« 80年代ポップスの魅力あふれる傑作 | トップページ | また例の企画の・・・ »

2016年6月 7日 (火)

ホタテ型ジャケットも話題に

Title:HOT ATE
Musician:SAKANAMON

これがメジャー4枚目となるSAKANAMONのニューアルバム。「HOT ATE」とカッコよい英語タイトルになっていますが・・・ローマ字読みすると「ホタテ」。初回限定盤ではホタテをかたどったユニークなジャケットになっており、それが実にSAKANAMONらしさを感じさせます。

基本的にSAKANAMONの最大の魅力は歌詞。毎回、インパクトがあり個性的な歌詞を書いてくる彼ら。今回のアルバムでも日常の中でイラッとする出来事を描いた「ばかたれ」やタイトル通りの未確認生命体をテーマに歌った「UMA」などユーモラスな歌詞が展開されています。

ただ歌詞については前作「あくたもくた」の方がよかったかな、と思います。独自の視点はユニークながらも今回の作品についてはちょっとネタに走ってしまった部分もあり、共感度合という点では前作ほどではなかったように感じました。

とはいえそんな中でも「PLAYER PRAYER」などは前作でも多くの曲に感じられた社会から疎外されたような人たちの視点で描いた歌詞が魅力的。

「何でも和を以たず尊しを成す君は
絶対 絶対に失敗作だと思う」

(「PLAYER PRAYER」より 作詞 藤森元生)

と歌われるように社会の中でうまく迎合できないような人たちに対しての応援歌になっており、どこか心に響いてくるような内容になっていました。

一方でサウンドやメロディーの方は良くも悪くもよくありがちなギターロックという点は以前と変わらず。残念ながら前作同様、SAKANAMONらしい個性的な音というのは聴くことが出来ません。

ただ、「UMA」ではファンキーでダンサナブルなギターサウンドが聴けたり、「ラストボス」ではハードロック風にへヴィーに仕上げてきたりとバリエーションは前作よりも増えた印象。前作ではどっか取って付けたように感じた打ち込みの作品なのですが、今回でも「アイデアル」など打ち込みのサウンドを取り入れているのですがきちんとアルバムの中に溶け込んでいます。

そんな訳で歌詞については前作より若干後退、サウンドについては前作より進歩といった印象を受けた本作。それなので全体としては前作から変わらずといった感じでしょうか。個人的には彼らの売りはやはり歌詞だと思うので歌詞についてはもっと期待してしまうのですが・・・次回作は前作と今作のいいどこどりの傑作を期待したいところです。

評価:★★★★

で今回、本作リリース前にレンタルオンリーでベスト盤がリリースされました。

Title:OTSUMAMIX
Musician:SAKANAMON

Otsumami

もともとSAKANAMONの「SAKANA」とは「魚」ではなく酒の「肴」だそうで、そこからベスト盤のタイトルは「おつまみ」ということでしょう。インディーズ時代の作品から前作「あくたもくた」収録曲までがバランス良くおさめられている全12曲入りのベスト盤。ボリューム的にもちょうどよく、はじめて彼らの音楽に触れる方にとっては最適な入門盤だと思います。

ただ楽曲的にはインディーズ時代の曲から最新ナンバーまで基本的にはよくありがちなメロディアスなギターロック。この傾向は最新作でも同様で、そういう意味では良くも悪くも昔から変わっていないバンドなんだな、という印象を受けました。それだけデビュー前から完成された音を奏でていた一方で、ブレイクのためにはもう1枚、皮を破る必要があるんでしょうね。そんなことを感じてしまったベスト盤でした。

評価:★★★★

SAKANAMON 過去の作品
ARIKANASHIKA
あくたもくた

|

« 80年代ポップスの魅力あふれる傑作 | トップページ | また例の企画の・・・ »

アルバムレビュー(邦楽)2016年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/65846981

この記事へのトラックバック一覧です: ホタテ型ジャケットも話題に:

« 80年代ポップスの魅力あふれる傑作 | トップページ | また例の企画の・・・ »