« いまだに魅力的 | トップページ | なんでもない日常にマッチした暖かい音楽たち(映画の感想も) »

2017年4月10日 (月)

何度も聴きたくなる傑作

Title:TROPICAL LOVE
Musician:電気グルーヴ

ちょうど4年ぶりとなる電気グルーヴのニューアルバム。オリジナルアルバムとしてはちょっと久々となる新作ですが、その間、25周年記念のライブツアー「塗糞祭」が行われたり、電気グルーヴの軌跡を追ったドキュメンタリー映画が公開されたりと、話題には事欠かなかった彼ら。それだけに4年ぶりというのはちょっと意外な印象もありました。

今回のアルバム、おそらくここで紹介する前からいろいろなところから評判を伝え聞いた方も多いかと思います。今回のアルバムに関しては絶賛の評も多く、最高傑作の呼び声も高い作品。デビューから25年以上を経過してベテランの仲間入りをしてから久しい彼らが、いまだにこれだけ高い評価を得るアルバムをリリースするというだけでも驚くべき事実だと思います。

そんな彼らのアルバムですがまず印象として受けるのが非常に聴きやすいアルバムだったという点だと思います。もともと電気グルーヴの書く楽曲はテクノの作品でもとてもメロディアスなメロディーがしっかり流れていて聴きやすいのが特徴的。またそのサウンドの選び方も、ちょうどリスナーの欲しいと思うところに欲しいと思う音がドンピシャに入る気持ちよさがあるのが彼らの大きな魅力でした。

今回のアルバムに関してもそんな心地よいリズム、サウンド、そしてメロディーラインが繰り返されています。特に今回のアルバムは「TROPICAL LOVE」というタイトル通り、先行シングルになった「Fallin' Down」やタイトルそのまま「トロピカル・ラヴ」のように、ちょっと南国風というかトロピカルな雰囲気を感じる曲や「プエルトリコのひとりっ子」のようなちょっとラテンフレーバーのする楽曲が多いのが特徴的でした。

そして今回のアルバムに関して言えるのは全体に熱量は低めで「癖」のあるような曲は少な目という点でした。それだけに最初のひっかかりはちょっと薄味と感じる方もいるかもしれません。ただアルバム全体としてしっかりとひとつの流れを感じさせる楽曲構成となっており、とても気持ちよくアルバムを通して彼らの音の世界にひたれるようなアルバムになっています。

もちろん彼ららしいシニカルでコミカルな歌詞を前に出した楽曲もきちんとおさめられています。それが1曲目の「人間大統領」とラストの「いつもそばにいるよ」。ただこのアルバムの中で一番癖のあるこの曲を1曲目とラストに配置することによりアルバムの流れをスムーズにしているように感じました。

アルバムの中のどの曲ももちろん素晴らしかったのですが、どの曲が特にというよりもアルバムを通じて何度も聴きたくなるような心地よさを感じるアルバム。彼らの最高傑作か、と言われると若干微妙ですが、間違いなく「傑作」と言えるアルバムだったと思います。電気グルーヴの魅力をまざまざと見せつけてくれた1枚でした。

評価:★★★★★

電気グルーヴ 過去の作品
J-POP
YELLOW
20
ゴールデンヒッツ~Due To Contract
人間と動物
25
DENKI GROOVE THE MOVIE?-THE MUSIC SELECTION-


ほかに聴いたアルバム

Blue/大橋トリオ

デビュー10周年を迎える彼の、早くもという表現がピッタリな11枚目のニューアルバム。これだけハイペースにアルバムをリリースしつつ、一方カバーアルバムも3枚リリースしている訳で、デビュー以来勢いの衰えないコンスタントな活動が目立ちます。楽曲的にはいつもの大橋トリオ。ソウルやジャズをベースとしたシティーポップの様相が強いポップながらも決してマニアックな方向へと行きすぎず、いい意味で万人向けの安心できる大人のポップ路線が魅力的。かと思えば本作ではラストに「宇宙からやってきたにゃんぼー」というEテレのアニメ主題歌という子供向きソングが収録されていたりするアンバランスなおもしろさも。

評価:★★★★★

大橋トリオ 過去の作品
A BIRD
I Got Rhythm?
NEWOLD
FACEBOOKII
L
R

FAKE BOOK III
White
plugged
MAGIC
大橋トリオ
PARODY
10(TEN)

|

« いまだに魅力的 | トップページ | なんでもない日常にマッチした暖かい音楽たち(映画の感想も) »

アルバムレビュー(邦楽)2017年」カテゴリの記事

コメント

電気グルーヴの新作、今度ぜひ聴いてみます。

何度も聴きたくなる傑作という意味では、去年のサニーデイサービスのdance to youが同じように良かったです。
ジャンルは全く別ですが、アルバムの長さは短めで、地味な感じの曲が多いですが、何度も聴きたくなる感じです。

投稿: kozy | 2017年4月11日 (火) 05時49分

>kozyさん
サニーデイの新作も先日聴きました。確かにこちらも心地よいアルバムですね。近日中にここでも紹介する予定です!

投稿: ゆういち | 2017年4月13日 (木) 00時31分

電気グルーヴのいい意味での安定感は素晴らしいですね。

投稿: ひかりびっと | 2017年8月12日 (土) 19時17分

>ひかりびっとさん
ご感想ありがとうございました。

投稿: ゆういち | 2017年8月17日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/70101565

この記事へのトラックバック一覧です: 何度も聴きたくなる傑作:

« いまだに魅力的 | トップページ | なんでもない日常にマッチした暖かい音楽たち(映画の感想も) »