« 8年ぶりのベスト盤 | トップページ | EXILE系全員集合! »

2016年6月22日 (水)

韓流が目立つチャート

今週のHot 100

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

ビルボードチャートにおいて感覚的にK-POPがさほど強くありません。一般的に韓流はCDの売上のみでラジオやYou Tubeの再生回数で上位になかなかこれないため。まあ、ラジオオンエア数やYou Tubeの再生回数をランキングに入れることにより、そういう「CDがイベントの参加券」となっている楽曲をチャート上位から排除しようとするのがビルボードチャートの試みなのでしょうが。

そんな中、今週はちょっと珍しく上位に韓流男性アイドルグループが目立つチャートとなりました。まず1位は男性アイドルグループBTOB「L.U.V.」が獲得。いかにもK-POPらしいハイトーンボイスのバラードナンバー。本作はタワレコ限定リリースという特殊形態ながらもセールス数(CD売上・ダウンロード・ストリーミング数)で1位を獲得したほか、Twitterつぶやき数でも3位を獲得。結果、見事1位獲得となりました。ちなみにオリコンでも1位を獲得。初動売上7万6千枚は前作「Dear Bride」の9万4千枚(2位)からダウン。

他にも4位にBlock B「Toy」、9位にEXO「Monster」と韓流男性アイドルグループの曲が2曲ベスト10入りしてきています。Block Bはメロウなネオソウルテイストも感じられるナンバー。セールス数で3位を記録し、初登場でこの位置。オリコンでも2位初登場となっており、初動売上4万6千枚は前作「Jackpot」の2万5千枚(5位)からアップしています。

EXO「Monster」はシングルリリースされていませんが、今週のアルバムチャートでランクインしているアルバム「EX'act」収録曲。Twitterつぶやき数で1位、You Tube再生回数で3位を記録し、シングル未リリースながらもベスト10入りしてきています。

さて、ベスト3に戻ります。2位は先週2位の藤原さくら「Soup」が2週連続同順位をキープ。セールス数で2位をキープしているほか、ラジオオンエア数で7位、You Tube再生回数で2位と好調な記録を維持しています。

3位にはFlower「やさしさで溢れるように」が先週の4位からランクアップし、2週ぶりにベスト3返り咲き。セールス数で5位をキープしていますがYou Tube再生回数で3週連続1位をキープしており、ヒットの原動力となっています。

続いて4位以下の初登場曲です。6位に三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「MUGEN ROAD」が先週の42位からランクアップし、初のベスト10入りとなりました。日テレ系ドラマ「HiGH&LOW」挿入歌。シングルリリースはないものの、本作も収録された「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」が今週のアルバムチャートでランクインしており、その収録曲としての単品ダウンロード数が影響したのでしょうか。セールス数で6位を記録したほか、Twitterつぶやき数でも7位を記録し、初のベスト10入りとなりました。

10位にはDAIGO「KSK」がランクイン。ご存じBREAKERZとしても活動している男性ミュージシャン。ちょっとミスチルテイストのバラードナンバー。オリコンでも6位に初登場しており、初動売上1万2千枚を記録。前作「CHANGE !!」の1万4千枚(10位)から若干ダウン。

今週はもう1曲返り咲き曲が。7位にコブクロ「未来」が先週の21位からランクアップし、1月25日付チャート以来22週ぶりの返り咲き。こちらもアルバム「TIMELESS WORLD」リリースに伴い、単品でのダウンロード数が増えたと思われる点と、同じくアルバムリリースの影響でYou Tube再生回数が4位にランクアップしてきた影響が強いと思われます。

今週のシングルチャートは以上。アルバムチャートはまた明日に!

|

« 8年ぶりのベスト盤 | トップページ | EXILE系全員集合! »

ヒットチャート2016年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/66160198

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流が目立つチャート:

« 8年ぶりのベスト盤 | トップページ | EXILE系全員集合! »