« 女性アイドル対決? | トップページ | 21分の短さにNINの魅力が凝縮 »

2017年2月23日 (木)

2週連続韓流が1位

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

先週に続き今週も韓流の男性アイドルが1位獲得です。

今週1位を獲得したのは韓国の男性アイドルグループBIGBANG「MADE」。もともと昨年、フルアルバムをリリースする予定だったのがスケジュール上の都合によりアルバム発売が間に合わず、「MADE SERIES」という暫定版のアルバムをリリース。その後1年たち、同作に新曲3曲を加えたアルバムが改めてリリースされたのが本作だそうです。

しかしそれにしてもアコギな商売をするなぁ(苦笑)。たった新曲3曲のためにファンに買い直させる訳ですか。そもそも前作から1年も経っていて新曲がたった3曲というのも・・・。まあ、この手の旧譜に新曲数曲を加えただけで「完全版」としてリリースするケース、最近少なくないので彼らだけが特別という訳ではないんですけどね。

初動売上は10万1千枚。その暫定版「MADE SERIES」の12万8千枚(1位)からダウンしています。

2位初登場は4人組ガールズバンドSCANDAL「SCANDAL」。バンド結成10周年を記念してリリースされたベストアルバム。もっとも5年前にもベストアルバムをリリースしているので、早くも2作目のベスト盤となるのですが。初動売上3万1千枚は直近のオリジナルアルバム「YELLOW」の2万9千枚(2位)より若干アップ。ただし、5年前にリリースしたベスト盤「SCANDAL SHOW」の4万2千枚(3位)よりはダウンしています。

3位には家入レオ「5th Anniversary Best」。タイトルそのままですね、こちらはデビュー5周年のベストアルバム。最近では珍しくはないのですが、デビューからたった5年でベスト盤というのはやはりちと早い気がするのですが。初動売上は2万6千枚。直近のオリジナルアルバム「WE」の1万8千枚(6位)よりアップしています。

続いて4位以下の初登場盤です。4位には倉木麻衣「Smile」がランクイン。かなり久しぶりに聞く名前ですが・・・オリジナルアルバムとしては4年11ヵ月ぶりとなる新作。初動売上は2万1千枚。直近作はベストアルバム「MAI KURAKI BEST 151A -LOVE & HOPE-」で、こちらの4万枚(2位)よりはダウン。直近のオリジナルアルバム「OVER THE RAINBOW」の初動2万9千枚(2位)からもダウンしています。

5位初登場はA3ders!「MANKAI☆開花宣言」。イケメン役者育成ゲーム「A3!」からのキャラクターソング。同ゲームからははじめてのCD作品だそうです。初動売上は1万4千枚。ちなみに本作、タイトル曲含めてわずか3トラック。うち1作が表題曲のインスト版なのですが、なぜかシングルではなくオリコンではアルバム扱いとなっています。2トラック目がボイスドラマになっていて、作品全体で17分という長さだからでしょうか?ただわずか17分という長さだけをもってアルバム扱いというのは不自然な感じが・・・。ちなみにシングルだとしたらオリコンチャート上、今週は初登場9位相当となります。

8位にはスキマスイッチ「re:Action」がランクインです。こちら彼らの代表曲を様々なミュージシャンによってリアレンジ、リプロデュースされたアルバム。奥田民生からTRICERATOPS、GRAPEVINEに小田和正やRHYMESTER、さらにはKAN(!)といった豪華な面子が参加しています。初動売上は1万枚。直近作はライブ盤「スキマスイッチ TOUR 2016 “POPMAN’S CARNIVAL”」の3千枚(27位)よりはさすがに大幅アップ。その前作、カップリング曲集「POPMAN'S ANOTHER WORLD」の1万枚(7位)からは横バイとなっています。

最後、9位には東京フィルハーモニー交響楽団「ゼルダの伝説 30周年記念コンサート」。ご存じゲーム「ゼルダの伝説」30周年を記念して行われたフルオーケストラでのコンサートの模様を収録したライブアルバムです。初動売上は1万枚。「ゼルダの伝説」がらみでは昨年「30周年記念盤 ゼルダの伝説 ゲーム音楽集」がリリースされていますが、同作の9千枚(10位)よりなんと初動売上がアップ。その根強い人気を感じます。

また今週はベスト10返り咲きが1枚。7位に韓国の男性アイドルグループBTS(防弾少年団)の「Wings:BTS Vol.2」がランクアップでベスト10返り咲きとなります。本作、韓国でリリースされたアルバムの輸入盤ですが、「WINGS外伝:You Never Walk Alone」として昨年の10月に韓国でリリースされた「WINGS」に新曲を追加して再リリースされた影響のよう。これ、今週1位のBIGBANGと同じパターンということ?こちらもちょっとひどいなぁ。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« 女性アイドル対決? | トップページ | 21分の短さにNINの魅力が凝縮 »

ヒットチャート2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/69683633

この記事へのトラックバック一覧です: 2週連続韓流が1位:

« 女性アイドル対決? | トップページ | 21分の短さにNINの魅力が凝縮 »