« これで「御三家」すべて復活 | トップページ | 90年代を代表する名盤 »

2017年8月 7日 (月)

あまりにもそのまんまなユニット名

Title:橋本絵莉子波多野裕文
Musician:橋本絵莉子波多野裕文

あまりにもストレートなミュージシャン名とアルバムタイトルですが・・・タイトル通り、チャットモンチーのギターボーカル橋本絵莉子とPeople In The Boxのギターボーカル波多野裕文によるユニットのデビューアルバム。いやあまりにもそのまんまなのですが・・・(^^;;

チャットモンチーとPeople In The Box。微妙に重なりそうな重ならなさそうなバンド同士。もともとチャットモンチーの橋本絵莉子が2016年頃、自分の書いた楽曲に自信を失いかけ、「自分以外の誰かが作った曲を歌いたい」という願いをかなえるために波多野裕文に楽曲提供をお願いしたことがきっかけだとか。彼女がそんなスランプ気味だったとは知りませんでした。確かに、ここ2年ほどチャットモンチーはアルバムリリースしていないしなぁ。

そしてリリースされた今回のニューアルバムはイメージとしてはチャットモンチーとPeople In The Boxの楽曲を足して2で割ったようなスタイルの作品でした。上に書いたような経緯もあって基本的に作曲は波多野裕文が担当し、橋本絵莉子は作詞を担当。それだけにもっとPeople In The Boxの色が強く出てもいいような印象を受けたのですが、聴いてみるとアルバムの中で主に橋本絵莉子がボーカルを取っていることもあり思いのほかチャットモンチー色が強く出ているアルバムになっていました。

ただおそらくチャットモンチー色を強く感じるのは橋本絵莉子がボーカルを取っているから、というだけではないでしょう。なによりもチャットモンチーっぽさを感じるのが彼女が書く歌詞。女の子の感情を素直に具体的な言葉で綴るスタイルはチャットモンチーそのもの。例えば「飛翔」などと

「小さなジャスコに行きたい
ショッカーの居場所もないステージ
近所のあの子も来るはず
こないだの転校生のあの子」

(「飛翔」より 作詞 橋本絵莉子)

という歌詞。郊外の風景を描いたような素朴な歌詞といい、「ジャスコ」やら「ショッカー」やら固有名詞を上手く用いた歌詞といい、まさにチャットモンチー節ともいうような歌詞。特にメロディーラインとあわせて「行きたい」の部分でかわいらしく跳ね上がるようなフレーズとなっており、作詞は波多野裕文にもかかわらず妙にチャットモンチーらしいフレーズに仕上がっています。

ただ一方でこの「飛翔」、コード進行は妙に複雑でチャットモンチーでは聴かれないようなスタイル。「ノウハウ」などもピアノを聴かせつつ、このピアノが不協和音を奏でており、不気味な雰囲気を醸し出していますし、「アメリカンヴィンテージ」も最後にはノイズが登場するなど、チャットモンチーでは微妙に聴かれないスタイルが顔を覗かせます。

なによりも橋本絵莉子の歌詞と歌でポップにまとまっているものの、よくよく聴くとチャットモンチーとは異なる微妙に歪んだ癖のあるメロディーラインが特徴的。波多野裕文の色がべっとりと楽曲に張り付いていることに気が付かされます。

基本的にはアコースティックな暖かい雰囲気のポップがメインとなっている本作。全体的にポップで聴きやすいものの、橋本絵莉子と波多野裕文の魅力がそのままつまっている一方、チャットモンチーともPeople In The Boxとも異なる魅力がつめこまれた作品になっていました。そういう意味では実に相性のよい2人だったということなのかもしれません。

ちなみにご存じの通り、橋本絵莉子といえば既婚者の人妻(波多野裕文は独身のようですが)。この相性の良さに旦那との関係は大丈夫なのか?とちょっと聴いていることらがドギマギしちゃいそう(笑)。ただそれだけ良く出来た楽曲ばかりだっただけに、今後もコンスタントに活動を続けてほしいなぁ。お互い、バンドとはちょっと違ったスタイルなのでバンドのためにもちょうどよい「ストレス解消」にもなりそうですし。これからの活躍も楽しみです。

評価:★★★★★


YES/サンボマスター

前作「サンボマスターとキミ」はデビューから12年目にしてむしろデビュー時期に戻ったような勢いを感じさせる傑作となっていましたが、ここ最近、サンボマスターは再び脂がのりだしたのかもしれません。続く本作「YES」も前作から引き続き、デビュー当初のような勢いを感じさせる一種の初期衝動的なものすら感じさせる傑作。へヴィーで力強いパンキッシュなサウンドに力強いメッセージ性のある歌詞。サンボマスターの魅力がぎっしりとつまったアルバムになっていました。この勢いはまだまだ続くのか?これからの活躍が楽しみです。

評価:★★★★★

サンボマスター 過去の作品
音楽の子供はみな歌う
きみのためにつよくなりたい
サンボマスター究極ベスト
ロックンロール イズ ノット デッド
終わらないミラクルの予感アルバム
サンボマスターとキミ

Dead End in Tokyo European Edition/MAN WITH A MISSION

Deadintokyo

今年1月にリリースされたシングル「Dead End in Tokyo」に新曲やライブ音源を追加し、全9曲入りとなり、欧州のみでリリースされる予定だったEP盤。ただ急きょ日本でも配信オンリーでのリリースされることになったのでチェックしてみました。

基本的にいつものマンウィズ節といった感じ。「Hey Now」「Dog Days」はBoom Boom Satellitesみたいだな、と思っていたらBoom Boom Satellitesの中野雅之プロデュースの作品。良くも悪くもそのまんまブンサテサウンドになっています。最後に3曲ライブ音源が入っているのですが、こちらが文句なしにカッコいい。MAN WITH A MISSIONの曲はもちろん悪くはないけども煮え切らないような物足りなさを感じる部分が多いのですが、ライブ音源に関してはどこか引っかかる煮え切らなさが完全に払しょくされています。やはりMAN WITH A MISSIONの魅力はライブなんでしょうね。

評価:★★★★

MAN WITH A MISSION 過去の作品
Trick or Treat e.p.
MASH UP THE WORLD
Beef Chicken Pork
Tales of Purefly

5 Years 5 Wolves 5 Souls
The World's on Fire
Out of Control(MAN WITH A MISSION x Zebrahead)

|

« これで「御三家」すべて復活 | トップページ | 90年代を代表する名盤 »

アルバムレビュー(邦楽)2017年」カテゴリの記事

コメント

最近のサンボはマジやばいですね! この前の野音公演でyes聴いたんですけどめっちゃ演奏も歌声もキレキレでした!!!!

投稿: オジャ | 2017年8月15日 (火) 23時58分

>オジャさん
サンボマスター、ライブも素晴らしかったですか!それは是非、彼らのライブも見てみたいなぁ。最近、パンクバンドとしての勢いを感じます。

投稿: ゆういち | 2017年8月17日 (木) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/71222995

この記事へのトラックバック一覧です: あまりにもそのまんまなユニット名:

« これで「御三家」すべて復活 | トップページ | 90年代を代表する名盤 »