« 早くも新作! | トップページ | 新たな一歩 »

2017年1月 6日 (金)

今年はじめてのチャート

今週のチャートはお正月休みにかかるチャートということでシングルアルバム共に初登場が極端に少ないチャートとなりました。そのため、シングルアルバム同時更新となります。ちなみに集計対象となるのは1月1日までですので、若干の紅白効果も?

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

2017年最初のチャートはやはりあの曲が1位でした。

今週1位を獲得したのは星野源「恋」。これで4週連続の1位獲得となりました。今週はラジオオンエア数、PCによるCD読取数、Twitterつぶやき数、You Tube再生回数で1位を獲得。一方、CD売上・ダウンロード・ストリーミング数(以下「実売数」)では惜しくも2位となり、先週に続きパーフェクトとはなりませんでしたが、文句なしの1位獲得となりました。ちなみにオリコンチャートでも先週の10位から一気にランクアップして3位にランクイン。見事ベスト3入りを果たしました。

2位が今週唯一の初登場曲。NMB48「僕以外の誰か」がランクイン。実売数1位、PCによるCD読取数6位でしたが、Twitterつぶやき数は11位どまり。またラジオオンエア数は83位と厳しい結果となり、結果、2位にとどまりました。ちなみにオリコンではこちらが1位初登場。初動売上26万6千枚は前作「僕はいない」の30万4千枚(1位)からダウン。この楽曲タイトルはひょっとしたら前作からの続きという形なのか?

3位はRADWIMPS「前前前世」。先週の8位からアップして10月17日付チャート以来12週ぶりのベスト3入りとなりました。実売数3位、ラジオオンエア数4位、Twitterつぶやき数8位、You Tube再生回数3位といずれも高位置を記録しており、ここに来て再び盛り上がりを見せています。まだまだこのロングヒットは続きそうです。

続いて4位以下ですが今週は初登場はなし。ただし、返り咲き組が目立ちました。

まずはSMAP。昨年いっぱいをもって残念ながら解散してしまった彼らですが、その有終の美を飾るべく、「ありがとう」が先週の15位から4位に、「世界に一つだけの花」が先週の18位から6位にランクアップ。「ありがとう」は昨年9月19日付チャート以来15週ぶり、「世界に一つだけの花」は12月19日付チャート以来3週ぶりのベスト10返り咲きとなります。ただ「世界に一つだけの花」は実売数10位、ラジオオンエア数6位、Twitterつぶやき数3位と文句なしのヒットなのですが、「ありがとう」はTwitterつぶやき数2位の他は実売数73位、ラジオオンエア数30位という結果。またTwitterつぶやき数が異常に重視された疑問の残る結果となっています。ちなみにオリコンでも「世界に一つだけの花」が先週の19位から6位にランクアップし、ベスト10返り咲きを果たしています。

7位にはback number「ハッピーエンド」が先週の11位からランクアップし2週ぶりのベスト10返り咲き。これはアルバムチャートでも上位にランクインしたベスト盤リリースの影響も大きそう。

また8位9位にはAKB48系欅坂46がベスト10返り咲き。8位に「サイレントマジョリティー」が先週の20位から、9位には「二人セゾン」が先週の14位からランクアップしベスト10返り咲きとなっています。「サイレントマジョリティー」は昨年5月23日付チャート以来33週ぶり、「二人セゾン」は2週ぶりのベスト10入り。「サイレントマジョリティー」は紅白の影響も大きいのでしょうか。ちなみに「二人セゾン」はオリコンも先週の13位から5位にランクアップしておりベスト10返り咲きを果たしています。

さらに10位には同じくAKB48系乃木坂46「サヨナラの意味」が先週の22位からランクアップ。こちらも2週ぶりにベスト10返り咲きとなりました。


今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

2017年最初のアルバムチャートはSMAPのオールタイムベストアルバム「SMAP 25 YEARS」が27万5千枚を売り上げて2週連続の1位を獲得。2016年いっぱいで解散してしまったSMAPですが、まだその余波が続いています。

続く2位はロックバンドback number「アンコール」が獲得。こちらはメジャーデビュー5年目にして初となるベストアルバムとなります。初動売上27万4千枚という結果で1位との差はわずか800枚という僅差!直近のオリジナルアルバム「シャンデリア」の17万3千枚(1位)からも初動売上は大きく増加しておりその人気のほどを感じさせます。特にオリジナルアルバムの売上よりもベスト盤の売上が大きく増加しているのはそれだけ浮動層のリスナーが興味を持っているということ。今後の大ヒットにつながりやすい傾向と言えるでしょう。

さらに3位には宇多田ヒカル「Fantome」が先週の11位から一気にランクアップしベスト10返り咲き。売上も先週の1万1千枚から1万2千枚に増加させています。

続いて4位以下の初登場盤です。まず5位にBABYMETAL「『LIVE AT WEMBLEY』 BABYMETAL WORLD TOUR 2016 kicks off at THE SSE ARENA, WEMBLEY」がランクイン。イギリスのウェンブリンアリーナでのライブの模様をおさめたライブ盤。初動売上1万1千枚。直近のオリジナルアルバム「METAL RESISTANCE」の13万2千枚(2位)よりはさすがに大幅にダウン。ただしライブ盤としての前作「LIVE AT BUDOKAN ~RED NIGHT~」の2万3千枚(3位)よりもダウンしています。

初登場はもう1枚。7位にMOBB「THE MOBB」がランクイン。韓流男性アイドルグループWINNERのMINOとiKONのBOBBYによるユニット。これが日本でのデビューミニアルバムとなります。初動売上7千枚で見事ベスト10入りとなりました。

また今週は売上水準が低かった影響もありベスト10返り咲き組が2枚も。RADWIMPS「人間開花」「君の名は。」が揃って12位、14位から8位、9位に返り咲き。2作同時にベスト10入りとなりました。ただし売上的にはそれぞれ9千枚、8千枚から両者とも7千枚にダウンしています。

今週のチャート評は以上。また来週の水曜日に!

|

« 早くも新作! | トップページ | 新たな一歩 »

ヒットチャート2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/69129964

この記事へのトラックバック一覧です: 今年はじめてのチャート:

« 早くも新作! | トップページ | 新たな一歩 »