« 原点に立ち返る | トップページ | 安室奈美恵、強し! »

2018年5月 9日 (水)

AKB系が目立つチャート

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週はAKB系が目立つチャートとなりました。

まず今週1位に博多を中心に活動を行うユニット、HKT48「早送りカレンダー」が初登場でランクイン。CD販売・ダウンロード・スクリーミング数(以下「実売数」)で1位、Twitterつぶやき数4位、PCによるCD読取数で11位を記録。ただしラジオオンエア数は圏外になっています。オリコンでは初動16万5千枚で1位獲得。前作「キスは待つしかないのでしょうか?」の19万9千枚(1位)からダウン。

2位もAKB系。先週1位の乃木坂46「シンクロニシティ」がワンランクダウンでこの位置。AKB系が1位2位を獲得したほか、ロングヒットを続ける欅坂46「ガラスを割れ!」は10位から8位にランクアップしています。

3位にはSingTuyo「KISS is my life.」がランクイン。ご存じ元SMAPの香取慎吾と草彅剛のユニットによる配信限定のシングル。実売数3位、Twitterつぶやき数2位のほか、ラジオオンエア数5位という高い順位につけています。ちなみに作詞作曲はぼくのりりっくのぼうよみ(!)。新進気鋭の若手ライターを使うあたりはSMAPからの伝統を受け継いでいる感じがします。配信限定なのでオリコンシングルランキングではランクインしていませんが、デジタルシングルチャートでは1位を獲得し、その強さを見せつけました。

続いて4位以下の初登場曲ですが、まず5位にUVERworld「ODD FUTURE」が初登場でランクイン。日テレ系アニメ「僕のヒーローアカデミア」オープニングテーマ。打ち込みのサウンドを前面に押し出したシンセポップとなっています。実売数4位、PCによるCD読取数で3位を記録した一方、ラジオオンエア数33位、Twitterつぶやき数65位とのびなやみました。オリコンでは初動売上3万7千枚で3位初登場。前作「DECIDED」の4万枚(2位)からダウンしています。

6位にはaiko「ストロー」が先週の94位からCDリリースにあわせてランクアップしベスト10入りしてきました。実売数7位、PCによるCD読取数5位のほか、ラジオオンエア数では見事1位を獲得しています。aikoらしい爽快なラブソングながらも独特の節回しが特徴的な曲になっています。オリコンでは初動2万2千枚で6位初登場。前作「予告」の2万6千枚(3位)からダウンしています。

7位初登場は小田和正「この道を」。TBS系ドラマ「ブラックペアン」主題歌。なんと5年1ヶ月ぶりのシングルとなります。実売数6位、PCによるCD読取数7位、ラジオオンエア数21位を記録。Twitterつぶやき数が圏外なのは彼のファン層を反映した結果(?)でしょうか。オリコンでは初動売上2万3千枚で4位初登場。前作「その日が来るまで」の1万1千枚(10位)より大きくアップしています。

今週、初登場は以上ですが、先週まで長らく2位をキープしていた米津玄師「Lemon」は残念ながら今週は4位にランクダウン。ただPCによるCD読取数及びYou Tube再生回数は1位を獲得しており、まだまだロングヒットが続きそうです。

今週のHot100は以上。明日はアルバムチャート!

|

« 原点に立ち返る | トップページ | 安室奈美恵、強し! »

ヒットチャート2018年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/73456296

この記事へのトラックバック一覧です: AKB系が目立つチャート:

« 原点に立ち返る | トップページ | 安室奈美恵、強し! »