« 人気の「歌い手」グループが初の1位 | トップページ | 2人だけのステージ »

2018年7月13日 (金)

インパクトあるユニークなフレーズで20年

Title:マシンガンズにしやがれ!!
Musician:SEX MACHINEGUNS

デビュー当初から高い技術力を誇った演奏をバックに聴かせる本格的なメタルサウンドと、そんなメタルサウンドにまったくマッチしていないコミカルな歌詞が大きな話題となったSEX MACHINEGUNS。特に1999年にリリースされた「みかんのうた」は、本格的なメタルでありながらもリーダーANCHANGの故郷、愛媛県の名産品みかんへの讃歌を高らかに歌い上げるという曲で、サビの「みかんみかんみかん!」というあまりにもストレートなシャウトはある種の衝撃を与えました。

そんな彼らもメジャーデビューから早くも20年(!)。ただ、途中活動休止の時期もあり、かなりメンバーの変遷も激しいバンドだったりします。結果としてメジャーデビュー時のオリジナルメンバーで残っているのはリーダーのANCHANGのみ(ギターのSUSSYは現在、サポートメンバーとして復帰しているようですが)。事実上、ANCHANGのワンマンバンド的な活動となっていますが、それでも20年間、続いたというのは素晴らしい事実だと思います。

今回はそんなメジャーデビュー20年を記念してリリースされたオールタイムベスト。まずタイトルとジャケットが印象的・・・というか、おそらくいつかはやりたかったんだろうなぁ、これ。言うまでもなくSEX MACHINEGUNSというバンド名自体、パンクバンドSex Pistolsのパロディーなのですが、その彼らの唯一のオリジナルアルバム「勝手にしやがれ!」のタイトルとジャケット写真をそのままパロったのが今回のアルバム。ある意味このパロディー、誰もが考えつきそうなのですが、20年のベストで満を持してといった感じでしょうか。

さてマシンガンズといえば上にも書いたとおり、本格的なメタルサウンドに、それとミスマッチしたユニークな歌詞が特徴的。特に「みかんのうた」で見られるようなとにかくインパクトがあってユニークなワンフレーズをサビでシャウトするというスタイルをよく取り入れているのですが、そのスタイルはデビュー当初から最近の曲に至るまで基本的に変化はありません。

今回のアルバムに関してはほぼ発表順に並んだ内容になっています。途中、特にDisc1の終盤あたり「そこに、あなたが...」のような真面目路線にシフトしようとした曲もありましたが、最近になればなるほどむしろ初期の作品を彷彿とさせるユーモラスな歌詞の曲が多くなってきます。往年のテレビドラマ「西部警察」について歌った「ダイヤモンド軍団」やらタイトル通りの「エグイ食い込み」など、へヴィーなメタルのサウンドとは反するようなユニークな歌詞が魅力的。特に歌詞の展開や物語性で笑わせるというよりも、インパクトあるフレーズで一気に押し切るといった歌詞が多く、それだけに一度聴くと忘れられないような曲が少なくありません。

一方では「情熱の炎」や、今回新曲として収録されている「SAMURAI WARRIOR」のような男らしく熱い内容の歌詞の曲も実は少なくなく、ここらへんはある意味メタルのイメージと一致しているといっていいかもしれません。メタルのイメージとのギャップを楽しむ曲とメタルのイメージに沿ったような曲を同じように楽しめるのも彼らの大きな魅力かもしれません。

ただ楽曲のスタイルも歌詞の方向性もデビュー当初から大きな変化はなく、そういう意味では彼らの曲は「大いなるマンネリ」。もっともデビュー20年を迎えた最近のナンバーでもまだまだ十分インパクトあるフレーズを書いてきていますし、そういう意味では無理にマンネリ路線からの脱却を狙うよりも今後もこの方向性のほうがいいように感じます。また今回、デビュー当初の曲から最近の曲まで通して聴いても、まったく違和感なく、ここ最近の曲もデビュー当初の曲に負けていないインパクトある曲が多いということを再認識しました。正直、一時期に比べて売り上げの側面では落ち込んでしまっている彼らですが、もうちょっと売上的に持ち直してもいいような。へヴィーメタルとはいえ歌詞的にも非常に聴きやすい曲が並んでいるだけに、メタルリスナー以外にも是非とも聴いてほしいベスト盤です。

評価:★★★★★

SEX MACHINEGUNS 過去の作品
キャメロン
SMG
LOVE GAMES

METAL MONSTER


ほかに聴いたアルバム

KICK UP!! E.P./Shiggy Jr.

同じくミニアルバムの前作「SHUFFLE!!E.P.」からわずか半年ぶりのリリースとなった本作。今回もアニメ「斉木楠雄のΨ難」のオープニングテーマに起用された「お手上げサイキクス」など、ノリノリでインパクトあるディスコチューンを中心としたアルバムに仕上がっています。楽曲的には十分なインパクトもあり、わずか5曲のミニアルバムとはいえそれなりにバリエーションを入れてきている魅力的なアルバムに仕上がっています。個人的にはもうちょっと売れてもいいバンドだと思うのですが・・・。次はフルアルバムを聴きたいところ。

評価:★★★★

Shiggy Jr. 過去の作品
ALL ABOUT POP

SHUFFLE!!E.P.
 

山崎×映画/山崎まさよし

Yamasakieiga

山崎まさよしの過去の楽曲のうち、映画で使用された曲だけ集めた配信限定の企画盤。彼の代表曲「One more time,One more chance」が映画「50回目のファーストキス」の挿入歌に使用されたことから企画されたそうです。もっとも「映画に使用された」という共通点のみで楽曲的にはほとんど共通項はなく、「代表曲を網羅」といった感じでもないので、わざわざ聴くにはちょっと微妙な企画盤のような感じもするのですが・・・もちろん収録されている曲は基本的に彼らしい暖かみを感じる名曲ばかりですが。

評価:★★★

山崎まさよし 過去の作品
COVER ALL-YO!
COVER ALL-HO!

IN MY HOUSE
HOBO'S MUSIC
Concert at SUNTORY HALL
The Road to YAMAZAKI~the BEST for beginners~[STANDARDS]
The Road to YAMAZAKI~the BEST for beginners~[SOLO ACOUSTICS]

FLOWERS
HARVEST ~LIVE SEED FOLKS Special in 葛飾 2014~
ROSE PERIOD ~the BEST 2005-2015~
UNDER THE ROSE ~B-sides & Rarities 2005-2015~
FM802 LIVE CLASSICS

LIFE

|

« 人気の「歌い手」グループが初の1位 | トップページ | 2人だけのステージ »

アルバムレビュー(邦楽)2018年」カテゴリの記事

コメント

ASACHANG → ANCHANG ですね。

投稿: 通りがかり | 2018年7月14日 (土) 23時15分

>通りがかりさん
失礼しました。ご指摘ありがとうございます。修正しました。

投稿: ゆういち | 2018年7月23日 (月) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/73777373

この記事へのトラックバック一覧です: インパクトあるユニークなフレーズで20年:

« 人気の「歌い手」グループが初の1位 | トップページ | 2人だけのステージ »