« 歌詞の世界が印象的 | トップページ | 2016年を代表する重要盤(?) »

2017年1月21日 (土)

構想50年、制作日数3日

Title:Blue&Lonesome
Musician:The Rolling Stones

おそらく2016年最大のニュースの1つでしょう。11年ぶりとなるTHE ROLLING STONESのニューアルバムがリリースされました。それもある種の驚きをもって迎え入れられたのがこの久々となる新作、純然たるオリジナルではなくブルースのカバーアルバムだったということ。彼らの音楽的ルーツはブルースであり、デビュー当初は基本的にブルースのカバーがメインだったというのはファンならだれもが知っていることかと思います。ただデビューから50年以上が経過した今、あらためてブルースのカバーアルバムをリリースするというのは非常に大きな驚きでした。

まず本作で一番気になった点はデビューから50年以上が経過した今、どのようなカバーになるのか、ということでした。それでまず本作を聴いた時の第一印象なのですが・・・予想以上に「ブルース」している、と感じました。彼らのブルースのカバー、特にデビュー当初のカバーはブルースをロックンロールにアレンジしており、今回のアルバムもブルースを基調にしながらも基本的にはロックのアルバムになるのでは、と予想していました。そのため思った以上にブルースそのままのカバーに少々驚きました。

今回彼らが選曲したのは主に50年代から60年代のブルースの名曲たち。HOWLIN' WOLFやMAGIC SAM、JIMMY REEDなどといった有名どころが並んでいます。取り上げている曲は、MAGIC SAMの「All Of Your Love」やOTIS RUSHの「I Can't Quit Your Baby」などのスタンダードナンバーも取り上げていますが、さほどメジャーでもない曲も取り上げており、彼らならではのこだわりも感じます。

そんな中で目立つのはLITTLE WATERの取り上げ方。タイトル曲「Blue And Lonesome」含め4曲もカバーしています。LITTLE WATERといえば、それまで脇役だったブルース・ハーモニカを主役の位置に押し上げたことで知られるブルース・ハーモニカの革命者とも呼ばれるミュージシャン。今回取り上げられた4曲ではいずれもそのブルース・ハーモニカの演奏を忠実に再現しており、ミック・ジャガーが実に楽し気に、ハーモニカを吹きまくっているのが印象に強く残るカバーに仕上がっています。

そんな訳で基本的にカバーは原曲に忠実なカバーがメイン。ハーモニカやギターフレーズもしっかりとカバーしています。そこにはブルースに対する強い敬愛を感じるのですが、同時に大ベテランとなった彼らが、ブルースをそのままカバーしたとしてもしっかりとローリング・ストーンズとしての色を出せるという自信も感じさせます。

一方で原曲を微妙に変えてきている曲もあったりするのもユニーク。例えばもっとも印象に残ったのがMAGIC SAMの「All Of Your Love」。原曲で印象的なMAGIC SAMの独特なギターの音色がストーンズのカバーではガラッと変えられています。原曲そのままだとあまりにMAGIC SAMの色が出すぎるという判断なのでしょうが、ただ原曲を変えてもストーンズ流のブルースをしっかりと奏でることが出来るという、こちらにも彼らならではの自信が垣間見れました。

本作のキャッチフレーズに構想50年、制作日数3日というものが用いられていました。確かに今回のアルバム、彼らの50年にも及ぶバンド活動があったから出来上がったアルバムでしょう。一方、わずか3日のレコーディングで制作されたというあたり、それだけ本作への熱の入れ方の強さを感じさせます。実際、それだけの熱を聴いていても感じられる傑作アルバムになっていました。今だからこそできた、ローリングストーンズの素晴らしいブルースアルバムだったと思います。

ちなみに・・・

今発売中の音専誌「BLUES&SOUL RECORDS」。本作を特集として取り上げているのですが、付属するCDでは本作でカバーした曲の原曲をすべて収録。著作権の関係をよくクリアできたな、と関係者の尽力に敬服します。雑誌なので、時間がたつと入手困難になるかもしれませんが・・・原曲を聴きたいという方には最適なので、本作を聴いてブルースも聴いてみようかな、と思った方は是非。

評価:★★★★★

The Rolling Stones 過去の作品
Shine a Light: Original Soundtrack
Some Girls LIVE IN TEXAS '78
CHECKERBOAD LOUNGE LIVE CHICAGO 1981(邦題 ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ・シカゴ1981)
(MUDDY WATERS&THE ROLLING STONES
GRRR!
HYDE PARK LIVE
Sweet Summer Sun-Hyde Park Live
Sticky Fingers Live

|

« 歌詞の世界が印象的 | トップページ | 2016年を代表する重要盤(?) »

アルバムレビュー(洋楽)2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/69234773

この記事へのトラックバック一覧です: 構想50年、制作日数3日:

« 歌詞の世界が印象的 | トップページ | 2016年を代表する重要盤(?) »