« ミニマルメロウがグルーヴ感が魅力的 | トップページ | 突然の解散劇 »

2017年5月29日 (月)

「メタの合間につくりました。」

Title:EMO
Musician:TOWA TEI

最近ではMETAFIVEでの積極的な活動が目立つTOWA TEI。それもあってか本作の宣伝文句がそのまま「メタの合間につくりました。」(笑)。METAFIVEでの活動の中でもしっかりと自作を制作していたということからも彼の旺盛な活動意欲を感じます。ただ今回、「メタの合間」ということを宣伝文句として強調したのはもうひとつ大きな理由があるように感じます。それは今回のアルバムはMETAFIVEからの影響をアルバム全体に強く感じ、まさにメタの合間につくったアルバムらしい作品となっていたからです。

1曲目「Exformation」は高橋幸宏とLEO今井がボーカルで参加。他にもコーネリアス以外のMETAFIVEのメンバーが参加している作品に。ファンキーでリズミカルなナンバーはバンド色も強く、METAFIVEからの影響を強く感じます。続く「Brand Nu Emo」はミュージシャン名義からしてMETAFIVE with MIZUHARA SISTERSとMETAFIVE名義の楽曲。こちらもMETAFIVEらしいバンド色も強いファンキーなリズムが心地よいポップチューンに仕上がっています。

この2曲に関してはTOWA TEI本人もインタビューで「METAFIVEに入れてもいい曲だった」というだけにもともとMETAFIVEを意識して書かれた楽曲なのでしょう。ただその後の曲に関しても基本的にはこの2曲の流れに沿った楽曲が並んでいます。続く「GBI」も軽快なエレクトロファンクなナンバーが続きますし、「Sugar」はUAがボーカルに入ることによりトライバルな雰囲気が加わり、中盤のひとつのインパクトとなっていますが、その後に続く「Xylocopa」「TG」はTOWA TEIソロとしての色合いが強い、実験的な側面も強いナンバーとなっているものの前半同様にエレクトロファンクな楽曲に仕上がっています。

また彼の楽曲に以前から共通するように女性ボーカルが多く起用されているのも特徴的。前述の「Brand Nu Emo」では水原希子・佑果の姉妹、「Sugar」ではUA、「GBI」ではカイリー・ミノーグが参加しているほか、「REM」ではアイドルグループゆるめるモ!のあのが参加。ちょっとウイスパー気味なボーカルが楽曲に見事マッチしています。

ここらへんの女性ボーカルに関しても、METAFIVEは基本的に男性主体だっただけにMETAFIVE的なサウンドに女性ボーカルがのるという対比もおもしろいところ。またインスト曲に関してはTOWA TEIらしいサウンドを強く入れてきており、METAFIVEの影響をほどよく受けつつ、その中できちんとTOWA TEIのアルバムとして仕上げているのが実に見事です。

TOWA TEIのアルバムは基本的に毎作それなりに楽しめたのですが、さらっと聴きながすことが出来ていまひとつ物足りなさを感じていましたが今回のアルバムは楽曲にしっかりとしたフックも利いており、非常に楽しむことが出来た傑作でした。METAFIVEの活動がTOWA TEIのソロでの活動へも良い意味で影響を与えた結果だったと思います。個人的にいままで聴いたTOWA TEIのアルバムの中では間違いなく最高傑作だと言える1枚でした。

評価:★★★★★

TOWA TEI 過去の作品
BIG FUN
MACH2012
LUCKY
CUTE


ほかに聴いたアルバム

I STAND ALONE/GLIM SPANKY

ルーツ志向のブルースロック路線が人気となっている男女2人組デゥオの新作ミニアルバム。Superflyの二番煎じというイメージが強かったのですが、本作ではボーカル松尾レミのしゃがれ声のボーカルをより押し出し、ルーツロック志向が強まった印象があります。また「美しい棘」ではフォーキーな路線、「お月様の歌」ではアコギとストリングスでしんみりポップとルーツロック志向とは異なるベクトルの曲も聴かせてくれます。ただ5曲だけだとちょっと中途半端さを感じてしまう部分もあり、次のフルアルバムに期待したいところです。

評価:★★★★

GLIM SPANKY 過去の作品
ワイルド・サイドを行け
Next One

COLORS/DEPAPEPE

途中ベスト盤をはさみ、オリジナルアルバムとしては約2年8ヶ月ぶり、ちょっと久々となってしまったギターインストデゥオの8枚目となるフルアルバム。全編、アコースティックギターを爽快にかきならし、メロディアスなポップスを奏でるインスト曲。「Letter from the forest」のように爽快なサウンドの中、ちょっと切なさを感じるメロを聴かせるような曲が大きな魅力でしょうか。デビュー以来のDEPAPEPEサウンドを守り続けている感じで、良くも悪くもいつも通りのギターインスト。安心して楽しめるアルバムです。

評価:★★★★

DEPAPEPE 過去の作品
デパクラ~DEPAPEPE PLAYS THE CLASSIC
HOP!SKIP!JUMP!
デパナツ~drive!drive!!drive!!!~
デパフユ~晴れ時どき雪~
Do!
デパクラII~DEPAPEPE PLAYS THE CLASSICS
ONE
Acoustic&Dining
Kiss
DEPAPEPE ALL TIME BEST~COBALT GREEN~
DEPAPEPE ALL TIME BEST~INDIGO BLUE~

|

« ミニマルメロウがグルーヴ感が魅力的 | トップページ | 突然の解散劇 »

アルバムレビュー(邦楽)2017年」カテゴリの記事

コメント

実験的でありながらポップ性に富んでいるというエレクトロの王道かつお手本のようなアルバムですね、「EMO」は。

投稿: ひかりびっと | 2018年2月18日 (日) 11時19分

>ひかりびっとさん
いいアルバムでした。

投稿: ゆういち | 2018年3月 5日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/70575468

この記事へのトラックバック一覧です: 「メタの合間につくりました。」:

« ミニマルメロウがグルーヴ感が魅力的 | トップページ | 突然の解散劇 »