« 日韓トップアイドル対決 | トップページ | 2018年上半期 洋楽ベスト5 »

2018年8月 2日 (木)

約3年ぶりのアルバムが1位獲得

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

今週は久々となるニューアルバムが1位獲得です。

1位初登場はEXILEのニューアルバム「STAR OF WISH」が獲得。約3年ぶりとなるニューアルバムとなります。初動売上は14万5千枚。直近作はベスト盤の「EXTREME BEST」で、こちらの初動17万8千枚(2位)からはダウン。またオリジナルアルバムとしての前作「19 -Road to AMAZING WORLD-」の20万4千枚(1位)よりもダウンしています。

2位には先週4位に初登場してきた韓国の男性アイドルグループSEVENTEEN「YOU MAY DREAM」がランクアップしてベスト3入りを果たしました。ただ売上枚数1万8千枚は先週の3万5千枚からダウン。新譜が少な目の週だったため、相対的に順位を押し上げた模様です。

3位も韓国の男性アイドルグループMYNAME「KISEKI」が獲得。初動売上1万6千枚は前作「MYNAME is」の2万枚(4位)からダウンしています。

続いて4位以下の初登場盤です。まずは4位に斉藤和義「歌うたい25 SINGLES BEST 2008~2017」がランクインしています。デビュー25周年を記念してリリースされたベスト盤。ちょうど10年前のデビュー15周年の時にもベストアルバム「歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007」をリリースしていますが、それに続く形で2008年以降にリリースされたシングルを集めたベスト盤。初動売上1万6千枚。ベスト盤の前作「歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007」の3万3千枚(4位)からはダウン。また直近作のオリジナルアルバム「Toys Blood Music」の1万9千枚(1位)よりもダウン。思ったほど固定ファン層以外を確保できなかったようで、思ったより厳しい売上になっています。

5位初登場は刀剣男士 formation of つはもの「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~つはものどもがゆめのあと~」。ゲーム「刀剣乱舞」から派生したミュージカルの出演俳優による、刀剣男士 formation of つはもの名義としては初となるアルバム。初動売上は1万6千枚。刀剣男士関連のアルバムですと、刀剣男士 formation of 三百年名義によるアルバム「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年の子守唄~」の初動1万8千枚(4位)から若干のダウン。

最後9位には韓国の男性アイドルグループMONSTA XのメンバーのMINHYUK(ミニョク)によるソロデビューアルバム「夏の日記(Summar Diary)」がランクイン。初動売上9千枚で見事ベスト10入りしています。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« 日韓トップアイドル対決 | トップページ | 2018年上半期 洋楽ベスト5 »

ヒットチャート2018年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約3年ぶりのアルバムが1位獲得:

« 日韓トップアイドル対決 | トップページ | 2018年上半期 洋楽ベスト5 »