« 80年代風ポップが耳を惹く | トップページ | いきなり1位獲得 »

2017年9月 6日 (水)

オリコンでは女性アイドル対決

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

まず1位はAKB48が難なく獲得。

今週1位はAKB48「#好きなんだ」。Twitterでつかわれるハッシュタグをタイトルに気軽に用いているあたりが秋元康っぽい感じ。先週の36位からCDリリースにあわせてのランクアップとなっています。CD販売数・ダウンロード数・ストリーミング数(以下「実売数」)で1位を獲得した他、PCによるCD読取数で2位、Twitterつぶやき数で4位を獲得。ただし一方でラジオオンエア数では17位、You Tube再生回数では38位に留まっています。オリコンでは初動売上108万9千枚で1位獲得。前作「願いごとの持ち腐れ」の130万5千枚(1位)からダウン。ただし、前作は例のAKB総選挙投票券付のシングル。前々作「シュートサイン」の102万5千枚(1位)からは若干のアップとなっています。

2位は先週1位のDAOKO×米津玄師「打上花火」がワンランクダウン。実売数3位、ラジオオンエア数及びTwitterつぶやき数2位、PCによるCD読取数6位と安定して上位にランクイン。特にYou Tube再生回数は今週も1位を記録しており、ヒットの大きな要因となっています。

3位にはPerfume「If you wanna」が先週の83位からCDリリースにあわせてランクアップしベスト10入りを記録しています。サンスター「Ora2×Perfume くちもとBeauty Project」CMソング。実売数及びラジオオンエア数で4位、Twitterつぶやき数では9位、さらにPCによるCD読取数では1位を獲得しています。特にラジオオンエア数が4位とアイドル系としては珍しく上位に入ってきているのがPerfumeらしい感じ。ちなみにオリコンでは同作が2位につけており、AKB48との直接対決となっています・・・が、初動売上は4万9千枚と20分の1以下・・・・・・前作「TOKYO GIRL」(2位)から横バイという結果となっています。

続いて4位以下の初登場曲です。4位には韓国の男性アイドルグループBTOB「Brand new days~どんな未来を~」が初登場で獲得。ベタなストリングスアレンジといい典型的なJ-POPナンバーになっていますが、AKB48や嵐への楽曲提供も手掛ける多田慎也作曲による日本オリジナル曲らしいです。実売数2位、Twitterつぶやき数10位以外はすべてランク圏外というあたりがこの手の韓流アイドルらしい感じ。オリコンでは初動4万7千枚で3位初登場。前作「MOVIE -JPN ver.-」の4万1千枚(3位)よりアップしています。

また6位にはこちらは日本の男性アイドルグループDa-iCE「君色」が初登場でランクインです。実売数5位、Twitterつぶやき数6位のほか、ラジオオンエア数では24位にランクイン。オリコンでは初動3万1千枚で4位初登場。前作「トニカクHEY」の3万5千枚(2位)よりダウンしています。

7位にはアメリカの女性シンガーTaylor Swift「Look What You Made Me Do」(邦題「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」)が先週の43位からランクアップしてベスト10入り。11月にリリースされるニューアルバム「Reputation」からの先行配信となります。実売数15位、You Tube再生回数5位、Twitterつぶやき数60位に留まる一方、ラジオオンエア数では見事1位を獲得しており、これがベスト10入りの最大の要因に。ラジオオンエアが強いのは洋楽系ならでは。

8位には5人組ロックバンドMrs.GREEN APPLE「WanteD!WanteD!」が先週の32位からCDリリースにあわせてベスト10入りです。実売数8位、ラジオオンエア数3位、PCによるCD読取数12位、Twitterつぶやき数37位となっており、ラジオオンエアでの強さが光ります。ちなみにオリコンでは初動9千枚で13位初登場とベスト10入りは逃していますが、前作「どこかで日は昇る」の5千枚(13位)よりはアップしています。

今週の初登場は以上。一方、ロングヒット組はEd Sheeran「Shape Of You」は6位から10位にダウン。実売数は11位と先週の8位からランクダウンしてベスト10落ち。ただしYou Tube再生回数は先週とかわらず3位をキープしており、まだまだロングヒットが続くか?一方TT「TWICE」は先週の9位から16位にダウンし、ついにベスト10落ち。特にロングヒットの最大の要因であったYou Tube再生回数が4位までダウンしているのがベスト10ランクダウンの大きな要因となりました。

今週のHot100は以上。明日はアルバムチャート。

|

« 80年代風ポップが耳を惹く | トップページ | いきなり1位獲得 »

ヒットチャート2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/71634421

この記事へのトラックバック一覧です: オリコンでは女性アイドル対決:

« 80年代風ポップが耳を惹く | トップページ | いきなり1位獲得 »