« 時代がNONAに追いついた? | トップページ | 一度見たら忘れられないジャケット »

2017年6月 3日 (土)

シンプルなサウンドで美しく聴かせる

Title:Pleasure
Musician:Feist

2007年にリリースした「The Reminder」ではグラミー賞4部門にノミネート。続いてリリースされた「Metals」も高い評価を受け大きな話題となったカナダ出身の女性シンガーソングライターFeist。その彼女が前作から6年ぶりにリリースしたニューアルバムが実に素晴らしい傑作に仕上がっていました。

アルバムはどの曲も基本的に音数を絞ったようなシンプルなサウンドに力強い彼女のボーカルがのるようなスタイル。1曲目でありタイトルチューンである「Pleasure」も最初、静かなギターが鳴る中、彼女の歌声で楽曲がスタートします。ただ間奏で鳴り響くエッジの利いたノイジーなギターサウンドが大きなインパクトに。さらにバックに流れるストリングスの音色も楽曲に美しい印象を与えています。

続く「I Wish I Didn't Miss You」も基本的にアコースティックギターのみのナンバーですし、3曲目「Get Not High,Get Not Low」もアコギでブルージーに聴かせるシンプルながらも静かな楽曲が印象的なナンバーになっています。

前作「Metals」もフォーキーなサウンドに彼女の美しい歌声を聴かせるようなスタイルが特徴的だったのですが本作でもそれは同様。特に中盤「A Man Is Not His Song」では彼女のハイトーンで美しいボーカルを前に押し出したような楽曲になっており、その傾向が強調されています。また楽曲の録音状況も少々音質が悪く、荒々しさを残したような録音になっているのですが、その録音状況の荒々しさによってボーカルのリアリティーが増しているようにも感じました。

一方、「Pleasure」の間奏で聴かせるギターサウンドもそうなのですが、所々にへヴィーでダイナミックなギターサウンドが入ることによって大きなインパクトとなっています。例えば「Lost Dreams」も彼女の美しい歌声を聴かせるようなナンバーなのですが、そこにノイジーなギターサウンドを入れてきており、このギターノイズが彼女の美しい歌声を浮き出させるような構図に。「Century」などは力強いドラミングにへヴィーなギターサウンドといったバンドサウンドを前面に押し出したロックなナンバー。でもこの曲でもなお彼女のボーカルはへヴィーなサウンドの中で主張をしています。

今回のアルバムでは内省的な歌詞がテーマとなっているようですが、そんな曲を歌う彼女のどこか悲しげなボーカルとメロディーラインも大きなインパクトに。ただどの曲も基本的にわかりやすくポップなメロディーラインが流れており、シンプルにメロディーと歌詞で勝負している曲であるがゆえに非常に聴きやすいアルバムになっていました。

前作「Metals」も非常に素晴らしい傑作アルバムでしたが本作はそれに勝るとも劣らない傑作アルバムだったと思います。個人的には年間ベスト候補ともいえるほどはまりました。力強くも美しい彼女のボーカルに強く惹かれる1枚です。

評価:★★★★★

Feist 過去の作品
Metals


ほかに聴いたアルバム

Tribute to Ndiouga Dieng(邦題:ンジュガ・ジェンに捧ぐ)/Orchestra Baobab

アフリカ・セネガルの代表的なミュージシャンでアフリカ音楽の中でもレジェンド的なミュージシャンであるオーケストラ・バオバブ。1987年に一度解散したものの2001年に復活。本作は2007年にリリースしたアルバム以来、10年ぶりとなる新作となりました。本作は昨年亡くなったメンバーのンジュガ・ジェンに対して捧げられたアルバム。ラテン色の強い作風に哀愁感あふれるメロは以前からの彼らの大きな特徴。今回はやはり亡くなったメンバーに対して捧げられたアルバムということでより哀愁感が強くなっているように感じます。ただ一方で爽快さを感じるナンバーも目立ち、単に悲しむばかりではなくしっかり前を向いているようにも感じられるアルバムでした。

評価:★★★★★

Orchestra Baobab 過去の作品
LA BELLE EPOQUE VOLUME2(ラ・ベル・エポック 第2集)

Memories...Do Not Open/The Chainsmokers

シングル「Closer」が大ヒットを記録して一躍注目を集めたアメリカのEDMのDJによるデゥオ。EDMといってもリズミカルなダンスチューンはあまりなく、基本的にはゆっくりポップに聴かせるエレクトロポップがメイン。ポップなメロディーは万人受けしそうで、確かに売れそうなユニットだな、という印象を受けます。ただこれといった特色も少ないためにこの人気がどこまで持続できるのか、ちょっと気になるところ。

評価:★★★★

|

« 時代がNONAに追いついた? | トップページ | 一度見たら忘れられないジャケット »

アルバムレビュー(洋楽)2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/70497652

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルなサウンドで美しく聴かせる:

« 時代がNONAに追いついた? | トップページ | 一度見たら忘れられないジャケット »