« 清竜人と5人のワイフたち | トップページ | ゆるふわラップ »

2017年6月19日 (月)

女性として、母親として

今年、デビュー15周年を迎える女性レゲエシンガーMINMI。そんな彼女が15周年を記念してAll Time Bestを2枚同時にリリースしてきました。

Title:ALL TIME BEST:ADAM
Musician:MINMI

まずこちらは「ALL TIME BEST:ADAM」。デビューシングルでいきなりの大ヒットを記録した「The Perfect Vision」をはじめ「シャナナ☆」などのヒット曲も収録されています。

さてこのベスト盤を聴いて強く感じたのがMINMIが自ら女性であること、母親であることを強く意識して楽曲作りをしている、ということでした。典型的なのは「#ヤッチャイタイ」でしょう。軽快なソカ路線のパーティーチューンである本作は女性視点のエロ歌詞というスタイル。エロい歌詞の曲はポップスシーンにいろいろとありますが基本的に男性目線。それをあえて女性目線で描くあたりに、エロは男性の専有物ではないという主張を感じます。

またそんな歌詞を書きつつ一方では子供に対する母親の愛情を感じる曲も目立ちます。子供の誕生を歌った「キセキ」は子供の視点から描いており、この視点がなかなかユニーク。「ピンク帽子の"ドレミファソ"」も子供向けの数え歌に仕上がっています。ちなみにこの曲、子供の保育園の卒園式のためにつくられたとか。MINMIの母親としての暖かいまなざしを感じます。

楽曲的にもレゲエやソカを中心にラップ、エレクトロ、ポップスなど多彩な要素を取り込んでおり、バラエティー富んだ内容になっており最後まで飽きさせません。なによりMINMIの人間性が垣間見れるベスト盤になっており、とても素敵な1枚でした。

評価:★★★★★

Title:ALL TIME BEST:EVE
Musician:MINMI

そして同時にリリースされたもう1枚のALL TIME BEST。こちらにはファン投票の上位に選ばれた「隠れた名曲」や、「The Perfect Vision」を再録した15th anniversary versionが収録されています。

こちらもレゲエやソカを中心にエレクトロサウンドを取り入れたりポップ色が強い楽曲が並んでいたりとバラエティー豊か。ラテン調の強いナンバーやノイジーなギターサウンドを取り入れてロック色も感じる曲もあります。

まあただこちらは一般的なイメージからしてジャパレゲの人たちってこんな感じだろうなぁ、といった感じの描写が多いイメージ。要するに「オラオラ系の人たち」ってイメージですね。SHINGO★西成と組んだ「スマホ」だとか、元旦那の所属していた湘南乃風と組んだ「さくら~永遠~」だとか、良くも悪くも「まあ、そういう感じだよね」と思ってしまいそうな曲が並んでいます。

そういう意味では「ADAM」と比べるとMINMIというミュージシャンの魅力があまり出ていないような・・・個人的にはMINMIをあまり聴いたことない、という方には「ADAM」がお勧めかな。もちろんこちらも十分楽しめるとは思うのですが。

評価:★★★★

MINMI 過去のアルバム
THE LOVE SONG COLLECTION 2006-2007
MINMI BEST 2002-2008
Mother
I LOVE


ほかに聞いたアルバム

GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition/TM NETWORK

Getwild

今年4月、アルバム全曲が「GET WILD」といういろいろな意味でとんでもないアルバム「GET WILD SONG MAFIA」がリリースされ話題となったTM NETWORK。その後、配信限定でリリースされたのが本作。こちらも全曲「GET WILD」で、avexが版権を持っている楽曲を並べた作品だそうです。最初、「GET WILD SONG MAFIA」の配信用ダイジェスト版かな?と思ったのですが、なんとこのアルバムのみに収録されるバージョンもあるとか。まだあるのか、「GET WILD」!?という訳で「SONG MAFIA」に続いて本作も聴いてみました。

基本的にはTM NETWORKがavexにうつった2012年からの曲なので極最近のバージョンばかり。ただ、それでもこれだけバージョンがあるんだ・・・と思ってしまいますが。最近のバージョンなだけに全体的にはトランス色が強いアレンジに。ちなみに小室哲哉ソロ曲も入っているのですが、こちらも「GET WILD」のオリジナルではなく「GET WILD '89」。「SONG MAFIA」での感想でも書いたんだけど、やはり小室哲哉本人は「'89」のアレンジが理想形なんだなぁ。

個人的にはやはり石野卓球アレンジの「SONG MAFIA」収録曲とは別バージョン「Takkyu Ishino Latino Remix」がよかったな。「SONG MAFIA」を聴いた方、もうちょっと「GET WILD」におつきあいしてはいかが?

評価:★★★★

TM NETWORK 過去の作品
SPEEDWAY
TM NETWORK THE SINGLES 1
TM NETWORK THE SINGLES 2
TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999
DRESS2
QUIT30
GET WILD SONG MAFIA

|

« 清竜人と5人のワイフたち | トップページ | ゆるふわラップ »

アルバムレビュー(邦楽)2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/70738476

この記事へのトラックバック一覧です: 女性として、母親として:

« 清竜人と5人のワイフたち | トップページ | ゆるふわラップ »