常に今風で、配信限定のシングルのデビュー作が「何なんw」とネットスラングも用いたタイトル。2ndシングルも「もうええわ」と口語調。いずれも今回のアルバムに収録されているのですが、いずれもとても今風を感じるタイトルとなっています。そんな訳で、You Tubeでの動画配信からスタートというデビュー形態。口語をそのままタイトルにした楽曲タイトルといい、「今時」のミュージシャンをイメージ。そのため、当初はいかにも今風らしい、ハイテンポなリズムとハイトーンボイスの楽曲、とイメージしていました。

しかし、実際に聴いてみると「何なんw」はファンキーなリズムを入れたメロウなメロディーラインが印象的なAORチューン。「もうええわ」もミディアムチューンのメロウなシティポップナンバーと、当初のイメージからすると大幅にイメージとは異なる、大人の雰囲気のシティポップが並んでいます。基本的にはSuchmosやKing Gnuなどの流れに通じるようなサウンドとも言えますので、そういう意味では「今風」と言えるかもしれません。ただ、いわゆるボカロPや、動画投稿サイトに「歌ってみた」音源をあげるようなタイプのミュージシャンと明らかに一線を画するミュージシャンと言えるでしょう。

楽曲的には、その先行シングルとなっている2曲以外もメロウに歌い上げるAORチューンが並んでいます。サウンド的にもエレクトロサウンドを入れつつも、基本的には必要以上に凝ったものではないシンプルで、「歌」のイメージを壊さないような楽曲が並びます。そういう意味でも変な飛び道具に頼らずに、シンプルに「歌」で勝負するスタイルを感じられ、シンガーソングライターとしてのある種の誠実性も強く感じます。

また、一方でこれは賛否両論もありそうなのですが、洋楽的にシフトしているSuchmosやKing Gnuなどと比べると、例えば「罪の香り」「特にない」などで聴かせるように哀愁感たっぷりのメロディーラインとなっており、タイプ的には歌謡曲の色合いが比較的濃い内容となっています。

ある意味、この手の哀愁ベッタリの歌謡曲的という意味で最も顕著なのが、タイトルそのまま「死ぬのがいいわ」でしょう。

「わたしの最後はあんたがいい
あなたとこのままおサラバするより
死ぬのがいいわ
死ぬのがいいわ」
(「死ぬのがいいわ」より 作詞 藤井風)

と、このとっぶりと使ったウェットな世界観はまさに歌謡曲的。この歌謡曲的な世界観は、まさに藤井風の大きな特徴と言えるでしょう。

ただ、この歌謡曲的でウェットな曲調というのは正直言って良しあしな部分も多分にあり、個人的にはアルバム通じて聴くと、目新しさに欠ける部分や歌謡曲風すぎて、面白みに欠ける部分も多分にあるのがマイナスポイント。悪い意味でJ-POP過ぎる部分はあるかな、とも感じてしまいます。

ここらへん、今後どうするのか。メロディーの良さをもっと押し出して、「歌謡曲的」な良さを押し出していくのか、それともまた新たな音楽性にチャレンジするのか・・・いろいろな課題はありそうです。ただポップスセンスはありそうですし、今後、注目していきたいミュージシャンなのは間違いないでしょう。これからの彼の活躍に注目です。

評価:★★★★


ほかに聴いたアルバム

Answer/家入レオ

表題曲+カバー5曲が収録された彼女初となるEP。表題曲は哀愁感たっぷりに聴かせる楽曲なのですが、どうも彼女のボーカルはこの手の楽曲が合っているようで、その後のカバーの中では「秋桜」が特に秀逸。感情たっぷりのボーカルで聴かせるカバーは胸に迫るものがあります。一方で、「悲しみの果て」は原曲に比べてボーカルの弱さが目立ってしまいかなり違和感も。「POP STAR」も軽快なエレクトロポップは彼女の声に合っていない感じも。もうちょっと彼女に合いそうな楽曲を選んでもよかったのでは?とも感じてしまったのですが。

評価:★★★★

家入レオ 過去の作品
LEO
a boy
20
WE
5th Anniversary Best
TIME
DUO

スターダスト☆レビュー ライブツアー「還暦少年」/スターダストレビュー

昨年実施されたスターダストレビューのライブツアー「還暦少年」から、11月に実施した中野サンプラザ公演の模様を収録したライブアルバム。もともとライブに定評のある彼ら。特に前回リリースしたライブアルバム「STARDUST REVUE 楽園音楽祭 2018 in モリコロパーク」ではその楽しさが実に伝わってくるライブ盤になっていましたが、今回のアルバムはアルバムリリースツアーで、最新アルバムからの選曲がメインということもあってか、それなりに楽しそうな雰囲気になっているものの、比較的無難にまとまっていた感も。スタレビのライブの楽しさ、という点では、前作ほど伝わってはこなかった点、少々残念でした。

評価:★★★★

スターダストレビュー 過去の作品
31
ALWAYS
BLUE STARDUST
RED STARDUST

太陽のめぐみ
B.O.N.D
Stage Bright~A Cappella & Acoustic Live~
SHOUT
スタ☆レビ-LIVE&STUDIO-
還暦少年
STARDUST REVUE 楽園音楽祭 2018 in モリコロパーク


|

« 静と動のサウンドのバランスが素晴らしい | トップページ | どちらがどちらか、時々わからなくなります・・・。 »

アルバムレビュー(邦楽)2020年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静と動のサウンドのバランスが素晴らしい | トップページ | どちらがどちらか、時々わからなくなります・・・。 »