« こちらもアイドル系が1位 | トップページ | ロックバンド演じるポップなカバー »

2019年3月 1日 (金)

メロディーラインにまずは惹かれつつ

Title:Why Hasn't Everything Already Disappeared?
Musician:Deerhunter

毎回、独特の音楽性と絶妙なポップスセンスで音楽ファンを魅了するアメリカのインディーロックバンド、Deerhunter。 毎作、アルバムは高い評価を受けているのですが、 約3年ぶりとなる今回のアルバムも非常に魅力的な傑作アルバムとなっていました。

今回のアルバムもまずは1曲目「Death In Midsummer」は、チェンバロとピアノの音色が耳を惹くメロディアスなナンバーに。その心地よいメロディーラインにまずは強く引き付けられます。さらに「No One's Sleeping」も暖かみもあるそのメロディーラインに耳に残ります。

前作「Fading Frontier」もポップなメロが全面に押し出されたアルバムになっていましたが、今回もまずはメロディーラインが強いインパクトを持ったアルバムとなっていました。その後も「What Happens to People?」ではピアノをバックに聴かせるちょっと切なさを感じるメロが大きな魅力となっていますし、「Futurism」もギターサウンドをバックにテンポよいメロディーラインが印象に残ります。

ただ、そのようなメロディーに大きな魅力を持ちつつも、要所要所に「おやっ?」と思わせるような部分を入れてきているのが彼らの大きな魅力。例えば「No One's Sleeping」ではポップなメロディーラインに幻想的なアレンジを加えてきていますし、インストチューンの「Greenpoint Gothic」もスペーシーなエレクトロサウンドが耳に残るナンバー。「Tarnung」もマリンバを入れつつ、ドリーミーなサウンドの幻想的なサイケポップに仕上げています。ほかにも「Plans」やラストを飾る「Nocture」など今回のアルバムではエレクトロサウンドを比較的多く取り入れており、暖かさを感じるメロディーラインとの対比もとてもユニークに感じました。

またサウンド的にはスカスカなサウンドメイキングだった前々作「MONOMANIA」と、その反面、ドリーミーな音に埋め尽くされていた前作と比べると、エレクトロサウンドを多く取り入れつつ、サウンドについてはほどよくバランスが取れていた印象。インディーバンド然としてた雰囲気も薄くなり、そろそろベテランの域に入る彼らですが、いい意味でベテランバンドらしい安定感も覚えるようなアルバムになっていたように感じます。

美しいメロディーラインに惹かれつつ、しかしその一方、奥深いそのサウンドの世界に徐々にはまり込んでいく、そんな傑作アルバムに仕上がっていました。彼らの実力と魅力をあらためて強く感じた作品でした。

評価:★★★★★

DEERHUNTER 過去の作品
HALCYON DIGEST
MONOMANIA
Fading Frontier


ほかに聴いたアルバム

Golden Hour/Kacey Musgraves

こちらも2018年ベストアルバムの後追いで聴いた1枚。音楽情報サイトamssが集計した各種メディアの2018年ベストアルバム集計で4位に入ったアルバム。Kacey Musgravesはアメリカのカントリーミュージシャン。これが3枚目のアルバムとなるのですが、いままで3枚のアルバムはいずれもビルボードチャートのベスト10に入ってくるなど人気を博しています。さらにこのアルバムはグラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞。日本でも今後、その名前を聞く機会が増えそうです。

さてそんな本作は基本的にはアコースティックテイストのサウンドでシンプルなメロディーラインを美しく聴かせる楽曲が並ぶアルバム。カントリーのミュージシャンということで日本での知名度は低いのですが、ベタベタなカントリーというよりもフォーキーなポップを奏でるミュージシャンという感じで、日本人にとっても違和感なく楽しめるポップスになっています。ただシンプルなポップアルバムといった感じだったので、ベストアルバムとして上位に食い込めるほどの目新しさや圧倒的なポップスセンスは感じなかったのですが・・・。

評価:★★★★

Honey/Robyn

上記Kacey Musgravesで紹介したサイトで、こちらは6位にランクインしていたアルバム。20年以上のキャリアを持つスウェーデンの女性シンガーの新作。これが8枚目のアルバムなのですが、本国スウェーデンでは本作を含めて4作がチャート1位、3作が2位を獲得する人気ミュージシャンのようです。

楽曲はどこか80年代の雰囲気を感じるエレクトロポップ。彼女は御年39歳というベテランシンガーなのですが、そんな年齢を感じさせない(失礼!)美しいボーカルが大きな魅力となっています。テンポよい楽曲がインパクトとなっている楽曲。年間ベストでそこまで絶賛されるほどか・・・と思わない訳ではないのですが、シンプルに楽しめるポップチューンが並ぶアルバムとなっていました。

評価:★★★★

|

« こちらもアイドル系が1位 | トップページ | ロックバンド演じるポップなカバー »

アルバムレビュー(洋楽)2019年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メロディーラインにまずは惹かれつつ:

« こちらもアイドル系が1位 | トップページ | ロックバンド演じるポップなカバー »