« 米津玄師人気爆発 | トップページ | 魅力を再認識 »

2018年11月 8日 (木)

こんな週に日韓合同グループが1位獲得

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

今週1位はIZ*ONE「COLOR*IZ」が獲得しました。

「アイズワン」と読むこのグループは韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」から生まれたグループ。この番組では韓国の芸能事務所に所属する練習生のほか、日本からAKBグループのメンバーが参加し、日韓合同という形で番組が進められていきました。そしてこのグループはこの番組の合格者によって結成されたアイドルグループで全12名のうち3名が日本人という陣容になっています。

このアルバムは韓国でのデビュー作なのですが、初動売上1万1千枚を獲得し、輸入盤でありながらも初登場1位を記録しました。ただ、ご存じのように現在、戦時中の徴用工の補償を巡る問題で日韓関係が現在、最悪な状況となっています。そのような状況の中、アルバムチャートで1位を獲得するのがこのような日韓合同グループというのは偶然の出来事なのでしょうが、ある種の「希望」も感じられるチャートと言えるかもしれません。

2位はMr.Children「重力と呼吸」が5位からランクアップしベスト10返り咲き。売上枚数は1万2千枚から9千枚にダウンしていますが、根強い人気を見せつける結果となりました。

3位には先週1位のケツメイシ「ケツノポリス11」が2ランクダウンながらもベスト3をキープしています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず4位にはavexの男女混合ダンスグループlol「lml」がランクイン。AAAの二番煎じ後継者的なグループという感じでしょうか。アルバムでのベスト10入りは本作が初。初動売上7千枚は前作「lolol」の6千枚(16位)から若干のアップ。

6位には先日解散した2人組女性ロックバンドチャットモンチーのベストアルバム「BEST MONCHY 1-Listening-」がランクイン。彼女たち13年のキャリアを網羅したオールタイムベストとなっています。ちなみに「2」はPVやライブ映像を収録したDVDとなっています。初動売上は6千枚。直近のオリジナルアルバム「誕生」の9千枚(13位)からダウン。ベスト盤としては前作となる「チャットモンチーBEST~2005-2011~」の3万3千枚(2位)からは大きくダウンしてしまっています。

7位には女性シンガーソングライター柴田淳「ブライニクル」がランクイン。約1年ぶりとなるニューアルバム。初動売上6千枚は前作「私は幸せ」の7千枚(7位)から若干のダウン。

初登場ラストは9位。「TVアニメ 『Free!-Dive to the Future-』キャラクターソングミニアルバム Vol.1 Seven to High」がランクイン。タイトル通り、テレビアニメ「Free!-Dive to the Future-」のキャラクターソング。初動売上4千枚でベスト10入りです。

今週のベスト10は以上ですが、今週は復活盤が1枚。今週4位にDJ和「ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある~ mixed by DJ和」が先週の13位からランクアップ。8月27日付チャート以来、11週ぶりのベスト10返り咲きとなりました。売上枚数も先週の4千枚から7千枚にアップ。驚異的なロングヒットを記録している本作ですが、ここに来ての売上増には驚き。詳細は不明ですが、先月22日に本作のロングヒットを記念してライブイベント「ラブとポップフェス」を開催したそうなので、それに伴い露出が増えた影響でしょうか。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« 米津玄師人気爆発 | トップページ | 魅力を再認識 »

ヒットチャート2018年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/74548688

この記事へのトラックバック一覧です: こんな週に日韓合同グループが1位獲得:

« 米津玄師人気爆発 | トップページ | 魅力を再認識 »