« 90年代を代表する名盤 | トップページ | 夏は山達! »

2017年8月 9日 (水)

AKB系 vs ももクロ

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

今週はAKB系とももクロの新譜が同時にランクイン。

まず1位は福岡を中心に活動を続けるAKB48の姉妹グループHKB48「キスは待つしかないのでしょうか?」がランクイン。このタイトルもいかにも秋元康っぽい感じ。CD販売・ダウンロード・ストリーミング数(以下「実売数」)で1位を獲得した他、PCによるCD読取数7位、Twitterつぶやき数で10位を記録。ただラジオオンエア数は圏外となっており、ファンのすそ野は広がっていない印象。オリコンでも初動売上19万9千枚で1位初登場。前作「バグっていいじゃん」の21万枚(1位)からダウン。

一方ももいろクローバーZの新曲「BLAST!」は4位に留まりました。PCによるCD読取数は1位を獲得したものの、実売数は4位、Twitterつぶやき数は16位に留まりました。ラジオオンエア数は19位はアイドル系としては健闘した方でしょうか。オリコンでは初動5万枚で3位初登場。前作「ザ・ゴールデン・ヒストリー」の5万1千枚(2位)より微減。ちなみに前作発売時もHKB48と同時リリースとなっており、初動は26万9千枚vs5万1千枚という結果になっており若干差は縮まった形に。ただももクロ人気もかなり落ち着いた感がありますが。

2位は名古屋を中心に活動をする男性アイドルグループBOYS AND MEN「帆を上げろ!」が初登場でランクイン。TBSテレビ系ドラマ「マジで航海してます。」主題歌。爽やかな典型的アイドルポップ。実売数2位、Twitterつぶやき数3位を記録しましたが、ラジオオンエア数33位、PCによるCD読取数81位という結果になっています。オリコンでは初動16万5千枚で2位初登場。前作「YAMATO☆Dancing」の21万枚からダウン。前作のペースならHKB48を上回る可能性もあったのですが。

3位は先週1位のMr.Children「himawari」が2ランクダウンながらもベスト3をキープしています。

続いて4位以下の初登場曲です。7位にはLiSA「だってアタシのヒーロー。」がランクイン。日テレ系アニメ「僕のヒーローアカデミア」エンディング・テーマ。まんま90年代のガールズロック路線。実売数7位、PCによるCD読取数9位、Twitterつぶやき数6位と上位に入りましたが、ラジオオンエア数は58位に留まっています。オリコンでは初動1万5千枚で7位初登場。前作「Catch the Moment」の2万7千枚(4位)からダウンしています。

8位には三浦大知「U」が初登場でランクイン。日テレ系ドラマ「脳にスマホが埋められた!」主題歌。なんじゃそのドラマは??タイトルのインパクトだけは強烈ですね。かといって、見たいかと言われると全く食指が動かないのですが。実売数15位、PCによるCD読取数、Twitterつぶやき数いずれも13位なのですが、ラジオオンエア数が3位と上位にランクインし、総合チャートでは見事ベスト10入りを記録しました。オリコンでは初動1万2千枚で8位初登場。前作「EXCITE」の2万9千枚(1位)から大幅ダウンとなっています。

最後10位には乃木坂46「逃げ水」が先週の61位からランクアップしてベスト10入り。CDでは8月9日リリース予定ですが、先行配信のため一足早くベスト10に入ってきています。実売数13位、ラジオオンエア数26位、You Tube再生回数46位でしたが、Twitterつぶやき数7位にひきあげられた形になっています。

さて今週のロングヒット組はTWICE「TT」はTwitterつぶやき数及びYou Tube再生回数1位で9位から5位にランクアップ。これで7週連続のベスト10入り。実売数も22位を記録しており、もう少し上位も狙えるか?一方、SEKAI NO OWARI「RAIN」は7位から9位にランクダウン。こちらもベスト10入り7週目となりました。実売数9位、PCによるCD読取数は3位とまだ上位に留まっており、まだロングヒットを続けられるか?

今週のHot100は以上。アルバムチャートは明日!

|

« 90年代を代表する名盤 | トップページ | 夏は山達! »

ヒットチャート2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/71378267

この記事へのトラックバック一覧です: AKB系 vs ももクロ:

« 90年代を代表する名盤 | トップページ | 夏は山達! »