« 保守本流 | トップページ | あくまでもアナログ盤の名盤集 »

2017年5月 7日 (日)

「アルバム」ではなく「プレイリスト」

Title:More Life
Musician:Drake

3月18日に突然リリースされたDrakeの新作。最近ではさほど珍しくなくなったのですが、事前の告知などほとんどなく、ダウンロードでの突然のリリース。最近、多いですね。あまりに突然のリリースだったため本当にあのDrakeの新作なのか訝しく感じてしまったくらいです(^^;;

今回の彼の新作、ユニークだったのがこの作品を彼が「アルバム」ではなく「プレイリスト」と呼んでいる点でした。「プレイリスト」とは昨今の音楽のスクリーミングサービスなどで見られる、ある一定のテーマに沿って様々な楽曲を選曲しならべたリストのこと。本作は内容的にはもちろん事実上、「アルバム」なのですがあえて「プレイリスト」という呼称を使っています。

本作を「プレイリスト」とあえて呼ぶのは様々なミュージシャンがゲストとして参加しており、Drakeが彼らを紹介するというスタンスだからということのよう。Drakeの新作なのは間違いありませんが、Drakeとしては半歩下がった立ち位置からこの「プレイリスト」に臨んだ感じなのでしょうか。

そのこともあって今回の作品は全体的にはちょっとバラバラ。様々な作風の曲が並んでいるような印象を受けました。ラテン調の「Madiba Riddim」にハウスを取りいれた「Get It Together」、メロウなR&Bの歌モノ的な要素も強い「Teenage Fever」などなど、全22曲1時間20分にも及ぶ内容に統一感はさほどなく、ある意味コンセプチュアルな「アルバム」ではなくあくまでも「プレイリスト」であることを感じます。

さて今回のアルバムを聴くにあたって参考にしたWebページがありました。それがRockin'OnのポータルサイトRO69に掲載された下記のコラムです。

【完全解読】ドレイク『More Life』は、これを読みながら聴け(前編)
【完全解読】ドレイク『More Life』は、これを読みながら聴け(後編)

主にブラックミュージックの解説などを中心に活動している音楽ライターの高見展氏によるコラム。1曲ごとにその内容を解説しています。この手のダウンロード先行の洋楽、特に情報量の多いHIP HOPは、国内盤の解説もありませんし、この手の解説は非常にありがたく感じます。

このコラムの記載で興味深かったのは今回の作品でDrakeは多くイギリス的な言葉の言い回しを用いるという指摘でした。今回の作品の中で彼はイギリス的な言い回しを多く使うことにより、あえて「アンチ・アメリカ」的なスタンスを明確にしているそうです。これは普通に聴いているだけではなかなか日本人には気が付かない点ですね。日本に例えれば、あえて地方の方言でラップをやって、アンチ東京を意図した作品を作るような感覚なのでしょうか。なかなか興味深く感じます。

作品全般としてはバラバラですが、1曲1曲については様々なバリエーションある作風を取り入れつつ、インパクトも強く、よく作り込まれた名曲揃い。バラバラで次にどんな曲が来るのかわからないからこそ、逆に1時間20分の内容もダレることなく楽しむことが出来ました。この「プレイリスト」、また文句なしのビルボードチャート1位を獲得した模様。Drakeの活躍はまだまだ続きそうです。

評価:★★★★★

DRAKE 過去の作品
Thank Me Later
TAKE CARE
Nothing Was The Same
If You're Reading This It's Too Late
VIEWS


ほかに聴いたアルバム

Wonderful Crazy Night/Elton John

約3年ぶりとなるElton Johnのニューアルバム。ピアノを入れたポップソングは大好きなのですが、個人的にはエルトンよりもBilly Joel派。ただこの曲もピアノを中心としたとても楽しい軽快なポップソングの連続で、個人的に壺にはまりまくり。明るいポップスかと思いきや、微妙に影のあるメロディーラインも魅力的。既に70歳を超えた御大ですが、その才能は全く枯渇していない模様。

評価:★★★★★

Elton John 過去の作品
The Union(Elton John&Leon Russell)

Got Soul/Robert Randolph&The Family Band

スティール・ギターの名手、ロバート・ランドルフ率いるファンク・バンドによる新作。途中、ソウル色の強い曲やハワイアンな楽曲、カントリー風の曲まであったりするのですが基本的にはファンキーなサウンドが実に心地よい13曲が並んでいます。決して目新しさはないのですがルーツ志向の楽曲にほどよくバリエーションを加えて心地よく楽しめるアルバムです。

評価:★★★★

Robert Randolph&The Family Band 過去の作品
WE WALK THIS ROAD

|

« 保守本流 | トップページ | あくまでもアナログ盤の名盤集 »

アルバムレビュー(洋楽)2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/70144762

この記事へのトラックバック一覧です: 「アルバム」ではなく「プレイリスト」:

« 保守本流 | トップページ | あくまでもアナログ盤の名盤集 »