« もっとも勢いのあるミュージシャン | トップページ | ライブで見て気になったので・・・。 »

2016年10月20日 (木)

3週連続1位獲得

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

なんと3週連続の1位獲得となりました。

宇多田ヒカル「Fantome」が先週に引き続き今週も1位獲得。売上枚数は6万3千枚で先週の10万3千枚よりダウン。さすがに今週に関してはチャートの谷間的週に助けられた形とはいえ、見事3週連続1位獲得。宇多田ヒカルがいまだに根強い人気を獲得していることを実感させられる結果でした。

初登場最高位は2位初登場のHappiness「GIRLZ N' EFFECT」。E-girlsとしても活動しているEXILEの事務所、LDH所属の女性アイドルグループによる4年ぶりとなるニューアルバム。初動売上3万2千枚は前作「Happy Time」の1万1千枚(10位)よりアップしています。

3位は韓流。人気俳優チャン・グンソクとサウンドプロデューサーBIG BROTHERによるユニットTEAM H「Monologue」がランクイン。初動売上1万9千枚は前作「Driving to the highway」の2万2千枚(5位)からダウンしています。

続いて4位以下の初登場盤。まず6位にはamazarashiのミニアルバム「虚無病」がランクイン。amazarashiは独特の世界観(中二病的ともいう)を持つ歌詞が特徴的な2人組ロックバンド。初動売上1万2千枚は前作「世界収束二一一六」の1万7千枚(4位)からダウン。

7位には韓国のアイドルグループ防弾少年団「WINGS」がランクイン。韓国で発売されたアルバムの輸入盤だそうです。初動売上1万2千枚。直近作は日本盤のアルバム「YOUTH」の7万6千枚(1位)でこちらよりは大幅ダウン。

8位初登場はillion「P.Y.L」。こちら、現在「君の名は。」関連の楽曲が大ヒット中のRADWIMPSのボーカリスト、野田洋次郎によるソロプロジェクトによる2枚目のアルバム。初動売上は1万1千枚。前作「UBU」は輸入盤がリリースされていた影響で、初動売上はベスト10圏外。最高位7位を記録した時の売上は1万7千枚で、その売上よりダウンしています。

ちなみにRADWIMPS「君の名は。」は今週も1万7千枚を売り上げ4位にランクインしており、RADWIPSの旧譜の方が新譜よりも上に来るという結果になっています。今回のillionの売上に関しては「君の名は。」の影響はあまりなかった模様。さて、続くRADWIMPSのニューアルバムの結果はいかに?

最後9位には元AKB48の高橋みなみのソロアルバム「愛してもいいですか?」がランクイン。初動売上は9千枚。2013年にリリースしたシングル「Jane Doe」以来のソロ作となりますが、前作の初動売上8万5千枚(2位)より大きくダウンする結果となりました。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« もっとも勢いのあるミュージシャン | トップページ | ライブで見て気になったので・・・。 »

ヒットチャート2016年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/68012785

この記事へのトラックバック一覧です: 3週連続1位獲得:

« もっとも勢いのあるミュージシャン | トップページ | ライブで見て気になったので・・・。 »