« プロの2人によるセッション | トップページ | 岸田繁の好みを強く反映 »

2018年5月13日 (日)

お茶の間レベルでブレイク

Title:GOOD LUCK TRACK
Musician:竹原ピストル

俳優としての活躍から徐々に知名度をあげ、前作「PEACE OUT」で本格的にブレイク。さらには昨年末の紅白歌合戦への初出場も果たし、お茶の間レベルにまで知名度を広げてきた竹原ピストル。野狐禅としてデビューしてから15年以上が経過しており、ブレイクまでの非常に長い時間がかかった訳ですが、既に自分のスタイルをキッチリと確立しており、今回リリースされたアルバムでもそのスタンスを大きく変えることはありません。

とはいえ今回のアルバム、1曲目の「ぼくは限りない~One for the show~」は最初、アコギのみの演奏からスタートし、いつもの彼らしいと思いつつ聴きすすめると、いきなり打ち込みのリズムが入って来たりして、ちょっと驚かされます。その後も「どーん!とやってこい、ダイスケ!」ではホーンセッションを入れてきたり、「月光の仮面」ではレゲエなリズムを入れてきたりとバリエーションを出していますが、基本路線はいつも通り。弾き語りによるアコースティックギターでの力強い歌声を聴かせる曲をメインに、バンドサウンドの曲を加えてくるといういつものスタイルでした。

なによりもメロディーに、そして歌詞を重視するのが彼のスタイル。歌詞は一語一語丁寧に歌い上げるスタイルで、それだけに印象に残る歌詞が本作でも多く収録されています。特に、モデルがいるのかな?と思われるような、具体性あり、かつドラマ性ある歌詞が大きな魅力。「どーん!とやってこい、ダイスケ!」は歌手としてようやく売れてきた友人へのエールのような歌詞で、ともすれば昔の彼が今の彼へエールを送っているようにも感じられます。ラップで歌詞を綴る「本庄のド根性」はボクシング部の先輩へのエール。かなり具体的な内容になっているのですが、モデルもいるのでしょうか?「ドライブドライブ~初代機材車、二郎号に捧ぐ~」もライブを共にする機材車へ語った歌詞が印象に残ります。

そんな中でも今回のアルバムで大きなインパクトになっているのが「Amazing Grace」。有名なスタンダードナンバーを歌詞を書き換えてカバーした曲。最初はちょっと過激なラブソングか?と思って聴き進めるのですが・・・最後に感涙モノのオチが・・・。テレビの音楽番組でも歌って大きな反響があったそうですが、その理由も納得のインパクト強いナンバーになっています。

そんな感じでとにかく歌詞を聴かせるスタイルの曲が並ぶ今回のアルバム。正直言って、非常にリスナーの耳に押しこんでくるような雰囲気の歌詞が多く、しゃがれ声の彼の声質と歌い方とあわせて、少々暑苦しいという印象も受けます。ただ一方で、抽象的で説教じみた歌詞ではなく、物語性ある歌詞で具体的に伝えてくるような歌詞なだけに、ボーカルので受ける暑苦しさのイメージよりは比較的あっさり聴けるような曲が多かったようにも思います。前述の「Amazing Grace」も、最後のオチが非常に感情的なだけに、必要以上に「オチ」を強調しがちなのですが、そこはあっさりと曲を終わらせ、変なくどさを感じさせる前に歌い終えています。ここらへんにはバランスの上手さも感じました。

ブレイク後の曲ということもあって自分のスタイルは変えていないものの、比較的聴きやすい曲も多く、徐々に「ヒット」の壺をつかんできたのかな、という印象も受けた本作。これからもまだまだこの人気は続きそうです。

評価:★★★★

竹原ピストル 過去の作品
PEACE OUT

|

« プロの2人によるセッション | トップページ | 岸田繁の好みを強く反映 »

アルバムレビュー(邦楽)2018年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/73420034

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の間レベルでブレイク:

« プロの2人によるセッション | トップページ | 岸田繁の好みを強く反映 »