« 基本路線は変わらず、エレクトロ色が強めに | トップページ | 日米「愛国ソング」対決? »

2018年6月19日 (火)

大物ミュージシャン同士が自由に融合

Title:EXITENTIALIST A XIE XIE
Musician:THE BEATNIKS

ご存じ、YMOのメンバーとしても活躍し、最近ではMETAFIVEとしての活動でも知られる高橋幸宏と、元ムーンライダーズの鈴木慶一によるユニット、THE BEATNIKS。デビュー作は1981年ですから、もうキャリア35年以上のベテランユニットですが、その間、コンスタントに活動を続けるというよりも、それぞれキャリアを持った彼らが、気の向いた時に集まって、ひょっこりアルバムをリリースする、というようなスタイルで断続的な活動を続けてきました。

本作はそんな彼らの約5年半ぶりとなるニューアルバム。とにかくまず目を惹くのはそのジャケット写真で、真っ黒なバックにモノクロでふたりの顔が浮かび上がるジャケットが、実に渋くてカッコいい!まさに渋くてカッコいい「おじさん」という雰囲気をビンビンと醸し出しているジャケット写真となっています。

また楽曲的にも大人のポップス、と言えるような作品が並んでいます。イントロ的な立ち位置となるアバンギャルドなポップス「Crepuscular Rays」からスタート。続く「I've Been Waiting For You」はニールヤングのカバー。こちらをギターをメインとしたバンドサウンドでカバーした後は、高橋幸宏と鈴木慶一、それぞれソロでも十分なキャリアと実力のあるミュージシャンによる、それぞれの個性を発揮した作品が並んでいます。

例えば「鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章」「ほどよい大きさの漁師の島」はおそらく鈴木慶一が主導したナンバー。前者はほどよくブルージーなサウンドが心地よいですし、後者はポップなメロディーが印象に残ります。

逆にフォーキーな雰囲気の「Brocken Spectre」やエレクトロ風の「Softly-Softly」はおそらく高橋幸宏が主導したポップス。ちょっと実験的な雰囲気もある作風がいかにも高橋幸宏らしい雰囲気を感じさせるポップスとなっています。

そういう意味でお互いの個性を尊重しつつ、それぞれが好きなことをやっているアルバムと言えるかも。ただ、それでいて両者の音楽性がきちんと融合してTHE BEATNIKSのアルバムとして仕上がっているあたりに両者の音楽的な近似性を感じさせますし、いい意味でお互い、「大人」な対応をしたんだな、ということを感じさせます。それぞれが好きな音楽を奏でつつ、お互いほどよい距離感を保っているアルバム。この手の大物ミュージシャン同士のユニットが断続的とはいえ30年以上続くというのは驚きなのですが、そこにはお互いの「大人な対応」があったからなんでしょう。

そしてユニークなのがラストの「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」。THE BEATNIKSに赤塚不二夫の世界観を加えたような実にユニークなナンバー。ただ一方でこういう曲をアルバムの中に違和感なく織り込むことが出来る点も彼ら2人の実力を感じさせます。

決して楽曲に派手さはありませんが、高橋幸宏、鈴木慶一の実力がしっかりと反映された大人のポップスアルバムに仕上がっていました。ある意味、非常に自由度も高く感じさせるアルバムになっていたと思います。これからも断続的にTHE BEATNIKSの活動は続いていくんでしょうね。これからの活動も楽しみです。

評価:★★★★★

THE BEATNIKS 過去の作品
LAST TRAIN TO EXITOWN


ほかに聴いたアルバム

DAPPER/SOIL&"PIMP"SESSIONS

「デスジャズ」を標榜し、ハードなサウンドで踊れるジャズを奏でていたSOIL&"PIMP"SESSIONS。2年ぶりのニューアルバムももちろんそんな路線を期待しつつアルバムに耳を通したのですが・・・これがいままでとは全く違う路線でビックリ。エレクトロなソウルテイストのジャズで、「デスジャズ」の方向性は皆無。かなりおとなしいサウンドになっており、最初は「なんじゃこれ」という印象を正直なところ受けてしまいました。

2016年にサックスの元晴が脱退し5人組となった彼ら。今回の音楽性の変更はその影響も大きく、最初はかなり違和感があったのですが・・・何度か聴くと、おそらく彼らはここ最近のジャズの傾向を追った結果、このようなサウンドに行き着いたんだろうなぁ、と強く思いました。特に方向性としてはWONK近辺からの影響を強く感じます。ファンキーなサウンドはそれなりにカッコよく、これはこれでそれなりに良いアルバムだったと思います。ただ、この方向性がこのまま続くのは、「デスジャズ」として彼らの個性を確立していたのに、ちょっともったいないような印象も・・・。

評価:★★★★

SOIL&"PIMP"SESSIONS 過去の作品
PLANET PIMP
SOIL&"PIMP"SESSIONS presents STONED PIRATES RADIO
MAGNETIC SOIL
"X"Chronicle of SOIL&"PIMP"SESSINS
Brothers & Sisters
BLACK TRACK

|

« 基本路線は変わらず、エレクトロ色が強めに | トップページ | 日米「愛国ソング」対決? »

アルバムレビュー(邦楽)2018年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/73659768

この記事へのトラックバック一覧です: 大物ミュージシャン同士が自由に融合:

« 基本路線は変わらず、エレクトロ色が強めに | トップページ | 日米「愛国ソング」対決? »