« ジャニ系vsK-POP | トップページ | ダンストラックに特化 »

2017年8月 4日 (金)

2017年上半期 邦楽ベスト5

火曜日に引き続き、今度は邦楽ベスト5

5位 TROPICAL LOVE/電気グルーヴ

聴いた当時の感想はこちら

世間一般的な評価でも傑作の呼び声高い電気グルーヴのニューアルバム。全体的には熱量は薄め、爽やかなテクノチューンが並んでおり、タイトル通り、南国色も強くラテンフレーバーも感じる部分も。一方でシニカルでコミカルな歌詞の曲もきちんと搭載されており、電気グルーヴの魅力を様々な面から感じることが出来る傑作アルバムでした。

4位 平凡/ドレスコーズ

聴いた当時の感想はこちら

「平凡」をコンセプトとしたドレスコーズのニューアルバムは志磨遼平の非凡な才能を感じられる傑作。彼らしい歌謡曲テイストを含めつつインパクトある美メロがさく裂したナンバーやファンキーなポップチューンなどの連続で、いままでのアルバムの中でもっとも楽曲の強度が強いアルバムだったと思います。コンセプトアルバムという挑戦を行うこと自体、志磨遼平の活動が脂にのっていることを示していた傑作でした。

3位 re:Action/スキマスイッチ

聴いた当時の感想はこちら

スキマスイッチの代表曲をそれぞれ別々のプロデューサーによって手掛け、再録音したという企画盤。本作が非常にユニークかつ傑作だったのが、アルバムとしての統一感やスキマスイッチのミュージシャンイメージを無視し、各々のプロデューサーがその個性を出しまくっていること。その結果、スキマスイッチの楽曲の新たな魅力に気が付かされるとともに、各々のプロデューサーの魅力にも気が付かされるアルバムになっていました。ラストを飾るスキマスイッチの楽曲を分解再構成して「新曲」にしてしまったKANの仕事ぶりも見事。

2位 Popcorn Ballads/サニーデイ・サービス

Popcornballads

聴いた当時の感想はこちら

ストリーミングオンリーで突如リリースされたサニーデイ・サービスの新譜。直近のニューアルバム「DANCE TO YOU」も傑作でしたが、それに負けずとも劣らない傑作がバンドの、というよりは曽我部恵一の充実ぶりを感じさせます。全22曲85分というフルボリュームがCDという容量を考えなくてもよいストリーミングオンリーのリリースらしい構成。さらにアルバム全体としても挑戦的な楽曲も多く統一感は薄いため、「アルバム」というよりも「プレイリスト」的な感覚の作品になっていました。しかしそのどの曲も名曲揃い。最近はポストサニーデイとも言うべきシティポップバンドの活躍が目立つますが、その中でベテランとしての存在感をしっかりと示した作品でした。

1位 SUPERMAN/水曜日のカンパネラ

聴いた当時の感想はこちら

おととし、昨年と2年連続で私的ベストアルバムで1位を獲得した水曜日のカンパネラが、まさかの3年連続1位獲得か?まあ、主観ありまくりの「私的ベスト」で1位を取ろうが大して重要な話ではないのですが、ただここまでの充実作を3年連続という短いスパンでリリースしてきたことが驚き。本作では「ジパング」「UMA」と進化させてきたクラブ系のエレクトロサウンドに「私を鬼ヶ島に連れてって」以前のコミカルな路線を加味した水カンの現時点での集大成ともいうべきアルバムになっていました。

そんな訳で、今年も上半期1位は水曜日のカンパネラ!いや、まじで彼らの勢い、全く止まっていません。先日もはじめて彼女のステージを見たのですが、予想以上に楽しいステージでさらにはまってしまいました。このまま3年連続1位か?

さて今年上半期、この5枚以外にも傑作揃い。昨年に続きかなり充実したシーンになっているように感じました。他のベスト盤候補は・・・

THE KIDS/Suchmos
半世紀No.5/UNICORN
光源/Base Ball Bear
EMO/TOWA TEI
達磨林檎/ゲスの極み乙女。
人生/ウルフルズ
PLAY/藤原さくら
Mellow Waves/cornelius

Suchmos、TOWA TEI、corneliusが次点といった感じでしょうか。さらに純粋に「楽しさ」だけでいえばUNICORNも上の5枚に負けないアルバムだったと思います。さてこの勢いは下半期も続き、さらなる傑作のリリースがあるのでしょうか。楽しみです。

以下、あらためて上の5枚を並べると

1位 SUPERMAN/水曜日のカンパネラ
2位 Popcorn Ballads/サニーデイ・サービス
3位 re:Action/スキマスイッチ
4位 平凡/ドレスコーズ
5位 TROPICAL LOVE/電気グルーヴ

2007年 年間1 
2008年 年間1  上半期
2009年 年間1  上半期
2010年 年間1  上半期
2011年 年間1  上半期
2012年 年間1  上半期
2013年 年間1  上半期
2014年 年間1  上半期
2015年 年間1  上半期
2016年 年間1  上半期

|

« ジャニ系vsK-POP | トップページ | ダンストラックに特化 »

音楽コラム」カテゴリの記事

コメント

ゆういちさん、こんばんは。

水カンがまたしても1位ですか!僕の予想では、ストリーミングのみという新たなリリース方法を評価して、サニーデイが1位になると予想していたんですが…いやいやそれ以上に水カンが素晴らしかったということですね!
下半期もたくさん名作がリリースされるといいですよね。

(あと、スキマの作品がベスト盤候補の方にも入ってましたよ)

投稿: 通りすがりの読者 | 2017年8月 5日 (土) 00時54分

>通りすがりの読者さん
サニーデイも非常によかったのですが、水カンの方がアルバムとしてのまとまりも含めてより素晴らしい作品でした。本当に彼女たちの勢いはまだまだ止まらなそうです。
スキマの件はご指摘ありがとうございました。さっそく修正させていただきました。

投稿: ゆういち | 2017年8月 6日 (日) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/71286931

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年上半期 邦楽ベスト5:

« ジャニ系vsK-POP | トップページ | ダンストラックに特化 »