« パンクなアティチュードで | トップページ | 未発表音源集第3弾 »

2018年4月 9日 (月)

名前を間違えがちな2組

今日は最近話題の2組のバンドの紹介です。どちらも最近、ひとつの流行となっている「シティーポップバンド」として語られるバンド。そしてどちらも英語3語というバンド名という共通項が多く、正直言って、どちらがどちらだったか間違えてしまうことが少なくありません(^^;;

そんな2組が同日にどちらもミニアルバムをリリースしました。ただ、同じ「シティーポップ」と括られつつ、実は両者の音楽性は大きく異なります。そういう意味では「シティーポップ」という言葉の曖昧さも感じてしまうのですが・・・。

Title:SPRING CAVE e.p.
Musician:Yogee New Waves

まずこちらはYogee New Waves。こちらは男性4人組のバンドです。まずしんみりと聴かせるメロディーラインが印象に残るポップバンドで、メロウな雰囲気が漂っている点が特徴的。AOR的な要素も強い一方で、フォーキーな雰囲気も漂わせています。イメージ的にはサニーデイ・サービスと山下達郎を足して2で割った、といった感じでしょうか。

特に今回のミニアルバムでは「部屋のすみで 少しだけピアノを弾き」「Bluemin' Day」)、「都会の空できみが ひかりの粒まとって」「PRISM HEART」)と、いかにもシティーポップ的な都会の男女模様を描いたような歌詞も目立ち、まさにシティーポップの王道を行くようなスタイルが目立ちます。

一方ではラスト2曲である「Summer of Love-Sinking Time ver.」「Ride on Wave-Sweet William Remix」ではビートミュージック的な要素を加味したアレンジとなっており、(最後の曲は第三者によるリミックスですが)幅広い音楽に挑戦しようとする意欲も感じられます。これが3枚目のEP盤ですが、まだまだこれからの活躍が楽しみになってくるバンドです。

評価:★★★★

Yogee New Waves 過去の作品
WAVE

Title:Torso
Musician:Awesome City Club

で、こちらがAwesome City Club。男性3名、女性2名からなる5人組のバンドです。こちらはシンセを使用して80年代的なディスコチューンの要素も入れた軽快でリズミカルなポップチューンが大きな特徴。メンバーに女性ボーカルが参加しているだけに、男女のデゥオも上手く使用したポップチューンを聴かせてくれます。

そんな訳で同じブラックミュージックの影響を受けたシティーポップながらも一方はメロウなソウル的な要素が強く、一方はディスコミュージックの要素が強いとタイプが違う2組。楽曲的なインパクトを言えば間違いなくAwesome City Clubが一歩抜けています。今回も「ダンシングファイター」「yesから二人始めましょう」など男女のハーモニーを上手くいかしたインパクトのあるサビが耳に残るナンバーを聴くことが出来ます。

ただ、音楽的な幅広さ、アレンジの挑戦心で言えばYogee New Wavesの方が上だったかもしれません。彼らもダンスチューンのみならずラストにキリンジの「エイリアンズ」のカバーを入れてくるなどの挑戦をしているものの、こちらはキリンジの原曲に比べるとボーカルの力量の差が目立ってしまったかな?悪いカバーではないとは思うのですが・・・。

評価:★★★★

Awesome City Club 過去の作品
Awesome City Club BEST

そんな訳で、今回どちらもミニアルバムで彼らの本領発揮・・・という訳にはいかなかったのかもしれません。どちらもまだまだな部分を感じつつ、これからの伸びしろの大きさも感じられたミニアルバム。シティーポップと一言で言っても方向性は別々の彼らですが、どちらもこれからの活躍が楽しみです。

|

« パンクなアティチュードで | トップページ | 未発表音源集第3弾 »

アルバムレビュー(邦楽)2018年」カテゴリの記事

コメント

より名前を間違えやすいという意味では、never young beachがいますね。yogeeとレーベルが一緒だった気がします

あとシティポップとは音楽性が違うかもしれないですが、DYGLがとてもお勧めです。ストロークスっぽくて、海外バンドと間違える感じです。

投稿: CBGB | 2018年4月13日 (金) 07時08分

>CBGBさん
あ、そうそう、never young beachなんかもそうですね!DYGLは名前は知っているのですが、まだ聴いたことありませんでした。是非一度聴いてみますね!

投稿: ゆういち | 2018年4月15日 (日) 22時41分

let it outなどの曲がオススメです
あとklan aileenという日本のバンドもカッコ良いです。初期のdeerhunterみたいで。

投稿: CBGB | 2018年4月16日 (月) 16時10分

>CBGBさん
klan aileenというバンドは完全に初耳です。それは機会があれば聴いてみたいですね。情報ありがとうございました。

投稿: ゆういち | 2018年5月12日 (土) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/73207841

この記事へのトラックバック一覧です: 名前を間違えがちな2組:

« パンクなアティチュードで | トップページ | 未発表音源集第3弾 »