« アルバムでは初の1位 | トップページ | ゲイリーのパーソナリティーが前に »

2016年9月 2日 (金)

ゲス同様に勢いを感じる

Title:藍色ミュージック
Musician:indigo la End

例の川谷絵音とベッキーの不倫騒動が話題になった時、川谷絵音について言及されるのはもっぱらゲスの極み乙女。ばかりでもうひとつのバンド、indigo la Endに関してはほぼスルーの状況だったのが不思議でした。確かに紅白出場バンドとしての話題性という意味ではゲスに軍配があがるかもしれませんが、indigoも売上的にはベスト10入りを果たしている十分な人気バンド。むしろ歌詞のストレートさから不倫騒動と重ね合わせて語られても不思議じゃないんですが・・・まあ、おそらく例の不倫騒動で騒いでいる連中なんて、ゲスにしろindigoにしろ、ろくに曲なんて聴いたことないんでしょうけどね。

そんな訳でindigo la Endの新作。凝ったサウンドに少々シニカル気味な歌詞のゲスの極み乙女。に比べてかなりストレートなラブソングと歌謡曲的なわかりやすいポップチューンを奏でる彼ら。個人的にはゲスの極み乙女。よりこちらの方が好きというのは以前書きましたが、今回のアルバムに関してもストレートな作風は、川谷絵音のミュージシャンとしての才能がむしろゲス以上に表れているようにすら感じました。

今回のアルバムにしても事実上、タイトルチューンになっている1曲目「藍色好きさ」の歌詞がまた非常にストレートでかつ情熱的。

「君が好きだってこと以外は
この際どうだっていい
藍色になった君が好きなんだ
君が好きだってこと以外は
もう何も考えないことにしよう
藍色になって迎えに行くよ」

(「藍色好きさ」より 作詞 川谷絵音)

なんて歌詞は、なりふり構わず盲目的に恋愛につきすすむ姿を感じます。この情熱さがベッキーを含む数多くの女性を虜にしてきたんでしょうか・・・なんて下世話なことも考えてしまいます(^^;;

さて、ゲスの極み乙女。としての直近作「両成敗」はバンドとしての勢いを感じるアルバムになっていましたが、indigo la Endの新作についてもバンドとしての勢いを非常に感じる作品になっていました。というよりも、むしろゲス以上にこちらの方が勢いがあるようにすら感じます。

特に今回耳を惹いたのはサウンドの方。いままで以上にブラックミュージックの要素が強くなり、シティポップの様相が強い作品に仕上がっていました。「藍色好きさ」や続く「雫に恋して」などもファンキーなギターが聴けますが、ブラックコンテンポラリー的なギターサウンドが楽しめる「ココロネ」やタイトル通りリズミカルなダンスチューン「ダンスが続けば」などはシティポップ的な色合いが非常に強い作風となっていました。

全体的に哀愁感があふれる歌謡曲テイストも強いメロが多いという点はいままでと一緒ですが、サウンド的にはよりスタイリッシュな感じが強くなり、垢抜けた印象を強く受けます。間違いなくバンドとして一皮むけたといっていいアルバムと言っていいでしょう。例のバッシングとは裏腹に、川谷絵音、そしてバンドとしては脂がのっているように感じる傑作アルバムでした。

評価:★★★★★

Indigo la End 過去の作品
あの街レコード
幸せが溢れたら

|

« アルバムでは初の1位 | トップページ | ゲイリーのパーソナリティーが前に »

アルバムレビュー(邦楽)2016年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/67248582

この記事へのトラックバック一覧です: ゲス同様に勢いを感じる:

« アルバムでは初の1位 | トップページ | ゲイリーのパーソナリティーが前に »