« ロックバンドらしいロックバンド | トップページ | アイドル系が目立つ中・・・ »

2019年2月19日 (火)

ちょっと懐かしさを感じるエレクトロポップ

Title:Chris
Musician:Christine and the Queens

本日も引き続き2018年ベストアルバムを後追いで聴いた1枚。音楽ニュースサイトamassでの主要メディアの年間ベストアルバムの集計で10位にランクインしたアルバム。遠目で見ると男前な顔つきですが、フランスの女性シンガーソングライター、エロイーズ・ルティシエによるソロプロジェクト。本国フランスで圧倒的な人気を誇るほか、イギリスでも本作はチャート3位に入るなど高い人気に。さらに全米デビューも果たしており、かのロードやマドンナが賛辞を送ったことでも話題になりました。

今回のアルバムは全2枚組となるのですが、1枚目が英語、2枚目が母国語であるフランス語による歌唱となっています。そんな本作ですが、基本的な方向性としては80年代を彷彿させる軽快なエレクトロポップ。冒頭の「Comme si」からまず80年代っぽいちょっとチープさを感じるエレクトロサウンドの軽快でリズミカルなポップからスタートします。2曲目「Girlfriend」はまさしく80年代的なアダルト・コンテンポラリーな作風。ちょっと懐かしさすら感じてしまいます。

この「Girlfrend」などもそうなのですがこの80年代のアダルト・コンテンポラリー的なサウンドはどこかマイケル・ジャクソンからの影響を感じさせる部分も。まあ、80年代的な音を取り入れて、かつリズミカルなポップというと、どうしてもマイケルは避けることが出来ないのでしょうが、そういう意味でもどこか懐かしさを感じさせつつ、かついい意味で耳障りのよいポップチューンに仕上がっていました。

さらにもうひとつの大きな魅力が彼女の美しくクリアなボーカル。特に後半はメロウに聴かせるナンバーが並び、のびやかな歌声が美しい「What's-her-face」も印象的ですし、終盤に大きなインパクトとなっているのが「Make some sense」。ウィスパー気味で美しく聴かせる歌声が胸に響きます。この2曲を含めてメロディーラインにも卓越したセンスを感じることが出来、素直に楽しめるエレクトロポップのアルバムとなっていました。

しかしここ最近、彼女のような80年代の雰囲気も感じるようなエレクトロポップを奏でるミュージシャンが注目を集めるようになってきましたね。2018年はナイル・ロジャースのアルバムも大きな注目を集めましたし、90年代あたりは「ダサい」と言われていた80年代ポップが一回りして再び注目を集めてきているような印象があります。今後、まだまだ80年代再評価が進むのか、それとも行き過ぎて再び「ダサい」的なイメージがついてしまうのか・・・これからの動向にも注目したいところです。

ちなみに2枚目はフランス語バージョン。基本的には内容は一緒で歌っている言語が違うだけ。フランス語独特のイントネーションで、よりメロウになっているなか?といった印象が。ただ、大まかな印象はあまり異ならなかったような。

そんな訳でちょっと懐かしさも感じるエレクトロポップが素直に楽しいポップチューンが並ぶ傑作アルバム。本作が2作目となるのですが、イギリスでもブレイクしている彼女。今後はアメリカや日本でも注目を集めるかも。高い評価も納得の楽しいポップアルバムでした。

評価:★★★★★


ほかに聴いたアルバム

19/MHD

こちらも2018年ベストアルバムの後追いで聴いたアルバム。Music Magazine誌ワールドミュージック部門で7位となったフランスで高い人気を誇るラッパーの最新作。ギニア/セネガル系の両親を持つ彼のサウンドは、アフリカの音楽の要素を強く感じるトライバルなリズムにラップを重ね合わせたスタイル。特に昨今の流行であるトラップミュージックを融合させることにより独特のラップに仕上げています。まだ「ワールドミュージック」的な扱いのようですが、今度はHIP HOPのシーンでも注目を集める・・・かも?

評価:★★★★★

137 Avenue Kaniama/Baloji

こちらも2018年ベストアルバムの後追い。Music Magazine誌ワールドミュージック部門で8位。こちらもベルギー在住のコンゴ人のラッパー。こちらもトライバルなリズムにラップを加えた独特のラップミュージックが魅力的。そういう意味ではMHDと共通項を感じるのですが、こちらの方がトライバル的な要素は強いかな?哀愁を感じるトラックも魅力的な1枚でした。

評価:★★★★★

|

« ロックバンドらしいロックバンド | トップページ | アイドル系が目立つ中・・・ »

アルバムレビュー(洋楽)2019年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと懐かしさを感じるエレクトロポップ:

« ロックバンドらしいロックバンド | トップページ | アイドル系が目立つ中・・・ »