« 70代のロック | トップページ | 20周年のベスト »

2016年6月17日 (金)

積極的なソロ活動が続くが・・・

Title:enigma
Musician:TAK MATSUMOTO

B'zのギタリスト、松本孝弘による2年ぶりのソロアルバム。ここ数年、隔年でのアルバムリリースが続いており、積極的なソロ活動が目立ちます。特に今回のアルバムでは「ミュージックステーション」のテーマ曲としても知られる「#1090」の再レコーディング作品がおさめられていることでも話題となりました。

アルバム全体としてはかなりフュージョン色の強い作品。序盤のタイトルチューン「enigma」「Step to Heaven」はかなりの哀愁感が漂うギターフレーズが印象に残る作品。この哀愁感あるギターフレーズはアルバム全体を貫かれています。また後半にかけて「Hopes」「Under The Sun」などはAORの色合いの強いナンバーとなっています。

一方中盤はロック色の強いナンバー。「Ups and Downs」はダイナミックなハードロック色強いギターサウンドが印象的。「Rock The Rock」もまあタイトル通りなのですが、へヴィーなギターリフを入れたロックなナンバーになっており、ここらへん、松本孝弘のロックな側面を強く感じます。

まあそんな感じで「ロック」な色合いの強い曲も見え隠れしつつも全体的には落ち着いた雰囲気の曲が多いアルバムに仕上がっています・・・・・が、正直言ってつまらない(苦笑)。おとなしいギターフレーズに終始していて、特におもしろいアイディアや挑戦などは皆無。そのフレーズ自体も特にこれといって惹かれるようなフレーズは少なく、はっきりいってしまえば単なるBGMと化してしまっています。

また今回ラストに、前述の通り「#1090」の再レコーディング作「#1090 ~Million Dreams~」が入っているからこそ、逆に他の曲のインパクトが非常に薄れてしまった感があります。ご存じ「ミュージックステーション」のテーマ曲として耳なじみある曲なのですが、それを差し引いてもやはりメロディーラインのインパクトという意味では他の曲からずば抜けています。それだけに他の曲の「つまらなさ」が目立ってしまったように思います。

ここ最近、ソロ作はどうもつまらない作品が続いてしまっている感じもします。なんか全体的に無難にまとめちゃっている感じがするんだよなぁ。ソロ作だけにもっと自由につくればいいと思うのですが・・・。

評価:★★★

TAK MATSUMOTO 過去の作品
TAKE YOUR PICK(Larry Carlton&Tak Matsumoto)
Strings Of My Soul
New Horizon


ほかに聴いたアルバム

“CHOICE" BY 堀込泰行/堀込泰行

以前、NONA REEVESも参加したビルボードレコードの洋楽カバーアルバムシリーズ「CHOICE」。新作は「馬の骨」としても活動している元キリンジの堀込泰行のソロアルバム。The Doorsの「Light My Fire」やロイ・オービソンの「Oh Pretty Woman」などをカバーしています。アレンジは全体的にシンプル・・・なのですが、シンプル以上にチープといった印象。アレンジもいまひとつなのですがそれ以上にボーカルがいまひとつ曲にあっていないヘナヘナなボーカル。堀込泰行ってボーカリストとしてこんなにいまひとつだったっけ??正直、ちょっと厳しいカバーアルバムでした。

評価:★★★

馬の骨(堀込泰行) 過去の作品
River

|

« 70代のロック | トップページ | 20周年のベスト »

アルバムレビュー(邦楽)2016年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/66006270

この記事へのトラックバック一覧です: 積極的なソロ活動が続くが・・・:

« 70代のロック | トップページ | 20周年のベスト »