« ベスト盤が上位に並ぶ中・・・ | トップページ | 「月9ドラマ」でブレイクという印象とは反して »

2017年7月21日 (金)

ストリーミングオンリーでのリリース

Title:Popcorn Ballads
Musician:サニーデイ・サービス

Popcornballads

昨年、傑作アルバム「DANCE TO YOU」をリリース。2008年の再結成以来、比較的マイペースな活動が目立っていた彼らでしたがその健在ぶりをあらためてアピールしました。そのアルバムリリースから約10ヶ月。突然リリースされたニューアルバムが大きな話題となっています。話題となった大きな要因はなによりもそのリリース形態。本作はApple Music及びSpotifyでのストリーミングオンリーでのリリース。ダウンロード及びCD形態での販売は一切なしというスタイルとなっています。日本でも配信オンリーでのアルバムを突然リリースするケースは少なくなくなってきましたがストリーミングサイトオンリーでのアルバムリリースはまだ珍しいケースだと思われます。

そんなストリーミング限定でのリリースでありアルバムの長さに制限がないことから22曲85分というフルボリュームの内容となった本作。ただこれだけ長いアルバムであるにも関わらず聴いていて全くだれることのない傑作に仕上がっていました。まず聴いた感触としては傑作アルバムだった前作「DANCE TO YOU」の流れをひいているように感じます。全体的にメロウさを感じつつもちょっとネチッとした熱量も同時に感じるようなシティポップが多く、前作から10ヶ月というインターバルやストリーミング限定というリリース形態から、「DANCE TO YOU」のアウトトラック的なアルバムなのか?と最初は感じました。

しかし聴き進めていくとアルバム全体、非常に様々なバリエーションのある楽曲が並んでいます。例えばMVも作成されアルバムの代表曲的な位置づけになっている「青い戦車」は前作からの流れを感じるファンクポップになっているのですが、「花火」はフィルスペクターばりの分厚いサウンドにキュートなメロが印象的なポップスになっていますし、続く1分に満たない小曲である「Tシャツ」はオールドスタイルのロックンロール。「虹の外」は80年代を感じさせるポップチューンになっていますし、タイトルチューン「ポップコーン・バラッド」は昔のサニーデイを彷彿とさせるようなフォーキーな楽曲に仕上がっています。

また数多い楽曲の中には少々実験的というか挑戦的というか、22曲という曲数だからこそ入れられたような楽曲も見受けられました。例えば「街角のファンク」はゆっくりとした強いビートを刻みつつ、途中にラップも登場。HIP HOPテイストも強いファンクナンバーとなっていますし、「クジラ」は挑戦的ともいえるエレクトロサウンドを取り入れています。「透明でも透明じゃなくても」もサニーデイらしいフォーキーなメロを楽しめる楽曲ながらも微妙にサイケな雰囲気なサウンドも印象的。また「恋人の歌」はアコギ1本で聴かせるデモ音源のようなつくりになっています。

曽我部恵一らしいメロというゆるい統一性はあるもののアルバム全体としてはバラバラといった感じで、コンセプチャルだった前作とは対照的ともいえるかもしれません。またストリーミングオンリーでのリリースということもあって、ひとつのコンセプトにまとまった「アルバム」というよりは出来上がった曲を並べた「プレイリスト」的な感覚の作品と言えるかもしれません。

しかしそんなアルバムにも関わらず実に魅力的な作品がズラリと並んでいた本作。再結成後は煮え切らないような作品が続いたサニーデイが前作「DANCE TO YOU」で驚くような傑作をリリースしてきたのですが、続く本作を聴く限り、むしろ今がサニーデイにとって全盛期ではないのかと思われるような脂ののった傑作となっています。他にも7分におよぶ楽曲ながらもグルーヴィーなサウンドに魅了される「クリスマス」や、軽快でバンドサウンドが心地よいギターロック「サマー・レイン」などこれだけでアルバムの中心曲として機能しそうな名曲も惜しみなく収録されています。これだけの作品を惜しみなくアルバムに収録してくるあたり、いかに今、曽我部恵一の創作意欲があふれてだしているかを実感させられます。

個人的にはむしろ前作以上に気に入った、今年を代表するような最高傑作だったと思います。Apple MusicかSpotifyに加入しないと聴けないアルバムなのですが、このアルバムを聴くためだけにでも同サービスに加入することをお勧めしたい傑作アルバムです。デビューから20年以上が経過したベテランである彼らですが、ここに至ってこれだけのアルバムをリリースしてくるとはかなりのビックリ。ストリーミングオンリーであるがゆえに宣伝もあまり行われていないようなのが残念なのですが・・・是非ともチェックしてほしいアルバムです。

評価:★★★★★

サニーディ・サービス 過去の作品
本日は晴天なり
サニーディ・サービス BEST 1995-2000
Sunny
DANCE TO YOU
桜 super love

|

« ベスト盤が上位に並ぶ中・・・ | トップページ | 「月9ドラマ」でブレイクという印象とは反して »

アルバムレビュー(邦楽)2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/71086314

この記事へのトラックバック一覧です: ストリーミングオンリーでのリリース:

« ベスト盤が上位に並ぶ中・・・ | トップページ | 「月9ドラマ」でブレイクという印象とは反して »