« 意外とオーソドックス | トップページ | よりバンド色が強く »

2016年1月17日 (日)

愚直にシューゲイザー

Title:PURE MODE
Musician:Ringo Deathstarr

アメリカのオルタナティブロックバンド、Ringo Deathstarrのフルアルバムとしては3年ぶりとなる新作。もともと、80年代90年代のシューゲイザー系バンドの音を忠実に現在に再現したようなバンドで、個人的には思いっきり壺のバンド。それだけ期待して聴いた作品ではあるのですが、それでも聴いた時にこう思ってしまいました。え?Ringo Deathstarrって、こんなによかったっけ??

今回の作品でももちろん王道とも言えるシューゲイザーサウンドがさく裂しています。特に典型的だったのが「Boys In Heat」あたりでしょうか。ホワイトノイズが楽曲を埋め尽くす中、聴こえてくる歪んだギターフレーズ。さらにその向こうに聴こえてくる女性ボーカルのメロディーライン・・・はっきりいって、まんまマイブラなのですが(^^;;個人的に壺をつきまくった構成がとても心地よい、名前の通りのドリームポップに仕上がっています。

そんなアルバム全体を埋め尽くすようなギターノイズが心地よい楽曲。ノイジーな音の向こうから聴こえてくるのは、アレックス・ゲーリングのクリアでポップな歌声。今回も実に心地よいシューゲイザーなサウンドを楽しませてくれます。

今でもシューゲイザー系バンドから強い影響を受けたバンドは少なくありません。ただそんなバンドもアルバムの枚数を重ねるうちに、徐々に違ったスタイルに変わっていきがち。それだけにフルアルバムとして3枚目となりながらも、ここまで愚直にマイブラ直系のシューゲイザーサウンドを追及するバンドも、逆に珍しいように思います。そしてそれだけに悪い意味でのひっかかりもなく、気持ちよくノイジーなサウンドに身を任せられるアルバムになっていました。

それに加えて今回のアルバム、「こんなによかったっけ?」と思ったのはバンドとしてのダイナミックさがより強くなった印象を受けたからでした。イントロ色の強い「Dream Again」に続く「Heavy Metal Suicide」はタイトル通りのメタリックなギターリフがいきなりガツンと耳に飛び込んできますし、「Guilt」も、ノイジーなギターにクリアな女性ボーカルというシューゲイザーらしい楽曲なのですが、力強いドラムの音と分厚いバンドサウンドが楽曲にダイナミズムを与えています。また「Never」もハードロックテイストの力強いギターサウンドが楽曲を引っ張る疾走感あるナンバー。こちらも実にダイナミックな作品に仕上がっています。

心地よいシューゲイザーサウンドを愚直に追及する一方で、バンドとしてのダイナミズムも兼ね備え、バンドとしてのタフネスさが強くなった印象のあるアルバム。個人的には今まで聴いた中では文句なしにベストのアルバムでしたし、Ringo Deathstarrにさらにはまってしまいそうな傑作でした。いや、本当に気持ちいいや。マイブラ好きなら必聴の作品です。

評価:★★★★★

Ringo Deathstarr 過去の作品
Shadow
Mauve


ほかに聴いたアルバム

With a Little Help From My Fwends/The Flaming Lips

The Beatlesの名盤「Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band」をカバーしたThe Flaming Lipsの新作。強烈なノイズの向こうに、「Sgt Pepper'~」収録曲のメロが流れているようなイメージ。これでもかというほどのノイズ処理が行われており、良い意味でも悪い意味でも吹っ切れているようなカバーアルバムになっています。The Beatlesのカバーアルバムというイメージで聴くとビックリするかも。聴く人を選びそうな作品です。

評価:★★★★

THE FLAMING LIPS 過去の作品
EMBRYONIC
The Dark Side Of The Moon
THE FLAMING LIPS AND HEADY FWENDS(ザ・フレーミング・リップスと愉快な仲間たち)
THE TERROR

First Demo/FUGAZI

徹底的に反商業主義の姿勢を貫き、そのスタイルも含め数多くのミュージシャンに影響を与えた、今や「伝説のバンド」ともいえるアメリカのハードコアバンドFUGAZI。その彼らが1988年に録音したデモ音源がCD化されリリース。楽曲はかなり荒々しさが残るものの、後のFUGAZIの魅力は既に本作にはつまっており、ダイナミックなギターサウンドが実にカッコいい作品に仕上がっています。ロック好き、特にハードコア好きなら要チェックの1枚。

評価:★★★★★

|

« 意外とオーソドックス | トップページ | よりバンド色が強く »

アルバムレビュー(洋楽)2016年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/63164836

この記事へのトラックバック一覧です: 愚直にシューゲイザー:

« 意外とオーソドックス | トップページ | よりバンド色が強く »