« 嵐を下してまさかの1位獲得 | トップページ | 結成30周年の記念映画 »

2019年9月19日 (木)

2週連続ベテランが1、2フィニッシュ

今週のHot Albums

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

先週はベテランミュージシャン同士が1位をめぐりデッドヒートを繰り広げましたが、今週も同じく2週連続1位2位獲得となりました。

1位は先週と同じく竹内まりやの「Turnable」。CD販売数は2週連続1位、PCによるCD読取数で7位を獲得し、総合順位でも見事2週連続1位を獲得しました。一方、2位も先週から変わらず矢沢永吉「いつか、その日が来る日まで…」が2週連続で2位を獲得。こちらはCD販売数2位、PCによるCD読取数12位という結果になっています。

なお、オリコン週間アルバムランキングでは、先週、矢沢永吉が1位、竹内まりやが2位とHot100と逆の結果になりましたが、今週は順位が逆転し、竹内まりやが3万1千枚を売り上げて1位、矢沢永吉が2万5千枚を売り上げて2位という結果になっています。竹内まりや、矢沢永吉ともに1位獲得という実績が残る結果となっています。

3位はのベスト盤「5×20 All the BEST!! 1999-2019」が先週の4位から3位にアップ。2週ぶりのベスト3返り咲き。これで12週連続のベスト10ヒットとなりました。CD販売数3位、PCによるCD読取数は見事1位を獲得しています。

さて、初登場組の最高位は4位初登場の「SHADOWBRINGERS: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack」。タイトル通り、オンラインPRG「FINAL FANTASY XIV」のサントラ盤。CD販売数5位、ダウンロード数では見事1位を獲得し、総合順位でも4位にランクインです。ちなみに物理媒体はBlu-ray Discでのリリースとなっているので、通常のCDデッキだと再生できないようですので要注意。オリコンでは初動売上1万4千枚で4位初登場。同シリーズの前作「STORMBLOOD:FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack」の1万1千枚(6位)からアップしています。

5位初登場はマカロニえんぴつ「season」。これが初のベスト10ヒットとなる男性4人組ギターロックバンド。以前、一度ライブを見たことがあり、最近、いろいろと話題になっていることも知っていたのですが、正直言って、いきなりブレイクするとは思いませんでした。かなりビックリ。CD販売数4位、ダウンロード数54位、PCによるCD読取数40位。オリコンでも初動売上1万枚で5位初登場。前作「LiKE」の2千枚(32位)から大きくアップしています。

初登場組ラストは10位にロックバンド9mm Parabellum Bullet「DEEP BLUE」がランクイン。CD販売数は7位でしたが、ダウンロード数22位、PCによるCD読取数は62位に留まり、総合順位はギリギリ10位となりました。ちなみにこのアルバム、「9mmの日」と名付けられた9月9日(月)のリリース。オリコンでは2千枚を売り上げ、今週16位にランクインしていますが、先週付のチャートではフライング販売分3千枚が集計され18位にランクイン。2週合わせると5千枚で今週のランキングだと6位相当に。ただし、2週合わせても、前作「BABEL」の初動売上8千枚(10位)からはダウンという結果になっています。

一方今週は返り咲き組も。まずは米津玄師「BOOTLEG」。今週、シングル「馬と鹿」リリースに合わせてのランクアップで、先週の13位からアップして5月20日付チャート以来、18週ぶりのベスト10返り咲きとなっています。また8位にはBUMP OF CHICKEN「aurora arc」が先週の17位からランクアップ。3週ぶりのベスト10返り咲きとなっており、こちらも高い人気を示す結果となっています。

さらにもう1作。森口博子「GUMDAM SONG COVERS」が先週の12位からランクアップ。8月19日付チャート以来5週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。「水の星へ愛をこめて」や「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」など機動戦士ガンダム主題歌のヒットで歌手としての評価も高い彼女がガンダムの主題歌をカバーしたこのアルバム。予想以上の大ヒットを記録しており、森口博子の、というよりもガンダムの根強い人気を感じさせる結果となりました。

一方、ロングヒット組としてはRADWIMPS「天気の子」。今週は先週と変わらず6位をキープ。これで9週連続のベスト10入りを記録しています。CD販売数は14位までダウンしたのですが、ダウンロード数及びPCによるCD読取数は2位を記録しており根強い人気を感じさせる結果に。まだまだヒットは続きそうです。

今週のHot Albumsは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« 嵐を下してまさかの1位獲得 | トップページ | 結成30周年の記念映画 »

ヒットチャート2019年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嵐を下してまさかの1位獲得 | トップページ | 結成30周年の記念映画 »