« AKB系が目立つチャート | トップページ | 約半日のTakkyu地獄 »

2018年5月10日 (木)

安室奈美恵、強し!

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

今週は集計対象週がゴールデンウィークとあって初登場盤の少ない週となりました。ただ、その中で目立つのが安室奈美恵。まず初登場として8位に安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S「ORIGINAL TRACKS VOL.1」がランクインしています。

本作は1996年にリリースされた初期ベスト。安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sとして活動していた東芝EMI(当時)時代の曲から選曲したアルバムを今回、リマスター&SHM-CDとして再リリースし、初動売上6千枚を売り上げ、ベスト10ヒットを記録しました。

はっきりいって完全に、彼女の引退に乗じてリリースされた便乗商法な訳ですが、もっともこのアルバムがもともとリリースされた1996年も、「Body Feels EXIT」や「Chase the Chance」が大ヒットし、アルバム「SWEET 19 BLUES」がリリースされた直後にリリースされた、完全に便乗商法でリリースされたアルバム。要するに「便乗商法ふたたび」的な感じな訳ですが・・・。

そんでもって大ヒットを続ける彼女のベスト盤「Finally」も先週の10位から5位にランクアップ。売上枚数も先週の6千枚から1万枚にアップし、ここに来て盛り返してきました。GWで買い物に出たついでにCDを買って帰ったという方も多いのでしょうか。累計売上枚数は220万枚を突破し、まだまだ売上枚数を伸ばしそうです。

そして同じく女性ボーカリストのベスト盤で奮戦しているのが松任谷由実「ユーミンからの、恋のうた。」。こちらも先週の5位から4位にランクアップしています。ただしこちらは売上枚数2万枚から1万3千枚にダウン。とはいえ、まだまだ根強い人気が続きそうです。

さて、そんな中今週1位を獲得したのはENDRECHERI「HYBRID FUNK」。Kinki Kids堂本剛のソロプロジェクト。毎回、いろいろなプロジェクト名でのアルバムをリリースしている彼ですが、今回のプロジェクトは「エンドリケリー」と読むそうです。初動売上7万7千枚。堂本剛名義でリリースされた前作「Grateful Rebirth」の3万9千枚(1位)よりアップしています。

2位初登場はRoselia「Anfang」。BanG Dream!という漫画やアニメを中心としたプロジェクトから登場した声優によるユニット。本作がデビューアルバムとなります。初動売上2万5千枚でベスト3入りとなりました。

3位は先週1位を獲得したKis-My-Ft2「Yummy!!」が2ランクダウンながらもベスト3をキープしています。

続いて4位以下の初登場盤なのですが、今週4位以下の初登場は前述の安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sの1枚のみ。ただし、ベスト10返り咲きが2枚もありました。まず9位。DJ和「ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある~mixed by DJ和」が先週の24位から一気にランクアップ。3月5日付チャート以来、10週ぶりのベスト10返り咲きとなっています。売上枚数も3千枚から6千枚にアップ。こちらもやはりGWとなり買い物ついでに購入するような方が増えたのでしょうか。

また10位には韓国の女性アイドルグループTWICE「What Is Love?:5th Mini Album」が先週の11位からランクアップ。こちらは2週ぶりのベスト10返り咲きとなります。売上枚数は6.5千枚から6.3千枚に若干ダウンしています。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評はまた来週!

|

« AKB系が目立つチャート | トップページ | 約半日のTakkyu地獄 »

ヒットチャート2018年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/73450393

この記事へのトラックバック一覧です: 安室奈美恵、強し!:

« AKB系が目立つチャート | トップページ | 約半日のTakkyu地獄 »