« 初のフルアルバムがいきなりのヒット | トップページ | 男性アイドルだらけ »

2016年12月21日 (水)

逃げ恥人気最高潮

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

予想通り2週連続1位獲得となりました。

先週最終回を迎えたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。最終回は視聴率が20%を超えるなど大きな話題となりました。そして今週、予想通りその主題歌星野源「恋」が2週連続の1位獲得。CD売上・ダウンロード数・スクリーミング数(以下「実売数」)及びPCによるCD読取数は2位でしたがラジオオンエア数、Twitterつぶやき数、You Tube再生回数でいずれも1位獲得。文句なしの1位獲得となりました。

ちなみにオリコンチャートでも今週、1万1千枚を売り上げ、先週の12位からランクアップし9位獲得。見事ベスト10返り咲きとなりました。遅ればせながらオリコンチャートでもようやく追いついてきた感じ。さて来週は最終話放送日が対象となる週。来週のチャートも注目されます。

初登場組最高位は2位。Hey!Say!JUMP「Give Me Love」が初登場でランクイン。フジテレビ系ドラマ「カインとアベル」主題歌。王道アイドル歌謡曲的なバラードナンバー。実売数、PCによるCD読取数は1位でしたが、Twitterつぶやき数7位、ラジオオンエア数62位が足を引っ張る形でこの位置に。前作「Fantastic Time」は今週1位の星野源「恋」を1位から引きずりおろして1位獲得となりましたが、今回の作品は星野源を下回る結果となりました。なおオリコンではこちらが初登場で1位。初動売上24万7千枚は前作の26万6千枚(1位)よりダウン。

3位にはピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」が先週5位からランクアップし再びベスト3入りとなりました。実売数21位、ラジオオンエア数98位と奮いませんが、You Tube再生回数2位、Twitterつぶやき数5位が順位を押し上げている形になっています。

続いて4位以下の初登場。今週、初登場曲は2曲でしたが同じミュージシャンの曲が2曲同時にランクインしています。それが7位初登場BIGBANG「FXXK IT」と9位初登場の「LAST DANCE」。いずれも韓国でリリースされたアルバム「MADE」が全世界で「MADE -KR EDITION-」として配信リリースされたことによるランクイン。「FXXK IT」は実売数7位、Twitterつぶやき数3位、「LAST DANCE」は実売数11位、Twitterつぶやき数4位でのベスト10入りとなりました。

ただ相変わらず微妙にTwitterつぶやき数の順位の比重が高すぎるのが気になるところ。今週だとlol「bye bye」が実売数6位、ラジオオンエア数7位ながらTwitterつぶやき数42位という低順位だった影響か11位という結果に。ただどう考えても実売数で上回る上にラジオオンエア数でもベスト10入りしている「bye bye」の方がBIGBANG「LAST DANCE」よりも「ヒットしている」と思うのですが・・・相変わらずTwitterつぶやき数の偏重傾向にモヤモヤしてしまいます。

またベスト10返り咲き組では乃木坂46「サヨナラの意味」が先週の11位からランクアップし2週ぶりにベスト10に返り咲いています。こちらはオリコンでも先週の16位から6位にランクアップしベスト10に再登場しています。

一方今週はベスト10圏内でロングヒットを続ける注目曲もご紹介。それが今週4位back number「ハッピーエンド」。映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」主題歌に起用された本作は今週で5週連続のベスト10入りで先週の9位からランクアップしています。実売数で3位を記録しており主にダウンロードでの販売が好調なのが要因。一方PCによるCD読取数でも4位を記録しており、CD売上も(レンタルも含むのでしょうが)それなりに好調な結果となっています。

ちなみにロングヒットといえばRADWIMPS「前前前世」が先週8位から今週は5位にランクアップ。22週連続通算23週目のベスト10ヒットとなっています。こちらのロングヒットもまだまだ続きそうです。

今週のHot100は以上。アルバムチャートはまた明日!

|

« 初のフルアルバムがいきなりのヒット | トップページ | 男性アイドルだらけ »

ヒットチャート2016年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/68936477

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げ恥人気最高潮:

« 初のフルアルバムがいきなりのヒット | トップページ | 男性アイドルだらけ »